Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別記事
リンク
見てくれてありがとう!
ふたりのお勧め旅グッズ











 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


4時間歩き続け・・・秘境へ

2013.09.23 06:28|キルギス☞EDIT
きのう(9月22日)誕生日だったケンゾーです。
とうとう30代のラストイヤーがやってきた。
押し寄せる「老化」に負けずに、この1年も突っ走るぞー!

ケンゾーとイクエがここアラコルに来た目的は、アルティン・アラシャンというところに行くため。
アスランバブへいっしょに行った、イクエと双子みたいなユミちゃんがおススメしてくれた場所なのだ。
山の中にある小さな村で、その先にあるアラコルという湖がとても綺麗なんだそう。

アルティン

アルティン・アラシャンに行くためには、マルシュで途中まで行って、降りた後はおよそ14km山道を徒歩で登らないといけないそうだ。
ユミちゃんは通りがかった車をヒッチすることに成功したそう。
ケンゾーたちももちろんヒッチハイク作戦でいく予定。

まずはアクスー行きのマルシュに乗る。
1人25ソム(約50円)。

a_DSC_0006_20130915012910be4.jpg

アクスー手前の分岐点で下車。
前もってドライバーに「アルティン・アラシャンに行く」と伝えておけば、ここで降ろしてもらえる。

a_DSC_0008_20130915012911dab.jpg

さあここからはひたすら歩く!
だいたい4時間〜6時間かかるそうなのでけっこうハードだよね。
ヒッチハイクできるかな?

a_DSC_0011_20130915012912481.jpg

周囲がどんどん山深くなってきた。
川のせせらぎを聞きながらのトレッキング。
天気もいいし、まだまだ余裕、余裕。

a_DSC_0016_20130915012915d20.jpg

a_DSC_0018_20130915012916021.jpg

車どころか人にさえ出会わない。
耳をいくら澄ましても川の音しか聞こえない。
青い空、白い雲、緑深き山々。
美しい景色をふたり占め。

a_DSC_0026_20130915012939c4e.jpg

a_DSC_0033_2013091501294104b.jpg

a_DSC_0058_20130915012959c2b.jpg

人間よりもさきに馬と遭遇。
こちらを気にすることもなく、悠然と草を食む。

a_DSC_0039_2013091501294148f.jpg

これミツバチ?
体中が毛むくじゃらでモコモコしてる。
蜜を吸うのに夢中だ。

a_DSC_0064_20130915013001c5b.jpg

歩き出して3時間。
けっこう疲れてきた〜。
ぜんぜん車が通らないぞ〜。
車どころか人ともすれ違わないぞ〜。
しんどいぞ〜。

a_DSC_0048_201309150129437af.jpg

a_DSC_0052_2013091501295762f.jpg

a_DSC_0053_20130915012959e6d.jpg

やっと車と遭遇!
といっても上から下ってきた車。
もうすでにヒッチハイクは諦めているケンゾーとイクエだった。

a_DSC_0050_2013091501294508f.jpg

お!下りてきている人たちがいる!
女性だけど3人ともスゴい荷物だ。
ちゃんとストックも持ってるよ。
超軽装、というかハイキングレベルのケンゾーとイクエ。
いや、別に山をなめてるとかじゃないよ。

a_DSC_0066_20130915013003051.jpg

もはや無心で歩を進めるのみ。
この坂を越えれば・・・
あの曲がり角を曲がれば・・・
淡い期待と軽い傷心。
山登りって自分との闘いやね。
まあ、山登りって言ってもトレッキングレベルやけど。

a_DSC_0071_20130915013022555.jpg

a_DSC_0069_201309150130200df.jpg

歩きはじめて4時間半、見えた!
アルティン・アラシャンだ!!
山に囲まれた谷間にポツポツと建物が点在している。
これは村でさえないな。

a_DSC_0077_20130915013023f35.jpg

a_DSC_0090_20130915013024028.jpg

奥に見える雪を被った台形の山は「パラトカ」。
高さは5020m。
ロシア語でテントって意味なんだって。
たしかにテントの形に見えるよ。

a_DSC_0091_20130915013026a54.jpg

アルティン・アラシャンにはゲストハウス、というか山小屋が3軒。
それ以外にはレンジャーの建物があるだけ。
ふつうの民家はない。
いわば、登山基地。

いちばん手前にある「ヤク ゲストハウス」に泊まることに。
素泊まり250ソム、3食付きで750ソム(約1500円)。
食事代が高いのはしょうがない。
ここまで食料を運ぶのだって大変だ。

a_DSC_0100_20130915013041352.jpg

a_DSC_0101_20130915013044305.jpg

電気はソーラー発電で賄われている。
共有スペースをほのかに照らすのみで、各部屋は日没後は真っ暗になる。
もちろん、コンセントもない。
「きっと暇だよ。
 もちろんネットは繋がらないだろうけど、ヒマつぶしにパソコン持っていこう。」

大きな荷物は下の街のゲストハウスに預かってもらったのに、パソコンは持ってきてしまったケンゾーとイクエ。
コンセントがなくて充電もできないので、大失敗!
しかも山にパソコンなんて持ち込むなんて無粋だね。

a_DSC_0102_201309150130442a4.jpg

a_DSC_0104_20130915013046c96.jpg

電気だけでなく水道ももちろんない。
山から流れてきている小川で顔を洗ったり洗濯をしたり。
もちろん飲み水にも。

a_DSC_0400_20130915022135408.jpg

日没まで周りをぶらぶら。
男たちが草の上に車座になっている。
遊牧民やレンジャーの人たち。
手招きされるケンゾーとイクエ。
寄って行くともちろん・・・

a_DSC_0109_201309150130487cf.jpg

ウォッカだよね。
キルギスではもはやお決まりのパターン。
酒好きのイクエも、さすがにウォッカには慣れないみたい。

酒を飲んでるおっちゃんが、ちょっと離れた建物に向かって何かを叫んだ。
すると・・・

a_DSC_0113_201309150131069cb.jpg

a_DSC_0119_20130915013108294.jpg

まだ5、6歳くらいだよ、この子!
さっき叫んだのはお父さんだったのかな。
上着を振り回しながら馬に乗って颯爽と登場。
かわいい、というよりカッコいい!!

アルティン・アラシャンにはなんと、温泉があるのだ!
ただし1人200ソム(約400円)するんだよねえ。
ほったて小屋の中に小さな浴槽がある。

a_DSC_0122_20130915013225017.jpg

だけど貧乏バックパッカーに朗報!
ちゃんと無料の温泉もあるのだ。
ロケーションはこっちのほうが抜群にいい!
川のすぐ横にあって雰囲気は最高。

a_DSC_0130_20130915021453a91.jpg

湯船はなぜかハート形。
しかもこの日は温泉の湯量がイマイチ。
掛け流しのお湯は温かいけど、外気で温泉自体すぐに冷めてしまう。
でも歩き疲れた体に温泉が染みわたる!

白く輝いていたパラトカが夕陽に照らされて紅く染まっていく。
神々しいなあ。

a_DSC_0132_20130915013111720.jpg

そして夜。
空を見上げると満天の星。
この旅でやっと空一面の星空を見ることができた。
こんなに星屑を見たのは人生で初めてだ。

人工の明かりはないし、新月で月明かりもまったくない。
だけど星が輝きすぎていて、辺りが真っ暗にならないんだよね。
あまりにも星が多すぎて星座がぜんぜん判別できない。
星ってこんなに明るいんだね。

a_DSC_0149_20130915022722e73.jpg

a_DSC_0139_20130915013318083.jpg

あしたは絶景を見るために、さらに上を目ざすよ!!

Comment

No title

お2人のブログをいつも楽しみに拝見しています。

ケンゾーさん、お誕生日おめでとうございます。^^

お身体に気をつけて、これからも素敵な旅を続けて下さい。

あきぴ さま

誕生日コメントありがとうございます!!
もう、いい年なんですが・・・。
いちおう、ケーキ食べました。

いつもブログを読んでいただき、とてもうれしくてありがたいです。

境界を さまよう

最後にひとつだけ聞いておきたいことがあります。この旅で阿蘇よりもいいと思える所はありましたか?

同じものを求めている さま

阿蘇?ですか。
生まれも育ちも阿蘇じゃないので特別思い入れはないですが、阿蘇って自然が豊かなところですよね!
でも負けないくらい自然が素晴らしいところは世界にはたくさんありますよ。
自然が美しい場所も好きですが、東京の街も大好きです。
でも東京に負けないくらい魅力的な都会も世界にはあると思います。
もちろん四国も素敵な場所だと思いますよ。
日本にも世界にも、素敵なところはたくさんありますね♡