Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

パミールとワハーンの拠点はこんな街 ♪

2013.09.08 06:13|タジキスタン☞EDIT
そろそろ髪を切りたいな・・・と思っているイクエです。
ケンゾーは何度もイクエに切ってもらってるけどイクエは旅に出て一度も切ってもらってないからねえ。

ワハーン回廊とアフガンバザールを満喫したイクエとケンゾー。

お世話になったゲストハウスのこの寝床(屋外)ともきょうでおさらば。

a_DSC_0300_201309052126241fb.jpg

ここからホーログに戻るために車をつかまえないといけない。
タジキスタンでは白タクが主流なので、宿の外に出てホーログへ向かう車を見つけることにした。

ヒッチハイクの要領で待っていると「俺も」「俺も」とアメリカ人やカナダ人のツーリストたちがだんだん集まってきた。

みんなアフガンバザールに合わせてここに滞在していた人たち。
アフガンバザールを見届けてから次の目的地に移動しようというのはみんないっしょ。

a_DSC_0316_20130905212956ba9.jpg

ただ、問題がある。
きょうは白タクがほとんどなさそうだということ。

ラマダンとそれに続く連休が終わって初めての土曜日。
本来、土日に開かれる結婚式はラマダン中は開けないので、きょうは結婚式ラッシュのため白タクが出ずっぱりなんだそう。

イクエとケンゾーのタジクのビザが切れる日も3日後に迫っているし、同じようにほかのツーリストたちも急いでいて、みんなでなんとかして車に乗りたいね、と話し合う。

片道だけど往復分の値段(2倍の料金)を払うならホーログまで乗せていってやるという白タクがあったので、不本意ながらみんなで乗ることにした。

小さなワゴンに乗車定員の8人が乗り込み、全員分のバックバックをなんとか詰めて、ぎゅうぎゅうで出発。

a_DSC_0321_20130905212956ce1.jpg

このなかに高齢の男性がふたりもいる。
外国人のおじいちゃんでひとりで旅してるバックパッカーは多い。
ほんとうにその気力と体力と冒険心に感服してしまう。

手が届きそうな川向こうのアフガンを見るのももうそろそろで終わりだな。

a_DSC_0326_201309052125047f2.jpg

ぎゅうぎゅうのワゴンでなんとか到着した、2回目となるホーログの街。
もちろん今回も泊まるのはバックパッカー御用達のパミールロッジ。
パミール高原に行く(行った)人も、ワハーン回廊を目指す(目指した)人も立ち寄る場所だから、いつもこのロッジは旅人でいっぱい。
30人くらい泊まっている日もある。
中心部から少し離れているのが難点だけど、そのぶん緑あふれる広い庭があり、ちょっとしたキャンプ場のようですがすがしい気分になる。

a_DSC_0238_20130905211453fc9.jpg

ここでももちろん泊まるのは部屋よりも安いベランダ。
ひとり6ドル。
ほどよい開放感で、意外に居心地がいい。

a_DSC_0235_20130905211447657.jpg

この宿にもかわいい住人がいる。
インターネットができる部屋にいると、勝手に膝にのってくる住人。

a_P1030818.jpg

生まれたての子ネコたちは、ミルクを飲むのに必死。
動きたいけど、これじゃあ動けない。

a_P1030828.jpg

前回は紹介しなかったホーログの街。
なかなか過ごしやすい街なので、きょうはたっぷりご紹介 ♪

a_DSC_0273_20130905212538583.jpg

ホーログにはアフガニスタンの領事館があり、ビザを即日で発給してくれる。
ここでアフガンビザを取得し、短期のアフガン旅行をする外国人も多い。
川の向こうのアフガンの集落はとても平和に見えて、行きたくなる気持ちもわかる。

a_DSC_0245_20130905211453bee.jpg

小さな街だけど、中心には広い公園が整備されている。
大きな木が立ち並び、脇には川が流れ、こんな田舎にこんなセンスあふれる公園があるのがちょっと意外。

a_DSC_0254_20130905212538d10.jpg

a_DSC_0291_20130905212629fb5.jpg

そして、そんな公園にこれまたセンスのいいカフェがある。
川の上に立っていて、ここで出される食事は洗練されていておいしい!
外国人ツーリストの憩いの場になっている。
昼間っからビール飲んだり、寝そべったり。

a_DSC_0255_20130905211558bae.jpg

a_DSC_0256_20130905211638577.jpg

川を見下ろすと、楽しそうに遊ぶ子どもたちの姿。

a_DSC_0263_2013090521164562f.jpg

公園は絶好の遊び場。

a_DSC_0286_20130905212631686.jpg

真っ裸で遊んでる子ども発見!
外国人のイクエたちと目が合うと、急に恥ずかしくなったようで逃げ惑う。
その姿に周りの子どもや大人が大爆笑。

a_DSC_0275_201309052125426fc.jpg

近くの女の子を捕まえて、必死に盾にする男の子。
上手に隠れたね!

a_DSC_0281_20130905212614fe5.jpg

a_DSC_0282_20130905212619f31.jpg

みんなカメラが大好き。
一眼レフを持って歩いていると、「ちょっとそれで撮ってよ」と声をかけられる。

a_DSC_0271_20130905212543937.jpg

a_DSC_0274_20130905212545ca2.jpg

a_DSC_0250_2013090521164218e.jpg

道の向こう側から「フォト!フォト!」と声を張り上げる若者たち。
通りすがりのおじいちゃんも巻き込んでポーズを決める。

a_DSC_0247_201309052114459f1.jpg

a_DSC_0248_20130905211459e64.jpg

わけもわからないまま、若者たちになされるがまま、それでも笑顔のおじいちゃん。

もう一度。
おじいちゃんの帽子に注目。

a_DSC_0247_201309052114459f1.jpg

a_DSC_0248_20130905211459e64.jpg

アフガン国境沿いの旅も終わり。
あしたからはパミール高原を目指す。

イクエとケンゾーに残された期間はあと3日。
ビザが切れてしまう前にタジキスタンからキルギスへ抜けないといけない。
間に合うかな。
でもパミール高原はタジクの旅のハイライトのひとつ。
ただひた走るだけじゃなくてちょっと寄り道もしたいし。

そんなわがままなイクエとケンゾーが出した答えは・・・。

あす、お伝えします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

東京五輪決定。

ありがとうございました。

たかCくん さま

なぜここでお礼を!?

というかそうだったんですね!
コメントで知りました!
非公開コメント