Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

グルジア「ムツヘタの街」☆ 世界遺産で愛を誓う

2013.07.17 06:29|世界遺産 星いくつ?☞EDIT
パスポートの写真が太っていたときのなので、出入国のときやビザの申請のときにいつもつっこまれるイクエです。
2年前のときなんだけど、あのときは人生で最高に太っていたので、今と比べてたぶん8キロくらい違う。

グルジア最初の世界遺産は、首都トビリシから日帰りできるムツヘタの街。
ムツヘタまではマルシュルートカ(乗合いワゴン)に乗る。
グルジアではマルシュルートカが庶民の足でマルシュのターミナルがある。

a_DSC_0151_20130714193026.jpg

40分くらいでムツヘタのかわいらしい街並みが見えてきた!
ムツヘタは小高い丘のふもとにぎゅっと固まって存在している小さな集落。
今でこそこじんまりした街だけど、紀元前4世紀から5世紀までイベリア王国の首都だったんだって。
首都っていう言葉が似合わないけど、なんせ紀元前の話だからねー。

a_DSC_0405_20130714193338.jpg

この昔ながらの街並み、そしてグルジア最古のものといわれる教会が世界遺産に登録されている。
スヴェティ・ツホヴェリ大聖堂には、イエスがはりつけにされたときの上着の一部が埋められているという伝説がある。
今ある建物は11世紀に再建されたもの。

a_DSC_0345_20130714193222.jpg

教会の前の、ホールのある建物の前に人だかり。

何?何? 何があるの?
現地の子どもに混じって148センチのイクエも負けじと背伸びをして中をのぞく。

「ちょっとちょっと、おばさんにも見せなさいよ!
 背はあまり変わらないんだから!」

a_DSC_0181_20130714193030.jpg

a_DSC_0159_20130714193028.jpg

結婚式が挙げられてる!
ウエディングドレスに身を包んだ花嫁さん、お美しい♡
花婿さんの服は、ちょっと変わってるねー。
騎士みたい。
黒いブーツをはいて、胸元にはたくさんの銃弾のようなものを入れてるし、腰には剣。
グルジアスタイルなのかな。

結婚式っていいよねえ。
どんな女の子もお姫様になれる日ですから!
花嫁が主人公だし(花婿は残念ながら脇役)、純白のウエディングドレスに身を包んだ花嫁の輝き具合と幸福度はおとぎ話の白雪姫にもシンデレラにも負けません。

イクエとケンゾーの結婚式はもう6年も前のこと。
その時は、こうやって夫婦で世界一周するなんて思ってもなかったな。

そんなことを思っていると、誓約書のようなものにサインをした2人がいきなり密着してホールの中央に移動。
と同時に、音楽が流れる。
これは!?

a_DSC_0170_20130714193028.jpg

いきなりダンス!
永遠の愛を誓ったらそのままダンスって、これはまさしくディズニーのプリンセス映画のラストシーンじゃないですか。
幸せそうで、こっちまで顔がニヤニヤしてくるよ。

a_DSC_0185_20130714193116.jpg

ダンスのあとは、目の前の教会に移動。
ここで改めて正式な式を執り行うみたいなので、わたしたちもいっしょに教会の中へ。

中へ入ると・・・。
あれ、あれ?あれ?

a_DSC_0208_20130714195428.jpg

別のカップルがいる!
教会の右と左と中央と、3カップル同時に挙式。
しかも、順番待ちしてるカップルもいる。
この季節に結婚するカップルが多いのか、それとも世界遺産の教会で式を挙げるのが人気なのか。
いやあ、貴重な場に立ち会えてラッキー。

a_DSC_0284_2.jpg

a_DSC_0320_20130714193148.jpg

これだけ立て続けに式があると神父さんも大変だよね。
ワインを新郎新婦に飲ませる神父さん。

a_DSC_0258_20130714193123.jpg

お香のようなものが入った銀の入れ物を振り回しながら、煙をまく神父さん。

a_DSC_0338_20130714193219.jpg

新婦はマリアさまの絵の前で、新婦はキリストの絵の前で愛を誓う。

a_DSC_0270_20130714193145.jpg

賛美歌を歌うのは地元のおばちゃんたち。
さっきまでゴム手袋をつけて、溶けたキャンドルを片付けていた。
町内会の仕事みたいに当番制でまわってくるのかな。

「はいはい、出番がやってきましたよー」って感じで前に集まって歌うんだけど、とてもかったるそう。
式の途中におしゃべりもするし。
まあ、一日何回も歌わないといけないからお気持ちはわかりますが、一人一人の花嫁花婿にとっては一生に一度の舞台なのでもうちょっと気持ちを込めて歌ってあげて!

a_DSC_0339_20130714195430.jpg

結婚式の参列者たちはみんなおしゃれして集まっている。
日本の披露宴の参列者よりも、着ているものがカラフル。

a_DSC_0365_20130714193248.jpg

子どもたちがみんなかわいいのよお。

a_DSC_0361_20130714193245.jpg

a_DSC_0265_20130714193140.jpg

a_DSC_0327_20130714193216.jpg

a_DSC_0358_20130714193246.jpg

かわいいけど、かっこよく決めてる女の子もいたよ。
天使のようなヘアスタイルとドレスに、ヒールな目元。
アンバランス具合がクール!

a_DSC_0362_20130714193245.jpg

ムツヘタには、もうひとつ有名な教会がある。
丘の上に建つジュヴァリ聖堂。
どうやって、登ればいいかなあ。

a_DSC_0369_20130714193313.jpg

a_DSC_0374_20130714193317.jpg

くねくねまがった車道はあるんだけど、迂回しているので歩くとかなりの距離がある。
とりあえず、頂上を目指して突き進むしかない。
車がビュンビュン通るハイウェイを横断し、原っぱを抜ける。

a_DSC_0391_20130714193315.jpg

a_DSC_0467_20130714193409.jpg

この道でいいのかな。
あっているか分からない山道を登ること1時間半。
いきなり車道に出て、頂上の教会が見えた!

ここからムツヘタの街が一望できる。

a_DSC_0397_20130714193319.jpg

こっちの教会にも次から次にカップル登場。

a_DSC_0410_20130714193341.jpg

カップルたちがすれ違うのを見るとちょっとひやっとするのはわたしだけ?

「俺の花嫁のほうが美人だな」
「わたしのドレスのほうが勝ったわ」

そんな心の声が聞こえてきそうな・・・。

a_DSC_0412_20130714193341.jpg

さっきの教会のほうが大きいし内部の装飾も立派だけど、こっちの教会のほうが雰囲気がある。
もし自分が式をあげるならこっちがいいな。

中は薄暗い。
目が慣れるまで空間をとらえられない。

真ん中には大きな十字架。
明かり取りの小窓から差す光がスポットライトのように十字架を照らす。

a_DSC_0423_20130714195431.jpg

窓から差し込む光が神秘的で、十字架のまわりを歩くと光線の向きも変わってくる。
華やかな装飾はないけれど、それだけでじゅうぶん。

a_DSC_0419_20130714193340.jpg

さて、昔ながらの家々が建ち並ぶ集落と今も地元の人たちの大切な信仰の場となっている教会がある「ムツヘタ」。
「星いくつ?」

「星、1つ!

教会は歴史を感じさせるけれど、集落のほかの建物はよく見ると新しい。
街の規模も小さくて1時間くらいで見終わる。
ムツヘタの街並みはちょっと離れた場所から全体を見るのが一番美しく見えるかも。

昔のグルジアでは、教会を中心にこんなふうに小さな赤い屋根の家が建ち並んで街を形成してたんだろうなっていうのがわかる貴重な場所。

土日にここに来たら、たくさんの花嫁花婿に会えるかも!

a_DSC_0245_20130714193123.jpg


【旅 info.】
  ムツヘタa_DSC_0405_20130714193338.jpg
トビリシのディドゥベバスターミナルからマルシュルートカで1ラリ。
トビリシから近いので半日観光も可能。
教会などの入場料はない。
教会に入るには男性は長ズボン、女性はスカーフが必要。
入口でも貸してくれる。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

非公開コメント