Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別記事
リンク
見てくれてありがとう!
ふたりのお勧め旅グッズ











 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


ビザに振り回される旅人

2013.07.16 06:12|ジョージア☞EDIT
短パンのお尻部分が擦り切れてきたので、ほとんど出番のない水着を最近街中でも履いているケンゾーです。

イラン行きがなくなったのでこのあとは、アゼルバイジャン・バクーからカスピ海をフェリーで渡ってトルクメニスタンへ行く予定のケンゾーとイクエ。
アゼルバイジャンはビザが必要な国だ。
トビリシにはカザフスタン大使館もあるので両方のビザを取ってしまおう。

アゼルのビザ取得で面倒なのは、日本大使館のリコメンデーションレター(推薦状)が必要なこと。
大使館に行けばその場で作成してもらえる。
もちろん無料。

あと、アプリケーションフォーム(申請用紙)が必要。
ネットでダウンロードしたフォームをプリントしてもらうためにネットカフェかコピー屋を探す。
『XEROX(コピーのこと)』と書かれた看板があったので建物の中に入ってみると・・・

a_DSC_0522_20130714181356.jpg

a_DSC_0524_20130714181356.jpg

うーわ、なんじゃこれ?!
映画のセット? 雰囲気あり過ぎ。
ジョニーデップの「スウィニー・トッド(悪魔の理髪師)」みたい。
でもどこからか「ウギャーーーー!」っていう女の叫び声が何度も聞こえたのでダッシュで退散。
勘弁してよ、怖過ぎるよ。
別のちゃんとしたネットカフェでプリントできた。

面倒なビザ取りは1日で終わらせたい。
そこで、日本大使館→カザフ大使館→アゼル大使館と大使館のはしごをすることに。
大使館は午前中しか開いてないのでかなりの強行スケジュールだ。

まずは我らが日本大使館。
そういえば、この旅で海外の日本大使館に行くのははじめてだ。
地下鉄で最寄り駅まで。

グルジアの地下鉄スゴいよ!
なにがって、その深さが。
エスカレーターの先が見えんからね。
福岡にはこんな長いエスカレーターはないな。
あまりに長すぎて座り込んでる人をよく見る。

a_DSC_0138_20130714181323.jpg

a_DSC_0508_20130714181355.jpg

a_DSC_0181_20130714181328.jpg

あとビックリしたのがエスカレーターのスピード。
めちゃくちゃ速い!
乗り降りけっこう危険だよ。

a_DSC_0141_20130714181325.jpg

最寄り駅から30分ほど歩いて日本大使館到着。
(地図はホステル ジョージアに貼り出されてます)
部屋に貼り出されている日本語のポスターを見るだけでなんか落ち着くな。
窓口のスタッフは全員グルジア人だった。

a_DSC_0632_20130714181420.jpg

15分くらいでもらえるかなと高をくくっていたら、50分もかかってしまった!
しょっぱなで大誤算。
これはヤバい、かなり厳しいぞ。

DSC_0633.jpg

今度はバスに乗ってカザフ大使館へ。
先客の欧米人が1人いた!
早くしてー!

a_DSC_0635_20130714181420.jpg

対応してくれたのは英語がペラペラの女性だった。
物腰も柔らかくとても好印象だ。
あまりいい話を聞かない中央アジア諸国の大使館。
クソみたいな対応で不愉快な思いをした話ばかり聞いていたけれど、ケンゾーたちはそんなことはないな。
イスタンブールのウズベキスタン大使館もそうだったけれど、とても紳士的でいい感じの人たちばかりだ。

アプリケーションフォームに記入をし、写真を添えて提出。
パスポートのコピーを渡そうとしたらコピーじゃダメだって言われた!
がーん。
アゼル大使館はしご計画終~了。
トビリシでカザフビザを取る予定のみなさ~ん、パスポートはホールドされま~す。
アゼルビザはカザフビザを受け取った後に再挑戦だな。

とぼとぼとホテルへと戻る。
「こんなふうにスムーズに前へと進めずに沈没せざるをえない旅人も多いだろうなあ」なんてことを思いながら街中を歩く。

道路沿いには建物がぎっしり並んでいる。
奥に中庭がある建物が多いんだけど、入口から中庭をのぞいて地元の人たちの生活をチラ見するのがけっこう好きなんだな。

a_DSC_0496_20130714181329.jpg

a_DSC_0179_20130714181327.jpg

a_DSC_0612_20130714181359.jpg

こんなかわいい住民もいるしね。

a_DSC_0621_20130714181401.jpg

a_DSC_0625_20130714181418.jpg

後日、カザフビザと別の日に申請したアゼルビザも無事にゲット。
あとはアルメニアでトルクメニスタン、アゼルバイジャンでタジキスタンのビザをゲットしたら中央アジアはすべて終了!

DSC_0076.jpg

DSC_0336.jpg

中央アジアはほんとにビザが面倒臭い。
なんでなんだろうね。
もっとビザを簡単に取れるようにしたら観光客も増えて収入も増えるのに。
何はともあれ中央アジアの準備、着々と進んでます!


ビザ情報@グルジア・トビリシ

◯アゼルバイジャン ビザ
MAX30日間シングル 
ナゴルノ・カラバフのビザがあると不可
アルメニアのスタンプがあると待たされる可能性あり

必要書類
・リコメンデーションレター(日本大使館でその場で取得)
・アプリケーションフォーム
・写真1枚
・パスポートコピー
ビザ代無料、パスポートはホールドされる場合もあり
申請 月・水・金10~12時
受取 16~17時(日時は申請時に指定される)
トビリシ駅前から34番バス or メトロMarjanishvili駅前から59番バス
日本大使館の最寄りバス停から131番バス
2014年8月現在の情報では、アゼルバイジャン大使館は日本大使館そばに移動したそうです。
申請も毎日できるように変更になったそうなので事前に確認してください。


◯カザフスタン ビザ
申請できるMAXは、90日間有効でそれぞれ30日間滞在可能のダブルエントリー
必要書類
・写真1枚
・パスポート
ビザ代無料、パスポートはホールドされる
申請 月・水・木11~13時
受取 5営業日後15~16時
トビリシ駅前から66番バス

Comment

No title

おぉ、ビザ情報ありがとうございます!!
カザフビザ、パスポートは持ってかれちゃうんですね。。

今カザフ大使館が休みに入ってしまい、
無駄にホステルジョージアで待ってます。

17日に申請できる予定で、申請中アゼルに行こうと思ってましたが無理そうですね。汗

ホステルジョージアにふみくんと萌生くんも来たので、
さらにぐだぐだしてやろうと思います。

OGGYさま

そのメンバーでホステルジョージアは、沈没間違いなさそうだね!
アゼルバイジャンは、とくに見所はないし宿代高いから一泊二日くらいでもいいかもしれません。
カザフ申請中にカズベギとか近くの街に泊まりで行くのもいいかもしれませんよ。

No title

質問させていただいていいでしょうか?
私たちも今ルートを考えており、
アゼルバイジャン→トルクメニスタンのルートの情報が無く、調べております。

もしその間のルートをお持ちであれば教えていただけると嬉しいです!

けんじさま

コメントありがとうございます!
ご質問の返事はそちらのブログのコメント欄に書き込みますね!

No title

イスラエルのイブラヒムさんの家でお話させていただきました松永です。
先日グルジアに行ってきまして、このブログを参考にさせていただきました。
大変心強かったです。ありがとうございました。

アゼルバイジャン大使館なのですが、住所が移動したとのことで日本大使館からかなり近い場所に移動になておりました。詳しくは、書きづらいのですがもし差し支えなければ、一言そえていただけると多くの閲覧者様も納得していただけるかと思います。
また、申請が毎日受け付けに変更にもなったようです。
(私は申請時に国民の休日で受け付けてもらえずアゼル行きを断念しました・・・)

旅のご無事を祈っております。

松永さま

貴重な情報、ありがとうございます!
そうだったんですね、さっそく前の記事に注意書きを付け足しました。
わたしたちの古い情報で、松永さまを振り回していなかったらいいのですが。

今の時期、グルジアは美しいでしょうね。
暑いエジプトにいるので、グルジアが恋しいです。
アゼルバイジャンも楽しまれてください。
わたしたちは行ってませんが、バクーよりも地方が素敵みたいです。

コメントありがとうございました!

トビリシの地下鉄の深さを思い出して、気になってしらべてたらケンゾーさんのブログに辿り着いた。
懐かしいな。世界ブログ村とかあったなとシミジミ。
今となればポチっとしてもいいかなと思ったのも束の間。やはりポチっとしないでいる今日この頃

高橋走 さま

日本にいても旅のことを思い出して検索することもあるんだね。
このまえアルゼンチンで、走がデリーで撮影した映画の主演女優に会ったよ。

たまにはポチッとしてよ。