Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

世界3大美食の国の実態は?

2013.07.05 06:18|トルコ☞EDIT
なんで最近日中も睡魔が襲うんだろうと考えていたら「朝からコーヒーを飲んでいないから」という結論にいたったイクエです。
きのう朝飲んだら、一日中スッキリだったの!
気の持ちようだとは思うんだけど、大事よね。

おいしい食べ物いっぱいのトルコ。
世界3大美食国のひとつと言われている。(残りは中華とフランス)
これまでの記事であまりトルコのグルメを紹介してなかったので、きょうたっぷりご紹介します ♪

トルコでお腹がすいたらロカンタへ。
ロカンタってのは食堂のこと。

a_DSC_0456_20130703233152.jpg

ショーケースに作り置きの料理が並べてあって、指をさして好きなものを注文。
「おまかせで」って頼めばワンプレートにいろんなものを適当にのっけてくれる。
食材はトマトと茄子が圧倒的に多い。

パトゥルジャン・ドルマス
茄子のなかにひき肉が入っている。
間違いない味!

a_DSC_0027_20130703235354.jpg

ピーマンの肉詰めビベル・ドルマス(写真左手前)もおいしい。
中にお米も入っている。

a_DSC_0814_20130703233809.jpg

こんなものにもお米を入れています。
写真奥の黒っぽい細長いものは何かというと・・・

a_DSC_0589_2.jpg

ブドウの葉っぱでお米をまいたドルマ(サルマ)
味はロールキャベツ。
冷たいのと温かいのがあるけど、断然温められたもののほうが好き。

ロカンタでは、無料でパンのサービスがある。
テーブルにどん!っと大量のパンが置いてある。
無くなれば補充してくれる。

a_DSC_0463_20130703233153.jpg

お金がないバックパッカーは、スープだけ注文し大量のパンでお腹をふくらませる。
「うわぁ、なんてケチな!」って思うなかれ。
いいんです。
現地のおじさんたち、みんなそうしてるんだよ。
トルコ人って意外と粗食で、ロカンタで注文するのも一品だけ。
あとはひたすらパン。
年老いたじいちゃんがびっくりするくらいの大量のパンを食べ続ける。
スープ1杯だけで、よくあんな大量のパンを食べられるなって感心する。
一口スープを飲んでは、パンをこれでもかって食べる。
そしてまたスープをすすり・・・。
栄養はそれほどなさそうな食生活。
炭水化物であんなに太るのかな?

a_DSC_0458_20130703233152.jpg

トルコでは道を歩けばすぐにパン屋さんを見つけることができる。
どのパンも香ばしくておいしい!
トルコのパンは世界一と言われることもあるくらい。

a_DSC_0452_20130703233043.jpg

a_DSC_0453_20130703233152.jpg

リング型のゴマパンはだいたいどのお店でも0.5リラ。(観光地では1リラ)

ケンゾーが気になったのは顔の2倍くらいの大きさのパン。
トルコ兵がロシアに出兵するときに持っていったパンで、何日間も食いつないでいけるようにとこの大きさになったんだって。

a_DSC_0486_20130703233157.jpg

ケンゾーの軽いノリで買ったパンだけど、大きすぎて毎食このパンを食べるはめに。
ホテルの部屋でぜんぜん減らないこのパンを見るたびに、うんざりしてしまった。
とくに味もしないので、わざわざチョコレートクリームを買ってつけて食べたり、ピクルスを挟んで食べたりした。
パンと格闘する日々だったな・・・。

海に面し、山も多いトルコ。
地域によって、食べる料理も違ってくる。

焼き鳥のようなこちらはセルチュクで食べたチョップ・シシ
スパイスの粉をつけながらいただきます。
こんがり焼けていて、何本でもいけちゃう。

a_DSC_0822_20130703233811.jpg

チョップ・シシを出すこのお店は観光地だけどほかのお店より気前がよくてお店のスタッフも優しかったので2晩通った。
ワンプレートにおかずやご飯がのって、パンもついている。
ひとり10リラ(約560円)くらい。

a_DSC_0428_20130703233038.jpg

a_DSC_0429_20130703233039.jpg

カッパドキアの名物はテスティ・ケバブ
お店の人が手袋をはめて、あつあつの素焼きの卵型の不思議なものをもってくる。

a_DSC_0590_20130703233807.jpg

a_DSC_0589_20130703235312.jpg

トンカチで豪快にたたくと・・・

a_DSC_0592_20130703233808.jpg

肉のトマト煮が登場~。
ぐつぐつであつあつ。
スプーンですくってパンにつけて食べるとおいしい!

海に面したトラブゾンの街では、毎日魚料理に舌鼓。
ショーケースに並んだ魚から新鮮なものを焼いてくれる。

a_DSC_0005_20130703232659.jpg

a_DSC_0011_20130703232711.jpg

奥の大きめの魚はカツオ(7.5リラ 約420円)。
油がかなりのっていた。

a_DSC_0014_20130703232713.jpg

チヂミのようなこちらは、魚入りオムレツカイガナ

a_DSC_0021_20130703232718.jpg

このほか、魚の出汁がたっぷりでているスープもおいしかったなあ。
魚がおいしい国っていいよね。

女子が気になるのはスイーツ♡
トルコにもかわったお菓子がいっぱいです。

まずは王道、トルコアイスドンドゥルマ
のび~ることで、日本でも有名よね。
ランの根を使ったサーレップという粉が入っているので伸びるらしい。
観光地に店を出しているところは、たいていパフォーマンスをやってくれる。
アイスは伸びるうえ、ぺったんぺったんひっつく。
すくったヘラからなかなかアイスが離れない。
「はいどうぞ」って渡されて、コーンを掴もうとするとくるんとヘラを回されてつかめない。

a_DSC_0862_20130703233813.jpg

店の人の悪ふざけに付き合わされて「いいかげんちょうだいよー」って思うころにようやくアイスを渡してくれる。

食べてみると予想より固い。
口の中でねちょ~って溶けていくのを楽しめる。
観光地だからちょっとお高めのひとつ3リラ(約170円)。

a_DSC_0877_20130703233843.jpg

スーパーでもよく売られている焼きプリンフルン・スュトラッチ
中にはお米が入っていて日本のプリンみたいに固くはない。クリーム状。

a_DSC_0204_20130703232812.jpg

こちらはゴマパンをたっぷりのシロップにつけ込んでやわらかーくしたようなお菓子。
スプーンですくって食べる。

a_DSC_0023_20130703232805.jpg

シロップにつけ込んだ甘いお菓子ってトルコには多い。

右はトゥルンパ(揚げドーナツのシロップ漬け)。
左はパクラワ(パイのハチミツ漬け)と
シェケルパーレ(ケーキのシロップ漬け)。
全部で4.75リラ(約260円)。

a_DSC_0023_2_20130703232720.jpg

トルコのお土産といえばこれ!
ロクム

a_DSC_0283_20130703232848.jpg

フルーツ味のおもちって感じかな。
わかる人にはわかると思うんだけど、むかし日本の駄菓子屋で売っていたさくらんぼとか青リンゴ味の5ミリ四方のおもちみたいなお菓子。
小さな透明のケースに15個くらい並んでて、横につまようじがついてたやつ。
この説明でわかるかな?
その味に似てます!

a_DSC_0281_20130703232849.jpg

スイーツのおともにしたいのが、コーヒーと紅茶。
トルココーヒーテュルク・カフヴェスィはエスプレッソみたいな小さなカップに入ってくる。
エスプレッソと違って、砂糖がたくさん入れられているので甘い!

a_DSC_0339_20130703232851.jpg

粉ごと煮だしてつくっているので、カップの3分の1くらいは粉がたまっている。
カップも小さいくせに下のほうは粉ばっかりだから、実質飲める量はすごく少ない。

a_DSC_0357_20130703233037.jpg

トルコの紅茶チャイ
これまた小さなカップででてくる。
これも葉っぱごと煮てあって濃縮された紅茶に、お湯を薄めて出されることが多い。
それでも苦いので角砂糖をたっぷりいれてちょうどいい味になる。

a_DSC_0540_20130703233545.jpg

物価の高いトルコ。
よくお世話になるのがファストフード。
定番のケバブサンドイッチ(4リラ 約220円)。

a_DSC_0507_20130703233516.jpg

a_DSC_0508_20130703233531.jpg

削った肉とともに、つけあわせの青唐辛子も鉄板であぶる。
アイランという塩入り飲むヨーグルト(0.5リラ 約25円)とともにいただきます!!

a_DSC_0514_20130703233545.jpg

イスタンブールでは、ピラフ屋さんと鯖サンド屋さんで昼食をゲット。

a_DSC_0259_20130703232805.jpg

a_DSC_0262_20130703232846.jpg

ノフトル・ピラウという松の実と豆が入っているバター炒めライス(3リラ  約160円)。
その場で焼いた鯖をフランスパンみたいな固いパンに挟んだバリク・エキメッキ(5リラ 約280円)。

a_DSC_0270_20130703232845.jpg

ピデと呼ばれる、トルコ版ピザも人気。
ひらべったいパンにチーズやひき肉がのっている。

a_DSC_0189_20130703232804.jpg

こちらはギョズレメ
チーズや野菜などが入ったクレープ。
わたしたちが食べたものにはほうれん草が入っていた。

a_DSC_0340_20130703233034.jpg

いろんなバリエーションがあるトルコ料理。
でも、イクエとケンゾーは「『世界3大美食の国』ではないよねえ」ってことで一致。
味付けが薄すぎたり、味に深みがなかったり。
イクエの思う3大美食の国は、「イタリア」「スペイン」「中国」かな。
ケンゾーは「フランス」「中国」そして「日本」。
断トツは「日本」だそうです。
まあ、そうなんだけどね。客観的に見て日本ってどのくらいのレベルなのかな。

ちなみにふたりの意見が一致している、料理ワーストの国。
・・・・モンゴルです。
ごめんね、モンゴル人。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

No title

お2人のブログを見てていつも思うのは、
「なんてしっかり書いているんだろう!」ということ。
これぞブログの鑑!
僕のブログがいかに浅はかかってことを思い知らされます。

僕、トルコでは1度もしっかり外食をしませんでした。
この記事を見て相当後悔しました。笑

No title

今晩はそのナスのひき肉づめ作ってみようかな。なんでトルコが三大なんですかね。

今エレバンなら、リダの家でしょうか。カルロスとマーカスがブログに出てくるのが楽しみです。

わぁーパン美味しそう★
ケバブ大好きです!!
本番のケバブ食べてみたいなぁ(^q^)

OGGYさま

昨日はありがとう!無事にバクーに着いたよ。
OGGYだってインドの振り返りをいろんな角度からやってたり、ちゃんとこだわってやってるやん。
いいんだよ、旅も人それぞれの旅があるようにブログも人それぞれで。
ちゃんとゴハン食べてね!

にっぱーさま

ナスはどこで食べても美味しいですよね。でもやっぱり断トツで日本で食べる焼きナスだな(笑)

リダの家に行かれたことがあるんですね。あの兄弟はツッコミどころ満載で面白かったです。
とくに弟(マーカス?)が最高ですね。毎朝彼の泣き声でめざめてました(笑)
エレバン編はもう少しお待ちください!

sawaさま

いやあ、期待をそぐようで悪いんですけど、日本で食べるケバブのほうが絶対に美味しいです!
トルコ料理は全体的に薄味で味が単純というか淡白なんですよね。日本のケバブが段違いでウマイです(笑)
非公開コメント