Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

トルコ「サフランボルの街」☆ メルヘンの中の日常

2013.06.28 05:30|世界遺産 星いくつ?☞EDIT
指にトゲが刺さりましたが、翌日にはすっかり治ったイクエです。
ご心配おかけしました。

おとぎの国の舞台になりそうな、メルヘンな街並みがある。
しかも、そこは世界遺産。
行った人は口を揃えて言う。
「かわいい〜よ♡」

その街の名前はサフランボル

サフランボル

イスタンブールから夜行バスでクランキョイへ。
着いたのは朝の6時。
ここからドルムシュ(ミニバス)に乗り換えて、旧市街へと向かうんだけどまだ早朝だからドルムシュは走ってないかもなあ・・・。

街中でキョロキョロしていたら、お茶屋さんの椅子に座ってるおじちゃんが手招き。
早朝から道端の椅子に腰掛けて、お茶をいただく。

a_DSC_0082_20130625132608.jpg

おじさんたちとは言葉は通じないけど、目が合ったら笑い合う。
お金を払おうとしたら隣のおじさんがおごってくれた。
トルコでは、こんなふうにお茶をおごってもらうことが多い。
お金を払おうとすると「いいんだよ」って、言ってくれる。
こころがほんわかする。

身も心も朝から温かくなったところで、ドルムシュに乗っていざ世界遺産のサフランボルへ。

白い土壁の家、オレンジ色の屋根。
ほんとに絵本に出てきそうなかわいい街並み ♪

a_DSC_0302_20130625135124.jpg

a_DSC_0293_2_20130628012124.jpg

a_DSC_0129_20130625132627.jpg

街並みもかわいいけれど、「サフランボル」という街の名前もなんだかかわいい。
むかしこの地域にサフランの花が群生していたことから名付けられたんだとか。
でも、いまではこの街でサフランはほとんどとれないみたい。

a_DSC_0155_20130625133058.jpg

土壁に木の窓枠。
ほとんどの家は100年~200年前につくられたもの。

壁は藁、土、卵をこねてつくられている。
冬は数日前に燃やした火のぬくもりを保つほどの保温力があるのだそう。

a_DSC_0120_20130625132910.jpg

a_DSC_0127_20130625132922.jpg

このかわいい街に、リーズナブルなゲストハウスがある。
「エフェ ゲストハウス」
民家を改築したこじんまりとした宿。

a_DSC_0299_20130628011340.jpg

a_DSC_0104_20130625132903.jpg

ドミトリーのベッドは6つ。
朝食付きでひとり20リラ(約1100円)。

a_DSC_0189_20130625133254.jpg

ドミトリーの窓からは、サフランボルの街並みが見える。

a_DSC_0186_20130625134637.jpg

街の中心地にある大小の赤いドームと煙突が並ぶこの建物。
ハマム(公衆浴場)。
サウナやアカスリ、マッサージをすることができる。
街のランドマーク的存在で、ずっと昔からたくさんの人たちがここで癒やされてきた。

a_DSC_0301_20130625135118.jpg

サフランボルはシルクロードへの通過点で、14世紀から17世紀ごろもっとも栄えていたんだって。
馬の鞍や革靴作りの職人が多くいた商業都市だったのだそう。

その時代から時間が止まったようなレトロな街並み。
だけど、21世紀の今でもここであたり前のように日々の暮らしを送っている地元の人たちがいる。

a_DSC_0130_20130625132629.jpg

なだらかな山の谷間にあるサフランボルの街。
斜面に建つ家も多い。
民家の前を通りながら石畳の坂道を歩いていたら、軒下で休憩していたおじいちゃんにトルコ語で話しかけられた。

「おい、そこの若者。
 この荷物を家まで運んでおくれ。」

黄色い袋には玉ねぎやじゃがいも。
きょうは週に一度のバザールが開かれたから、おじいちゃん、野菜を買ったんだね。
杖をついたおじいちゃんがこの重い荷物をもって坂道を上るのはきついよね。

a_DSC_0149_20130625133023.jpg

街角に、なにやら工房のようなものを発見。
中からは聞こえる音はジジジジー、カンカンカン ♪
なんだろう。

a_DSC_0138_20130625132621.jpg

壁には商品が並べられている。
大きなフライパンにケバブを焼くコンロ・・・。
もしかして、金物屋さん?

a_DSC_0139_20130625132923.jpg

入口から中の様子をうかがってみる。
うわあ! 道具がいっぱい。
匠の仕事場って感じだな。
トルコ語とジェスチャーで「入っておいで」って言ってくれている。

a_DSC_0144_20130625133023.jpg

金物屋のおじさんは、金網を製作中。
寸法を測って、溶接して、トンカチで打って形を整えて・・・。
工場の機械で流れ作業、ではなくて、毎日こうやって丁寧な手仕事でひとつひとつの商品をつくりだしている。

a_DSC_0140_20130625133019.jpg

ちょうど、おじさんの友だちがコップ2杯分のお茶をもって訪れていたところだった。
きっとふたりでお茶を飲みながら、休憩するつもりだったのだろう。
だけどケンゾーとイクエ、突然の訪問者。
おじさんたちが飲むはずだったお茶を勧めてくれた。

「いやいやお気になさらず。
 気持ちだけでけっこうです。
 おじさんたちが飲んでください。」
「いいんだよ。
 飲みなさい!飲みなさい!」

a_DSC_0143_20130625133021.jpg

見知らぬ人にもお茶でおもてなし。
トルコ流のホスピタリティーをここでも受けるなんて。

「いただきます。」

人々の生活がしっかりと根付いている世界遺産の街。
ここにはアトラクションもない。
大きくてきらびやかで、有名な建造物もない。
リゾート地というわけでもない。

だけど、だから、ほっとする街。
サフランボルには他の国の旅行者に比べて日本人が魅力を感じるようで、ここを訪れる外国人のうち日本人が一番多いらしく、サフランボルの人たちは日本人に親しみをもっている。

華麗なものよりも素朴なもの、飾ったものよりも素朴なものに惹かれる日本人。
日本人がこの街を好むのが、なんとなくわかる気がする。

a_DSC_0306_2.jpg


さて、おとぎの国の世界が広がる世界遺産の「サフランボルの街」。
「星いくつ?」

「星、1つ!

この街は素朴て、世界遺産という大仰な冠があまり似合わない。
でもそういうところが、この街の魅力なのかもしれない。

どんどん発展しているトルコにあって、昔ながらの建物が残る貴重な街並み。
ずっと、残してほしい街。

思っていたよりも街の規模が大きくなく、こじんまりとしている。
多くの観光客が訪れる場所だけど完全に観光地として整備されているのではなく、地元の人たちがありのままにここで暮らしている。
こんなメルヘンな街の中に、日用品店があったり、床屋さんが繁盛していたり、モスクが建っていたり、週に一度野菜を売るバザールが開かれたり。
観光と地元の人の生活が共存している。

a_DSC_0288_20130625133247.jpg

ここで沈没している日本人もけっこういる。

サフランボルには日本人を惹き付ける魔法が隠されているのかもしれない。

【旅 info.】
  サフランボルの街a_DSC_0176_20130625133233.jpg
イスタンブールからバスでおよそ6時間。
クランキョイのオトガルから新市街まで移動。
そこからドルムシュでおよそ10分。
旧市街にはゲストハウスのほか博物館やインフォメーションセンターもある。
エフェゲストハウスはドルムシュが到着するチャルシュ広場から徒歩2分。
広場東側の坂道を上って行くと右側にある。
満室のときは姉妹店の「バストンジュ」を紹介してもらえる。
バストンジュのほうが若干高い。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

No title

いまリアルタイムでエフェに泊まってこの記事を見ていて、
とてもドキドキしてしまいました...!

イクエさん、評価厳しいっ 笑

僕は完璧に沈没しかけましたが、
4泊して今日トラブゾンへ向かいますー。
(まだイランビザ取れないみたいですね 汗)

OGGYさま

よく沈没せずに腰を上げたね(笑)
評価はあくまでも「世界遺産として」やけんね。街自体はけっこう好きよ。

トラブゾンまで来たか!
こっちは今日アルメニアに移動かな。
非公開コメント