Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

エフェスに負けないように人生を楽しもう

2013.06.24 06:23|トルコ☞EDIT
「街中は美人だらけだ」と聞いていたのでかなり期待していたグルジア。
でも・・・がっかりしているケンゾーです。
つぎのアルメニアに期待しよう。

セルチュクは世界的に有名な古代都市遺跡「エフェス」への拠点だ。
エフェスは紀元11世紀(!)に古代ギリシャによって建設された。
現在残っているのは紀元前1世紀頃からのローマ帝国時代の遺跡。

オトガル(バス停)からドルムシュ(ミニバス)に乗り約10分、見上げるほど高くて立派な松の並木道がつづく北入口に到着。
歩いていくと松の木の間からチラチラと大劇場が見えてくる。

a_DSC_0029_20130621142611.jpg

a_DSC_0033_20130621142616.jpg

「大劇場」と呼ばれているだけにデカい!
半円形ですり鉢状になっている観客席は直径154m、最上部は高さ38m。
2万4千人収容できたそうだ。
音響効果が素晴らしく、現在でもコンサートなどに使われている。

a_DSC_0075_20130621142649.jpg

ここで剣士の闘いも行われていたそうだ。
グラディエーターも歩いたトンネルのような通路を通って舞台へ。

a_DSC_0079_20130621142649.jpg

a_DSC_0081_20130621142706.jpg

この石段に座って演劇なんかを見てたんだねえ。
それにしても2000年前だよ、日本はなに時代?
そんな古代にすでに娯楽を楽しんでたなんてスゴいね。

a_DSC_0087_20130621142706.jpg

2000年前に思いを馳せ、気持ちが盛り上がったのか舞台で踊りだしたイクエ。
ごめん、遠くてよく分かんないや。

a_DSC_0096_20130621142711.jpg

大劇場から延びているアルカディアン通り。
じつは港湾都市として繁栄していたエフェス。
現在は山に囲まれてにわかには信じられないけど、このアルカディアン通りの先には港があったそうだ。

a_DSC_0189_20130621142849.jpg

a_DSC_0191_20130621142905.jpg

突然音楽とともに古代ローマの衣装に身を包んだ人たちが登場してきた。
なにが始まるんだ?

a_DSC_0040_20130621142613.jpg

どうもこの左の女性はクレオパトラらしい。
その昔、クレオパトラもこのアルカディアン通りを歩いたそう。
そのときの様子を再現してるのかな?

a_DSC_0045_20130621142618.jpg

a_DSC_0053_20130621142647.jpg

a_DSC_0066_20130621142644.jpg

エフェス遺跡の一番の見どころはケルスス図書館。
2階建てのファサード(正面)が美しい。

a_DSC_0129_20130621142750.jpg

知恵、運命、学問、美徳の意味をそれぞれ象徴している女性像が見下ろしている。
(ここにあるのはコピーで、オリジナルはウイーンの博物館にある。)

a_DSC_0123_20130621142733.jpg

壁面には細かいレリーフが彫られている。
よくここまで綺麗に残ってるよなあ。

a_DSC_0121_20130621142728.jpg

a_DSC_0125_20130621142732.jpg

a_DSC_0116_20130621142726.jpg

内部は1階建てで1万2千冊の書物が所蔵されていたそうだ。
こんな古代に図書館があったなんて、知的レベルがほんとに高い国だ。
ローマ帝国が世界を支配できたのも納得。

このケルスス図書館から30mほど離れたところに娼婦の館があるんだけど、図書館と地下トンネルで繋がっていたそうだ。
図書館に行くと見せかけて、じつは女に会いにいく。
いつの時代も男は変わんないねえ。
っていうか地下トンネルって、そこまでするかねえ。

a_DSC_0128_20130621142732.jpg

a_DSC_0131_20130621142752.jpg

これは公衆トイレ跡。
ボロい中国の公衆トイレより立派なんじゃないかな。
この時代にして水洗トイレだったそうだ。

a_DSC_0143_20130621142756.jpg

それぞれを仕切る壁はない。
穴が開いていて、そこに座って用を足す仕組み。
ちなみに、トイレの溝の下の掃除は奴隷の仕事だったんだって。

a_DSC_0140_20130621142755.jpg

a_DSC_0145_20130621142818.jpg

トイレもそうなんだけど、このエフェスの都市には上下水道が完備されていたそうだ!
ローマ帝国スゴすぎ。
逆に言うと、この2000年で人類はあまり進歩してないってことかも。

a_DSC_0182_20130621142849.jpg

a_DSC_0133_20130621142754.jpg

2世紀に建てられたハドリアヌス神殿。
門のアーチが美しい。
絶妙なバランスで石が組まれている。

a_DSC_0151_20130621142819.jpg

a_DSC_0152_20130621142821.jpg

これはクレディア通りといって、上流階級専用の通り。
床には色鮮やかなモザイク画が敷き詰められている。
鴨かな?かわいいけど、なんでこの絵柄なんだろ?

a_DSC_0155_20130621142822.jpg

a_DSC_0156_20130621142823.jpg

勝利の女神ニケのレリーフ。
NIKEのロゴマークはこの女神の翼に由来しているそう。
たしかにNIKEをローマ字読みするとニケだ。

a_DSC_0168_20130621142847.jpg

メインストリートのクレテス通り。
眺めていると、賑やかで生き生きとした当時の生活が目に浮かんでくる。

a_DSC_0164_20130621142844.jpg

a_DSC_0163_20130621142841.jpg

それにしても、エフェスの都市の充実度にビックリ。
劇場、図書館、娼婦の館、浴場・・・。
人々は人生を謳歌していたんだろうなあ。
僕らも2000年前の人たちに負けずに人生を楽しまないとね。
(娼婦はイクエに怒られるけど!)


【旅 info.】
  エフェス遺跡a_DSC_0101_20130621142711.jpg
セルチュクのオトガルからドルムシュ(ミニバス)で約10分。
ドルムシュは北入口に着く。2.5リラ。
入場料25リラ。
午前中はツアー客で混雑するが、午後になると少なくなる。
クレオパトラのパフォーマンスは午前中のみ。複数回行われている。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

No title

エフェス遺跡・・・  行きました。。
私は 特に歴史や遺跡に興味があるわけではないけれど・・・
ただただ、  すごッ!!   きれい!!  とウットリ。
娼婦の館へ道しるべ、 足型のモザイクタイル・・ 
ありませんでしたか???

fumiさま

エフェス良かったですよね。
2000年前の暮らしぶりが目に浮かぶようで、不思議な感覚で見て回りました。
足型は見つけたんですけど、ほかの看板は見つけられなかったんですよ!
それにしても、どうして世界遺産じゃないんだろう?
非公開コメント