Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

旅したドバイ・オマーン こんな国

2013.06.15 04:09|中東☞EDIT
ドバイ・オマーンには5/16~5/21まで5泊6日滞在しました。
どちらもオイルマネーで潤う超リッチ国。
世界の富豪が集まる国を貧乏バックパッカーが旅するとどうなるのか?
そんなドバイ・オマーンの旅を振り返ります。

◇旅の費用「ビカム ハーザー?」

ドバイ・オマーンでいくら使ったのか発表します。
 
交通費           162.5ディルハム+12.7リアル
外食費           119.0ディルハム+13.1リアル
その他のフード・ドリンク   16.5ディルハム+2.2リアル
宿泊費           531.0ディルハム+30.0リアル
観光費           256.0ディルハム+2.0リアル

合計  1085.0ディルハム+60.0リアル(1ディルハム=約28円、1リアル=約271円)
約7,792円/1日2人で

高!!
まあ予想はできてたけどね。
なんたってホテルが1泊平均4600円かかったからなあ。
ドバイもオマーンもホテル代だけはどうしようもない。
ま、ツアー代がかさんだモンゴルよりは安かったからいいか。


◇移動手段はこうでした

ドバイ
ほぼメトロとバス。
事前の情報収集では「タクシーがビックリするくらい安くて便利!」って聞いていたので、時間もないしタクシーで効率的にまわろうって考えてたんだけど、実際にはタクシーそんなに安くない。
初乗りが3DH(約85円)で安!!って最初は思ったんだけど、じつは最低料金は10DH。
初乗り分しか乗ってなくても10DH払わないといけないという、なんとも理解しがたい料金体系になってる。
(この最低料金制度を知らなくて、タクシードライバーとケンカになった。メーターは6.2DHだったのでぴったり置いて降りたら、ドライバーが10DH払えと激怒。そんな制度知らないので無視して立ち去ろうとしたら「クレイジー野郎」って言ってきたのでブチ切れ。最終的にこれを見ろ!ってダッシュボードに貼ってある『Minimum fee is 10DH』っていう注意書きを見せられておとなしく10DH払った。)

バスは路線が複雑で観光客にはすごく分かりにくいんだけど、乗りこなせるようになればかなり便利。
ほとんどのバスは現金では乗車できずICカード(Nolカード)じゃないと乗れない。
カードはメトロ、バス、そして渡し船にも使えるので作った方がいい。

a_DSC_0385_20130613041259.jpg

a_DSC_0044_20130613041025.jpg

オマーン
マスカット市内は乗合いワゴン。
乗り降りする場所が分かりにくいけれど、人に聞けば親切に教えてくれる。
料金も0.1リアル(約28円)からなので経済的。

a_DSC_0301_20130613041042.jpg

おすすめはレンタカー。
料金など詳細は調べてないけど、オマーンは交通網が発達してないのでレンタカーが一番便利だと思う。
道路は田舎もきれいに整備されているので運転しやすい(たぶん)。
運転マナーもいいので問題ないと思いまーす。
タクシーにはメーターはない。
でも現地人価格で乗ればドバイのタクシーよりもかなり安い。

a_DSC_0238_20130613041030.jpg


◇こんなお宿に泊まりました


ドバイ
唯一のユースホステルもドミトリーは1人2500円くらいするようだったので、だったらふたりで5000円以下のホテルを探そうということになりました。
ホテルは「Panorama Hotel Bur Dubai」で事前にネットのBooking.comで予約。
朝食ビュッフェつきでダブルで1泊約5000円。
メトロ駅から歩いて5分くらいで、近くにはスーパーもあったので便利。
フロントもしっかりしていて、日本の普通のホテルとかわらない感じ。

a_DSC_0346_20130613051917.jpg

オマーン
オマーンはネットから予約するよりも、当日探した方が安そうだったのでとくに予約せずに行きました。
マトラスークの近くに中級のホテルが建ち並んでいて、何軒か聞いて安かったのが「CORNICHE HOTEL」。
1泊ダブルで朝食無しで約4000円。
オマーンのホテルもドバイ並みに高いけれど、質はドバイのほうが断然上。

a_DSC_0297_20130613053027.jpg


◇「ラズィーズ!」これが一番うまかった

ケンゾー 「ミックス グリル」

ドバイの食堂で食べた肉の盛り合わせ。
店の兄ちゃんが「これがおススメだよ」って言うから注文。
そしたら皿にてんこ盛りの肉がドーンと登場。
久しぶりに肉をがっついた。
おいしいけどふたりには多すぎた。
4人で食べてちょうどいい量で30ディルハム(約840円)。
いい値段だもん、そりゃそうだよね。

a_DSC_0225_20130613041035.jpg

イクエ 「オマーンで食べたクレープ」

ドバイからオマーンへ行くバスが故障し国境で6時間くらい足止めをくらったけど、バスのドライバーの兄ちゃんが紅茶とクレープをおごってくれた。
クレープはあつあつで、チーズとバター風味で素朴なのにすごくおいしかった。
そして、なぜかシソみたいな味がするハーブが入っていた。
(その後食べたオマーン料理でもシソの味がするのがあったから、オマーンはシソを食べるのかもしれない。)
イライラと疲れを癒やしてくれる紅茶とクレープだった。
初めて会話したオマーン人がこのバスのドライバーだったから、オマーン人の印象が良くなった。
ありがとう ♪

a_DSC_0261_20130613053025.jpg


◇おすすめ!!一番良かった場所

ケンゾー 
ドバイ「砂漠」
やっぱり砂漠が好きだと再確認できた。
砂漠は美しい!
とくに夕陽を浴びて赤く染まった砂丘はなんともいえない美しさがある。
風に吹かれ刻一刻と表情を変えていく風紋も見ていて飽きない。
ナミブ砂漠が楽しみだな。

a_DSC_0710_20130613041254.jpg

a_DSC_0686_20130613041103.jpg

a_DSC_0720_20130613055826.jpg

オマーン「山」
オマーンはドバイと同じで砂漠に囲まれた国なのかと思っていたらぜんぜん違った。
こんなにも山があるなんて知らなかった。
車で走っていると常に車窓から山並みが見える。
そしてその山がなんか魅力的なんだよなあ。
ゴツゴツした岩山でほとんど木が生えてなくて無骨。
日本では見たことのないような超硬派な山。
でも何とも言えない美しさがある。
今度来る機会があったらぜったいトレッキングをしたい!

a_DSC_0329_20130613041036.jpg

a_DSC_0343_20130613041059.jpg

a_DSC_0394_20130613041252.jpg

イクエ 
ドバイ「ジュメイラビーチ」
ドバイの繁華街の海がこんなにきれいだなんて思ってもみなかった。
とにかく砂がきめ細かい!
岩や石もないし、海藻もなくて潮の香りもほとんどしない。
砂漠の海ってこうなのかな。
水が反射してキラキラして眩しくて、現実感がなくなるほど。
海の中でぷかぷかしてるだけで、幸せな気持ちで満たされた。

a_P1030633.jpg

オマーン「緑あふれる立派な道路」
オマーンは想像よりもうんと発展していて、とにかく道路がしっかりと整備されていて道幅が広くてきれいだった。
そして道路の脇には街路樹や青々とした芝生。
スプリンクラーで水が撒かれ、草木を手入れをする人たちの姿もたくさんあった。
砂漠地帯の殺風景な街だと思っていたのに、こんなに緑を見られるとは思わなかった。
街路樹を植えたり芝生を育てたり手入れする作業員を雇ったりするのはお金がかかることだけど、ハコモノではなく、そういう美化にお金をかけるオマーン政府の美意識というか余裕というか、そういうのに好感がもてた。

a_DSC_0569_20130613051919.jpg

a_DSC_0377_20130613051917.jpg


◇バタバタ駆け足 ドバイ・オマーンの感想は?

ケンゾー
ドバイはほぼイメージ通りだったかな。
砂漠の中に突然現れる超高層ビル群。
その究極の対比にはただただ驚かされる。
よくこんなもの砂の大地に造ったなあと。

a_DSC_0525_20130613054741.jpg

オマーンはきのうも書いたけど、いい意味で予想を裏切られた。
こんなに自然がたっぷりある国だとは思ってもいなかった。
こんど来る時はレンタカーを借りて海に山に、オマーンを満喫したいな。

a_DSC_0385_2_20130613054044.jpg

イクエ
お金持ちのUAEドバイを貧乏バックパッカーが旅行して楽しむことができるんだろうかと思ったけど、予想外に楽しめた。
たしかに宿代は高いけど、短期間ならそれほど気にならない額。
高層ビルを見て回るだけでも楽しいし、ビーチで遊ぶのにもお金はかからない。
食事代もレストランじゃなくて大衆食堂だとそんなに高くないし、お金をかけずにドバイを満喫することができる。
なにかひとつ、お金をかけて遊ぼうって決めればさらに楽しくなるんじゃないかな。
わたしたちは砂漠を車で駆け回るデザートサファリをやったけど、世界一のタワー「ブルジュ・ハリファ」の展望台や、ディナークルーズ、アトラクションプールなど「これだけはお金をかけてやろう」って決めて実行するとさらにドバイ旅を満喫できると思います。

オマーンはかなり好きになった!
せめて1週間くらいはいたかったなあ。
お金持ちの国なのに素朴な街並みや山々に囲まれた雰囲気が異国情緒あふれるし、自然も豊富。
きっと5年後、10年後にはもっと観光しやすくなっているはず!
ぜったいまた来ようっと。
ドバイとはがらっと雰囲気がかわるので、足をのばすことをお勧めします♡

a_DSC_0695_20130613053702.jpg
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

No title

ドバイは石油ほとんど出ません。

No title

オマーンで食べたシソみたいな味がするハーブとは、中東地域でよく使われるスマック(Sumac)ですかね。
テルアビブでこのスパイスを使ったサラダを初めて食べたのですが、お土産に買って帰るほどはまりました。
最後の砂漠の写真とても素敵ですね。ただプロフィール写真の頃からみるとお二人とも痩せられたようで少し心配ですが、体に気をつけて旅を楽しんでください。

匿名さま

そうらしいですね。
近々石油は涸れてしまうので、観光や貿易に力を入れているそうですね。
ドバイショックなどもありましたが、今後ドバイはどうなっていくんでしょうね。

ねじまき鳥さま

なるほど!スマックというんですね。
まさかほんとにシソだとは思ってなかったんですが、あまりにも味がそっくりなので不思議でした。
教えていただいてありがとうございます!

そうなんです、インドに入ったあたりから2人ともどんどん痩せていってるんですよねえ。
でも食欲がないとか体調が悪いとではないんですよ。ちゃんとほぼ毎日3食食べてるんですけど、痩せていってるんですよねえ。なんでだろ?
ご心配ありがとうございます。2人とも体調はバッチリです!
非公開コメント