Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

こういうお墓で眠りたい

2013.06.17 06:03|トルコ☞EDIT
♪ジーグザグザグジグザグジグザグ♫って歌っていた夫に対し「ハハハ なにその変な歌〜!」って突っ込んだら「は?知らんと!?マッチのスニーカーぶる〜す」って言われて、夫とのジェネレーションギャップを感じた6つ歳下の妻のイクエです。

東はアジア、西はヨーロッパ、北はロシア、南は中東と世界地図の要所に位置するトルコの首都、イスタンブール。
たくさんの文化が溶け合いダイナミックなのに、それでいて大御所の都市としての落ち着きがある。
イスラム教の国として格式高く古風でありながら、ヨーロッパのトレンドを受け入れるファッショナブルな街。

a_DSC_0273_3.jpg

a_DSC_0030_3.jpg

こんな街だけど、地元の人たちの飾らない生活もそこにはある。
路地に入れば青空市場や野菜の行商。
今晩の食材を品定めする人たち。

a_DSC_0012_20130612024751.jpg

a_DSC_0009_20130612024754.jpg

a_DSC_0013_20130612024748.jpg

a_DSC_0413_20130612024751.jpg

橋の上では一日中、釣り竿をたらす地元のおじさんたち。
エサをつけなくても、ちょっと竿をたらすだけで次々に魚が捕れる。

a_DSC_0670_20130612025123.jpg

a_DSC_0244_20130612025122.jpg

a_DSC_0051_20130612025119.jpg

街歩きをしていれば、いろんな「デザイン」に出会えて楽しい。
今まで旅していたアジアにはないセンス。
何気ないものがおしゃれに見える。

a_DSC_0223_20130612025305.jpg

a_DSC_0177_20130612025300.jpg

a_DSC_0222_20130612025307.jpg

ベリーのタルト7.5リラ(約420円)。

そう、トルコの物価はけっこう高いのだ!
物によっては日本と変わらない。
これまで物価の安いアジアを旅してきた者にとっては、ものすご〜く高く感じる。
世界一周旅行者で東回りの人はヨーロッパの物価と比べるので安く感じるのかもしれないけど、西回りの人にとってはこの物価の高さにショックを受けてしまう。
今までインドで10円20円抑えるためにリクシャの運転手とケンカしたり、乗り物に乗らずに歩いたり、南京虫の出そうな宿で耐え忍んだりしていたことがばからしくなるほどの物価の高さ。

汚くて騒々しくてマナーなんて通用しないアジアの国々を旅してきた人にとっては、トルコはとても上品で優雅で安心して旅できる、とても居心地の良い「ヨーロッパ的な」国に映るのだ。
だけど、この物価の高さ。
旅したいのに長旅ができないという現実にショックを受ける。

食べ物もこれまでの国に比べたらものすごく高い。
安く済ませようと思ってケバブのサンドイッチでも5リラ(約280円)はする。
(あとでわかったんだけどツーリストの少ない地方都市だとケバブのサンドイッチは2.5リラだし、イスタンブールで1リラで売られているゴマパンは0.5リラ、1杯1.5リラの紅茶にいたっては0.5リラと、場所によって物価はかなり違う)

レストランでトルコの郷土料理を食べると控えめに頼んでもふたりで1500円くらいはする。
毎度の食事にそんなお金を使ってられない。
もう、こうなったらファストフードで我慢しちゃう?
マックやバーガーキングをのぞいたんだけど、セットメニューで600円以上!
日本よりも高い!!
安い食事を求めてさまよっていたイクエとケンゾーがたどり着いた場所がこちら。

a_DSC_0033_20130612051057.jpg

トルコのご当地ファストフード店!
若い店員さんたちはあまり英語が通じないけど、珍しい外国人客に丁寧に対応してくれる♡
セットメニューは5リラ(約280円)。
マックの半額以下。

a_DSC_0037_20130612051101.jpg

しかもこの場所、海を望める一等地にある。
イスタンブールの街並みを見ながら、優雅な気分で食事できる!
(旧市街のガラタ橋のたもと、陸橋の下にありますよ。)

a_DSC_0036_20130612051059.jpg

広告がラッピングされた路面電車が街中を走っている。
イスラム教徒が多いので、スカーフを被って髪を隠し、暑くても長袖で極力肌を見せない女性が多い。
アパレルの広告のモデルもスカーフを巻いた着こなし。

a_DSC_0040_20130612051102.jpg

イスタンブールはヨーロッパ的な洗練された街並みなのに、イスラムの国ということでどこか異国情緒があふれている。
いくつもの巨大なモスクがあって尖った細長い塔(ミナレット・ミナレ)がにょきにょきとそびえている。

a_DSC_0673_2.jpg

どのモスクも歴史があって、存在感がある。
そして、ここに住む人たちの信仰の場としてずっと使われ続けている。

a_DSC_0068_20130613063954.jpg

a_DSC_0080_20130613063958.jpg

ドーム型の高い天井。
吊るされた照明。
幾何学模様とステンドグラス。

a_DSC_0090_20130613065123.jpg

a_DSC_0101_20130613065215.jpg

a_DSC_0107_20130613073802.jpg

なんて美しいんだろう。
まるで「宇宙」だ。

宇宙のなかで、祈る人たち。
たくさんの信者が肩を寄せ合い、動作を乱さぬように一同にお祈りしている光景は、圧巻だ。
隙がない。
彼らの宇宙は神聖で、信仰心のないわたしは入り込めない。

a_DSC_0085_20130613064005.jpg

a_DSC_0099_20130613073801.jpg



べつのモスクに行ってみた。
この宇宙の住人はたったひとりだった。
だけど、彼は何かに包まれているようでけっして孤独には見えない。

a_DSC_0042_20130613063951.jpg

街を歩いてると、庭園のようなものがあった。
木が植えられ、花が咲き誇る。

a_DSC_0227_20130613065405.jpg

けれどそこは庭園ではなかった。
「墓地」だった。

a_DSC_0228_20130613065425.jpg

ひとつひとつのお墓の中に花や木が植えられている。
そこに暗さはない。
ちょっとこの辺を散歩でもしようか、そんな気分になる。

墓地なのに明るい。
墓地なのになぜか心が軽やかになる。

a_DSC_0226_20130613065504.jpg

ああ、いいなあ。
素直にそう思った。

自分のお墓もこういうのがいい。

きっと、その人が生前好きだった花やその人をイメージするような花を家族が植えて大切に育てているのだ。
今はこの世にいない、大事な人を思いながら、欠かさず手入れをして。

a_DSC_0229_20130613070044.jpg

ケンゾーの母はわたしたちが結婚する年に、披露宴を前にして病気で亡くなった。
義母はわたしからみてもとても可愛らしい人で、庭が大好きで、ケンゾーの家の庭にはたくさんの花が咲き誇っていた。
とくにバラの花はとても美しく、義母が愛していた花だった。
だから、いつでもどこでも、バラの木を見るとわたしは義母を思い出す。

ケンゾーがバラの木の前で足を止めた。

「お母さん、思い出す?」
「うん」

ケンゾーも、そうだったんだ。

バラを見て息子から想われる母って、女性として羨ましいし、すてきだな。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

No title

今トルコなんですね!!インドにいらっしゃった時に一度コメントした者です(学生時代に3週間バックパックでインドに行きました)  
学生時代、新春セールみたいなたぶん赤字覚悟であろう激安ツアー旅行でトルコも行きました。日本と違ってデザートがとっても甘かった記憶があります。そして観光スポットが離れていてバスでかなりの長時間揺られた思い出も。トルコは色んな文化が融合していてとっても魅力的ですよね。  
いつも素敵な写真ありがとうございます。写真を見て昔の旅行を思い出しました。  どうぞ気をつけて旅を続け下さいね☆

No title

おぉ、そこのファーストフード店今日行ってみようっとww

自分が居る場所がこうして記事になるとなんだか不思議な感覚になりますね。
そしてお2人と自分の行動を比較してみると、
自分だどれだけ知識がなく、適当に歩いているかっていうことを実感します...

引き続き楽しみです^^

なんかうるっときました。
うちのお母さんも花が大好きで
玄関には沢山の花が咲いてます^_^

お花沢山のお墓素敵ですね。
私やったら向日葵がいいなぁ^_^

いいお話・・・

素敵なお話ですね。
おばあさまも思い出が薔薇とともにあるのは嬉しいのではないでしょうか?

私の旅のテーマは
「お茶」と「アロマ」
トルコにはどちらもあるし
私は、ブルガリアよりトルコのローズに惹かれています。
(行ったことはないけどww)

イクエさん
ぜひ、トルコでローズウォーター探してみてくださいね。
たぶんさまざまな香りがあると思うので
可能な限り香りを嗅がせてもらってください。
(ちなみにローズの精油は高いのでウォーターで十分いいのです)

気持ちをハッピーにしてくれる成分と、
実は消毒の効果もあるのですよ。
お化粧水にもなるし、水に混ぜて飲んでもいいのです♪

お試しあれ~

Beagleさま

お久しぶりです!
トルコはほんとに魅力的な国ですよね。東洋と西洋が絶妙なバランスで混ざり合って、この国にしかない世界を造り出してますよね。物価が高いのが残念だ!もっとじっくり観光したかったです。

これからもよろしくお願いします!

OGGYさま

いやいや、俺らもいつも行き当たりばったりよ。
あてもなく街をブラブラ、ってのがいつものパターン。
いっしょいっしょ(笑)

K1029さま

向日葵、いいですよね。
見てると気持ちが明るくなって元気が湧いてきます。
花がいつもそばにあると心がほっこりしますよね。

わかめさま

お茶とアロマって、癒しの二大要素ですね!
その二つを求める旅ってすごく癒される旅になりそうですね!

昔、ローズウォーターを化粧水として使っていました。
お肌にもいいし、匂いもいいし、すごく良かったです。
女子力高まりますね

非公開コメント