Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別記事
リンク
見てくれてありがとう!
ふたりのお勧め旅グッズ











 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


消えゆくバックパッカーの聖地

2013.05.10 05:54|インド☞EDIT
たぶん少しずつ太ってきたイクエです。
脂肪よりも筋肉をつけないとね!

これまで3回にわたってお伝えしてきた南インドのハンピ
遺跡と緑と岩と河と人々の日常が絡み合うこの場所は、旅人がついつい長居してしまうバックパッカーの聖地。

a_DSC_0153_20130509145537.jpg

a_DSC_0504_20130509150127.jpg

この、ハンピがいま生存の危機にある。
というのも、インド政府がこのハンピを観光地として管理しやすいように区画整備と称してバックパッカーお気に入りのカフェやゲストハウスを強制撤去しているから。

寺院へと続く「バザール通り」と呼ばれた道。
この前まで道の両脇にはずらりとお店が並んでいて、とても賑やかだったそうだ。
お店はすべて強制撤去されて、いまは寂しい通りになっている。

a_DSC_0068_20130509145535.jpg

ハンピはのどかな田舎の村でこじんまりとしている。
とても狭い集落の中に、ゲストハウスやレストラン、お土産物屋さん、旅行会社が集まっていて旅行者にとっては滞在しやすく、居心地がよい。
だからこそ、ついついここに1週間も10日も滞在してしまうバックパッカーが多い。

a_DSC_0464_20130509145857.jpg

バックパッカーが利用する安宿は、この河の両岸に建ち並んでいる。

a_DSC_0218_20130509145630.jpg

宿の周りは大自然だったり、地元の人の生活空間だったり。
自然、そしてその土地の人々と溶け込みながら、まるで生活するかのように滞在できるというのがここハンピの一番の魅力だ。

a_DSC_0342_20130509145625.jpg

a_DSC_0091_20130509145536.jpg

a_DSC_0087_20130509145534.jpg

インド政府はここをカンボジアのアンコールワットのように管理したいらしい。
アンコールワットがある地域はジャングルのなかに遺跡が点在している。
その広大な区画は管理されていて、遺跡の手前にチェックポイントがあって人々はここでチケットを買い、その区画に入り遺跡めぐりをすることができる。

ここ、ハンピは一部の遺跡だけ入場料を徴収しているけど、あとの遺跡は野ざらしで自由にみてまわることができる。

a_DSC_0186_20130509145538.jpg

a_DSC_0289_20130509145623.jpg

アンコールワットでは、歩いてはいけないような離れた場所にホテル街がある。
遺跡めぐりをする観光客はそこの街を起点とし、バイクタクシーなどをチャーターして通うことになる。
ハンピ村から車で30分ほど離れた場所にホスペットという街がある。
この街には駅も長距離バスターミナルもあり、けっこう都会だ。
インド政府はこの街にホテルを誘致し、観光客の起点の街にしたいようだ。
ハンピ村の家族経営のゲストハウスよりも、都会の大型ホテルのほうが税金もたくさんとれるだろうし、その街も活性化して潤う。

だけど、そうなるとバックパッカーにとってのハンピの魅力は半減する。
この大自然と遺跡が織りなす最高のロケーションのなかで、現地の人たちの生活を垣間見ながら滞在するというのがハンピの魅力なのだから。

マンゴーの木の下のレストランで食事をしたり。
河を見ながら露店の朝食屋さんで朝ごはんを食べたり。
「うちの木におおきなジャックフルーツがなってるから見て!」と声をかけられたり。
屋上が岩で囲まれたゲストハウスに泊まったり。

a_DSC_0356_20130509145855.jpg

a_DSC_0489_2.jpg

a_DSC_0488_20130509145907.jpg

a_DSC_0355_20130509145857.jpg

a_DSC_0715_20130509150303.jpg

ハンピの遺跡とともに、ずっと昔から人々は生活してきた。

a_DSC_0277_20130509145618.jpg

a_DSC_0278_20130509145622.jpg

遺跡に住み着いたり遺跡の中に店を構えたりしている人たちもいて、インド政府はまずそれをやめさせた。

a_DSC_0642_20130509150126.jpg

a_DSC_0643_20130509150129.jpg

そして次に取り壊しているのは、バックパッカーが利用しているレストランやお土産屋さん。
(バックパッカーたちに人気だった川沿いの「マンゴーツリーレストラン」も強制撤去されました)
サキさんたちがやっているゲストハウスも今後どうなるかわからないと言っていた。

いま経済成長まっただなかのインド。
国内旅行を楽しめる裕福な家庭も多くなってきて、インドの観光地を訪れるのは外国人よりもインド人のほうが圧倒的に多い。
インド人は村人との交流なんて求めないし、都会の快適な大型ホテルに泊まって、車で日帰りでハンピ村まで来て遺跡を見ればそれでいいのだ。

政府がハンピ村からゲストハウスやレストランを撤去し、管理することで生まれるメリットはたくさんあるとは思う。

①ハンピの自然と遺跡が守られる。

②ハンピ村の入口で一括して入場料を徴収すれば、確実に観光客からお金を得ることができる。

③ハンピ村ではなく、周辺の都会の街が観光業で活性化するので、今よりも多くの税金が得られる。


でも、そうなると確実にバックパッカーの足は遠のくだろう。

a_DSC_0699_20130509150131.jpg

a_DSC_0700_20130509150300.jpg

でも、これからはお金を落とさないバックパッカーなんていらない。
それよりもお金を落としてくれるインド人のたくさんの旅行者がいるのだから。

インド政府のおこなおうとしている政策はもっともなことなのかもしれない。

でも、ここで暮らしている人はどうなるのかな。
どこかに移住しないといけないのかな。
その場合、生計はどうやってたてていくのかな。

a_DSC_0496_20130509150115.jpg

あと5年後、ここハンピにたくさんのインド人観光客や外国からの団体ツアー客が訪れているかもしれない。
野ざらしの遺跡が整備されて、ちゃんとした柵や案内板が設置されて、いまより観光しやすくなっているかもしれない。
アンコールワットのように、一大観光地になっているかもしれない。

でも、バックパッカーが求める「ハンピ」はいま姿を消そうとしている。

Comment

No title

話のスケールがまるで違って申し訳ないのですが
阿蘇に「一心行の桜」ってとても素敵な大きな桜があって
昔は菜の花畑の中にポツンと立派な枝を張らせて
阿蘇の山里の憩いの風景だったのに
人間が囲いを作って道を整備してコンクリートの駐車場作って料金とって
・・・景色が一変してしまいました。
・・・観光地って・・・

ハンピの遺跡 魅了されてしまいました。

はじめまして

はじめまして。ROMIと申します!!
いつも、ブログを読ませて頂いています。
わたしもハンピに3年ほど前に、訪れたのですが変わりようにビックリして初めてコメントさせて頂きました。
田舎町に、あの遺跡があるのがとてもいいなぁと思っていたので少し残念な気持ちです。

またブログ楽しみしてます!!
素敵な旅を~♪

いつも楽しくブログを拝見させて頂いてます。
私は今年9月に、ハンピに行こうと思ってるんですが、バックパッカー向けのレストランやゲストハウスが立ち退きにあってると書いてあったので、ショックを受けてます…。
九月でも、間に合いますかね?!あの、沈没地として相応しい雰囲気であってほしいんです!

杉の森 さま

難しいですよね。
ハンピもそうですが訪れる人が多くなると、マナーもなく遺跡や木にダメージを与える人もでてくるかもしれないので、維持するためには管理しないと・・・という主張もたしかにわかりますし。
でも、昔は地元の人が大切にしてたひそかな場所なのに、それが有名になって変わってしまうのは地元の人にとっていちばん悲しいですよね。

といいながらも、わたしもハンピを訪れた観光客に違いないのですが。

観光地と自然と地元の人の共存ってほんとに難しい問題ですよね。

ROMIさま

はじめまして! コメントありがとうございます。

3年前のハンピはいまよりもっとのんびりしていて良かったでしょうね。

ハンピの起点となるホスペットの長距離バスターミナルは新しい建物になってものすごく立派になっていますし、ハイウェイもあって、ハンピへの道のりは前よりもだいぶ整備されているとおもいます。
そのぶん、やって来る人も多いのでしょう。

いまはインドでは国内旅行ブームで、どの観光地に行ってもたくさんのインド人観光客に出会います。

ハンピの自然と人々の暮らしがそのまま残ってほしいですよね。

これからもブログ、よろしくお願いします。

トンチータさま

コメントありがとうございます!

ハンピ行かれるんですね。
今後ハンピがどうなるかは正直なんとも言えないです。
建物の取り壊しは強制的にいきなりおこなわれているみたいです。

でもすべてがいっぺんに変わるわけではないのでぜひ行ってみてください。
河を渡ったところにもホテルはありますし、まだ泊まるところに困ることはないと思います。
もちろんサキさんの宿がおすすめですが・・・。
やっぱり遺跡のすぐ近くに泊まって、ぶらぶら散歩して、ゆったりのんびり過ごしたいですもんね。

クセになるインド

まさかイクエさん直々に返事が来るなんて!!ありがたき幸せ!トンチータ再び、です。

やはり、ハンピ行こうと思います!10年前にロンプラを持った男のコに、ハンピを勧められたのに、歩き方に載ってなかったから不安、という理由でやめてしまった自分を後悔しています。
あと、彼はゴカーナ?というとこもススメてきました。

私は北インドが嫌いです。ジャイサルメールや、ネパールのポカラのダムサイトといった、絶景が街と一緒になっていて、田舎で、のんびりと、宿やレストランから 信じられない景色を眺めるのが好きです。
ハンピもそんな感じかなあと思いまして。

イクエ殿は、ジャイサルメール見た時とハンピ見た時、どちらが衝撃受けましたか?あと、ゴカーナはどうなんでしょう…?

トンチータさま

トンチータって名前がかなり気になってます。
ゴカルナはゴアの近くですよね。
わたしたちは、インドではリゾートを求めなくていっかー、きれいな海はインドじゃないよねー、そのあと島国スリランカ行くしねー、ってことで今回はゴア行きはあきらめました。
でも同じ時期にインドを旅してた友達がかなりゴア周辺にはまって、沈没してたので沈没の魅力は多いにあると思います。インドは週によってお酒の値段が違うのですが、ゴアはかなりビールが安いらしいです。
さて、ジャイサルメールとハンピですがジャイサルメールは文化派、ハンピは自然派ってとこでしょうか。
ジャイサルメールは素晴らしい場所ですが、沈没にはならないかな。でも砂漠の村、クーリー村では三食付きのゲストハウスが百ルピーと激安だからいいかも。
北インドもデリーよりさらに北は沈没にはいいと思います。ダラムサラとかリシュケシュとか。
今回行けなかったけど、レーやラダック、カシュミール地方はいつか必ず
行きたいです。
自然がすごーいらしいですよ!