Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別記事
リンク
見てくれてありがとう!
ふたりのお勧め旅グッズ











 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


世界は『スラムドッグ$ミリオネア』

2013.05.02 06:20|インド☞EDIT
普段見かけない日本人の団体ツアー客と遭遇し、「そういえば、日本はゴールデンウイークかあ。」と気づいたイクエです。

かつてはボンベイと言われた、ここムンバイ。
ビルが乱立する経済都市。
街に勢いがある。

a_DSC_0249_20130501183950.jpg

旅をしていて「この街は経済的に発展しているな」と発展具合を感じるとき、イクエが指標のようにしているものがある。
ひとつは高層ビルの多さ。

そしてもうひとつは、広告。
人々が生きるために最低限必要なものだけで生活している田舎に、巨大な広告はない。

ムンバイは、大きな広告看板のオンパレード。
これまでのインドやバングラデシュであまり見なかったので、新鮮で気になってしょうがない。

a_DSC_0021_20130501182229.jpg

バス停にもマクドナルドの巨大看板。
「マサラ・グリル・チキンバーガー」
牛肉を食べないヒンドゥー教徒、そして辛いの大好きなインド人にぴったりの新商品?

a_DSC_0022_20130501182640.jpg

そしてこんなバス停の看板もあった。
婦人服と子供服の広告。
ケンゾーとイクエはどきっとしてしまった。

a_DSC_0017_20130501182213.jpg

田舎でも寺院の前では露店で参拝用の花を売っているけれど、この手の大きな花屋さんは都会でしか見かけない。
わざわざ花を買って自宅に飾る、もしくは他人に花を贈るというのは、ある程度、生活(家計)に余裕がないとしないことなのかもしれない。

a_DSC_0082_20130501183037.jpg

ムンバイは今やインドで一番発展している都市だけど、16世紀には7つの島と小さな漁村しかなかった。
東インド会社がこの場所に目をつけ、埋めたて地がつくられ、都市が形成されていったのだそう。

ガイドブック『地球の歩き方』には、ムンバイについてこんなふうに紹介してある。

「ムンバイはほとんどゼロから生み出されたといってもよい。

この街の建設に参加した者は、誰もが受け入れられた。

本土から来たマハーラーシュートラの人、グジャラートやスィンドの商人、北インド、南インドの人、ペルシアを追われたパールスィー教徒、アラビア海を渡ってきたイスラーム教徒、アフリカ、アルメニア、ポルトガルやイギリスから来た人たち、軍人、没落したマハーラージャ、建築技師、ジャーナリスト、アラブの富豪に証券ブローカー、里帰りしたインド移民の子孫、映画スター、デザイナー、モデル、作家、アーティスト、そのほかあらゆる種類のカタカナ職業、絶えることのない出稼ぎ、ギャング・・・。

最先端であり、危険寸前のボーダー。

注目を浴びる華やかなセレブがいて、スラムや裏社会で生きるエッジな人たちがいる。」


a_DSC_0285_20130501184137.jpg

お金持ちの家庭に生まれた子ども。
路上で生まれた子ども。

富む者も、貧しい者も、そして成り上がりも・・・この街にはいる。

a_DSC_0006_20130501182603.jpg

a_DSC_0076_20130501182633.jpg

a_DSC_0018_20130501182244.jpg

a_DSC_0074_20130501182620.jpg

高層マンションの建設ラッシュ。
そして、そのそばにはスラム。
光と影が・・・この街にはある。

a_DSC_0233_20130501185022.jpg

a_DSC_0234_20130501183608.jpg

a_DSC_0189_20130501183031.jpg

a_DSC_0256_20130501184117.jpg

ここムンバイを舞台にした映画『スラムドッグ$ミリオネア』。
スラムで育ち、満足な教育も受けていない青年が、クイズミリオネアに参加。
自らの体験と記憶力を頼りにクイズに正解して勝ち進み、莫大な賞金を手にするというサクセスストーリー。

そんなインディアンドリームがふさわしい街なのかもしれない。

一握りの億万長者。
その他大勢の貧しい者たち。
金持ちを妬みながら、そして金持ちに憧れながらも、生きるために食べるために目の前の仕事をきょうももくもくとやっていく。

ムンバイの繁華街の陸橋の下に日本にはない、ある光景が広がっている。
立ち止まって、のぞき見る人々。

a_DSC_0196_20130501183022.jpg

その目線の先には・・・。

a_DSC_0224_20130501183310.jpg

100年以上の歴史をもつ、屋外洗濯場「ドービー・ガート」。
洗濯夫たちが、他人の服を洗い続けている。

a_DSC_0225_20130501183614.jpg

a_DSC_0198_20130501183052.jpg

カーストによって職業が決められていた時代、インドでは洗濯夫は身分が低い人の仕事だったという。

日本のクリーニング店とはわけが違う。
クリーニングに出さないといけないようなデリケートな服を、丁寧に扱っているのではない。
彼らの役目は、人力洗濯機。

a_DSC_0210_20130501183302.jpg

ただ、洗っていく。
ただ、汚れを落としていく。

貯水槽に体ごと入り、他人の汚れた衣服を力いっぱい叩きつけながら洗っていく。

a_DSC_0209_20130501183252.jpg

彼らの給料はどのくらいなのだろう。

洗う物は、シャツやシーツ、タオル、ユニフォーム・・・。

洗濯機を買うよりも、彼らに毎回頼んだほうが安いのだろう。

a_DSC_0212_20130501183303.jpg

なかには小学生ぐらいの男の子も働いている。

a_DSC_0217_20130501183315.jpg

隣は線路で、すぐ脇を列車が通る。

a_DSC_0245_20130501183943.jpg

洗う人、干す人、畳む人、仕分ける人、そして運ぶ人。
大きな布にくるんで、台車で運んだり、担いで運んだり。
かなり重そうだ。

a_DSC_0239_20130501183949.jpg

a_DSC_0240_20130501183926.jpg

刻一刻と発展し続ける大都会ムンバイの街。
目覚ましい成長ぶりだ。

だけど、ここだけは100年前と変わらない。
経済都市の一画に、取り残された屋外洗濯場。

吹きだまりの風を受けて、きょうも洗濯物がはためいている。

a_DSC_0236_20130501183534.jpg

a_DSC_0205_20130501183058.jpg

海に面した港町、ムンバイ。
『スラムドッグ$ミリオネア』にも、海岸のシーンがあった。

裕福な人たちが所有しているのだろうか。
海にはプレジャーボートも浮かんでいる。

a_DSC_0041_20130501182609.jpg

人々の憩いの場であるチョウパティービーチに行ってみる。

a_DSC_0302_20130501184104.jpg

水着を着て泳ぐのではなく、服のまま足だけ海に浸かってはしゃぐのがインド流マリンレジャーの楽しみ方。

a_DSC_0314_20130501184145.jpg

a_DSC_0319_20130501184121.jpg

ちなみに、ビーチでは砂のお城じゃなくて、リンガ(男性器 シバ神の象徴)をつくるのもインド流?

a_DSC_0334_20130501184354.jpg

こちらの子どもは、何かを浮かべて遊んでいた。

a_DSC_0342_20130501184339.jpg

何かと思ってみたら、ヒンドゥー教の女神さまだった。

a_DSC_0343_20130501184624.jpg

追いかけっこをしている若者たち。
こんなふつうのファッションをしている女の子は、インドではめずらしい。

a_DSC_0323_20130501184324.jpg

楽しげで、みんな笑顔で、幸せそうで。

だけど、海に背を向けて岸辺の隅に目をやるとそこには違う世界がある。
ほったて小屋が並んでいる。
ここで生活し、生きている人たちがいる。

a_DSC_0366_20130501184551.jpg

このビーチで、仕事をしている人たちもいる。
ござを持ち歩き、誰かがビーチに座ろうとしたらさっと敷いて「ござレンタル料」を徴収する人。
かき氷を売る人、シャボン玉をひたすらやって見せながらシャボン玉セットを売る人。

a_DSC_0359_20130501184547.jpg

a_DSC_0367_20130501184524.jpg

そして、こんなことをしている人もいた。

a_DSC_0331_20130501184328.jpg

「おもちゃの車に乗らないか。
ビーチを押して周ります。
ほらほら、坊や、嬢ちゃん、楽しいよ。」

バギーを押しながら、ビーチで遊んでいる親子連れに声をかけていく。

でも、砂の上を押して周るのは大変。
しんどそうに「はあ、はあ」息を切らしながら、金持ちの子どもを乗せてひたすら後ろから押す。

「カーストが低い人には肌の色が黒い人が多い。」
そんな風に言われることがある。
色の白いアーリア系が決めたカースト。
その名残が未だに残っているのかもしれないし、一日中外で生活するから日に焼けてどんどん黒くなるのかもしれない。
ほんとうのところはわからないけど、こういう光景に出くわすと肌の色を意識して見てしまう。

a_DSC_0370_20130501184531.jpg

そして、この仕事をしているのは大人だけではないのだ。
ショックだ。

a_DSC_0330_20130501184329.jpg

子どもが子どもを押している。

押している子は、どんな気持ちで押しているのだろうか。

乗っている子は、自分と同じ年くらいの子が押していることに居心地の悪さは感じないのか。

表向きにはカースト制は廃れ、それでも貧富の差は当たり前のように存在し続ける。

これが、インドなのか。

富む者も、貧しい者も、そして成り上がりもいるムンバイ。

多くのインド映画は、ここムンバイ(ボンベイ)で製作されていて、ハリウッドにちなみ「ボリウッド」とも呼ばれている。
だから、ほとんどの映画スターもこのムンバイに住んでいる。

華やかな世界がすぐそこにあるし、貧しい世界もすぐそこにある。

a_DSC_0005_20130501182241.jpg

夢のような幻のような華やかな世界。
妬ましくもあり、憧れてもいる世界。

『スラムドッグ$ミリオネア』のようなサクセスストーリーが、自分のこれからの人生に待ち受けているなんてとうてい思えない。

だけど、その可能性はまったくのゼロではない。

諦めながら、夢見ながら。
そんな狭間で、人々は目の前のいまを生きている。

a_DSC_0372_20130501184741.jpg

Comment

素晴らしすぎる文章!!

No title

気分を害するようでしたら、このコメントは削除してください。
ですが、一度だけでも読んでいただければ。
インドでの貧富の差について書かれていますが、日本でも最近は若年層の3人にひとりがワーキングプアと呼ばれる層となってしまっています。
そんな中、普通の生活をしている人であれば、社会人として最も成長する年代、労働力として最も期待される年代を、ひたすらお金を消費するだけの放浪旅行に使っていらっしゃるお二人は、間違いなく最も上の層にカテゴライズされることと思います。
おそらく費用を一生懸命貯められたのでしょうし、旅の間は節約されているのでしょうが、今日という日を生きるのが大変な人が日本でも多い中で、こういうことが実行できる人というのは、よほど周りから守られて恵まれているということでしょう。
そういう視点からの今回の記事ですね。

おっさん さま

ご覧いただいて、そしてコメントくださってありがとうございます。
日本のワーキングプアが多い現状、そして仕事がしたくてもできない若者が多いことは重々承知しております。そしてその現実が一向に解決されないばかりか貧富の差が拡大しつつあることに不安を感じております。イクエの場合は、小学生のときにはバブルが崩壊し周りにはお父さんの仕事が倒産した子もいましたし、大学になると超々氷河期時代と言われ仕事に就けない同級生たちもいました。そんなわたしたちの大学時代、「最も就きたい仕事NO1」が公務員でした。リストラの心配もないし給料が安定していたからです。一流国立大学の子たちも、大学に通う傍らサークルなんて入らず、バイトしながら公務員になるための塾(国家公務員ではありません。地方公務員です)に通い、試験や面接の練習を重ねていたのを目の当たりにしています。そして、4年生のうちに就職が決まらないからわざと留年した子もいっぱいいました。「就職浪人」という言葉も流行りました。
そんなときイクエは「もう、余分なお金はいらない。充実した生活をしたい。とりあえず生きていければ。海外のNGOやボランティアで活動しよう」と本気で考えていました。給料はないも同然ですが少なくとも住処と食事は提供してくれるので。
周りの同級生たちはだいたい50社ほどの採用試験を受けていました。わたしはそれほど多く受けることに違和感を覚え、絞り込んで、これでだめだったら海外へ、と決めていたところ幸運にも前の職場に採用していただきました。
現在、これほどの不安定な日本の社会で若い人たちが将来の安定した生活よりも海外への長期旅行や世界一周をしているのはなぜなのか。それは「不安定な社会」だからこそなのじゃないかと思っております。この不安定な日本社会ではいくら将来のために働いても、給料がたくさんもらえる職に就いても、いつそれが崩されるかわからない状況です。将来どうなるかもわからない、だったら「今」を好きなように生きよう。たぶん、その思いはほかの一周旅行者も同じなのではないかと思います。
ご指摘された内容はごもっともだと思います。しかし、わたしたちが「間違いなく最も上の層にカテゴライズされる」というのは同意しかねます。(この旅行の予算は3年で数百万円と思っていますが、夫婦で資産数百万の人たちはたくさんいますから。)わたしたちよりも「上の層」にいる人は山ほどいますし、逆に「最も上の層」にいる人たちはこんな世界一周旅行をしようなんて思わないんじゃないかと思います。(上に貼り付けている「世界一周」というバナーをクリックしてもらえれば、ほかの世界一周旅行者のブログがずらりと出てきます。わたしたちも含め彼らは「最も上の層」ではありません。たまにお医者さんや看護師さんなど技術職の人がいて「こういう人は帰国しても働けるからいいなあ」と思いますが、ほとんどはわたしたちと同様、仕事を辞めて将来の食い扶持がないまま旅行に出かけた人や、フリーター、学生(就活しないといけないけど、この時代にそれをも放棄している)です。ケンゾーは38歳、イクエは33歳です。周りには家を建てていたり車を買っていたりする人もいますが、わたしたちは家もないし、今まで車も買ったことがありません。(旅の予算は車2台分くらいの価格です)そして子どももいません。もしそうじゃなかったら旅行にはいけなかったと思います。
日本に帰って当座の生活(数カ月?)をしのぐ貯蓄は残しておかないとと思っていますが、もちろん仕事もせずに1年以上やっていけるお金なんてありません。日本に帰ったらケンゾーは40歳を越えていて、再就職の壁はかなり厚いです。日本に帰ったら子どももつくりたいのでそのぶん必要なお金もかかります。なんとかしないといけないけど、なにも将来設計が描けないまま旅を続けています。それでも不透明で窮屈な日本にいるよりも海外で旅をしたいと思っています。「逃げ」なのかもしれません。不透明な社会で将来のことを考えるのはとても苦しいことなので。旅をしていれば、それを忘れられます。
長々となりましたが、ご指摘の通り「よほど周りから恵まれている」ということは実感しています。大学を出るまで育ててくれた親がいること、そしてまた働いて親を食べさせていかなくてはいけないという状況にはないこと・・・などなど。
「気分を害するようならコメントを削除してください」と書かれていますが、このようなご指摘をいただくことはもっともなことでありますし、ご指摘の内容は出発する前から自分たちで思っていたことです。
いろんな考えがあると思います。
そしてみんなが見るコメント欄なので、言葉をお選びになっているかもしれませんので、もしまたご指摘されたいことがあればこのブログの「メールフォーム」に送っていただければわたしたちのメールに直接届き、メールでやりとりすることができます。長々と失礼しました。
よろしくお願いいたします。


金丸文武 さま

いやいや、金丸さんのブログも!
金丸さんのは魂がこもってるブログです。いつか魂のこもった歌も目の前で聞きたいなあ。