Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

インド「ムンバイCST駅」☆ スラムドッグの舞台は?

2013.05.01 05:46|世界遺産 星いくつ?☞EDIT
また髪が伸びてきてもっさりヘアーのケンゾーです。
昔の光ゲンジの内海くんみたいにボリューム感たっぷり。
「いつの時代?」ってつっこまれそうな髪型になってます。

インド最大の商業都市ムンバイ。
経済成長の真っただ中で近代的なビルが乱立する大都会だ。
けれど街中にはイギリス統治時代の古い建物もたくさん残っている。

その代表的なものが「ムンバイCST駅」。
植民地時代の名称は「ヴィクトリア・ターミナス駅」。
ヴィクトリア女王の名前が冠された由緒正しい駅だ。

建築に10年の歳月をかけて1887年に完成。
ヴィクトリアン・ゴシックと呼ばれる様式の外観は、壮麗な教会のよう。
思わず「うわー、すっげー!」と声が出てしまうくらい美しい建物だ。

a_DSC_0104_20130430185031.jpg

a_DSC_0110_20130430185111.jpg

この建物、なぜだかところどころに動物がいる。

a_DSC_0106_20130430185034.jpg

a_DSC_0111_20130430185113.jpg

a_DSC_0118_20130430185113.jpg

犬とかライオンとかは勇ましくてまあ分かるけど、羊って・・・。
ちょっと笑える。

a_DSC_0109_2.jpg

いやー、インドがすごいっていうより、大英帝国、イギリスがすごいね。
世界を支配していたかつての力強さを今現在でも思い知ることができる。

a_DSC_0098_20130430184947.jpg

a_DSC_0101_20130430185034.jpg

a_DSC_0107_20130430185033.jpg

そして、インド最大の乗降客数を誇る駅の内部。
ちなみに、アカデミー賞を獲った映画『スラムドッグ $ミリオネア』の舞台はここムンバイ。
映画ではこの駅も最後のダンスシーンで登場した。
でも意外と中はふつうだ。
デリー駅やコルカタ駅とあんまり変わり映えしない。

a_DSC_0149_20130430185143.jpg

a_DSC_0147_20130430185141.jpg

a_DSC_0146_20130430185140.jpg

チケット売場のスペースがいちばん時代を感じさせる。

a_DSC_0142_20130430185138.jpg

a_DSC_0135_20130430185116.jpg

でもやっぱり見どころは外観だな。
日が落ちてライトアップされた建物もまた素晴らしい。

a_DSC_0168_20130430185144.jpg

a_DSC_0171_20130430185224.jpg

a_DSC_0181_20130430185213.jpg


さて、イギリス統治時代の栄華を今に伝える「ムンバイCST駅」。
「星いくつ?」

「星、1つ!

建物は壮麗で美しい。
けれどこの手のものってインドにはうじゃうじゃあるんだな。
「スラムドッグ」の舞台に行ってきたよっていう話のネタにはなるかな。
まあ日本の東京駅みたいなもんでしょ。

ちょっとおまけ。
CST駅周辺にはほかにもかっちょいい古い建物がたくさんある。
世界遺産の駅を見るついでにこうした建物を見て回るのもおすすめ。

a_DSC_0088_20130430184947.jpg

a_DSC_0102_20130430185028.jpg

a_DSC_0026_20130430184939.jpg

a_DSC_0083_20130430184947.jpg

a_DSC_0071_20130430184943.jpg

a_DSC_0035_20130430192622.jpg
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

イメージが。。。

ムンバイの駅構内って、めちゃくちゃ綺麗なんですね。
写真ではインドとは思えないほど綺麗でなんかイメージが変わっちゃいましたよ。
町並みも古風なイギリス調?の建物があるようで、昨今IT業界やら金融業などがムンバイに集まるわけもなんとなく納得できますね。

ちなみにムンバイって、大部分で英語が通じると友人から聞いたことがあるのですがどーでした?

Hiroくん

たしかに写真で見ると駅構内もきれいに見えるけど、まあ他のとことあんまり変わんないよ。インドはインド(笑)

ムンバイに限らずインドはほぼ全域で英語が通じるよ。違う地域のインド人同志が英語で会話してたりするしね。

No title

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

職務経歴書の見本さま

コメントありがとうございます。
ぜひまたお越し下さい。
非公開コメント