Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別記事
リンク
見てくれてありがとう!
ふたりのお勧め旅グッズ











 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


もてなし度最高のゲストハウス

2013.04.16 05:59|インド☞EDIT
ヒマな時は、インド人に騙されたりぼられそうになった時を想定して、対処法を頭の中で練習しているケンゾーです。
イメージトレーニングでノー!!と拒否するときに無意識のうちに頭を振っていて、それをイクエに見られ「なんしよっと? なんで頭振りよると? またノーの練習?」と指摘されてとても恥ずかしいです。

今日はジャイプルで泊まったおすすめの宿を紹介しようかな ♪
それは「トニー ゲストハウス」。
『地球の歩きかた』にも載っている人気のゲストハウスだ。
(ケンゾーたちが持っているのは古い『歩きかた』なので知らなかった)

ジャイプルに着いた日にたまたま見つけたんだけど、この日は残念ながら満室。
でも「屋上なら空いてるよ!おいで!」って言われたんだけど、結局別の宿(ホテル ゴールドデラックス)に2泊。
そしてトニー ゲストハウスに移って来た。

この男性がオーナーのトニー。
商売っけはなく、とにかく外国人旅行客をもてなすことが趣味。

a_DSC_0574_20130414231018.jpg

部屋はシンプル。
狭い部屋にベッドがあるだけ。
ダブルで250ルピー。
ちなみにドミトリーもあるし、屋上で寝るのは100ルピー。
(肝心の写真を撮るのを忘れてしまった)
バス・トイレは共同、Wi-Fiは無いけれどネットに繋がったパソコンが3台、1時間20ルピーで使える。
ケンゾーたちは自分のMacBookAirをLANケーブルに繫いでWi-Fi親機にし、iPhoneもネットに繫げていた。
ここはスピードが速くてとっても快適。

トニー ゲストハウスの屋上はツーリストの憩いの場。
緑がたくさんあってのんびりくつろげる。

なんと宿泊者はチャイを無料で飲むことができるのだ!
屋上にいれば、どんどんチャイが出てくる。
チャイだけじゃなくて、グリーンティーまで。
こんなサービス、インドで初めて。

a_DSC_0154_20130414230034.jpg

a_DSC_0155_20130414230050.jpg

この日はピンクシティを見に行くことにしていたケンゾーとイクエ。
トニーにバスの乗り方を聞くと、自分も用事があるので車に乗っけてあげるよ、と嬉しい返事が。
そういえば、宿の情報ノートには『トニーが車でシティを案内してくれました ♪』なんて書き込みもあったな。

車は宿のすぐ近くに停めてあった。
車には手書きの宣伝文句がたくさん書いてある。
宿泊した日本人客に書いてもらったんだって。

a_DSC_0161_20130414230244.jpg

a_DSC_0162_20130414230040.jpg

「インドは交通マナーが悪いし、クラクションがうるさくて嫌だ」
ってトニーは言ってたけど、いざ車を走らせるとやっぱりトニーもクラクションをガンガン鳴らして、ジェットコースターみたいな運転だった。

a_DSC_0165_20130414230602.jpg

a_DSC_0169_20130414230653.jpg

夜、いつもトニーは自分で食事を作っている。
泊まっている人も60ルピーで食べることができる。

a_DSC_0558_20130414230609.jpg

a_DSC_0560_20130414230724.jpg

長期間泊まっている人たちは慣れた手つきでチャパティを作ったりしている。
ケンゾーとイクエもほかの宿泊客とおしゃべりしながらお手伝い。
みんなでいっしょに野菜を切った。

ここには、ちょっと変わった宿泊客が多い。
ジュエリーデザイナーでインドに石の買い付けに来ているスペイン人や綿の買い付けに来ている人、インドが大好きで年に何度も訪れているイギリス人・・・。

みんながここを「第2の家だ!」「トニーはわたしのお父さん」なんて言っている。

常連客で、トニーに会いに何度もこのゲストハウスに足を運んでいるようだ。

a_DSC_0561_20130414230726.jpg

宿泊者に大人気、トニーのディナーのできあがり!
カレーとサラダだけでとてもシンプルなんだけど、そこいらの食堂より美味しかった。
インドではあまり食べられないサラダが抜群にウマい!

a_DSC_0567_20130414230900.jpg

a_DSC_0569_20130414230724.jpg

食事のあとはみんなでまったりおしゃべりするもよし。

a_DSC_0571_20130414230902.jpg

ハンモックに揺られて寝るもよし。

a_DSC_0570_20130414230901.jpg

トニー ゲストハウスには2泊しかしていないけれど、とても居心地が良かった。
なんといっても、トニーの人柄が最高。
「ゲストをもてなしたいんだ!」っていう気持ちがバンバン伝わってくる。

2泊しかしていないのに、チェックアウトのときにトニーはあるプレゼントをくれた。

「わたしからふたりへ。
 手を出してごらん。」

ふたりで手を重ねてトニーの前に差し出した。

広げた手の上にトニーがぽとんと置いた。

卵型のローズクオーツ。

「この石はラブって意味があるんだ。
 ふたりで仲良くね。」

こんなプレゼントくれるゲストハウス、インドでここだけだよ。
ありがとう、トニー!
大切に日本まで持って帰るよ。

a_DSC_0573_20130414231016.jpg

それにしても、バングラでも石をもらったし、どんどん石が増えていっているな。
旅を終えるときにはどんだけ石持ちになってるんだろう。

a_DSC_0401_20130414230607.jpg


【旅 info.】
  トニー ゲストハウスa_DSC_0160_20130414230038.jpg
ジャイプル駅前のStation Rd.を東に約800mくらい行って左手。
黄色の看板、1階はネットカフェ。
ダブル250Rs。バス・トイレ共同。ドミトリー有り。
E-mail : tonyguesthouse@yahoo.com


Comment

No title

こんなインド人もいるんですねー!w
でも、屋上の写真。めっちゃ蚊が現れそうです!!
インドは蚊とかどうですか?

すーちゃんさま

蚊はいます!
よく屋上にあるレストランで食事をするんですけど、蚊との闘いです。
蚊帳が無い宿も多いので、「押すだけベープ」を持っていったほうがいいですよ。
「押すだけベープ」は海外の蚊にもよく効きます。