Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

猿!リリーの靴返せ!!

2013.03.16 05:35|インド☞EDIT
いまバケツに水をためて毎日自分で洗濯している夫ですが、そういえば交際する前に出張先のホテル・ニューオータニで宿泊したとき、みんなに抜け駆けでひとりだけランドリーサービスを頼んでいて、きれいに洗って畳んでビニールにパックされた靴下とトランクスをフロントで受け取っているのを見て「ばかじゃないの、この人。そのくらい自分で洗えよ。」と当時ひそかに思っていたのを、さっき思い出したイクエです。

インド山村のNGOで6か国の仲間とボランティアをしているイクエとケンゾー。

土日は活動がお休みなのでみんなで小旅行に行くことになった♪
目指すはヒマラヤの麓「シムラー」という高原の避暑地。

早朝に出発し、バス停はないので不安になりながら山道でバスを待つ。

a_DSC_0120_20130314024033.jpg

路線バスを乗り継いで6時間。
山の斜面に家々が立ち並ぶシムラーの街に到着♪

a_DSC_0129_20130314024103.jpg

シムラーは標高2000m級の街で、夏は涼しく冬は寒い地域。
イギリスの統治時代は、暑い時期はここに首都機能を移転させて「夏の首都」として使われていた。

a_DSC_0149_20130314125600.jpg

夏は快適なんだろうけど、冬の今の時期はものすご〜く寒い!
雪を抱いた山脈がすぐ近くに見える。

a_DSC_0155_20130314024104.jpg

シムラーの観光名所は山の頂上にあるヒンドゥー寺院。
「ハヌマーン」という、猿をモデルにした神様が祭られている。
別名「モンキーテンプル」。

このモンキーテンプルには、やっかいものがいる。
それは猿!
たくさん生息していて、我が物顔で占領しているらしい。
猿はハヌマーンにちなんで縁起がいいし、かわいいからと大事にされていたんだろうけど、今ではインド人も猿の横暴ぶりに困り果てている。
「食べ物を持っていたり、カメラやハンドバッグをぶら下げて歩いていたら襲われるよ!」って地元の人たちに注意される。

a_DSC_0151_20130314024047.jpg

いたるところに猿がうじょうじょいて、こちらをうかがっている。
猿に警戒しながら雪で覆われた道を滑らないようにゆっくりゆっくり登っていく。

a_DSC_0164_20130314172647.jpg

目が合うと威嚇するかように、歯を見せて「キィーッ」と身を乗り出す猿。
でも、そんな強気な猿たちもさすがに寒いのか身を寄せ合っている。

a_DSC_0168_20130314125549.jpg

a_DSC_0173_20130314130713.jpg

山の頂上には、見上げるほど高いヒンドゥー教の神さま「ハヌマーン」の像。
ハヌマーンは孫悟空のモデルになったと言われている。
たしかに、そっくり。
凛々しいけど愛嬌もある♡

a_DSC_0169_20130314125605.jpg

a_DSC_0171_20130314125513.jpg

ロシア人のリリーは「ここがベストポジションだね」と、お尻の真下がお気に入り。
むっちりお尻にニョキっと生えたシッポがチャーミング♡
でも、正面もなかなかセクシーよ♪

a_DSC_0172_20130314173542.jpg

帰る途中、ヒンドゥー教の神が祭られているお堂のようなところもあったんだけど、寒すぎてみんな早くホテルに戻りたいので下山することに。
でも、リリーだけはお堂に立ち寄った。
中をちょっと見てすぐに出てくるかと思ったけどリリーは出てこない。
「先、行くよ〜」
リリーを置いてみんなで下山していると、争うような声が聞こえる。

インド人が猿に襲われている!

a_DSC_0178_20130314172648.jpg

サングラスを奪った猿。
走って逃げて、もてあそんでいる!

a_DSC_0177_2.jpg

リリーの声が聞こえた。
「みんな〜! こっちに来て!」
「いやだ、もう寒いから帰ろうよ。」
「いいから、こっちに来て!!」

手招きしているリリー。
みんなで顔を見合わせる。

「また階段上りたくないよね」「寒いからもう帰りたいよね」
みんなの意見は一致。

リリーを置いて帰ろうとしていたら、リリーが叫んだ。

「プリ〜ズ!! アイ ニード ユア ヘルプ!!!」

リリーに何かあったの!?
とりあえずリリーのところまで戻ってみる。
泣きそうな顔でケンケンをしているリリーがいた。
枝で足元に寄ってくる猿を追い払っている。

a_DSC_0184_20130314172651.jpg

靴を猿に盗られていた!!

お堂に入ろうと、靴箱に靴を入れて靴箱の扉を閉めたんだけど、猿が扉を開けて盗っていったらしい。

みんなでまわりのたくさんいる猿を一匹ずつ確認しながら、犯人を探していく。
目の前の大きな木を見上げると・・・・

いた!

a_DSC_0186_20130314172727.jpg

a_DSC_0183_20130314172648.jpg

ビニール袋をひらひらさせたり、カシャカシャ言わせて猿をおびき寄せる作戦に出る。
だけど、猿はチラッと見るだけであざ笑うかのようにさらに高い枝に上っていく。

猿の鳴き声を真似して注意をひこうとしても無駄。

フランス人のニコが「ほら、ここに新しいもっといい靴があるよ」と猿に靴を見せびらかすけど、これもダメ。

地元のおじさんも参戦して、木を叩いたりするけどなんにもならない。

それを見ていたひとりのインド人男性がよって来た。
紙に包まれたお供え物のお菓子を5mくらい上にいる猿に向かって放り投げた!
猿、すかさず片手だけで見事にお菓子をキャッチ!

「オオ〜!!」
猿のナイスキャッチングにみんな一瞬歓声をあげた。

でも歓声をあげてる場合じゃない。
猿はもう片方の手でリリーの靴を持ったままだ。
みんなでため息をもらしたそのとき。
お菓子の袋を両手で開けようとした猿が靴を落とした!

ケンゾーがあわてて落ちた靴を拾いにいく。

a_DSC_0189_20130314175829.jpg

a_DSC_0190_20130314172731.jpg

ようやく持ち主の場所に戻った靴。
ほっとしたリリーは、泣いてしまった。
でもこの件以降、これがメンバーのなかで一番盛り上がるネタになった。
「リリー、そんなことしたらまた猿に靴持っていかれるよ!」とか、動物を見るたびに「あのリリーの靴がおいしそうだよ」と動物にみんなで話しかけるようになった。

やんちゃな猿がいっぱいいるシムラーの街。
でも、猿と違ってここに住む犬はどれもとてもおとなしく気品がある。

a_DSC_0194_20130314172730.jpg

a_DSC_0193_20130314172727.jpg

ワークキャンプを始めてから今までノンアルコールで過ごしてきたわたしたち。
みんなバーに行ってお酒を飲むことを楽しみにしていた。
「リリーの靴が無事に戻ったことに、かんぱ〜い♪」

a_P1010941.jpg

でも、メンバーが1人足りない。
あまりの寒さで風邪をひいたケンゾー。
誰よりもお酒を飲むことを楽しみにしていたのに、ホテルに先に戻って就寝。

a_DSC_0204_20130314172748.jpg

(↑この写真はケンゾーが自分でセルフタイマーで撮影したもの。
「イクエたちが酒を飲んでる間に自分だけ苦しい思いをした。」って言っていたので「でも、こんなどうでもいい写真撮れる余裕があったじゃん」って返したら「ほんとうにめちゃくちゃきつかったけど、力を振り絞って撮った。ほんとうにきつかった!! イクエにはわからん」といかにきつかったかを説得力なく語っていた。)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

No title

ケンゾーさんのこと「ばかじゃないの、この人。そのくらい自分で洗えよ。」だって。

ただ「自分で洗えばいいのに」って書くんじゃなくて、わざわざ「ばかじゃないの、この人」なんて付け加えるとは。
ブログに書けば多くの人が「ばかじゃないの」を読むと分かっていながら、なんとも思わずに実行するのがこの人の性格か。
非公開コメント