Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別記事
リンク
見てくれてありがとう!
ふたりのお勧め旅グッズ











 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


VS 猿 敵は手強い!

2013.03.05 06:20|インド☞EDIT
インドでは言われないなあと思っていたら、列車でいっしょになったインド人の学生たちに「インド人の顔をしている」と言われたケンゾーです。

沈没してしまいそうなほど居心地が良かったブッダ・ガヤーから、ヒンドゥーの聖地バラナシへ移動することに。

バラナシ

バラナシに着く頃には日が落ちて、すっかり夜になってしまった。
路地が狭くて曲がりくねってる。
まるで迷路みたいだ。
ホテルを探してバラナシの街を彷徨うケンゾーとイクエ。

a_DSC_0919_20130301025632.jpg

a_DSC_0925_20130301025632.jpg

けれど部屋がまったく空いてない!
ヒンドゥーの祭り「クンブメーラ」がバラナシの近くアラハバードで開催されていて、バラナシにもツーリストが予想外に多く流れてきてるみたいだ。
クンブメーラを甘く見てた。

けっきょくケンゾーたちが泊まれるような安宿は空室ゼロ。
1泊2000ルピー以上する高級ホテルはあるけれど、さすがにそれは無理だ。
バラナシには日本人に有名な「久美子の家」というゲストハウスがある。
インドに嫁いだ久美子さんが昔から開いている宿だ。
宿を探して久美子ハウスにも寄ったけど、もちろん満室。

だけど久美子さんの夫で、インド人のおじさんが日本語で言ってくれた。
「もう少し探してそれでもダメなら戻ってきなさい。
 暗い道を彷徨い続けると、悪いヤツに首を切られて殺されるからね。
 外をウロウロするのは危ない。
 うちの床でいいなら、寝させてあげるから。」

結局、ほかの宿は探せず久美子の家に舞い戻った。
室内で寝られるなら床でも何でもこの際ぜいたくは言ってられない。
狭い階段を上って部屋に行ってみると・・・

a_P1010907.jpg

床には足の踏み場がないほど布団がぎっしり!
宿を確保できなかったのはケンゾーたちだけじゃなかったんだ。
久美子の家はホテル難民の収容所と化していた。

次の日、朝から宿探しをしてちゃんとベッドで寝ることができるホテルを確保。
ケンゾーたちを宿無しのピンチから救ってくれた久美子ママありがとう!
かわいいお孫さんもいっしょに記念撮影。

a_DSC_1039_20130301030104.jpg

a_DSC_1044.jpg

a_DSC_0935_20130301025555.jpg

バラナシの街は道が狭くて入り組んでいるので日中でも薄暗い。
メインストリート(といっても幅2mくらい)から脇道に入ると、時々どこを歩いているのか現在地が不明になる。
ホテルの屋上からバラナシの街を見渡すと、建物がぎっちぎちに密集しているのがよく分かる。

a_DSC_1046_20130301030103.jpg

a_DSC_1047_20130301030130.jpg

a_DSC_1105_20130301030317.jpg

子どもたちはこんな狭いところでもクリケットをしている。
インドでも大人から子どもまでクリケットが大人気だ。
ケンゾーはいまいちクリケットの楽しさを理解できないんだけどね。

a_DSC_0089_20130301225011.jpg

バラナシは3000年以上の歴史があるヒンドゥーの聖地。
ここに住み、日々生活を営んでいる人たちにもほかにはない「味」がある。

a_DSC_0071_20130301225008.jpg

a_DSC_0065.jpg

a_DSC_0064_20130301225015.jpg

a_DSC_0081_20130301225020.jpg

おいしくて何度も通ったホテル近くの食堂。
ここのおっちゃん、アフロヘアーで寡黙で渋い!
店の壁には若かりし頃のおっちゃんの写真が。
若いときはアフロもボリューミーでふわふわだね。

a_DSC_0098_20130301225044.jpg

狭い道でばったりサドゥーと遭遇することも。

a_DSC_1048_20130301225102.jpg

a_DSC_0505_20130301225103.jpg

それにしても、バラナシは街中が汚い!

a_DSC_0504_20130301024643.jpg

a_DSC_0501_20130301024702.jpg

生ゴミが大量に放置されてるし、犬、牛がう◯こを落としていくので常に足元を見て歩かないと悲惨なことになる。

a_DSC_0073_20130301024642.jpg

そしてツーリストの敵、猿がうじゃうじゃ!

a_DSC_1037_20130301025539.jpg

a_DSC_0568_20130301025256.jpg

なんで猿がツーリストの敵かというと・・・
ホテルの部屋の窓の柵にイクエが服を干していたら猿に持っていかれた!
隣のホテルの屋上に逃げていった猿を追いかけるケンゾー。
ビルからビルへジャンプしながら逃げ回る猿。

a_DSC_0215_20130228115528.jpg

a_DSC_0218_20130228115524.jpg

ゼーゼー言いながら必死に猿を追いかけるケンゾー38歳。
やっとビルの屋上まで上ったと思ったら、猿がケンゾーをあざ笑うかのように隣のビルにジャンプして逃げていく。
子どもたちは「あっち!あっち!」って言いながら大爆笑。
中年の外国人が猿と追いかけっこをしてるなんてオイシいネタだろうな。
ようやく別のゲストハウスの屋上に捨てて(?)いったイクエのシャツを奪還。
貴重な服を持っていかれることは回避できたけれど、袖のボタンがちぎられていた。

a_DSC_0224_20130301024700.jpg

このあと屋上に干していたケンゾーのズボンも被害に!
3つ付いていたボタンが全部ちぎられて無くなっていた。
なんでボタンだけちぎるのさ!
木の実とでも勘違いしてるのか。
まさか食べてんのかな?

これ以降、しょっちゅう部屋の窓に猿がやって来るようになった。
なにか獲物がないか物色する猿と部屋の中から威嚇する人間。

a_DSC_0516_20130301025326.jpg

a_DSC_0522_20130301025315.jpg

まったく動じない猿にムカついて、「ビスケット見せびらかし作戦」で憂さ晴らしをするイクエ32歳。

a_DSC_0542_20130301025242.jpg

a_DSC_0547_20130301025328.jpg

a_DSC_0548_20130301225055.jpg

ツーリストのみなさん、バラナシの街は足元と猿に要注意ですよ!

Comment

No title

やだー!サルこわーい!

う○ち、やだー!

と1コメントごとに言うことが変わる私でした。

これがインドの魅力!?

わかめさま

う◯ちかもゴミも猿も、すべてがインドの魅力です(笑)

爆笑

初めまして!
初めてコメントさせていただきます。
写真も多くって、文章も観光ブックよりわかりやすくってリアルで
参考になります。
猿にクッキーみせびらかし大作戦、声に出して笑ってしまいました!!笑
猿も必死で手を伸ばして取ろうとしているし。笑
いいですね〜ご夫婦2人で世界一周なんて。
撮影できる写真の種類も多いだろうし、2人3脚でできる事はたくさんありますもんね。
10月から半年間、インドに留学することを決意しまして、、、
今いろいろ情報収集をしております。
行った人、行ってない人、行きたいと思っている人、いろんな周りの人から
「インドは気をつけや!」「インドはやめといたほうがいいよ!」ばかり聞くので、
けっこう最近ブルーになってきていて、、、笑
ケンゾーイクエさんのブログを見て、現状の気持ちを打破できればいいな〜。と思って
読ませて頂いてます。まだ旅の道中だとは思いますが、
最後の最後まで安全で素敵な良い旅を続けてくださいね!応援しています。

愛 さま

はじめまして!
わたしたちのブログを見つけていただいてありがとうございます。

インドに半年間留学なんて、ワクワクドキドキですね。
わたしたちは3年近くに渡って60か国以上旅行してますが、そのなかで一番長くいた国がインドなんです。
インドは見所も多いし、飽きないし、物価も安いし、旅行者も多いし、バックパッカーにいちばんふさわしい国だと思います。
インドを好きかと言われれば否定しますが(笑)、よくも悪くも刺激的でおもしろくカルチャーショックを受ける国なので旅人には勧めています。
あのカオス状態や喧騒や汚さや詐欺師の多さはほかの国を凌駕します。
インドに比べたらアフリカなんてかわいいもんです。

インドに行って、インドにどっぷりハマる人、大嫌いになる人にわかれると言います。
わたしたちはそのどちらでもありませんでした。
こんな国もあるなんて、世界はおもしろくて広いなあと思いました。

詐欺師や性犯罪に気をつけて、インドをお楽しみくださいね。
外国人の旅行者もすごく多いし、そんなに心配しないでください。

そういえば、わたしたちはやってませんがインドのカウチサーフィンはすごくいいらしいですよ。
しっかりした家庭の人が多くてすごく面倒をみてくれるらしいので、カウチで信頼できる現地人の友達をつくると留学中、なにかと助けてくれるかもしれません。