Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別記事
リンク
見てくれてありがとう!
ふたりのお勧め旅グッズ











 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


ヤンゴプチャン激ウマ!!

2012.07.13 15:04|釜山(韓国)☞EDIT
格安釜山ツアー行ってきたよー!
世界旅行のかる〜いウォーミングアップのつもりで!
はじめにちょっと訂正。
5,500円ポッキリ!って書いたけど、じつはポッキリやなかった。
というのを、当日港で気づいた。が〜ん!!

行き   博多港施設使用料 500円+燃油サーチャージ 1,600円
合計 2,100円
帰り 港湾利用税など 3,200W+燃油サーチャージ 24,000W
合計 27,200W
恐るべし、サーチャージ。船でもけっこうとられるんやね〜。

街の両替屋で換えたら
1W ≒ 0.07円(メッチャ円高の恩恵!)やったんで
ひとり 2,100円+27,200W=4,004円 余計にかかった。
まあ、9,504円でも充分安いよね!

博多港を出発するところ。
俺らの荷物はピンクのイクエが持っとるので全部。
2泊3日とはいえ実質1日半。こんなもんやろー?
やけど他の人はでっかいスーツケースとか大荷物。
なんか俺ら旅慣れてるみたいで優越感〜〜。

DSC_0003.jpg 

(しかしその「旅慣れた感」は帰りにひっくり返された。
ほとんどの参加者は何度も釜山に行ってる強者で
ショッピングが旅の目的。
帰りににどっさり食品だの化粧品だのを買い込んで
つめられるように大きなバッグで参加しとったんや。
その中で浮いていた釜山初心者の俺たちでした。)


さて、1日目。
福岡を昼過ぎに出発して釜山に着くのは夕方6時。
まあ格安やからしゃーない。
それからホテルにチェックイン、ではなくて
そのまま免税店に直行!
はやくゴハン食べたいけどこれもツアーやけんしゃーない。
どのくらいツアー会社にはマージンが入るんやろう。
50分間の束縛やったけど、途中こっそり抜け出して
屋台で1,000ウォン分、のり巻きと天ぷら?をつまみ食い。

やっと解放されて夜の街へ。
目指すはチャガルチ市場近くのヤンゴプチャン通り
お目当てはもちろんヤンゴプチャン!
通りには「ホハモソ」とか「ホハモリ」といった
日本語の看板も目につく。
う〜ん。
ヤンゴプチャンがホルモンって意味だとわかっとったけん
解読できるけど
それがなければなんのことやらわからん言葉やなあ。

まだまだ穴場らしく庶民派で地元の客ばかりで、
このエリアはたしかにマイナーな感じが漂っとる。
直感で店を選んで突入。
座敷のテーブルに通されて
「さあ、ヤンゴプチャンをたのむぞ」ってメニューを見る。
んっ?なんか変やぞ。 値段がちょっと高いし海鮮しかない。

おばちゃんに「ヤンゴプチャン、ヤンゴプチャン」って言ったら
渋い顔してナイナイやって。
海に面した釜山は、ソウルよりも海鮮料理店が多い。
どうも海鮮焼き専門の店やったみたいで
道挟んで正面の店に行けって言われた。

th_IMG_1393.jpg 

これが紹介してくれた店。名前はわからん。
ここは「ホルモン」の文字、正解!
と、思ったら窓の文字は「ホルモソ」。
残念!!

このあたりは店の中にコの字型のカウンターがいくつかあり
それぞれ独立した店になってておばちゃん達が切り盛りしている。

でもみんなおばちゃんたちはパーマネントで同じに見えるよ〜。

th_IMG_1392.jpg th_IMG_1390.jpg 

日本語が通じないおばちゃんに「ヤンゴプチャン」って言うと
ニコッて笑ってくれた。
韓国料理定番のサイドメニュー。このにんにくが辛かった!

th_IMG_1384.jpg th_IMG_1386.jpg

いよいよヤンゴプチャン!ミノは網焼き。
ミノやわらかー! ピリ辛のたれがウマかー!
グルメレポートへたくそ!!
ゴマの葉っぱで巻いて食べると香ばしくてうまい。
ショウガと食べるのもなかなかいい。

th_IMG_1389.jpg

丸腸とハツ、じゃがいもは鉄板焼き。
丸腸ぷにぷに♪
 th_IMG_1387.jpg 

鉄板焼きはちゃんと余分な油が落ちていくようになっとる。

th_IMG_1388.jpg

っていうか、食べるのに夢中でちゃんとした肉の写真がない。
ごめんなさい、ブログ初心者なんで。 

むかし日本には女の子がテーブルについて
肉をしゃぶしゃぶしてくれる「ノーパンしゃぶしゃぶ」
という店が流行ったけど
この店はおばちゃんが焼いて、取り分けてくれる。
客はひたすら食べて飲むだけ。
現地の人たちは、どうやってテーブルを選ぶんやろ。
やっぱ、店のおばちゃんで選ぶんかいな〜。
th_IMG_1385.jpg 

このおばちゃんのカウンターに常連らしきおっちゃんが来た。
スナック状態で客のおっちゃんがおばちゃんに
ビールを何杯もごちそうしよった。
おっちゃんは、マダムに肉を焼いてもらい皿によそってもらい
話につきあってもらっていい気分。

しかし、おっちゃんが見えないカウンターの裏では・・・。

th_IMG_1391.jpg 

おばちゃ〜ん、くつ下脱いで足あげてやる気な〜い!


そんな釜山の雰囲気を満喫しながら食べたヤンゴプチャン。
うまかったー!
きになる料金は・・・

ヤンゴプチャン2人前
瓶ビール1本
マッコリ1本(750ml!)
で、36,000ウォン(2,520円)!!!安っ!

超おすすめのヤンゴプチャン、大満足。

Comment