Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

バングラデシュの勉三さん

2013.01.23 06:17|バングラデシュ☞EDIT
サブバックの中に一眼レフと水のペットボトルを入れていたらボトルのキャップがちゃんと閉まってなくてバッグの中でカメラがまさかの水没
電源が入らなくなって完全に壊れたか?!と落ち込んでたら2日後に復活
よっしゃー!と叫ぶほど嬉しかったんだけど、動画機能が死んだまま
ちょっとへこんでるケンゾーです。

ノリさんと別れて「ショドルガット」というフェリー乗り場へ。
ここでケンゾーの友人あっくんと待ち合わせをしている。
あっくんは福島県で震災ボランティアをしていた時のボランティア仲間。
今は青年海外協力隊として南部のボリシャルという街に赴任している。
しばらくあっくんの家に居候させてもらう予定。

待ち合わせ時間より早めに着いたのでちょっと腹ごしらえ。

a_DSC_0733_20130122202317.jpg

肉や野菜が入った揚げパンのようなもの。
カレーにつけて食べる。
ほとんど具は入ってなくてぺちゃんこだけど味はいける。
2人分で24タカ(約24円)。

a_DSC_0727_20130122202316.jpg

a_DSC_0737_20130122202306.jpg

フェリー乗り場であっくんを待っているとベンガル人がどんどん集まってくる。

a_DSC_0742_20130122202329.jpg

「どこから来たんだ?」
「何しに来たんだ?」
「お父さんの名前は何だ?」それ聞いてどうすんだ?
みんな同じことを聞いてくる。
最初はちょっとこわいけど、99%はとても親切な人たち。
待ち合わせ時間になってもあっくんが来ないから、心配してたらベンガル人の1人が携帯を貸してくれてあっくんと連絡を取ることができた。

無事にあっくんと合流できてフェリーへ。
なんでもたまに海賊(河賊?)がでるので6隻で船団を組んで行くんだとか。

a_DSC_0745.jpg

フェリーは意外にも?設備が整っていた。
売店もあるし厨房があって食事のサービスもある。

a_DSC_0756.jpg

a_DSC_0751_20130122202445.jpg

夜8時半に出港。
船が出たあとも乗り込もとする人たちが手漕ぎボートに乗ってやってくる。
バングラらしいというか、日本じゃありえない。

a_DSC_0753_20130122202448.jpg

a_DSC_0754_20130122202459.jpg

紹介が遅くなってしまったけれど、こちらがお世話になるあっくん。
同じ福岡出身で元小学校教師。
あっくんがボリシャルで何をしているかは明日お伝えします。

a_DSC_0766_20130122202502.jpg

ダッカでのミーティングに出席するため月に1回はフェリーを利用しているあっくん。
フェリーのスタッフとも顔見知り。
きょう日本人のゲスト(ケンゾーとイクエ)が来ることをみんな知っていて記念撮影をせがまれる。

a_DSC_0768_20130122202613.jpg

ボリシャルには翌朝5時頃到着。
7時まで船室で寝させてもらって下船。
街を眺めながらあっくんの家まで30分ほど歩いて行くことに。

a_DSC_0769_20130122202614.jpg

まだ店などは開いていない。とても静か。
でも数時間後には喧噪に包まれるんだろうな。

a_DSC_0773_20130122202614.jpg

ダッカよりも南だけどかなり涼しい。
街行く人たちも寒そうだ。

a_DSC_0775_20130122202615.jpg

a_DSC_0777_20130122202608.jpg

ここがあっくんの部屋がある建物。
ゲートが閉まってるので1階に住んでる門番を起こすあっくん。
この門番がいい味出してんだなあ。
あっくんは「べんぞうさん」って命名してた。
たしかにキテレツ大百科の「勉三さん」にそっくりだ!

a_DSC_0448_20130122202228.jpg

メガネが傷だらけで真っ白。
メガネで余計にまわりが見えない様子。
それでもこのアパートのガードマン。
暗闇に浮かび上がるこの佇まい、癒される~♪。

a_DSC_0446_20130122202219.jpg

さっそくあっくんの隣に住んでいる大家さんの部屋にお呼ばれすることになった。
バングラデシュはイスラム教の国。
人口の90%はムスリムだけれど他の宗教もいる。
この大家さん一家はベンガル人だけれどクリスチャン。
ちなみに癒しのべんぞうさんもクリスチャン。

a_DSC_0272_20130122202211.jpg

大家さんは部屋を貸すだけじゃなくてお父さんといっしょに貿易の仕事をしている。
日本からも紙や中古の車などを輸入しているんだって。

美味しい食事をいただいてお互いの家族の写真を見せ合いっこ。
6カ月の2番目の子どもはお父さんそっくり!

a_DSC_0271_20130122202218.jpg

a_DSC_0264_20130122202216.jpg

やっぱりホームステイをするとローカルの人たちとより親密になれるから楽しいな。
ボリシャルでの滞在、楽しくなりそうだ。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

長文になりますが

バングラデシュ楽しそうですね!! 洪水が多くて
復興しても又洪水に流される・・・ってイメージがあったんですが、
今は整って丈夫な町になっていますか? もうひとつ質問があります!

昔、祖父経営の会社にバングラデシュ人の男性が働いていたんですが、
私の事を可愛がってくれて時々お小遣い1000円をくれたんです。私は小さい
ながらも「1000円家族に送ればいっぱい買えるんでしょ~」って遠慮したけど
「いいからいいから、risaにあげたいの~」と笑ってくれたバングラデシュ人。

25~6年前の話なんですが、当時の1000円はバングラデシュで換算すると、
どれぐらいの価値があったかわかりますか? ずーっと気になってたんですが、
もしもローカルな方に聞けたら私にも教えていただきたくて・・・スミマセン。。

各国の洗濯物の干し方には笑えました~ 又面白い写真も楽しみにしてます!

今日はいつもより長いコメントになってしまい、申し訳ありませんでした~
コメントじゃなくて手紙の域ですよね、、、(・_・メ)

risa さま

バングラデシュは、川が多くて生活に根ざしています。
川があるから土壌も豊かで農耕ができるし、ボートが庶民の足になっているけど、その分洪水に見舞われやすいのはあいかわらずです。
サイクロンも多いし。
あと、大きな川には水面スレスレの高さの島や中州があってそこにも集落があるから「こんなところはすぐ被災するだろうな」って思います。
NGOが災害から守る町づくりやシェルターをつくってはいるけれど・・・。

1000円はバングラデシュではとても価値があります。
いまも月給は良くて2万くらい、食堂で30円くらいでごはんが食べられるので、昔だとなおさら。
しかも、いまバングラは急成長していてイクエが10年くらいまえに来た時よりもかなり物価はあがっています。
25年以上まえの1000円は、日本の価値だと2〜3万円以上の感覚はするような気がします。
1000円をあげるなんて、太っ腹!! 驚きます。
いっぽう、バングラデシュの人は本当に優しいから、納得もできます。

No title

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。

お返事ありがとうございます!!

食堂のご飯が30円程なんですか!?
今現在でもそれ程安いなんて・・・

ならば1000円で33食分ですよね
5人家族だったら6回分くらいのご飯代を
ホント太っ腹にくれていたんですね!!
ボビーって愛称しか覚えていないので
会う事は叶いませんが、今ここで心から
感謝出来ました。イクエさん、ケンゾーさんの
おかげです!!ありがとうございました❀

バングラデシュの洪水問題など、早く解決して
素晴らしい発展と未来が訪れます様に。。。
そしてボビーが祖国のどこかで幸せに
生きている事を願ってます。 


初めまして☆バングラ無事入国、おめでとうございます(*^^*)
私たちは5月から女2人で旅立ちます(o^^o)福岡在住で、勝手にお二人に親近感を抱いています…♪お二人は、福岡のどちらで予防摂取をされたか、良ければ教えてください(><)

履歴書 さま

ご覧いただいてありがとうございます!
時々のぞいてもらえるととても嬉しいです♪
バングラデシュは魅力的な国なので、写真と記事でいろんな情報をお伝えしていきます★
またのご来店、おまちしておりま〜す。

ちぃしぃさま

予防接種ができる病院を探すのにはわたしたちもかなり苦労しました。
結局、ワクチンが不足していたり日程があわなかったりして日本では受けずに、1か国目の韓国でA型肝炎と破傷風を受けました。
海外の方が簡単で安く受けられるので、福岡で難しいなら海外で受けた方が案外いいかもしれません。
その国の大きな病院に行けば、すぐに受けることができると思います。

べんぞうさん!
めっちゃ似てる!
面白すぎてまともに写真見れなかったよ~。笑
あっくんも元気そうで何より(*^^*)
バングラディシュの人たちはみんな人懐っこく楽しそう♪
引き続き、バングラディシュ編楽しみにしてまーす♪

みはへ

勉三さんにこの写真を見せたら「ブフォッ!」って笑ってたよ。
あっくんもがんばってたし、バングラは超オススメの国よ。
非公開コメント