Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

カラフルシンガポール 未来の国のカタチ

2013.01.19 05:50|シンガポール☞EDIT
バングラデシュの友人宅が居心地良すぎて1年くらいここにいられそうなイクエです。

東京都と同じ広さで人口密度は世界2位のシンガポール。

a_DSC_0633_20130113192729.jpg

a_DSC_0656_20130113192735.jpg

さまざまな人種や宗教が入り乱れる複合民族国家だ。
歩いていてすれ違うのはいろんな顔つきや服装の人たち。
1つの国としてよくまとまることができているなと感心する。

a_DSC_0536_20130113190324.jpg

a_DSC_0529_20130113190323.jpg

a_DSC_0528_20130113190321.jpg

お店で売っている商品もいろいろ。
ヒンドゥー教の神様に捧げる花輪を売っていたり

a_DSC_0581_20130113190949.jpg

イスラム教の女性の服屋さんは、黒づくし。

a_DSC_0605_20130113190948.jpg

インド人街では、チャイを飲みながらカレーを手で食べている。

a_DSC_0532_20130113190942.jpg

タバコカフェではアラブ人が一服している。
さまざまな種類のタバコが用意されていてオープンテラスで好きなタバコを注文してそこで吸える仕組み。

a_DSC_0613_20130113190949.jpg

公用語は英語、中国語、マレー語、タミル語。
看板の文字は4種類。
地下鉄のアナウンスも全ての言語で行われる。

a_DSC_0631_20130113192839.jpg

a_P1010518.jpg

一様ではない。
みんなが自分の文化や宗教を守りながら、お互い干渉せず共存している。
カラフル国家、シンガポール。

a_DSC_0567_20130113195047.jpg

a_DSC_0602_20130113193437.jpg

a_DSC_0600_20130113193440.jpg

a_DSC_0598_20130113193434.jpg

小さい国だからこそ、まとまることができるのかもしれない。
事実上の独裁政治が行われているから、大きな争いもなく国家として統制がとれているのかもしれない。

とはいえ、人種も宗教も言語も異なる人たちがいっしょに暮らすことができているという事実。
大きな貧困問題もない。

a_DSC_0624_20130113194628.jpg

a_DSC_0555_20130113194621.jpg

違いがあることがあたり前。
みんなが共存していける国。
その実現が可能であることをシンガポールは物語っている。

こんな国が世界中にあったらな。

未来の国のカタチ。
そのヒントが、この国にはある。

a_DSC_0630_20130113194623.jpg
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

わ~!

物干し竿が横じゃなく、ベランダから縦に飛び出てるトコが
人口密度の凄さを表してる気がしました!! 
シンガポールのお隣さん同士は近~い感じでしたか!?

risa さま

洗濯物の干し方ひとつとっても、お国柄が出ておもしろいですよね。
そのまま草の上やアスファルトの上に広げて干している国もありますし。
そんなのを見ると、一瞬、これはゴミ?なんて勘違いしてしまいます。
広げずにくしゃっとしたまま干してて、こんなんいつ乾くの?と思うようなところもありますし。
日本人は丁寧に干しますよね。
非公開コメント