Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別記事
リンク
見てくれてありがとう!
ふたりのお勧め旅グッズ











 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


旅した台湾 こんな国

2013.01.16 05:57|アジア☞EDIT
台湾には12/28~1/5まで8泊9日滞在しました。
家族と合流しふたり旅とは違って賑やかな年末年始を過ごすことができました。
台湾旅行をふりかえります。

◇旅の費用「寡濟錢 グワー ゼー ジン(いくら)?」

台湾でいくら使ったのか発表します。
家族といっしょにいた日を除いた4日間の金額です。
 
交通費           1,774台湾ドル
外食費            750台湾ドル
その他のフード・ドリンク   239台湾ドル
宿泊費           3,180台湾ドル
観光費            500台湾ドル
雑費             379台湾ドル

合計  6,822台湾ドル(1台湾ドル=約3円)
約5,117円/1日2人で

台湾は宿泊費が高い。
台北以外の街ではゲストハウスはほとんど見かけなかったし、あったとしても高い。


◇移動手段はこうでした

桃園空港から台北駅まではバス。
数社運行していて料金が違う。90台湾ドル〜、約1時間。
台北市内はMRT(地下鉄)が充実している。料金は20〜50台湾ドルくらい。


◇こんなお宿に泊まりました

花蓮では安宿を探すのに苦労した。
見つけたホテルはダブルで1泊600台湾ドル。
窓無し、エアコンはあるけれど暖房が壊れていて冷風しか出なかった。
湯船にお湯を溜めることができた。
各部屋にインターネット用のジャック有り。フロント周辺ではWi-Fi利用可。

a_DSC_0283_20130113151029.jpg

a_DSC_0281_20130113151024.jpg


◇「好吃ホージャ(おいしい)!」これが一番うまかった

ケンゾー 「かき煎」

花蓮で見つけて食べたけれど、これが大当たり!
客も多かったし地元じゃ有名な店なんじゃないかな。
牡蠣のクレープみたいなもの。1皿150円。
小さいけれど牡蠣がいっぱい入ってて、食べると口の中に牡蠣の味が広がってウマい!

a_DSC_0042_20130113043240.jpg

a_DSC_0038_20130113043304.jpg

a_DSC_0043_20130113043257.jpg

イクエ 「粿條乾麺」

鰹節がたっぷりかかった平べったい麺。
一杯150円。
中国では鰹節が使われている料理を食べる機会はなかったけれど、台湾では鰹でダシを取った料理がなぜか多かった。
台湾料理よりも中華料理が世界的にはメジャーだけれど、和食に近いのは台湾料理かもしれない。
あと、台湾スイーツもおいしいよ♪
ピーナッツの粉末や芋や豆が使われていて、砂糖やミルクに頼らない甘さが和菓子に似てるかも。

a_DSC_0076_20130113043448.jpg


◇おすすめ!!一番良かった場所

ケンゾー 「太魯閣渓谷」
荒々しく切り立った渓谷と岩盤を掘り抜いて造られた道路に圧倒される。
よくもまあこんなところに道を造ったなあ、と先人たちの努力に脱帽。
いい意味であまり整備されていないので自然の美しさを楽しめる。
トレッキングコースもたくさんあるので数日滞在しても飽きないと思う。

a_DSC_0136_20130113043506.jpg

イクエ 「淡水」
家族で行ったからこそ楽しかった淡水。
とくに何もすることはないんだけど、海辺をみんなでサイクリングしたのは気持ちがいいし楽しかった。
港や西洋風の建物があっておしゃれなカフェがあって、神戸や横浜みたいな感じ。
今回は日帰りだったけれどここで1泊して朝の散歩をしたりオープンカフェで朝食をとったりするのもいいかもしれない。

a_P1010470.jpg


◇ふらり ゆるり 台湾の感想は?

ケンゾー
台湾は何回か行ったことがあるし、イクエとも5年前に行ったことがある。
前回のことはあまり憶えてないんだけど、物価は高くなってるのかな?
どうしても中国と比べてしまうんだけど、食費やホテル代なんかぜんぜん違う。
物によっては日本と値段が変わらない物もあるしけっこう金がかかる。

あといたるところに “日本” があふれている。
台北駅の中は日本の店だらけだし、ドラッグストアではたくさん日本の商品がパッケージもそのままで売られている。
どの街にも「日式◯◯」と掲げられた店があってけっこう人気。
街の景色が日本に似ていて「ここ日本?」って思うことが何度もあった。
台湾人は日本が好きなんだなあ。

a_DSC_0962_20130113151757.jpg

イクエ
とても旅しやすい国。
地下鉄やバスなど交通網も日本並みに発達しているし、電車ではお年寄りや子連れに席を譲るなどマナーも良く、トイレもきれい。
日本語をしゃべられる人が多いので、道に迷っていたり困っていたりすると声をかけて助けてくれる。
旅慣れてない人や女性一人旅でもまったく問題なく旅行できる国。
物価は日本に比べたら安いけどほかのアジアの国と比べると少し高いのでバックパックの貧乏旅行には若干不向き。
けれど、それほど広くない国土なのでゆっくり周遊しても10日間くらいで見てまわれるのでそのくらいなら金銭的に負担にならない。
台北や高雄など都会の観光もいいけれど、台湾は山の多い島国なので太魯閣渓谷や海、湖など雄大な自然を楽しむのもオススメ。

Comment