Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

世界一周中 だけど家族と会える♪

2013.01.09 06:08|台湾☞EDIT
最近、猫背になりがちなことをケンゾーに注意されているイクエです。

この長期の世界旅行に出発するとき、日本への名残惜しさはほとんどなかった。
だけど、ひとつだけ後ろ髪引かれる思いでいたことがある。
それは、かわいすぎる姪っ子と甥っ子に長い間会えないということ。

子どもが成長していく過程というのはほんとうにおもしろくてかわいい。
イクエとケンゾーがたとえば3年間旅をするとなると、その成長を見られない空白の3年間ができてしまう。
しかも今は「イクちゃん、ケンちゃん」と懐いてくれているけど、3歳の甥っ子なんて3年会わなければ私たちのことを忘れてしまうかもしれない。

どこかの国に会いに来てくれたらいいなあ、って思ってた。
けれど、自分たちのわがままで日本を出てきた立場。
こちらから「ねえ、来てよ」と頼むのは気が引ける。

でも、姉からうれしい便りが。
「年末年始に会いにいこうと思います。どこにいますか。」

やったーーーー!!! 
どこでもいいよー


来てくれるところにイクエたちは駆けつけるから

で、最初はタイあたりで落ち合う予定だったけど年末年始で日本からの安い航空券がなかなか取れない。
ということで、台湾で会うことに。

一時は、モンゴルの西のカザフスタンの国境近くまで進んでいたけど、まさかの世界一周逆走。
でも、そんなことはいいんです。
だって、世界一周中に家族と海外で会えるなんてこんなうれしいことはない♪♪♪

結婚してからほぼ毎年、お正月はイクエ・ケンゾー・イクエ母・姉・義兄・甥っ子・姪っ子と迎えていた。
今回もそのメンバーが集結! 
12月28日から1月2日までをいっしょに過ごせるなんて

アラサーアラフォー夫婦のふたり旅からいっきに子連れ旅行へ。
子どもがいると観光地のチョイスもかわる。

まずは台北動物園へ。

a_DSC_0979_20130108135705.jpg

敷地はけっこう広くて、機関車のかたちをしたバスで園内を移動できる。
わたしたちを迎えてくれたのは、かわいい動物たち。

a_DSC_0003_20130108141438.jpg

a_DSC_1033_20130108141436.jpg

この動物園のイチオシはパンダ。
ちなみに台湾では「猫熊」、ジャイアントパンダは「大猫熊」って書く。
パンダを見られるの、楽しみ〜♪

a_DSC_1020_20130108135710.jpg

動物園に入園するときにパンダの観覧整理券を渡された。
整理券には時間が指定されている。
その時間に行けば列にほとんど並ぶことなく見られる仕組み。

さて、台湾でも大人気のパンダは?

a_DSC_1006.jpg

股開いて仰向けで爆睡してるー
メタボ。
酔っぱらったオッサンみたいだ。 

姪っ子と甥っ子は、もちろん喜ぶでもなく素通り。

でもここにいるパンダはこのオヤジパンダだけじゃない。
いた、いた♡

a_DSC_0996_20130108140707.jpg

のそのそ歩いたり、笹をムシャムシャ食べたり。
なんか着ぐるみみたい。コミカルな動き。

a_DSC_0991_20130108140211.jpg


そして、ほんとうに着ぐるみもいる。
台湾で流行っているの?

a_DSC_0986_20130108140212.jpg

a_DSC_1045_20130108141210.jpg

けっこういい年の若者。
恥ずかしくないのかね。

世界旅行しながら、こうやって家族が勢揃い。
そして日本にいる感覚で動物園に行ってみんなで楽しむなんて、なんか贅沢。

a_DSC_1078_20130108135712.jpg

山のふもとにつくられた動物園。
山の上までロープウェーが通っている。
全長およそ4キロの空の旅。

a_DSC_0043_20130108135657.jpg

終着駅は「猫空」という地名の、茶畑の広がる場所。
山頂に近いこともあって、自然も豊かでハイキングコースも設けられている。

a_DSC_0099_20130108135703.jpg

お茶屋さんやオープンテラスのカフェが立ち並ぶ。
そこで、台北市を一望しながら名産のお茶を味わうのがブームなんだそう。

a_DSC_0083_20130108143318.jpg

広い動物園を歩き回ったわたしたちもここで一服。
お茶をひとつ頼むと、たっぷりのお茶っ葉とヤカンとガスコンロ、そして全員分の茶器が用意される。

a_DSC_0063_20130108143315.jpg

a_DSC_0067_20130108143314.jpg

まずは店員さんが小さな湯のみにお茶を注ぐ。
一杯目は飲まずにそのまま捨てるのが作法。
客は空になった湯のみを鼻にあてて、残り香を嗅ぐ。

「どうですか。この香りのお茶をお気に召しましたか。」という具合に。
ワインのテイスティングに似てるかな。

一人一人香りを嗅いでいき、店員さんに「どうですか?」って聞かれる。
みんな順番に
「あ、いい匂い」
「ほんと、お茶の匂いがするー」
「おお、いいねえ〜」
って答えていく。

で、3歳の甥っ子の番。
湯のみを小さなお鼻にあてて、クンクン。

どんな答えが出るかな。
みんなに見つめられた甥っ子。
そして甥っ子が大きな声で発した言葉は・・・

「う◯ちのニオイ!!」


どうやっても、う◯ちのニオイはしないんだけどね。
なんで、こんな風に答えるかね。

日本人のお客さんがいなくて良かった・・・。

3歳でこうだと先が思いやられるけど、やっぱりかわいげがあるときもある。
お茶屋さんを出たら、道路に落ちてた小石を拾った甥っ子。

a_DSC_0090_20130108143315.jpg

嬉しそうな顔で

「ほら、石の赤ちゃん!」

ただの小石なのに、「石の赤ちゃん」っていう発想は大人にはできない。

そして、また小石の匂いを嗅ぎはじめた。
今度は、どんなオモシロ感想が飛び出すかな
そしたら・・・


「石のにおいがする」

そのままやん
でも、まあそんなところもひっくるめて全部かわいいのです♡
こんな家族旅も楽しいな〜。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

No title

いいですね(^^)やっぱり大きな家族で旅行するってのは楽しいですもんね!!
引き続き気をつけて旅をつづけてくださいー!

No title

子供いいですねー
大好きです
現実は 孫ですが・・・


いつも楽しく 読ませてもらってまーす ありがとうございます

yasuさま

おかげさまで賑やかで楽しい年末年始を過ごすことができました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

tomokopapaさま

かわいい姪っ子、甥っ子から元気をもらいました。
また会えるのを楽しみに旅を続けます!

はじめまして

こんにちは。

今年末あたり(アバウト・・)出発予定のものです。

お二人のブログを楽しみにしております。

台湾茶が大好きで、毎日飲んでいるのですが、
花の香りがしていいですよね~

これからも楽しみにしております。

すみません。

すでに「はじめまして」していました(>_<)

すみませんでした。

わかめ さま

お茶は奥が深いですよね。
日本の緑茶もいいけれど、中国茶や台湾茶も種類が豊富で香りもさまざまで楽しめますよね。
あくせくせず、ゆっくりとお茶を楽しめる余裕をもちたいです。
非公開コメント