Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

キリストに釈迦にユーゴー?!ベトナムの新興宗教

2012.12.28 06:00|ベトナム☞EDIT
バックハーの屋台で現地人にどぎつい酒を「勘弁してくれ〜」っていうまで飲ませられたケンゾーです。

何度も言うけれど、ホーチミンには観光スポットはあまりない。
なので今日も近郊へのツアーに参加することにした。
チョイスしたのは、カオダイ教の総本山とクチトンネルをまわる日帰りツアー。

カオダイ教は1919年に創設された新興宗教。
キリスト教、イスラム教、儒教、道教、仏教の教義をミックスさせているのが特徴。
なんでも足せばいいってもんじゃないでしょ。
さらに「20世紀少年」みたいな目ん玉がシンボルらしい。
妖しい匂いがプンプンだ。儀式とかもスゴそうだな。

ハノイからバスで2時間くらい走ったタイニンという街に総本山がある。
総本山の敷地はとにかく広い。
ここタイニンの街はほとんどがカオダイ教の信者だそうで、敷地内には幼稚園もある。

a_DSC_0609_20121225172254.jpg

白いアオザイを身に着けた信者が多くなってきた。

a_DSC_0544_20121225172208.jpg

これがカオダイ教総本山の教会堂。
ド派手なんだけど、なんだかメルヘンチックに見えるのはケンゾーだけ?

a_DSC_0599_20121225172253.jpg

カオダイ教のシンボルになっている「神の目」。
眉毛濃い!!

a_DSC_0600_20121225172255.jpg

もちろん真面目にやってるんだろうけど、なんだか笑えてくる。

a_DSC_0546_20121225172157.jpg

「ヘンゼルとグレーテル」に出てくるお菓子の家みたい。
この柱なんか美味しそうじゃない?

a_DSC_0549_20121225172209.jpg

a_DSC_0598_20121225172235.jpg

礼拝までまだ時間があるのかのんびりムード。

a_DSC_0552_20121225181457.jpg

こちらがご本尊。ピッカピカのキッラキラ。
ベトナム人の色彩感覚はちょっと飛び抜けてると思うな。

a_DSC_0553_20121225172206.jpg

a_DSC_0560_20121225172230.jpg

眉毛濃い!!

a_DSC_0561_20121225172229.jpg

正面には聖人として崇めているキリストや釈迦、孔子や老子の像がある。
世界の偉人大集合だな。

a_DSC_0557.jpg

だめだ、どうしても真ん中の像が「タケちゃんマン」にしか見えない。
カオダイ教の関係者の方々ごめんなさい。
タケちゃんマンを知らない若い人はググってね。

a_DSC_0568_20121225172237.jpg

中国の孫文、ベトナムの詩人とフランスの作家ヴィクトル・ユーゴーが描かれている。
彼らも聖人のひとり。ユーゴーが書いてる文字は「愛と正義」。
作家が聖人って、基準がよく分からないし
ベトナムでいつの間にか聖人にされたユーゴー本人や彼の子孫はどう思ってるんだろう。

a_DSC_0569_20121225172237.jpg

ロウソクに灯をともしだした。礼拝が始まりそうだ。

a_DSC_0567_20121225181442.jpg

楽団が音楽を演奏しはじめる。

a_DSC_0571.jpg

男女に分かれた信者達がスタンバイ。
男性は腕を組み、女性は手を組んでいる。

a_DSC_0572_20121225181442.jpg

a_DSC_0574.jpg

信者達が一斉に入場してきた。

a_DSC_0576_20121225181535.jpg

色の付いたアオザイは僧。赤が儒教、青が道教、黄色が仏教の表しているそうだ。

a_DSC_0583_20121225181519.jpg

a_DSC_0593_20121225181526.jpg

a_DSC_0588_20121225181530.jpg

大人に交じって子どもも参加している。

a_DSC_0597_20121225181522.jpg

建物やさまざまな像、目ん玉などを見るとザ・新興宗教という感じがするけれど、礼拝の様子を見ているとけっこう厳かで派手なことはいっさいしない。
またガイドの人が言うには、外部の人や観光客がツアーで訪れても金を要求することはないし、信者はみないい人たちだそうだ。
カオダイ教のような新興宗教が社会主義国で普通に活動できていることが面白い。
やっぱり中国とは違うな。


次の目的地クチトンネルは、ベトナム戦争時にベトコン(南ベトナム解放民族戦線)が作ったトンネル。
約20年かけて作られたトンネルの全長は200km以上でアメリカ軍に見つからないように様々な工夫がされていて、落とし穴やトラップなんかも設置されている。

トンネルはこのような森の地下にアリの巣のように張り巡らされている。

a_DSC_0615_20121226163817.jpg

オリジナルの出入り口はこれ。

a_DSC_0620_20121226163820.jpg

お腹は多少出てきたけれど細身のケンゾーがやっと入るくらいの幅。
体がデカいアメリカ軍の兵士は絶対に入らないだろう。

a_DSC_0623_20121226163815.jpg

a_DSC_0625_20121226163847.jpg

ところどころアリ塚のようなものがある。
よく見ると空気の取り込み口が。

a_DSC_0630_20121226163848.jpg

こちらは観光用に幅が広げられたトンネル。
中に入って10mほど通ることができる。

a_DSC_0645_20121226163905.jpg

広げられたといっても、欧米人にはかなり狭い。

a_DSC_0651_20121226163906.jpg

対アメリカ軍用の落とし穴トラップ。

a_DSC_0617_20121226163819.jpg

落ちてしまったら尖った竹で串刺し。

a_DSC_0616_20121226163817.jpg

敷地内には射撃場がある。

a_DSC_0638_20121226163849.jpg

欧米人たちはキャッキャ言いながらマシンガンなんかをブッ放していた。

a_DSC_0639_20121226163844.jpg

a_DSC_0640_20121226163844.jpg


この地域での激しい抵抗がアメリカを敗北に追いやった要因のひとつといわれている。
地下には炊事場などもあり、トンネルに潜んで生活をしながら戦っていたという。
まさに蟻が巨像を打ち負かした!って感じだな。
アメリカ人はここを見学してどう思うんだろう?


【旅 info.】
  カオダイ・クチトンネルツアーa_DSC_0631_20121227014043.jpg
ホーチミンから1日ツアーが開催されている。
ツアー会社を渡り歩いて最安値が7$。
クチトンネル入場料は別に90,000VDN必要。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

非公開コメント