Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別記事
リンク
見てくれてありがとう!
ふたりのお勧め旅グッズ











 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


このツアー会社要注意!!

2012.12.25 06:00|ベトナム☞EDIT
みなさんメリークリスマス!
ささやかながら、ベトナム・サパでクリスマスディナーを楽しんだケンゾーです。

ホーチミンは正直あまり観光スポットがない都市だ。
なので人気のメコンデルタツアーに参加することに。
ネットで予約を入れたのは「TNKトラベル」。
ここは日本語の話せるスタッフがいて日本語ホームページがあるので
日本人がよく利用してるみたい。
いくつかコースがあるけれどケンゾーとイクエはローカルファミリーの家に泊まれる
1泊2日のホームステイツアーをチョイス。
メコンデルタに浮かぶ自然豊かな島で釣りやフルーツ狩りを楽しむことができる。
写真を見るとホストファミリーと一緒に料理をすることもできるみたいだ。

朝、宿のすぐそばのTNKトラベルへ。
同じメコンデルタの日帰りコースや別のツアー参加者も集まっていて
店舗前の歩道はちょっと混雑している。

1泊2日のホームステイのバスだとツアースタッフに案内されてバスに乗った。
けどなかなか出発しない。
しばらく車内で待っているとスタッフがやって来て
「このバスじゃない、降りてくれ」と言われた。
まあしょうがないやと降りたはいいけど乗るはずのバスがない。
スタッフに連れられて重いバックパックを背負ったまま大通りまで歩かされる。
けれどぜんぜんバスが見つからない。 
スタッフは何も説明してくれないけれど
まさかバスが出発したってことはないよね・・・。
さんざん歩かされてけっきょくツアーオフィスに戻ることに。
ようやくスタッフがオフィスでケンゾーたちに告げた。

「もうバスは出発した」

はあ?どういうこと?
人数確認もせんで出発ってどうなっとるん!

バスを追いかけるので乗ってくれと言われた白タクには
なぜか3人の日本人の女の子たちがすでに乗っていた。
話を聞くと日帰りツアーの参加者でホテルまでTNKのスタッフが迎えに来るはずが
忘れられてて1時間近く放ったらかしだったそう。
うーん、このツアー会社やばいな。

途中で待っていたバスに乗り込むとドライバーがケンゾーに向かって怒鳴った。
ベトナム語だったからなんて言ったのか分かんないけど罵声だったことは間違いない。
こっちが文句言いたいのに、なんで客に怒鳴るん? 
頭の血管がブチッと切れる音がした。
座席はほとんど埋まっていてふたり並んで座ることはできない。
イクエと通路をはさんで横に座ろうとしたら
その横の窓側に座っている欧米人の女が見るからに機嫌が悪い。
足を空いてる席に投げ出してたんで「ここ座っていい?」って聞いたら「No!!」
ガムをくちゃくちゃ噛みながら
「私たちはずっと待たされた。前に席あるからそっち行けば」
って言って譲ってくれない。
これは完全にケンゾーたちのせいで待たされたことになってるな。
この女にもムカつくけどツアー会社に対して怒りが煮えたぎる。

途中のトイレ休憩の時にガイドに猛抗議。
ドライバーが何て言ったのか聞くとやっぱり罵声を浴びせられていた。
ケンゾーたちを待つためにバスを停めていたら警察に罰金を払わされたらしい。
そんなの知ったこっちゃない。人数確認をせずに出発したあんたたちが悪い。
ドライバーにも直接文句を言ったけれどsorryの一言もなかった。
バスが走っている間にイクエがブチ切れ女に
ツアー会社のせいで待つことになったんだと説明してくれていた。
ブチ切れ女は「それは分かったけど、私は6時半からずっと待ってるのよ!」
って言ってたそうだ。
7時40分集合8時出発なのに6時半から待ってるってどういうこと?
やっぱりこのツアー会社ダメダメだ。

前置きが長くなったけれど、気分を入れ替えてメコンデルタツアー!
ツアー客の1/3くらいは日本人。
バスには2人のベトナム人ガイドがいた。
日本語をしゃべるガイドと英語をしゃべるガイドで交互に説明。

日程表の最初には「フルーツを食べながら伝統音楽の鑑賞」と書いてあった。
コンサート会場に移動する。

a_DSC_0274_20121224011930.jpg

1泊2日のホームステイに参加するのは
ケンゾーとイクエのほかに日本人の女の子1人だけ。
日帰りツアーの身軽な人たちとは違いケンゾーたちはバックパックを背負っていく。
てっきり荷物はバスのなかに預けられると思っていたのに
炎天下の中けっこうな距離を歩かされる。

a_DSC_0275_20121224011935.jpg

南国ムードたっぷりの道を抜け会場へ。
どんな感じで伝統音楽が披露されるのかと思ったら
なんか普段着のおじさんたちが集まって来た。
この真ん中のおじさんがボーカル。

a_DSC_0295_20121225001936.jpg

鑑賞は・・・こんな感じでかなりゆる〜い。
なんか高齢者の趣味の愛好会みたい。

a_DSC_0290_20121225001940.jpg

a_DSC_0289_20121224011930.jpg

フルーツは1人1皿。もうちょっと食べさせてくれてもいいのに。

a_DSC_0280_20121224030545.jpg

このあとはいよいよメコン川をボートクルーズ。
バックパックを背負ってこんな細いボートに乗れるか心配だったけど大丈夫だった。

a_DSC_0303_20121224012259.jpg

ここはまだメコンの支流なので川幅が狭くて流れもけっこう急。
探検してるみたいで楽しい!

a_DSC_0309_20121224012300.jpg

a_DSC_0310_20121224012252.jpg

漕ぎ手のおっちゃんは鼻歌まじりでなかなかいい雰囲気。

a_DSC_0311.jpg

a_DSC_0315.jpg

着いた先の村ではココナッツキャンディー工場の見学。
工場っていっても、家族経営の工房みたいな感じで全部手作り。

a_DSC_0318_20121224032144.jpg

a_DSC_0319_20121224012352.jpg

a_DSC_0320_20121224012406.jpg

子どももいっしょに女性陣総出で作業。

a_DSC_0329_20121224012355.jpg

大きいモーターボートに乗り換えて再びメコンクルーズ。

a_DSC_0340_20121224012350.jpg

メコンデルタに住んでいる人たちの生活の中心はもちろんメコン川。
クルーズしていると住民の生活をかいま見ることができる。

a_DSC_0343.jpg

a_DSC_0359_20121224111457.jpg

a_DSC_0364_20121224111452.jpg

メコン川は魚を捕る漁場でもあるし遊び場でもある。

a_DSC_0347_20121224012430.jpg

a_DSC_0351.jpg

ランチを食べるレストランに到着。

a_DSC_0376_20121224112322.jpg

メコンデルタ名物(らしい)エレファントイヤーフィッシュ。
カレイくらいの大きさで、うろこまでカリッカリに揚げてある。

a_DSC_0380_20121224112319.jpg

フォーやハーブと一緒にライスペーパーで包んで食べる。
川魚なんだけど臭みはない。身がホロホロしててなかなか美味しい。

a_DSC_0386_20121224112321.jpg

ちなみにケンゾーたちのホームステイツアーは4食宿代込みで1人33ドル
日本語ガイドももちろんついている。
日帰りの日本人ツアー客に値段を聞いてみたらなんと29ドル!
ランチしか付いてないのにたった4ドル違い。
日帰りツアー高過ぎやろ!!
さらに、シンガポール在住の女性から衝撃の事実を聞くことに。
なんと英語ガイドの日帰りツアーは料金が9ドルだって!
なんなのこの20ドルの差は!!
この女性は英語がペラペラなので英語ガイドに申し込んだら
「ランチはどっちのツアーにもついてるけど
 日本語ガイドツアーではエレファントイヤーフィッシュが追加されるから
 日本語のほうが絶対にいい!」
と言われて日本語ツアーに申し込んだそうだ。
4、5人で1匹だから、この魚は80ドル以上? どんだけ高級魚?
この魚以外はツアー内容はまったく同じ。
日本人ボラれ過ぎ!
英語ガイドに参加していても日本語ガイドを聞くことができるし
そもそもたいした内容を喋ってるわけではない。
あまりにも適当すぎる。
みなさん、がんばって英語ガイドに参加しましょう!
29ドルは高過ぎですよ!

ランチが終わってホームステイ先に移動するのかと思ったら
「明日の昼に別のガイドが来ますので。それでは楽しんでください。」
って、ホームステイ先はこのレストラン?!
ベッドルームもいくつかあって、これは完全にふつうの宿泊施設やろ。
ローカルファミリーとの触れ合いはどこにあるんだ?
レストランで客に出す食事を一緒に作るのか?

a_DSC_0387_20121224192215.jpg

あまりにもおかしなところがありすぎるメコンデルタツアー。
はっきりいって「TNKトラベル」はお勧めしません。
あしたも引き続きホームステイ(?)編をお伝えします。
(ちなみに後日TNK主催の別のツアーにも参加したけど
 そのときもオフィスで30分待たされた末、すでにバスが出発していたことが判明。
 バスが待っているところまでまた歩かされた。しかも参加者の欧米人カップルも
 ほったらかしにされ2人はタクシーで駆けつけて途中で合流した。)

 

Comment

うわ、最悪ですね…
連絡の不行き届きいくらなんでもひどすぎますね!
待たされたお客さんたちもバスの人もみんな損してますね…
きっと次めっちゃいいことありますよ!
健康に気をつけてよい旅を続けてくださいね!

ちゃんゆへ

ちゃんゆううう!
コメントありがとう。まあ、いろいろあるよね。
俺は嫌なことすぐに忘れるタイプやけんだいじょうぶ!

旅にはいろいろあるといえど、、、
これは腹立つ~っ!!
めげずに頑張れ!

みはへ

こんくらいでめげてたまるかー!!
子どもは順調かな?メリークリスマス!

ルアン「パ」バーンからです(笑)

ベトナムのツアー、おそろしいっすね、、、ほんまに日本人は気をつけて楽しまないと...って気をつけててもぼられる時はボラれますよね^_^;
僕らはホーチミンでは、常にイライラ、ワナワナしてました(笑)

sen.yutoさま

ルアンパバーン楽しんでるみたいだね。
ベトナムに引き続きラオスも脱出したい!ってなってたらどうしようって思ってた。
ラオスでいいクリスマスを!!

TNK Japanはよろしくないですね

こんにちは
昨年8月にTNK本店英語オフィスでミトー・カントー1泊ツアー(英語ガイド)に参加しましたが
カントーのエアコンつきホテル個室1泊と朝食つきで約30ドル(620,000ドン)でしたよ。
なお、象耳魚は7人でシェアして、飲み物と焼肉の載った皿飯代を含めひとり50,000ドン。

TNKの日本語スタッフはほんと酷くて、「薬局がこのあたりにないか?」と尋ねたらないと言い張る。
同じ事をすぐお向かいのTNK本店のスタッフに英語で尋ねたら「すぐそこにありますよ」でした。
よくあれで商売になるものです。

匿名さま

そんなことがあったんですね。
きっとこれまでもいろんなトラブルがあったのでしょう。
日本人スタッフは若い子が多かった印象です。
日本人だと社会人経験があまりなくても、ベトナムで働きたというのなら雇っているのかもしれません。
それでももうちょっと社内教育をしてもいいのかもしれませんね。

本当に申し訳ございませんでした。

ケンゾー様
イクエ様

突然のご連絡を失礼いたします。
記事を拝見し、ご連絡をさせて頂きました。

私はTNKトラベルのマネージャーをしております黒岩と申します。
偶然、こちらにたどり着きました。

まず、記事を拝見し、随分時間が経過してしまいましたが、お詫びさせて頂きたくご連絡をいたしました。
せっかくの海外旅行での一幕で、楽しみにされていたはずの中身について
不快な思いをさせてしまった事、誠に申し訳御座いませんでした。

日本人スタッフがいながら、
日本人のお客様に対する説明や配慮が不足していたと思っております。

2012年当時、実は私自身在籍しておりました。
もしご迷惑でなければ、この先読み進めていただければ幸いです。

<待ち時間・バスの移動等によるトラブルについて>
お詫びをお伝えするより他には何もございません。
本当に申し訳ございませんでした。

お恥ずかしながら、当日の状況を明確に覚えているわけではございません。
しかし2012年当時、待ち時間については、私共日本語セクションスタッフの課題でもありました。
日本人の方は大体集合時間にお越し頂けていたのですが、英語セクションのお客様は多少時間にアバウトで集合時間に遅れていらっしゃる方も多くいらっしゃいました。
お待たせした挙句、バスに置いて行かれれしまった(?)こと、その時にきちんとお詫びをする事や、
なぜ始めからバスにきちんとご案内ができなかったのか、当時説明をきちんとできていなかった事が
こうしてお客様を不快にさせてしまった原因に繋がっているかと思います。
バス乗車時のドライバーの態度や私供の至らなすぎる未熟で浅はかな対応、今になって猛省です。

しかしながら料金などについては多少の誤解があるように思います。
非常に恐縮ですが、説明させていただきたく存じます。
<料金について>
弊社はベトナム現地旅行会社であり、英語セクションと日本語セクションで成り立っております。
そして主となるメコン川ツアーは英語セクションとの混乗ツアーとして催行している為、
日本語ガイドツアーを格安料金で催行することが可能となっています。
※当時英語は9ドル、日本語は29ドル
当時、弊社日本語ガイドツアーはベトナムで最安値であり、
他社の日本語ガイドツアーとは群を抜いてお求めやすいご料金で提供しておりました。

英語と日本語ツアーの料金を比べると、日本語ツアーは高いと感じられるかもしれません。
しかし、理由がございます。

①英語ツアーは基本的に別途チップが必要となります。
欧米人のお客様が主である為、ガイドやドライバー、
手漕ぎボートの漕ぎ手への各チップをお客様が別途お支払いされます。
しかし、日本人の方はチップの習慣がない為、日本語ツアーには料金内に各チップを含めており、
日本語セクションから支払っております。

②ケンゾー様の記事内にもございましたが、エレファントイヤーフィッシュが英語ツアーは含まれておりません。

③保険代
ツアー時に事故やお怪我などがあった場合には、日本語ツアーは保険が含まれており適応されます。

④英語ガイドと日本語ガイドの給料の違い
上記でも申し上げましたが、英語ガイドは基本お客様からチップをもらうことができます。
※欧米人の方は通常1名あたりガイドに5ドルほどはお渡しされております。

また、ツアー料金の選定は満員時ではなく、最低人数で算出します。
ローシーズンには2名様など少ない人数でご参加の場合もございます。

今となってはこうした理由など、お客様に申し上げるのは、意味がなく弁明にもならないとも思います。
当時は私も含め、若手のスタッフも多く、至らぬ事が多かった当時を思い、心より申し訳なく思います。

もう時間が経過しており、今更かもしれない、と思いながらもこのまま放置できず、
記事を拝見するほど、当時の自分たちに情けなく悲しく、お客様に申し訳ない気持ちが募ると同時に
このまま、最低な旅行社として終わらせたくはないという思いもございました。

この記事を拝見し、改めて深く考えさせていただけるきっかけとなりました。
気づかせて頂けました事、ありがとうございます。

長々と不躾にこちらの気持ちを申し上げ、失礼いたしました。
最後までご拝読いただきありがとうございました。

今後、弊社をご利用くださるお客様に、より誠実に真摯な気持ちで接して参ります。

TNKトラベルJAPAN
黒岩 美妃