Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別記事
リンク
見てくれてありがとう!
ふたりのお勧め旅グッズ











 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


ベトナム・ホイアン 「ホイアンの街」☆☆

2012.12.18 20:53|世界遺産 星いくつ?☞EDIT
イクエはそんなことないって言っているけれど
確実に痩せていっている(はずの)ケンゾーです。

フエから南へバスで4時間、トゥボン川の河口にある港町ホイアン。

a_P1010368.jpg

国際貿易都市として栄えていたホイアンは日本とも繋がりがある街だ。
江戸時代には朱印船貿易が活発におこなわれていて
最盛期には千人以上の日本人が住んでいたそうだ。

大規模な日本人街も造られたけれど日本が鎖国となってから衰退。
日本人に代わって華僑が多く移り住んだので
街並みから日本色はほとんど無くなってしまったけれど
ベトナム戦争でも破壊されなかった古い街並みは世界遺産に登録されている。

a_DSC_0320_20121218094054.jpg

a_P1010369.jpg

a_DSC_0192_20121218115532.jpg

a_DSC_0222_20121218002404.jpg

a_DSC_0223_20121218002406.jpg


20万ドン札の絵柄にもなっている「来遠橋」。
通称「ジャパニーズブリッジ」。
1593年に造られたこの橋は
当時住んでいた日本人たちによって架けられたと言われている。

a_DSC_0185_2.jpg

a_DSC_0168_20121218013900.jpg

地震にも耐えられるようにと頑丈な造りになっているのだそう。
さすが日本人。

a_DSC_0167.jpg

430年前、ここに住んでいた日本人たちもこんな風に
橋から当時の街並みを眺めていたのかな。

a_DSC_0172_20121218013901.jpg


こちらは約200年前に建てられた、当時の代表的な建築様式の家。
黒光りした柱や梁が歴史を感じさせる。

a_DSC_0205_20121218020608.jpg

a_DSC_0207_20121218020552.jpg

この大・中・小の柱の組み合わせが日本式の建築様式らしい。
う〜ん、正直よくわからない。

a_DSC_0208_20121218022844.jpg

家具も調度品も窓も、彫刻が細かくて上品な感じ。

a_DSC_0215_20121218020551.jpg

ホイアンの家屋の特徴のひとつ、中庭。
窓がほとんどないけれど中庭があるので
日光や風を家の中に取り入れることができる。

a_DSC_0211_20121218020557.jpg


古い家屋では1日に2回、伝統音楽のコンサートが開催されている。
伝統衣装に身をまとった人たちが音楽に合わせて舞踊も披露。

a_DSC_0305_20121218082656.jpg

a_DSC_0298_20121218082652.jpg

a_DSC_0295_20121218082654.jpg


街にはたくさんの伝統家屋があり
無料で見学できるところもたくさんある。

a_DSC_0132_20121218092111.jpg

住んでいる家の人が説明をしてくれるところも多い。

a_DSC_0141_20121218092111.jpg

a_DSC_0134.jpg

ここはギャラリーとしても使われていた。

a_DSC_0234_20121218023853.jpg

どの家にも先祖を祀るための祭壇がある。
ここはなんだか雛人形みたいでかわいらしい。

a_DSC_0235_20121218023853.jpg

a_DSC_0237_20121218023853.jpg


黒光りする柱。窓のない建物。
重厚な造りの家々が立ち並んでいるけれど
ホイアンの街並みは暗い感じがしない。
カラフルなものも多く、その鮮やかさが余計に引き立っている。

a_DSC_0191_20121218095701.jpg

a_DSC_0137_20121218095749.jpg

a_DSC_0123.jpg

a_DSC_0225_20121218024756.jpg

お土産屋なども古くて渋い建物ばかり。
買い物はしなくても街並みを楽しむことができる。

a_DSC_0176_20121218024753.jpg

a_DSC_0230_20121218023852.jpg

商品にも鮮やかなものがいっぱい。
日本とはちょっと違う色彩感覚。

a_DSC_0239_2.jpg

a_DSC_0154.jpg

a_DSC_0238_20121218095703.jpg


世界遺産の街ではあるけれど
そこに住んでいる人たちにとっては生活の場。
ここにも日常があふれている。

a_DSC_0184.jpg

a_DSC_0181.jpg

a_DSC_0187_20121218082826.jpg


さて、古い街並みが世界遺産の「ホイアン」。
「星いくつ?」

「星、2つ!

古い街並みを大切にしていこう、という考えが街全体に浸透している。
のんびりと街中を歩きまわるだけでも
数百年前にタイムスリップしたような感覚を楽しむことができる。

古い家屋などが展示物になっているのではなくて
今でも住居として使われている。
見学しているとパジャマ姿のおじいちゃんがウロウロしていたりして
家にお邪魔している感覚が面白い。

5枚綴りの観光チケットを購入すると21か所のチケットが必要な
観光スポットのうち5か所入場することができる。
でも無料で入れる場所もたくさんあるので買わなくてもいいかも。

実はこのホイアン、提灯が有名。

a_f7526592.jpg

a_DSC_0309_20121218094054.jpg

a_DSC_0308_20121218094051.jpg

色鮮やかな提灯を街中で見ることができる。

a_DSC_0189_20121218115552.jpg

a_DSC_0145_20121218092112.jpg

だからホイアンは夜が幻想的でとてもいい。
あしたは夜のホイアンをお伝えします。


【旅 info.】
  ホイアンa_DSC_0156_20121218085417.jpg
5枚綴りの観光チケットは120,000VND。
有効期限は24時間と書かれているけれど2日後でも使えた。
旧市街に安宿は1件しかない。

Comment

No title

はじめまして、コメントさせていただきます。
いつも楽しく読ませていただいております。

ホイアン素敵ですね。
写真がきれいで、街歩きも楽しそう(マレーシアのマラッカを趣深くした感じかな)。
とっても行きたくなりました。
提灯もいいですね。次回の夜の写真も楽しみにしてます。

(この記事を読んで、またベトナムに行きたくなり、次はぜひホイアンに行かねばと思いました)

chiquitaさま

コメントありがとうございます!
ブログ拝見しました。クアラルンプールに住まれているんですね。
ベトナム滞在中はマレーシアからの旅行者によく遭遇しました。
ベトナムは人気の旅行先なんですね。
旅の終盤にはまた東南アジアに戻ってくる予定で、マレーシア縦断をしたいなあと考えています。

No title

ブログも見てくださりありがとうございます。

世界一周されている方のブログが好きで、私も旅した気分で(そしていつか行ってみたいと思い)毎日楽しみにさせていただいています。

東南アジアの中では、タイやベトナムその他近隣諸国はたくさん訪問記事を拝見するのですが、マレーシアはそんなに多くないんですよねえ。
日本人には特にKL周辺など住みやすい所ですが、いざ旅行となると、ほかの国で代用できそうなのも否めません。

とはいえ、派手さはないけど、いい国で私は好きです。ぜひ来てみてくださいね~。

アオザイ

踊り子嬢の衣装はアオザイですか?
あとずっと下の方の画像で昔娘だった4人の女性が和んでいる写真がありますが、椅子に座ってる黄色いカーディガンのオバサン、この方が着てるのが伝統的なアオザイかなと思いました。

ジバゴさま

踊り子さんたちの衣装は、わたしたちがイメージするアオザイとは少し違いますね。
タイトではなく、ちょっとふんわりしてますね。
踊りの衣装なので普段着のアオザイではなく、晴れ着なのかもしれません。
おばあちゃんが着てるのはきっとアオザイです。
普段着のアオザイは腰回りがタイトでありながら、とても着心地が良さそうです。