Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別記事
リンク
見てくれてありがとう!
ふたりのお勧め旅グッズ











 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


ラオスのバス 補助席はまさかのパイプ椅子

2012.12.06 21:00|ラオス☞EDIT
毎晩、キンキンに冷えてウマすぎる
Beerlao(ラオスビール)の誘惑と闘っているケンゾーです。

予想外にとても居心地が良かったルアンパバーン。
もうちょっとここに滞在したい気持ちもあるけれど
ラオスの首都、ビエンチャンに移動しないといけない。

6時30分発のバスに乗るために街の中心から少し離れたバスターミナルへ。
中国から来た時にも利用したターミナルなんだけど
なんでこんなに市街地から離れてるんだろう。トゥクトゥクに稼がせるため?

a_DSC_0207_20121202211927.jpg

おっ!この豪華バスかな?と思ったら・・。

a_DSC_0204_20121202211928.jpg

となりのボッロボロぽんこつバスだった
これで10時間、大丈夫かなあ。
というより10時間で着くのかなあ。

a_DSC_0203_20121202211929.jpg

a_DSC_0205.jpg

ケンゾーとイクエのバックパックは有無を言わさず屋根の上へ。
頼むから落とさないでくれ〜。

a_DSC_0198_20121202211934.jpg

バスは1時間遅れで出発。
ちょうど托鉢の時間帯と重なった。
観光客がいない町外れでも毎朝おこなわれている日常。
なんだかうれしい。

a_DSC_0213_20121202212018.jpg

このバスも途中でどんどん客が乗り降りしていくピックアップ方式。
バスが走るにつれてどんどん客が乗り込んでくる。
座席が埋まってしまったら・・・

a_DSC_0216_20121202212010.jpg

パイプ椅子が登場!これぞラオススタイル。

このバス、見た目通りオンボロで上り坂はとんでもなく遅い。
車内の様子も合わせて動画でどうぞ。



途中でやっぱりバスがストップ。
ドライバーが車体の下に潜り込んだまま時間だけが過ぎていく。
ビエンチャンにたどり着けるかな?

a_DSC_0222_20121202212019.jpg

子どもたちがバスのまわりに集まってきた。
無邪気な笑顔は無条件でかわいい。

a_DSC_0224.jpg

a_DSC_0229_20121202212007.jpg

a_DSC_0242_20121202212141.jpg

故障が直ったあとは順調に走るバス。
けっきょく故障で止まっていた時間は別にして
ちょうど10時間でビエンチャンに到着。


ビエンチャンはラオスの首都で政治・経済の中心地だけれど
フランス植民地時代の建物と多数の仏教寺院が混在し
東洋と西洋の文化が融合した街並みを楽しむことができる。

こちらは大統領官邸。通称「ホワイトハウス」。
一見するとフランスっぽい建物だけど屋根の形がラオスっぽい。

a_DSC_0254_20121203005117.jpg

ラオスの凱旋門「パトゥーサイ」。
本場の凱旋門をモチーフにして
1960年から造られはじめ、未完成のまま工事は終わったらしい。

a_DSC_0266_20121203004949.jpg

a_DSC_0265_20121203004950.jpg

a_DSC_0269_20121203005100.jpg

でも一体どこが未完成なのかぜんぜん分からない。
若い僧侶も観光に来ていた。
後ろについて上に登ってみると・・。

a_DSC_0271_20121203005157.jpg

眼下にはラオスのシャンゼリゼ通りが。

a_DSC_0276_20121203005200.jpg

ビエンチャンの街並みを一望することができる。
とても緑が多くて奇麗な街だ。「森の都」とも呼ばれているそう。
ケンゾーが思い描いていたラオスのイメージとはかけ離れていた。

a_DSC_0281.jpg

a_DSC_0278_20121203005215.jpg

a_DSC_0284_20121203005208.jpg

首都とは言ってもせわしない喧噪はまったくない。
車のクラクションもほとんど聞こえないし街全体がのんびりした雰囲気。

a_DSC_0287_20121203005411.jpg

でも静かなこの街が一変!
あしたは、圧巻だった年に一度の大イベント
「タートルアン祭」をリポートします!


【旅 info.】
  ビエンチャンa_DSC_0282_20121203030924.jpg
ルアンパバーンからExpressバスで約10時間、片道110,000kip。
VIPバスで約8時間、130,000kip。
その他各都市からもバスあり。

「パトゥーサイ」は入場料3,000kip。
うわ、高!と思いふたりして一瞬悩んだが3,000kip=約30円。
kipは桁が多いので慣れるまで要注意!

Comment