Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

東チベット周遊11日目 お城の家に住む民族

2012.11.24 21:14|東チベット☞EDIT
体重計に久しぶりにのったら2キロ痩せていたイクエです。

東チベットのダンゴ(炉霍)から成都方面へ戻るイクエとケンゾー。
さてどこを経由しようか。
長距離バスがつなぐロンダク(丹巴)へ行ってみよう!
ロンダク周辺は、美人が多いところとして有名らしい。
別名「美人谷」とも呼ばれている。
どんな美人に出会えるのか。とても楽しみ♡

ロンダク

バス停でバスを待っていると、同じバスに乗るという2人組と出会った♪
カップルかな。兄弟かな。
漢字を書きあって筆談する。

a_DSC_0142_20121120075239.jpg

2人は結婚して1年の新婚さんだった♡
奥さんの実家がここダンゴで、旦那さんの実家がこれから行くロンダクなんだって。

どちらもチベット族。
やはり地域が違っても、文化や宗教、言葉の壁がないチベット族同士が
結ばれやすいんだろうな。
でも、今はチベットの子どもたちは学校で中国語を教えられる。
しかもチベット地区に移住する漢民族も増えている。
将来はチベット族と漢民族の結婚が増えて
純粋なチベット人はいなくなるかもしれないな。

ロンダク出身の旦那さんに筆談で聞いた。
「美人多?」
そしたら旦那さん、こう書いて答えた。
「現在美人少」
若い美人の子は村を出て都会に働きに行って
村にはかつて美人だったかもしれないおばあちゃんしかいないみたい。
ざんねーん!

筆談で盛り上がっていたらおんぼろバスがやってきた。

a_DSC_0147_20121120075239.jpg

今まで乗ったバスのなかで一番ぼろい。
壊れた窓がテープで固定されている。

a_DSC_0160_20121120075238.jpg

バスの側面のトランクは閉まらないので後ろのトランクしか使えないんだけど
みんな荷物が多いからすぐにいっぱいになる。

a_DSC_0150.jpg

中国ではみんな尋常じゃないくらい大量の荷物を持っている。
出稼ぎに行くであろう人たちは布団や衣類を詰め込んだズタ袋を持っているし
他人からたくさんの荷物を預かっている人もいるみたい。
結局、乗客の大量の荷物は車内にあふれる。
運転席のまわりもこの通り。

a_DSC_0153_20121120075238.jpg

もちろん通路も荷物で埋めつくされるから
席に座るには荷物を踏んで行かないといけない。

a_DSC_0165_20121120075541.jpg

イクエとケンゾーの荷物も通路に置かれ
さらにその上に他の人の50キロくらいありそうなズタ袋を載せられる。

イクエとケンゾーの全財産が入ったバックパックなんです!
もっとみなさん大事に扱ってあげて〜!
ああー、踏まないで。そこのおっさん!!

と、心の中でいくら叫んだところでどうしようもない。



目的地まで、このおんぼろバスで運賃71元、6時間あまり。
チベット族の村々を通り抜けながら進んでいく。
こんな田舎のチベット族の村を見下ろす丘にも
こんな文字がでかでかと書かれている。
「中国共産党万歳」

a_DSC_0161_20121120075237.jpg 

ロンダクへの道は舗装されていて、廃車寸前バスだけど
スムーズに進むし、車窓の景色も楽しめる。
美しい草原や渓谷、神々しい雅拉雪山。
このルート、けっこうオススメです。

a_DSC_0198.jpg

a_DSC_0207_20121120075540.jpg

ロンダク周辺の村は『ナショナルジオグラフィック・チャイナ』で
「中国でもっとも美しい村」第一位に輝いたんだって。
窓から上を見上げると
「よくあんなとこに住んでるなあ」っていうくらいの
山の上のほうに家が建っている。
よく見ると、どの家もお城みたい。
(でも、この地区も九寨溝界隈のチベット族の村と同様
 どの家にも中国国旗が建てられていた・・・。
 そうさせられてるのかなあ。せっかくの景観なのにね。)

a_DSC_0292.jpg

a_DSC_0305_20121120080024.jpg

このあたりに住む人たちは「ギャロン・チベット族」。
独特の文化をもっていて
これまで見てきた家々とは違う。
その多くが石と木でつくられた3階建ての家。
1階部分で家畜を飼い、2、3階が居住スペース
一番上の階は壁がなくて、ベランダのようになっている。
こんなお城みたいな家、いいなあ〜。

a_DSC_0211_20121120075540.jpg

a_DSC_0301_20121120080024.jpg

夕方、ロンダクのバスターミナルに到着。
ここでもホテルの客引きのおばちゃんたちの攻撃にあう。
ホットシャワーもあるし、安いからと
ひとりのおばちゃんに連れられてホテルに向かう。

え!ここ??
ふつうの、というかけっこう古めかしいアパートなんだけど。

a_DSC_0226_20121120075850.jpg

ホテルと言うより、おばちゃんちだった!
おばちゃんが暮らしているアパートの部屋にベッドを置いて
客を泊められるようにしている。
ベッドが置いてある部屋が2部屋、そしてリビングルームにもベッド。
置けるだけベッドが置いてある感じ。
とりあえず、1泊60元だし部屋もきれいだし、まあいいか。

a_DSC_0221_20121120075539.jpg

いちおう、おばちゃんは他のちゃんとした宿と同様
イクエとケンゾーのパスポートをリビングのソファでチェックして紙に記入している。
あやしいけれど、違法でこの商売をやってるわけではなさそう。
部屋からの眺めもワイルドでなかなかよい!

a_DSC_0222_20121120075539.jpg 

さっそく、ロンダクの街に繰り出す。
美人はいるかな〜。

a_DSC_0242_20121120075849.jpg

残念ながら目を引くほどの美人にはなかなか出会えないけれど
街を歩く女の人たちの後ろ姿は美しい
刺繍の入った頭巾をかぶっている。

a_DSC_0230_20121120075849.jpg

a_DSC_0248_20121120075848.jpg

a_DSC_0243.jpg

a_DSC_0244.jpg

みんな長い髪を三つ編みにして、額の上に渡している。

a_DSC_0258.jpg

この頭巾を売っている店も多い。
デザインや色使いがちょっとずつ違って
みんないくつかもっていて、その日その日で変えているのかな。

a_DSC_0249_20121120080026.jpg

みんな女の人は髪を長くして、三つ編みしてると思ったら・・・。
三つ編みの付け毛が店頭に並んでいる!
地毛じゃなかったのねえー!

a_DSC_0250_20121120080026.jpg

いよいよ、この東チベットの旅も最後。
あした成都に戻る日だ。
所持金が少なくなったので、ATMで降ろすことにした。

この世界旅行、イクエとケンゾーは
日本から大金をもってきているのではなく
その都度その都度、ATMでおろしている。

これまで何度もおろしているのでATMの使い方はバッチリ
と思ったらなんか、おろせない!
たま〜に、日本のカードが使えないときがある。
このATMはダメか〜と思って取り消しボタンを押すんだけど
カードがでてこない!!!
機械にカードが吸い込まれた〜

命のカードが!

夕方だったけど、幸運にもATMのある銀行はまだ営業していた。
身振り手振りでカードが吸い取られたことを説明し
なんとか鍵をあけてもらって救出成功。ほっ。

所持金はほとんどないけど
あしたのバスのチケットは購入してるし
とりあえずきょうの宿代はおばちゃんにもう払ったし
あした成都にもどって、お金をおろそう。

所持金はゼロに近いから
きょうの夕食は安い食堂を探して
ひとり100円くらいのディナーにすることにしようっと。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

イクエさん良かったですね♬

知らぬ間に体重2キロ減っていていいな~
2キロ増えてたら困りますもんね!!

ぶっとい三つ編みの付け毛・・・  エクステじゃなくて
まさに「付け毛」って感じがウケました(笑)

他のブロガーでもカードを吸い込まれたって人がちらほら!!
どうか気をつけて、これからも楽しい旅を私たちにも見せて下さい✿

動画見れた〜〜〜

動画見れました!
おもしろ〜〜〜♡

risaさま

2キロ体重増えたけど、暑い国に行けば喉が乾き、冷たいビールやアイスを食べてあっという間にリバウンドしそうです。痩せられる時に痩せときますね!
カードは吸い込まれるのが怖いので、今度からなるべく銀行が空いてる時間帯に銀行のATMでおろそうと思います。万が一吸い込まれても、すぐにSOSを求められるから。
非公開コメント