Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

東チベット周遊4日目 とても自然だった鳥葬

2012.11.17 11:53|東チベット☞EDIT
久しぶりにヒゲを剃ったケンゾーです。

リタン(理塘)はもうチベットの街だ。

リタン

いままでと違い武装警察の人数も比べ物にならないくらい多い。

a_DSC_1070_20121117075447.jpg

街中をライフル銃などを持った警察が行進する様は異様で怖い。
そのすぐわきをチベタンの子どもたちが登校している。
彼らにとっては日常なんだろうけれど、はたから見るとやっぱり異常だ。

a_DSC_1073_20121117075446.jpg

a_DSC_1072_20121117075447.jpg

a_DSC_1084_20121117075446.jpg

まずはリタンゴンパ(寺院)を目指して歩く。
家から牛が出てきた。
お母さんが牛の後ろを歩きながら糞を集めていく。

a_DSC_1099.jpg

a_DSC_1107.jpg

集めた糞は壁に張り付けて乾かす。
乾かした糞は燃料として使っているそうだ。
とても環境にやさしくて効率的だ。

a_DSC_1090.jpg

ゴンパは丘の上にある。
チベタンと一緒にゆるやかな坂道を歩いていく。

a_DSC_1133.jpg

a_DSC_1137.jpg

ゴンパ到着!

a_DSC_1139.jpg

a_DSC_1141_20121117101615.jpg

あれ?みんなどんどん上に登っていく。
入口そっちにあるのかな?
ここからはかなり急な坂道だ。

a_DSC_1142.jpg

ここは標高約4000m、富士山より高い。
ケンゾーとイクエにはかなりしんどい。
息があがって足が重い。
何度も休憩しないと心臓が破裂しそうだ。
おじいちゃんやおばあちゃんにどんどん追い越されていく。

a_DSC_1144_20121117102054.jpg

a_DSC_1146_20121117102903.jpg

a_DSC_1148_20121117102903.jpg

やっと頂上にたどり着いた、と思ったらみんなはそのまま下っていく。
ああ、そうか!みんなゴンパのまわりをコルラ(巡礼)してるんだ。

a_DSC_1155.jpg

予定外のコルラのあとゴンパへ。

a_DSC_1160_20121117103457.jpg

a_DSC_1167_20121117103457.jpg

a_DSC_1165_20121117103456.jpg

高地を歩き回ってヘトヘトだけれど
午前中に行かないといけないものがある。
それはチベット語で「ティエンザン」という鳥葬だ。
チベット仏教では死んで魂が抜け出た遺体はただの「肉」に過ぎない。
その肉体を「天へと送り届ける」ために鳥に食べさせる。
なので「天葬」ともいわれる。
その鳥葬をここリタンで見ることができる。

ゴンパ近くの丘、というのは聞いていた。
けれど丘っていっぱいある。
どの丘だろうなあと困っていたら
何羽ものハゲ鷲が同じ方向に飛んでいるのが空に見えた。

a_DSC_0005_20121117111850.jpg

ハゲ鷲が飛んでいっている方向に歩いて行ってみたら・・・
あった。
数百羽のハゲ鷲が集まっている。

a_DSC_0006_20121117111849.jpg

鳥葬が始まった。
遺族らしき人は見られず、悲しんでいる人はいない。
他の観光客もおらず、地元の人たちが原っぱに座ったり寝っ転がったりして
ときどきおしゃべりしながら見ている。
ケンゾーとイクエは、ちょっと遠慮して
150mくらい離れたところから見ていた。
外国人の自分たちが見ることをとがめられることはない。

専門の鳥葬人が髪の毛を剥いでいく。
つぎに遺体をバラバラにはせずに切れ目だけを入れていく。

a_DSC_0036.jpg

そして、ハゲ鷲に食べさせる。

a_DSC_0046.jpg

ものの5分くらいでほとんど骨だけになった。
いったんハゲ鷲を追い払い骨を残った肉とともに砕いていく。
静寂の中、「カン、カン」という斧の音だけが響く。

a_DSC_0018_20121117112611.jpg

砕いた骨を残った肉に混ぜてふたたびハゲ鷲に食べさせる。
こうして何も残らず天へと運ばれていった。

a_DSC_0049_20121117112611.jpg

人によって受け止めかたは違うと思うけど
ケンゾーにはごく自然なことに感じられた。
後に何も残さずきれいさっぱり無くなるこんな最期もいいかもなあ、とさえ思えた。
チベットのこうした伝統がこれからも制限されることなく残っていってほしい。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

非公開コメント