Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

東チベット周遊3日目 ライフルを持った武装警察が

2012.11.15 21:15|東チベット☞EDIT
どんなに悪路で揺れまくる移動でも、やっぱり眠くなるケンゾーです。

東チベット周遊3日目。
今日はダルツェンド(康定)からリタン(理塘)までの移動日。
リタンは標高が約4,000mあり今回の旅で一番高地になる
2,500mのダルツェンドから一気に1,500m登るので
リタンに到着する今日が一番高山病の危険性が高くなる。

2012111810243899c.jpg

バスは6時45分に出発。
なにか前の方から聞こえてくるなあと思ってたら
チベット人のおばあちゃんがお経を唱えていた。

a_DSC_0967_20121111070853.jpg

ぜんぜん耳障りじゃなくて、逆にリズムカルなお経はなんだか心地いい。
チベット圏へと向かってるんだと期待感も高まる。

早朝出発+おばあちゃんのお経もあってか乗客ほとんど寝てるなか
突然大音量が鳴り響く!
やっぱり始まっちゃったよ車内テレビ。
中国の長距離バスにはテレビが付き物。
しかもこれが必ず大音量。
嫌がらせとしか言えないほどうるさい。
日本が敵の戦争映画の上映が多いけど
今回朝の7時半から爆音と共に上映されだしたのは
映画じゃなくてミュージックビデオだった。

でもそこは中国。ふつうの音楽じゃない。
内容は民族音楽で映像はチベット人やお坊さん
ラサなんかが映し出されてるんだけど
歌ってる人はどう見ても漢民族で歌詞も中国語。

a_DSC_0993_20121111070852.jpg

意図が見え見えで嫌悪感すら憶える。
お経唱えてたおばあちゃん、どんな思いでいるんだろう?
ぜんぜん関係ないのになんか申し訳ない気持ちになる。

でもそんな気分が悪い音楽ビデオでおもろいものを発見した。
少数民族の歌を歌っている漢民族の男が着ている衣装になぜか日本語が書いてある!
なぜに?どういうこと?
チベット文字と勘違いしているのか。
チベット文化に憧れてやってるんだったら
ちゃんと徹底してほしい。

a_DSC_0980_20121111070852.jpg

出発から2時間ほどすると山道になる。
もちろん道は舗装なんかされてない。
中国ではどんなに道が狭かろうが曲がりくねっていようが渋滞してようが
ちょっとでも遅い車は容赦なくガンガン追い抜いていく。
前を走る車と対向車の巻き上げる土煙でバスの視界はほぼゼロ。
それでもバスは対向車線にはみ出ながら追い抜いていく。

a_DSC_1008.jpg

そこまでして追い抜かんでいいけん、対向車が来たらどうするん!?
って思いよったら衝撃の光景が飛び込んできた。

a_DSC_1010_20121111070851.jpg

やっぱり事故っとるやん!
これはバンのほうが悪いとは思うけど乗ってた人大丈夫かな。
これ以降ちょっとだけ運転がおとなしくなったのがかわいいけど。

あいかわらずの大音響とともに走っていたバスが突然道路上に停車した。
公安チェックだ。
これまでにも何度も経験しているけれど今回は緊張度がケタ違いだった。
車内に入ってきたのはライフル銃を抱えた武装警察。
全身黒ずくめ。マスクをしていて鋭い目つきが怖い。
車内の空気がピンッと張り詰める。

民族衣装を着ているチベット人何人かにIDカードを提示させている。
警官がケンゾーのところに来た。目の前にはライフルが。
目を合わせないようにしていたら、なんとしたことか
手をクイックイッと振って外に出ろっていう仕草をしちゃったよ。
うそでしょー!心臓があり得ないくらい速く脈打ちはじめる。
えっ?えっ?どうしよう!どうしたらいい?
警官はそのまま後ろへと移動していく。
すると今度は1人だけ乗っていた欧米人の男に白羽の矢が。
「フォロー ミー」と言ってその男を外へと連れ出していった。
その間ケンゾーは何も分からない振りをしてじっとしてた。心臓バクバクだったけど。
欧米人の男には悪いけど、よかった、ほかに目立つ人がいて。
けっきょくその欧米人も無事にバスに戻ってきて再出発。

出発から9時間、山に囲まれたリタンの街が見えてきた!
バスターミナルに到着。

a_DSC_1037_20121111071237.jpg

a_DSC_1040_20121111071237.jpg

あらかじめ調べていたターミナル近くの「和平酒店」へ。
ここはちゃんとお湯が出るシャワーもあるしなんといってもWi-Fiがあるのだ!

まだ外は明るいし街を見て回りたいけどここは富士山よりも高い場所。
まだ高山病の予兆はないけれど今日はおとなしくしておくことに。

a_DSC_1053.jpg

a_DSC_1041_20121111071237.jpg

時間が経つにつれてふたりとも首の後ろの辺りが痛くなってきた。
階段を上るのがキツい。
ちょっとしたことで息がハーハーあがる。
でも激しい頭痛や吐き気などはない。
きのう買った薬を飲むと首の後ろの痛みも治まった。
ちなみにヒロくんは着いてすぐに町歩きに行き
夜にはビールを飲むくらいピンピンしてた。恐るべし30歳。


【旅 info.】
  リタン(理塘)a_DSC_0163.jpg
康定からバスで11時間、109.5元。
康定バスセンターでは1日前からしかチケットは買えない。
途中昼食休憩あり。
ホテル「和平酒店」。
バスターミナル向かい、道を渡ってガソリンの右側。
ツイン60元、WiFiあり。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

非公開コメント