Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

チベットに焦がれて ブログランキングでつながる

2012.11.11 19:03|中国☞EDIT
いつもバスの中で寝ているケンゾーとちがって
ちゃんと車窓の景色を楽しんでいるイクエです。

a_DSC_0750_20121110121203.jpg

世界一周旅行をするならぜひチベット自治区に行きたい!
だから中国に入って西へと進んでいこう。
それがこの行き当たりばったりの「ふらり旅」にしては
めずらしい計画と呼べる計画だった。

けれど、チベットの独立を認めずチベットを統制したい中国政府は
勝手に外国人がチベット自治区に入ることを禁じている。
明確な理由はわからないけれど
外国人が、独立を求めるチベット人と接触したり
チベット人に肩入れしたりするのを恐れているからだと思う。

なので外国人がチベット自治区に行くには中国政府に申請して
許可証をもらわないといけない。
チベット人の暮らすチベット自治区なのに
自治区に入るのを中国政府が許可するとかしないとか変な話だよね。
許可証の申請は中国のツアー会社に頼んでやってもらう。

6年前、イクエはひとりでチベット自治区を1週間くらい旅した。
そのときは成都にあるシムズコージーガーデンホステルのツアーデスクに
日本からメールで許可証の取得をお願いし
あとは自分でラサに入り、その場で宿を探して泊まり
ラサで出会った人たちと車をチャーターして
自治区内を自由に旅してまわった。

a_DSC_0231_20121110121543.jpg

けれどこの数年でチベットを取り巻く環境は悪化し
中国政府の締め付けがひどくなっている。
外国人は許可証を申請しないといけないのはもちろんのこと
個人の自由旅行は許されず、ガイド付きのツアーに参加しないといけなくなった。
しかも、時節によっては許可証さえ出してもらえないときもある。

それでもチベット自治区に行けるチャンスがあれば行きたい。
6年前にお世話になったシムズホステルのツアーデスクを訪れた。

a_P1000955.jpg

スタッフはあっさりと言った。

「ツアーでも、いまは外国人が自治区内に入るのは不可能に近い。」

はぁぁぁあああ。そうなのねぇええ。
たぶんそうだろうなとは思っていたけれど・・・。

今月は共産党の次期トップを決める党大会があって
政府は今ピリピリしていて、余計な問題を抱えたくないらしい。
しかも中国政府のチベット弾圧に抗議して、僧が焼身自殺することが
最近続いていることもあって、外国人をチベット人と接触させたくないのだと思う。

チベット入りの許可証が出るかどうかはそのときの情勢でころころ変わる。
だから、党大会が終わればチベットに行ける可能性もある。
けれど見通しが立たないなかここで時間を費やしたくはない。

6年前にチベット自治区に行ったイクエは、鉄道が開通しアクセスがよくなり
漢民族の移住が増え、あのときと様変わりしたであろう今のラサを
見たくないという気持ちもどこかであった。
あの時のままのラサを大切な思い出として胸にしまっておきたい。

いっぽう、ケンゾーの思いは別の場所にあった。

チベット自治区がダメなら東チベットへ行きたい!

a_DSC_0162_20121110123059.jpg

東チベットは四川省の北西に位置し、チベット人が多く暮らしているところ。

東チベット地図

チベット自治区ではないけれど、言語も含めチベット文化圏なので
総称してそう呼ばれる。

a_DSC_0212_20121110123437.jpg

でも標高が高いところに位置する東チベットは
アクセスは悪く、観光業も発達していないから旅の情報は入りにくい。

それでもバックパッカーでチベット自治区に行けず
かわりに東チベットを周遊する人たちはいる。
世界一周のブログランキングを見ていたら
「新妻の、世界一周ひとり旅日記」のサオリさんが
ちょうど東チベットをまわったばかりで同じく成都にいることが判明。
さっそくコンタクト。
サオリさんが泊まっているゲストハウスをずうずうしくも訪ね
旅程や移動手段、宿情報などいただいた。
サオリさん、ありがとうございます♡
標高が高い東チベットはものすご~く寒いんだって!
防寒着買わなきゃ。

ブログランキングの一覧って旅人にとってはこんなふうに役立つんだ。

今、どんな旅人が世界のどこをまわっているのかわかる。
そして同じ土地を旅している人と異国で出会うことができる。

日本では出会わないであろう人たちとも
「旅人」という理由だけで、つながることができる。

(ブログランキングは下の「世界一周」バナーをクリックすれば見られます。
 いろんな人がいろんなスタイルの世界一周してますよ☆)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

ありがとうございます!

わー!短い時間でしたが、ありがとうございました!
しかもブログで紹介までしていただいて!
タイミングが合ってステキなお2人とお会いできて嬉しかったです。

東チベットは無事に周れていますか?
ここ数日、党大会の影響でかなり状況が悪化していて、
東チベット区域に行こうとしたら追い返されたという日本人もいたので、
お二人が無事か、ちょっと心配しています。
無理なさらず、引き続き気をつけて良い旅をー!!
非公開コメント