Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

バックパッカーが結婚式を挙げるなら・・・この教会

2017.05.31 06:19|アメリカ合衆国☞EDIT
今までで一番幸せだった日は、結婚式だったイクエです。
たくさんの人に祝福される、みんなが笑顔で見守ってくれる、こんなシチュエーションってそうそうないですよね。
特に、目が合う人みんなが笑顔っていうのがいい!
結婚式や披露宴はお金がかかるけれど、お金のかけがいがありました。
楽しかったなあ~。
それにたくさんの人にお祝いをしてもらっているから「簡単には離婚できんな」という覚悟になりますね。

アメリカでの日々も早いもので最終日!
今回はロサンゼルスだけの滞在となったけど、国土の広いアメリカは見所たくさん。
10年使えるビザも持っていることだし、また来なくちゃ。

最終日はまりねえと穴場スポットへ。

まずは見晴らしのいい丘に到着。

DSC_0408.jpg

ここからは海も見える。
ロサンゼルスって港町だったんだなあと改めて実感する。
以前は、このあたりの缶詰工場でたくさんの日系人が働いていたそう。

港はすごく大きい。

DSC_0409.jpg

ロサンゼルス港とそこに隣接するロングビーチ港。
アメリカ最大級のコンテナターミナルをもつ。

DSC_0412.jpg

ロサンゼルスが今のように栄えたのは、海に面していたから。
この港はが物流の拠点となり、たくさんのモノや人が出入りするようになった。
家具や衣料品、電子機器、紙や織物・・・。
世界からこの港へと運び込まれ、また運び出される。

この港は、流通基地だけでなく旅客基地でもある。
大型貨物船に混ざって、巨大なクルーズ船が停泊していた。
橋と変わらないくらいの長さ。

DSC_0410.jpg

港は、乗客3000人以上の大型クルーズ船にも対応しているんだって。

巨大な港を上から一望したわたしたちは、次は海沿いの道をドライブすることにした。
この先に日本人の新婚さんたちにも人気の、ステキなチャペルがあるらしい。

DSC_0424_201705301116453fe.jpg

左手には太平洋。
波はほとんどなく、とても静かで穏やかで美しい。

そして右手には、大きくて立派な住宅が海を見下ろすように建っている。

DSC_0413_20170530111637dc3.jpg

広い敷地。
見るからにお金持ちが住んでいそうな家。

この前車窓から見たロサンゼルスのダウンタウンのテント街とは、まったく違う世界。

DSC_0416.jpg

DSC_0419.jpg

ホテルなんじゃないかと思うような造りのものも。

目の前は海だけど、きっと家でも泳げるように大きなプールもあるんだろうな。
しょっちゅうホームパーティーやってるんだろうな。
メイドさんやベビーシッターを雇ってるんだろうな。

DSC_0422_20170530111642924.jpg

DSC_0423_20170530111643b2c.jpg

高級住宅が並ぶエリアを抜けると、今度はこんもりとした小高い丘が見えてきた。
そこにすっくと立つ石造りの塔。
屋根の上に十字架も見える。

DSC_0425.jpg

この塔には夜になると灯りがともり、灯台のようになるんだって。
船乗りたちからは「神のキャンドル」とも呼ばれているんだとか。

教会の名はWayfarers Chapel(ウェイフェア チャペル)

さて、そのチャペル、この写真に写っているんだけどわかるかな。

DSC_0434.jpg

少しアップにすると、わかるよね。

DSC_0444.jpg

全面ガラス張りのチャペル。

木々に包まれた森の中。
そして、海を見下ろすこのロケーション。

DSC_0431.jpg

チャペルは天井までもガラス張りだから、青空も見える。
自然と一体化したチャペルは、カップルたちにとても人気があるという。

DSC_0433.jpg

Wayfarerとは、旅人という意味。
単なる旅行者という意味ではなく、「徒歩で旅している人」という意味らしい。
まさしくバックパッカー。

バックパッカーが旅先で別の旅人と恋に落ち、結婚するという話はたまに聞く。
また、新婚旅行を兼ねて世界一周するバックパッカーも少なくない。

DSC_0438.jpg

そんなカップルのみなさん、結婚式はこのWayfarers Chapelでいかがですか。

DSC_0437.jpg
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

非公開コメント