Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ロサンゼルスでもっとも行ってほしい場所

2017.05.05 06:13|アメリカ合衆国☞EDIT
寝ていたら唇を蚊に刺されたイクエです。
2か所も。
唇だからムヒを塗るわけにもいかないくて、代わりに唾をつけました。
そのお陰かどうかはわかりませんが、起きたら腫れがだいぶ引いて、痒みもなくなっていましたよ。

ふかふかのお布団で熟睡したイクエとケンゾー。
心地よい布団から抜け出してリビングに行くと、まりねえが朝食を用意してくれていた。

なんてオシャレな。

DSC_0108.jpg

こんがり焼いたベーグル、ブルーベリーとナッツを添えたヨーグルト。
そして豆から挽いたブラックコーヒー。

まりねえ夫妻のお土産に、コロンビアで買ったコーヒー豆(日本人オーナーのコーヒーショップ ボゴタのKIRI CAFEで買っていたもの そのときの記事はこちら→いちばんおいしいコーヒが飲めるカフェ オーナーは〇〇人)をもっていった。
もちろんそのコーヒーもおいしいんだけど、イクエとケンゾーの人生のなかでもっともおいしかったコーヒー、パナマのゲイシャコーヒーにすればよかったなあ。
ゲイシャコーヒーは最高級のコーヒー。
現地だと安く手に入れられて、250グラムで40ドルだった。
買おうか迷ったけれど、バックパッカーには250グラムで40ドルのコーヒーは高くて結局買えなかった。(そのときの記事→「人生で一番おいしい!」世界最高級のコーヒー

それを買えばよかった、まりねえ夫妻にあげればよかったと大後悔。
コーヒーって好きな人もいるけど飲まない人もいるし、コーヒーが好きでも家にコーヒーミルがなくて豆は買わないって人もいる。
だから、お土産としては奮発できなかったんだよねえ・・・。

いつも朝から豆を挽く、まりねえ夫妻。
この夫婦には、ゲイシャコーヒーがぴったりだった。

同じようにわたしたちが未だに後悔していることは、オーストリアのウィーンで暮らすサトコさん一家に、手土産で安いワインをもっていってしまったこと。
サトコさんはもともとこのブログの読者で、家にお呼びいただいて、すっかりサトコさん一家の人柄に魅せられ、再会したくて再度オーストリア入りしてサトコさん一家の別荘で幸せな時間を過ごしたのだった。(そのときの記事はこちら→別荘の地下には・・・

サトコさん夫婦はワイン好き。
わたしとケンゾーも前からワインは好きだし、日本でワインをネットで箱買いし、いつも家にストックしていた。
だけどそのワインは安くて、今思えばたいしておいしくなかったと思う。
この旅行で本場のワインを飲み、ワインの味がようやくわかってきた。
サトコさんに会うときは、まだワインを飲む機会がそれほどなくてイクエとケンゾーの舌は肥えてなく、おいしくないワインを選んで手土産にしてしまったのだった。

この3年5か月の旅行で後悔していることはほとんどないけれど、この手土産の二つの件は後悔している。
あの時に戻れたらなあ・・・と思う。

コーヒーをいただきながら、まりねえと旦那さんが言った。
「どこか行きたいところはある?」
「うーん。
 いや特にはないなあ。
 どこかおすすめのところある?」


まりねえと旦那さんが少し神妙な顔つきで言った。
「二人で話していたんだけど、ぜひ行ったらどうかなって思うところがあって。
 日系人博物館。
 日系移民の人たちの辛い歴史や努力がわかるように展示されているところ」

「日系人は最初はすごく虐げられていてね。
 僕もマリも今こうしてアメリカで暮らせているのは、そういう人たちのおかげだから。
 できれば、ふたりにもそういう歴史を知ってもらえたらなあ、って」


特にリサーチもしていなかったし、ロサンゼルスの観光と言えばハリウッドやショッピングなど華やかなイメージしかなかった。

そんな博物館があるなんて、恥ずかしながらイクエとケンゾーは知らなかった。

ロサンゼルスで暮らすまりねえ夫妻。
そんなふたりが、ロサンゼルスで一番先に訪れてほしい場所としてあげた博物館にはイクエもケンゾーも関心がある。
そして、そんな場所を勧めてくれる夫婦はすてきだなあと思う。

家を出て4人で車に乗った。
まりねえ夫妻はもちろん博物館に行ったことがあるけれど、付き合ってくれる。

全米日系人博物館は、ロサンゼルスの繁華街にあるのだそう。

DSC_0125.jpg

日本語の看板がちらほら見えてきた。
日本で見るような飲食店や不動産屋さん、雑貨屋さん・・・。

ここは、アメリカ最大の日本人街リトル・トーキョー

DSC_0126_20170503101456c7d.jpg

DSC_0128.jpg

この地域は19世紀半ばまではドイツ系移民の街として「リトル・ベルリン」と呼ばれていたのだそう。
しかし19世紀末に数万人の日本人がここに移住してきた。
それからしばらくして「リトル・トーキョー」と呼ばれるようになった。

博物館の近くには、大きな壁画が掲げられていた。
カラフルで楽しげな絵。

HOME IS LITTLE TOKYO

ロサンゼルスの小東京は 
我々の心の故郷です


DSC_0131_20170503101501394.jpg

博物館は想像していたよりも大きくて立派。
外から見ると近代的なデザイン。

DSC_0130.jpg

この近代的な博物館の向かいには、以前西本願寺だった建物がある。
アメリカ風の建物のようにも見えるけど、お寺特有の造りにもなっている。

DSC_0156_2017050311404818a.jpg

この旧西本願寺が、以前は日系人博物館として使われていた。
しかし、手狭になったので向かいに今の大きな博物館がつくられたらしい。

入館料は大人1人10ドル。
ホームページを見ると無料の日もあるようなので、チェックしてみて。
(ホームページ 全米日系人博物館

DSC_0135.jpg

訪問したときは、たまたま日系人の会合が開かれていたらしく、アメリカの大学で教えているというダンディーなおじさまが館内を案内してくれた。
丁寧でわかりやすい説明をしてくれて、知ることや学ぶことが多く、本当にためになった。

わざわざ時間をかけて4人のために熱心に説明してくれたのは、1人でも多くの日本人に日系移民の歴史や苦労を知ってほしいという熱い想いからだと思う。

DSC_0136_20170503114009b88.jpg

日系人移民が集団でロサンゼルスに住み始めたのは19世紀からだけど、20世紀になるとますます多くの日本人が移住してくるようになったという。

DSC_0141.jpg

はるばるアメリカへやってきた日本人たち。

今でこそ、わたしたちのように大した覚悟もなく世界一周できるようになったけれど、当時は海を渡って異国に行くなんて並大抵の覚悟ではできなかったと思う。
アメリカがどんな国なのかさえイメージが湧かなかったはず。

日本に二度と戻れなくなるかもしれないし、友人や親戚にも会えなくなるかもしれない。

DSC_0142_201705031140330e0.jpg

着物を着て髪を結った日本人女性たち。
その出で立ちからは想像できない強さとフロンティア精神が、彼女たちの内面に秘められていた。

アメリカという新天地で、ゼロからの生活。
日系人たちは漁業や林業に従事したり、鉄道敷設の肉体労働や農園や工場などで働いた。

そして、日本人持ち前の真面目さと忍耐強さと一生懸命さとで、自分たちの生活を軌道に乗せ、暮らしを豊かにしていったという。

経済的にも成功を収めていった日系移民。
しかし、日系人にとって暗黒の時代がやってくる。

DSC_0143_20170503114034dab.jpg

文化や肌の色が違う日系人を排斥しようという動きが出始めた。
土地の所有を制限したり、移民の受け入れをやめたり。

DSC_0144.jpg

「学校に、日本人はお断り」
黒人に対してされていたような人種差別が日系人にも行われていたなんて。

自分たちの生活がうまくいってないと、その欲求不満を移民に向ける。
生活がうまくいかないのは、移民のせい。

なんか、今の情勢ととても似ている。

日本がハワイの真珠湾を攻撃し第二次世界大戦が始まると、それはますます激しくなった。

スパイ扱いされて、家に「捜索」という名目で立ち入られ荒らされることもあった。
嫌がらせとしか言いようがない。

DSC_0147.jpg

それだけでは終わらなかった。
1942年、日系人への移動禁止命令がなされ、それから立ち退きが強制執行された。
日系人は財産を没収され、連行されて強制収容所に入れられることになる。

DSC_0146.jpg

上の写真はこの博物館の向かいの建物、旧西本願寺。
ここに集められて収容所に連行された日系人たちもいる。
穏やかな現在の風景からは想像できない。

DSC_0160.jpg

アメリカに10箇所ほどあったという収容所。

その中の一つマンザナー強制収容所(マンザナール日系人収容所)の模型も展示されていた。
アメリカ全土ではおよそ12万人の日系人が収容所送りとなった。
マンザナー収容所では、多いときで1万人の日系人が収容されたという。

模型を見ると、ナチスがユダヤ人を収容したアウシュビッツ収容所を思い出してしまう。

DSC_0155.jpg

マンザナー収容所は、ロサンゼルスからおよそ350キロ離れた北に位置する。
鉄条網で囲まれ、監視塔で見張られた。

博物館には収容所のバラックが再現してある。
日系人たちは、ここで肩を寄せあうように過ごした。

DSC_0139_20170503114011ee6.jpg

マンザナー収容所はシエラネヴァダ山脈の麓にあり、冬はとても冷える場所。

木造のバラック。
壁からは隙間風がビュービューと入ってきたことだろう。

DSC_0140.jpg

現在マンザナー収容所の跡地は国定史跡となっていて、資料館や収容所を再現した建物、慰霊塔などが建てられていて訪問できるようになっている。
ロサンゼルスからだと車で3時間ほど。

まりねえ夫妻も「時間が許せば、そこにも連れて行きたかった」と言ってくれた。
機会があればぜひ、みなさんにも訪れてほしい。
わたしたちもいつか行ってみたい。

DSC_0150.jpg

4年間もの間、収容所に閉じ込めれた日系人たち。
収容所で命を落とした人たちもいる。

解放されても、彼らには辛い現実が待ち受けていた。

DSC_0154.jpg

家に帰ると、壁には落書きがされ、室内は荒らされている。
家財道具や大切なものが奪われている。

日本からはるばるやってきたアメリカ。
努力と苦労を重ね、ようやく自分たちの生活を安定させたと思ったら、収容所に入れられて。
やっと戻った家はぐちゃぐちゃ。

DSC_0153.jpg

再び、ゼロから自分たちの生活を立て直さないといけない。
日系人への差別は根強く、財産もない状態で大変だったと思う。

日系人への偏見や侮辱を払拭するのに、功績を挙げた人たちがいる。

DSC_0152.jpg

収容所の日系人によって構成された第442連隊戦闘団

祖国日本の敵軍の一員となって戦わなければならない現実。
それでも、日系人として不当な扱いを受け続けた彼らは、この状況から抜け出したい、「アメリカ国民」として認められたいという気持ちもあり、入隊したのだろう。

第二次大戦中ヨーロッパの戦場に送り込まれ、「当たって砕けろ!」をスローガンに最前線で果敢に戦った部隊。
他の部隊の3倍の死傷率を記録したという。

1942年、テキサス大隊がドイツ軍に包囲されたときは、大統領によって救出命令が442連隊に下された。
激戦の末211人のテキサス大隊を助け出すために442連隊の216人が命を失ってしまった。

442連隊は、アメリカ史上もっとも多くの勲章を受けたという。

DSC_0158.jpg

博物館の外には、その功績を讃えて石碑が建立されている。
その上には、星条旗がはためいている。

DSC_0159_2017050311411072f.jpg

アメリカのために命を犠牲にした彼らは英雄。
でも単なる美談にすることもできない。

彼らの心にはわたしが想像できないような葛藤があったのではないかと思う。

自由の国アメリカ。
そこで今を生きる日系の人たち。

でも日系の人たちの歴史には、たくさんの苦労があり、大きな壁がいくつも立ちはだかっていた。
それを乗り越えて、今がある。

晴れ渡る青空が広がり、気持ちのいい初夏みたいな気候のロサンゼルス。
高層ビルに、華やかなハリウッド。

そんなイメージしかもちあわせていなかった自分を、この日系人博物館は静かに諭してくれているようだった。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

その442連隊の生き残りであり、後にハワイ州の政治家にもなったダニエル・ケン・イノウエ氏を讃え
先日、ハワイ・ホノルル空港を「ダニエル・K・イノウエ空港」に改名されましたね。
以前テレビで彼らの苦悩の歴史を特集していたので、米国人ではあるけれど同じ日本人として、とても誇らしい反面、なんとも言えない複雑な感情が湧きました・・・

日系人

素敵な記事をありがとうございました。いつか博物館へ行ってみたいです!

人柄

わざわざプロフィールに「早稲田大学政経学部政治学科」と学部・学科まで書くような人間
学歴は旅ブログに関係ないけど記載したかったらしい
一方でダンナは高卒。でも自分の学歴は書きたかったらしい

カリフォルニアの首都サクラメントにも昔、日本町があったそうです。

 こんにちは。北カリフォルニア在住です。今、カリフォルニアの首都、サクラメント(けっこう郊外な感じです)のクロッカーミュージアムでも, 日本+アメリカ展(5/21迄)と日系人展(日系人が収容所に入れられていた時の写真展。写真家アンセルアダムスなどが撮影)をやっていて(5/14迄)、もう一つのカリフォルニアミュージアムでも日系人展をやっています。(たしか5/20辺り迄)サンフランシスコから車で1時間半位かかり、なかなか行きづらい場所かもしれませんが、ちょうどタイムリーな記事だったので投稿させて頂きます。いつも素晴らしい記事をありがとうございます。
 昔は、サクラメントにもジャパンタウンがあったそうで、そのクロッカー美術館のまわりがジャパンタウンだったそうです。展示を観て知り驚きました。日系人が収容所に入れられる時に、そのジャパンタウンは取り壊されたそうです。ちょうど川の横、美術館のまわりというとても立地の良い場所だったので、目立つので壊されてしまったのではないかなと思いました。悲しくもありますが、美術館のまわりに何もなくてちょっと寂しいので、ジャパンタウンまで行かなくても、日本の団子屋さんでもオープンしたらいいななんて思いました。昔、日本町だった所は、今は駐車場やビルになっています。日系人達は皆大変な目に遭いながら尚、アメリカの為に尽力し、彼らの努力のおかげで、今、日本人はアメリカで普通に過ごせるのだと思うと、日系人の皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。
 また、展示によるとカナダでも当時、日系人達は収容所に入れられたそうです。アメリカのついでにカナダもいれちゃえみたいな印象だったのですが、なぜかカナダでも!?教科書には載っていない歴史の一部ではないかと思います。
 ロサンゼルスの日系人美術館はまだ行った事がないので、今度行ってみようと思います。イクエさん&ケンゾーさん達のおかげで知る事も沢山あって、とても感謝です。行ったのにそこは知らなかった!という所もおふたりのブログから知る事が出来ています。ありがとうございます。引き続き、お身体に気をつけて、お過ごしください。いつも本当に素晴らしい記事、ありがとうございます。

こーべさん

ん?
単に学校歴として固有名称を載せてらっしゃるだけでは?
ケンゾーさんも学校名書かれてるし。

追伸:訂正です。

今調べた所、カリフォルニアミュージアムでの日系人展/KOKORO展は、5/28まででした。失礼致しました!引き続き、アメリカ旅ブログも楽しみにしています!いつも素晴らしい記事、ありはとうございます!

Re: タイトルなし

ホノルル空港、そうだったんですね。
お恥ずかしながら知りませんでした。

今回の旅でハワイには立ち寄っていませんが、今度行くときはそのことを思い出しながら空港を利用しようと思います。

本当に442連隊の方や、そのご家族の方の心境はとても複雑だと思います。
私たちが想像することもできません。
私たちにとってできることは、そういう人たちがいたということを忘れないことだと思います。

はまっこ さま

ぜひ行ってみてください。
学ぶことがたくさんありますよ!

こーべ さま

プロフィール欄は、このブログを書いている2人がどんな人間なのか紹介する目的で書いています。

出身地や、家族構成、子供時代のエピソード、学校に、どんな仕事をしていたのか、結婚のこと・・・など。
結構詳しく書いているつもりです。
どんな学校でどんなことを学んだのか、どんな青春時代を過ごしたのかも生い立ちの一部と思っております。
あえて学校のことだけ省く理由はありませんでした。

しかし世の中には、学歴だけに目が行く人もいるんだということは感じています。

りんご さま

すごく貴重な現地情報、ありがとうございます!!

アメリカではいくつかそういう展示があるんですね。
知りませんでした。
ぜひ多くの方々に行って欲しいです。

サクラメントにも日本人街があったのですね。
取り壊されたのは、とても寂しいですね。
歴史が記録から消されてしまうようで。
だからせめて記憶し続けたいです。

カナダの日系人のことについても思いが及びませんでした。
知らないことがたくさんあります。

情報、ありがとうございます。

さーりせるか さま

コメントありがとうございます。

ただ、タイトルに他の人のお名前を入れると、コメントの応酬に繋がってしまう可能性があるのでお控えくださるとありがたいです。
(以前そういうことがあったので)

わたしたちとしては、どこの大学を出たとか高卒とか気にもしていません。
学歴はプロフィールの一部ではありますが、全てではありません。

ただ、旅をしていても旅人たちと出身地や出身校の話になることは結構ありました。
日本から離れた場所で、同郷の人やOB、OGを見つけると異様に話が盛り上がるんですよね!

でも学校名を言って、不快な思いをする人もいるのかもしれませんね。

りんご さま

ご丁寧に訂正ありがとうございます!
非公開コメント