Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

合理的な国

2017.05.02 06:49|アメリカ合衆国☞EDIT
働いているときはゴールデンウィークの連休はなかったイクエです。
そういう人、今の世の中多いんじゃないかなあ。
ゴールデンウィークとずらして有休をもらえるかもしれないけど、子どもがいる人は子どもと休みが重ならないし、家族でお出かけなんてできないですよね。
世間はゴールデンウィークで浮足立ってるけど、今週も仕事に精を出す方々、本当におつかれさまです。

行列に何度も並び、ようやくアメリカに入国できたイクエとケンゾー。
2時間以上かけてロサンゼルスから迎えに来ているまりねえと旦那さん。
無事に落ち合うことができるだろうか。

「どうしようか。
 しばらくここで待ってみる?」

「うーん・・・。
 あ!!」

目の前の歩道橋を見上げると、満面の微笑みで二人が大きく手を振っていた。
「お~い!!!」

DSC_0071_20170430094729ffe.jpg

約束の時間に大幅に遅れたわたしたちを責めることなく、笑顔で出迎えてくれた二人。
まりねえとは岩手県の陸前高田市、そしてペルーのクスコで会っていたけれど、旦那さんに会うのはイクエは初めて。
それでも旦那さんはこのブログを読んでくれていて、わたしたちのことをよく知ってくれている。

DSC_0072_20170430094730fee.jpg

DSC_0074_20170430094732e83.jpg

車に乗り込むと、マックで買ったという冷たいカフェラテを差し出してくれた。
朝5時前にメキシコの宿を出発し、飛行機に乗り、バスに乗り、そして長時間の出国手続きで心身ともに疲れていたイクエとケンゾー。
二人の笑顔の出迎えと冷たいカフェラテが疲れを吹き飛ばしてくれる。

二人は長いことアメリカで生活している。
アメリカの日本の企業で働いていたときに知り合って、結婚。
当時はニューヨークのオフィスで働いていて、2001年の同時多発テロのときはワールド・トレードセンターが崩れ落ちるのを目の当たりにしたのだそう。

9.11、それに起因するアメリカのテロとの戦争、リーマンショック、初の黒人大統領オバマ政権発足、そして移民排斥に力を入れるトランプ大統領の誕生。
激動の時代を、二人は過ごしてきた。

DSC_0078_20170430094733c03.jpg

荒涼とした大地に作られたハイウェイ。
そのハイウェイを、高速で車が走り抜けていく。

「アメリカかあ」
「ついに来たんだねえ」
「なんかここにいるのが不思議な感じ」

わたしとケンゾーは、そんなことを何度もつぶやきあった。

この気持ち、人にはうまく説明できないけれど、わたしとケンゾーはたしかに同じ気持ちになっていた。

外国だけど異国という感じがしない。
見慣れた景色。
旅をしている間、どこかでずっと持ち続けていた緊張感がアメリカに入ってふっと消えた。

無駄のない、整った街並み。

綺麗ででこぼこしていないアスファルトの道。
その道を、幾つもの車がほとんど同じスピードで整然と走っている。

DSC_0083_201704300947366ef.jpg

「合理的だなあ。
 なんかアメリカってすごく合理的」


車窓の景色を見ながら「合理的」という単語が何度も口に出てきた。

安心できる景色。
その一方、おもしろみはない。

DSC_0087_20170430094738f61.jpg

どの車もルールを守っていて、まるでプラレールの上をおもちゃの列車が一定のスピードで走っているように、車がハイウェイを走っている。
立ち往生する車も、クラクションを鳴らし続ける車も、定員オーバーのオンボロの路線バスもない。

車に人が乗ってなくて、自動で走ってるんじゃないかと錯覚するくらい。

無人の未来都市に来たような、違う星に来たような。

今まで気持ちを張って、カオスのような街をエネルギーを使いながら旅してきた。
でも、ここはただ流れに身を任せていればいい。
だからこんな安心感を抱くのだろうか。

DSC_0081.jpg

オートバイにまたがり風をきって走るカップル。
何台も並ぶキャンピングカーやトレーラーハウス。
アメリカらしい景色も窓からは見える。

DSC_0094.jpg

「どの車もきれいやなあ」

ケンゾーの言う通りだった。

ボンネットが大きくへこんだ車や、年季の入った車、泥まみれの車、窓の閉まらない車・・・。
そんな見慣れた車がここには一台もない。

どれも磨かれていて、わたしたちの目には高級車のように映る。
こんなに多くの人が、立派な新車を買える国。
すごい国だなあと思う。

きっと日本もそうなのだろうけれど。

DSC_0091.jpg

アメリカに入り、イクエとケンゾーは旅の終盤にきたこと、日本での日常がまもなく始まることを痛感している。

帰国前のウォーミングアップには、このアメリカは適している。

それに・・・。

DSC_0097.jpg

DSC_0098.jpg

DSC_0100.jpg

まりねえの家がまるで日本なんだもん。

今まで旅をしてきて、たまに日本食材にありつけることはあったけど、さすがにハゼロールはお目にかかれなかった。

まもなく旅が終わることは寂しくもあるけれど、こうしておいしい日本食を食べると「日本に帰ったらこれが当たり前のように味わえるんだ」と嬉しくもある。

ほんとにね、なんかちょうどいい感じ。
バックパッカーモードから切り替えるのに、ちょうどいい感じ。
世界一周から帰国までの移行期を、わたしたちはうまく迎えられている。

DSC_0102.jpg

まりねえ夫妻は、アメリカらしいものも用意してくれていた。

カリフォルニアワイン!!

NAPA VALLEY(ナパ バレー)で採れたカベルネ・ソーヴィニヨン。

DSC_0103.jpg

ヨーロッパや南アフリカ、南米のワインはこれまで飲んできたけど、カリフォルニアワインを飲む機会はなかった。

やっぱり、おいしいね。

そして、この分厚いステーキ。

DSC_0106.jpg

絶妙な焼き具合。
塩胡椒のシンプルな味付けだけど、これがすごくおいしい。
とても柔らかくて、肉汁が口いっぱいに広がる。

DSC_0105.jpg

お世辞でも大げさでもなく、36年生きてきた中で一番おいしいステーキだった。
肉がおいしいと言われるアルゼンチンだけど、断然このステーキがおいしかった。
わたしのこれからの人生で、このステーキの味を凌ぐ肉に巡り会えるだろうか。

夜は布団を用意してくれていた。

掛け布団をかけたとき、ケンゾーとともに「うわー、布団ってこんなに軽かったっけ?」「それなのにあったかい」と驚いた。

軽いのに、暖かい。
ふんわりと心地よい。
たぶん、高級布団ってわけではないと思う。
でも、今まで安宿の重いくせに暖かくもない布団に慣れていたから、まりねえの家の日本基準、いや、アメリカンスタンダード?の布団に感動を覚えた。

安宿のベッドのマットは薄くて硬かったり、逆にフニャフニャした使い古したスポンジみたいだったり。
毛布なんてガサガサで足拭きマットみたいだった。

日用品や道具はとても使い勝手が良く、便利で、ストレスのない生活。

わたしたちも日本に帰り、まもなくそんな生活に戻るんだ。

いつもよりずいぶん軽い布団に包まれて、そんなことを思いながら眠りについた。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント