Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

旅で幸せを感じるひとときは

2017.03.25 18:48|メキシコ☞EDIT
スケジュール帳を買わない生活をもう何年も送っているイクエです。
会社勤めのときは毎年用意していたけど、2012年に世界一周をスタートさせてからは必要のない生活を送っている。
でも、スケジュール帳があったほうが、自分がその日何をしていたのかわかり、日記がわりになるよね。

はるか3500キロ先からやって来たモナルカ蝶を見たイクエとケンゾーと、ロロとマリア。
トルーカの街に戻ったときは、すっかり日も暮れていた。

「ふたりに食べさせたいものがあるんだよ。
 いつもお客さんでいっぱいだから空いてればいいけど。
 きょうの夕食はそこでいい?」


DSC_9587.jpg

ロロが連れて行ってくれたところは、タコスのファストフード店。
わたしたちは「タコス」と一括りにするけれど、メキシコ人にとっては「タコス屋さん」ではなく「コチニータ屋さん」

この前も書いたけれど、メキシコ人にとってはタコスの具が重要。
カツ丼、天丼、うな丼・・・。
日本人にとって、ご飯よりも上のおかずが重要なように。

コチニータとは、豚肉のこと。
イクエもケンゾーも豚肉は大好きだから、これは楽しみ。

おいしそうな匂い。
鉄板の上で、次から次に焼かれていく。
お客さんが多いし、一人何枚も注文するから店員さんは大忙し。
次から次に新たなタコスが鉄板に載せられていく。

DSC_9589.jpg

正式名はCOCHINITA PIBIL(コチニータ ピビル)
「コチニータ」は「豚肉」で、「ピビル」は「オーブン」の意味。
お酢やスパイスに漬け込んだ豚肉をバナナの葉に包んで蒸し焼きにしたもので、これをこの店ではタコスに載せて食べる。

もともとコチニータ・ピビルはこの辺りの郷土料理ではなく、カンクンなどがあるメキシコ南部ユカタン半島の料理だったらしい。
でも、今はメキシコ国民に愛される料理として、各地で味わうことができる。

DSC_9590.jpg

一つ18ペソ(約118円)。
イクエとケンゾーは合わせて10枚注文。
でもおいしくてペロリといけるので、いくらでも食べられる感じ。

タコスの生地に豚肉の脂が染み込んでいて、それがまたいい。
牛丼やうな重のタレが染み込んだご飯がおいしいように。

地元の人といっしょにいると、自分たちだけではなかなか来ないようなお店で普段のメキシコ料理が食べられるのが嬉しい。
メキシコ人のソウルフードを楽しめる。

ロロ、おいしいものを教えてくれて、ありがとう!

ロロの家には3泊お世話になった。
時間があれば、西海岸のロロの別荘にお邪魔したかったけど、旅も終盤。
飛行機も予約済みだし、そろそろメキシコを発たなくてはいけない。

最後の日の朝。
一階のリビングに下りる。

「ブエノス ディアス(おはよう)!」

旅をしていてわたしが幸せを感じる瞬間。
それが、外国の友人と迎える朝。

もちろん、いっしょに食事やお酒を楽しんで語り、笑い合う夜もいいけれど、朝ごはんの時間は「いっしょに暮らしている」という感覚をわずかながらも感じられる。

キッチンからのカチャカチャという音。
みんなの瞼は、まだどこか腫れぼったい。
穏やかな空気が流れる室内。

自分が随分前からここで暮らしているような感覚。
単なる旅行では感じられない「日常」。

そういえば初日の夜、バスターミナルに迎えに来てくれたロロは、家に行く途中に地元で評判のパン屋さんに寄ってくれた。
「このパンもおいしいよ」「これはいつも買うやつなんだ」
ロロのお勧めを聞きながら、そこで好きなパンを選び、次の日の朝食にした。
あの時間もよかったなあ。

一階に下りて来たわたしたちを、ロロがダイニングテーブルに座るように促した。
キッチンから運ばれて来たのは、いい具合に焼かれた分厚いハム。

「ほら、パンをこうするんだ」

ロロは、二つにスライスされたパンの中央部をほじくり始めた。
私たちも真似をする。

こうすることで、たくさんの具が挟めるらしい。

DSC_9675.jpg

ハムの上に、アボカドを載せる。
さらに玉ねぎのスライスをたっぷり載せて、特製サンドイッチの出来上がり。
これとは別に、パテを塗ったサンドイッチも作った。

アボカド入りのサンドイッチは、おいしい!

DSC_9677.jpg

バスターミナルに行く前、家の前で記念撮影。

ロロ、マリア。
仕事もそっちのけでわたしたちにずっとつきあってくれてありがとう。

DSC_9678.jpg

心が休まる三日間だった。
これからまた、ふたり旅が始まる。
と言っても、このふたり旅もゴールまでもうすぐだね。

改めて、バスターミナル前で。
ケンゾーとロロの服がお揃いみたいで、まるで兄弟。
わたしたちもロロとマリアのように、いつまでも仲のいい夫婦でいるよ。

「本当にありがとう!日本にもまた来てね!」

DSC_9681.jpg

次に向かうのは、モレーリアという街。
ロロの家に来る前は、モレーリアなんて行くつもりはなかったし、どこにあるのかもわからなかった。
でも、地図を見てみたらここからそんなに遠くないし、街並みが世界遺産になっているようなので行ってみることに。

モレーリア

メキシコのバスはわかりにくい。
いや、わかりやすいんだけど、節約派のバックパッカーには使いこなしにくい。
というのも、同じ路線でいろんなバス会社があって運賃が違う。
同じバス会社であっても時間帯によって、これまた運賃が違う。
イクエとケンゾーは、まだメキシコでバスを乗りこなせていない。

DSC_9682.jpg

トルーカからモレーリアまではおよそ240キロ。
運賃は一人337ペソ(約2224円)。
メキシコのバスは、決して安くはない。

DSC_9683.jpg

車内の様子はいたって普通。
もう少し運賃の高いバスだと、座席のグレードもよくなる。

でも、ちゃんと軽食のサービスもあったよ。
ジュース、そしてハムとチーズのパイ。

DSC_9684.jpg

思ったよりも時間がかかって、モレーリアに到着したのは4時間後。
バスターミナルは、第3ターミナルまであって立派。
空港みたい。
メキシコは長距離バスが発達している。

どうやらバスターミナルは、街の中心地から少し離れているみたいで、ここから路線バスという名のミニバス(ワゴン)に乗って移動しないといけない。

DSC_9686.jpg

人に聞きながら、どうにかこうにか、お目当のバスに乗ることができた。

バスターミナルに着いたときはまだ明るかったのに、中心地まで行く間にすっかり夜に。
車内にも照明がつけられた。
青くて、なんかクラブみたい。

DSC_9687.jpg

ミニバスの運賃は、一人7ペソ(約46円)。
長距離バスの運賃に比べて、距離が短いとは言えかなり安い。

バスが街の中心地(旧市街)に入ると、それまでの雰囲気とガラリと変わった。
それまでは特徴のない地方都市、という感じだったのに、一気に雰囲気のある古い建物ばかりになり、中世にタイムスリップしたかのよう。

この街、気に入った!

なんとなくここかな、というところでバスを止めて降りる。
石造りの街並みは、趣がある。

何気なく撮る1枚が、映画のワンシーンみたい。

DSC_9696.jpg

目星をつけている宿がある。
ガイドブックに紹介されていたHOSTAL LA CASA AZUL(オスタル・ラカサ・アスル)。

ガイドブックに載っている住所を目指して歩いて行く。

「あ、ここにもホテルあるよ。
 もう暗いしここが安ければここでもいいか。
 暗いからあんまりさまよいたくないし」

「値段だけ、聞いてみる?
 高いかな」


歩いている途中で、感じのいいホテルを見つけた。
値段もまあまあリーズナブルだったので、目星をつけていた宿をやめて、ここに泊まることにした。

でも、次の日に宿の看板を見て気づいたの。
ここもHOSTAL LA CASA AZUL(オスタル・ラカサ・アスル)という名前であることを。

ガイドブックに載っていたホテルと同名だけど、住所は全然違う。
ストリートが1つ違うとか、1ブロック違うとかそんな次元じゃなくて、全然違う。
これは、ガイドブック(『地球の歩き方』)が間違っているのか、それともたまたま同じ名前なのか、ホテルが引っ越したのかはわからない。
でも、本当にたまたまこのホテルの前を歩いて、ここにたどり着けてよかった。

というのも、けっこうステキなホテルだったから。
そんなホテルは、次回ご紹介しまーす。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

非公開コメント