Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

メキシコ「モレーリアの街」☆☆ 意外と穴場の世界遺産

2017.04.02 07:16|世界遺産 星いくつ?☞EDIT
花粉症が落ち着いて一安心のイクエです。
花粉症の時期は目が痒くて、細くなってしまう。
旅行中は花粉症から逃れられていたけど、今はそうはいかない。
来年は注射打とうかな。

メキシコ人の友人ロロが暮らす街トルーカからやってきたのは、モレーリア
メキシコ・シティの周辺、といってもバスで何時間かはかかるけど、世界遺産の街が点在していて、モレーリアもその一つ。
夜の幻想的な街並みも素敵だけど、日中だって負けない。

きょうは青空のもと、この世界遺産の街を探索しよう!

DSC_9735.jpg

ここモレーリアに現在のような街が造られるようになったのは、1541年にスペイン人がやってきてから。
侵略者たちは、それまでの原住民たちのタラスコ王国を征服して、スペイン風のコロニアルな街を築き上げていった。

メキシコ国内にはたくさんのコロニアルな街が存在しているけれど、なかでもこのモレーリアは最古のコロニアル都市なんだって。
格式高い感じがするねー。

DSC_9857.jpg

モレーリアは自然豊かなミチョアカン州の州都で、人口はおよそ73万人。
中央高原に位置していて、標高は1920メートル。
日が暮れると肌寒いけど、日中は清々しい気候。

DSC_9784.jpg

この街のシンボルが、中心地にそびえるカテドラル
空高く伸びる二つの美しい塔は、街のどこからでも見える。
1640年から建設が始まり、完成までに100年以上も費やされたんだって。

昔の人はこんな重い石を上まで載せるのに、相当苦労しただろうね。

DSC_9860.jpg

このカテドラルから東に1キロほど歩いていくと、もう一つの街のシンボルに出くわす。
それが、この石造りの長い門のようなもの。

DSC_9770.jpg

この正体は水道橋
道路に沿って、ずっと向こうまで続いている。

全長はおよそ1.6キロ。
253本の柱が整然と並んでいる姿は圧巻。

DSC_9777.jpg

18世紀に造られた歴史ある水道橋。
道路の中心に存在感たっぷりに建っていて、かなりのスペースを占領している。
それでも壊さずに、こうやって歴史あるものを守っているのが粋だね〜。

DSC_9771.jpg

街のシンボルの水道橋に沿って、公園が整備されている。
こんなところでは日向ぼっこしたくなる。

気持ちがいい天気。

モレーリアは碁盤の目に街が造られていて、散策しやすい。
町歩きが楽しくて、心が弾む。

DSC_9767.jpg

このモレーリア、以前は街の名前が「バジャドリー」だったのだそう。
スペインからの独立運動で活躍したホセ・マリア・モレーロスがこの街の出身だったため、そこからモレーリアという名前に改められた。

その独立の英雄モレーロスが学んだのがサン・ニコラス大学
1810年から始まったメキシコ独立革命は、先住民たちに寄り添ったイダルゴ神父が先頭に立った。
そのイダルゴ神父もこの大学の教壇に立ち、モレーロスは彼に影響を受けたのだという。

DSC_9851.jpg

今でも大学として機能していて、ラテンアメリカでは最古の教育施設。
メキシコの独立思想を育んでいった大学では、今も多くの若者が勉学に励んでいる。

DSC_9853.jpg

モレーリアが世界遺産に登録されたのは1991年。
桃色の石造りの美しい建物は、重厚感がありながらも、温かみがあり、趣きがある。
カフェやレストランもあり、ショッピングも楽しめて多くの観光客で賑わう。
日本のガイドブックにも紹介されてる街。

でも、後で知ったことだけど治安はあまりよろしくないみたい。
麻薬密売組織の拠点があるらしく、政府とマフィア、また、対立し合うマフィア同士の争いが過去には起きているらしい。
2009年には、マフィアに肩入れしていた州知事や警察署長まで逮捕されている。
やっぱりメキシコのマフィアは映画の世界だけじゃなく、現実世界でも大手を振るってるんだね。

マフィアが善良な観光客に危害を加えることはそうそうないと思うし、夜も大通りは人で賑わっていて怖い感じはしなかったので、過剰に怯える必要はないと思うけど、もし訪れる方がいれば頭の片隅にマフィアの存在を置いておき、ちょっと気をつけたほうがいいかもしれません。

DSC_9765.jpg

中心地の北側にあるのは、モレーリア文化会館
かつての修道院を利用した文化会館で、どこか厳かで品格がある。

DSC_9737.jpg

やっぱり芸術に重きを置いているメキシコ。
この文化会館では、写真展や絵画展が開かれている。
この部屋は、修道士たちの食堂だったのかな。
それとも祈りの部屋?

DSC_9740.jpg

また別の部屋からは音楽が聞こえてくる。
バレエのレッスン中。

DSC_9739.jpg

最上階の屋根裏部屋のような場所には黒板。
音楽教室として使っている様子。
壁際には椅子が並んでいて、それだけでもなんだかアート。

DSC_9748.jpg

続いてやってきたのは、クラビヘロ宮殿
中央に噴水を持つ中庭。
そしてそれを取り囲む石造りの回廊。
丸いドームの屋根に、まん丸の窓。

DSC_9834.jpg

これは18世紀にイエズス会が建てたかつての神学校。
現在は行政機関の事務所や図書館として利用されている。

そして、メキシコ・シティでもたくさん見てきた壁画がここにも。
階段の壁や吹き抜けを利用して描かれた巨大な壁画は大迫力。

DSC_9840.jpg

DSC_9837.jpg

前からも横からも迫ってくる絵画。
そして天井を見上げても・・・。

DSC_9839.jpg


さて、桃色の石造りの建物が立ち並ぶコロニアル都市、世界遺産の「モレーリア」。
「星いくつ?」

「星、2つ!

モレーリアの存在も知らなかったし、ただトルーカから近いという理由で立ち寄ったけれど、とても美しい街だった。
期待していなかったぶん、感動もした。
世界遺産の名に恥じない街。

DSC_9790.jpg

来る前は1泊でもいいかなと思っていたけど、2泊してしまった。
前回ご紹介したように、夜のライトアップもきれいだし。
旅も終わりに近づいていてタイムリミットがあったから2泊で我慢できたけど、それがなければもっと長居していたかも。

日本の旅人にはあまりメジャーな観光地じゃないけど、オススメです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント