Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

バスキング旅人に嫉妬した日

2017.01.20 19:01|メキシコ☞EDIT
お年玉付き年賀状でたくさん年賀状をいただいていたのに、切手シートが2枚しか当たらなかったイクエです。
一枚は業者からの、そしてもう一枚はわたしの母からの年賀状でした。
年末ジャンボ宝くじも10億円当選に備えて、1億5000万円の中古の家を見つけていたのに、300円しか当たらず。
当たったら、旅行中に出会った外国のお友達を日本に招待する計画もあったんだけどなあ。
でも、10億円も当たったら価値観や人生観が変わって、働くことがバカらしくなりそうだから、当たらなくてよかったって思うことにしよう。

メキシコ旅の話からだいぶ遠ざかっていました。
メキシコシティの滞在日記が最後でしたが、少し話を戻してサン・クリストバル・デ・ラス・カサスの出来事で、書きそびれていたことがあるのでその話を。

DSC_8769.jpg

日本人宿、カサカサに泊まっていた時のこと。
日本人の女の子二人が、ギターを弾いて歌の練習をしていた。
色違いの洋服を着て。

「わたしたち、きょう初めてバスキングするんですよ」

バスキング。

あまり聞き慣れない言葉だと思う。
わたしも旅立つ前は知らなかったけど、最近バックパッカーには馴染みのある言葉になっている。

バスキングとは、路上で大道芸やギター演奏などを披露して、見ている人たちから投げ銭を求めること。

バスキングをしながら旅をしている人は多い。
バスキングをすれば旅行資金がほとんどなくても、旅を続けられる。

日本人バックパッカーでもやってる人は珍しくなく、音楽や手品、折り紙や書道などを路上で披露している。

日本国内ではバスキングの文化はほとんどないから、「そんな素人が趣味レベルのパフォーマンスをしてお金なんて集められるの?」って思うかもしれないけど、これが結構いい稼ぎになる。
「日本ではそんなの全然やってなかった」っていう人でも、1時間路上に立てば、日本でのバイトの時給よりも稼げることがある。

外国ではチップや寄付の文化が日本に比べて定着していることもあってか、値段のないものに抵抗なくさらっとお金を払ってくれる。

わたしとケンゾーはまだまだ旅を続けたいけど、旅のための貯金もなくなってきていて、それが旅を終わらせる一因になっている。
そんな話をすると、日本人からは「なんでもいいからバスキングやればいいんじゃないですかあ」って言われたことが何度かあった。

でも、わたしとケンゾーはバスキングをしようとしない。
旅を楽しむことよりも、お金を稼ぐことに意識が向いてしまって、「行きたい場所」ではなく「稼げる場所」に長く滞在することになりそうだし、そうなると純粋に旅を楽しむことができなくなりそう。

それと、ボリビアやグアテマラなど日本よりも物価が安いところで、現地の人からお金をもらうっていうのが、なんとなく気がひける。

南米では、たくさんのアルゼンチンのバックパッカーたちが、バスキングをしながらヒッピー風の旅をしているのを毎日のように見てきた。
彼らは、交差点で信号待ちをしている車の前に出てきて大道芸を披露して、信号が青になる前に大道芸を終わらせて、一台一台車の窓を覗き込み、声をかけお金を集めていた。
交差点で先頭の方に止まってしまえば彼らの標的になるので、そうなると「運が悪い」という感じになってしまうのだ。

また、食堂でも楽器を抱えてやってきて、いきなり演奏を始めて1曲だけ披露するとテーブルごとにお金を徴収しに来た。
お客さんは、まったく音楽を聴いていないし楽しんでいないし、見てもいなかったのに、徴収しに来られると渋々と小銭を渡す。

何かを披露してくれたら、それを自分が楽しんでなかったとしてもお金をあげるのがマナー、そんな感じがした。

それを見ていて、わたしは心に何か引っかかるような気分になった。
高級なレストランでならまだしも、庶民的な高くもない食堂で仕事終わりに食事をしている現地人に、その国よりも何倍も物価が高い国からやってきた外国人が道楽で旅をしているのにお金をもらう。
それに違和感があったから。

それでも、バスキングの魅力というのはお金を稼ぐことだけじゃないっていうのは頭ではわかっている。

バスキングをすることで、現地の人に自分の国の文化を伝えたり、交流をすることができる。

バスキングをする旅人には2タイプあって、旅の資金を稼ぐためにバスキングをしている人と、旅の資金は日本で貯めてきたから必要ないけれど面白そうだし、現地人と交流したくて、ごくたまに時間があるときにバスキングをやってみる人。

宿のカサカサで歌の練習をしていた彼女たちは明らかに後者だった。
二人はもともとの友達だったわけではなくて、知り合ってまだ間もない。
意気投合して「バスキングに挑戦してみよっか!」ってことになったらしい。
ここで数日滞在したら、彼女たちは分かれまた別々に旅をするのだという。

二人の名前は、じゅりちゃんとあさみちゃん。
初めてのバスキングを前に、二人は緊張とワクワクとで頬を紅潮させていた。
楽しそうに、買ったばかりの色違いの服に袖を通し、前髪を同じように短く切っていて、かわいくてとても微笑ましい。
なんども歌を練習している。
そんな二人を、宿のみんなが応援していた。
もちろん、わたしとケンゾーも。

じゅりちゃんとあさみちゃんの初めての路上ライブが敢行されるのは、日が暮れてから。
この街では、歩行者天国のストリートがあってそこでやるのだという。

「みんな足を止めてくれるかなあ」
「聞いてもらえるかなあ」

不安げな二人にエールを送るため、わたしたち宿の宿泊者で見に行くことにした。

DSC_8775.jpg

お客さんの反応はどうだろうか。

こっちまで緊張してくる。

じゅりちゃんとあさみちゃんは日本のポップミュージックを数曲練習していた。

意味の通じない日本語の歌に、お客さんは足を止めるのだろうか。

いかにも日本っぽい民謡ならまだしも、ポップミュージックに聴き入ってくれるだろうか。

DSC_8777.jpg

場所は決まった。
両脇に雑貨屋さんや洋服屋さんが並ぶ、歩行者天国の目抜き通り。

それぞれのお店から通りに漏れる明るい照明とBGM。
それに、道行く人々のしゃべり声や足音が混ざり合い、ストリートは騒々しく雑然としている。

そこに異国から来た二人の女の子。
きっと、立って準備をしているだけでもう二人の心臓はバクバクだ。

こんな雑然とした場所で、二人はこれから異空間を作り上げないといけない。
二人の緊張がわたしたちにも伝わってくる。

この時点で、一体何が始まるのだろうと、不思議そうに足を止める人たちがいる。

DSC_8788.jpg

披露するのは、絢香とコブクロの大ヒットした『WINDINNG ROAD』。

深く息をし、背筋を伸ばし、まっすぐ前を見つめる二人。
お互い、目を合わせ・・・。

DSC_8806.jpg

冷たい夜に、声が響く。

一瞬で、空気が変わった。

♪曲がりくねった 道の先に

待っている幾つもの 小さな光〜♪

少し震えている第一声。
でも、それはとても力強いものだった。

♪まだ遠くて 見えなくても

一歩ずつ ただそれだけを

信じていこう〜♪

異国から来た女の子の演奏と歌声に、吸い寄せられるように人々が集まってくる。

すごい。

DSC_8779.jpg

こんな道の真ん中に、しっかりと二人はステージを作り上げている。

日本語の歌に、足を止め、聴きいる人たちの輪はどんどんと大きくなっていく。

その光景に、感動して、鳥肌が立ち、なぜか涙が出そうになった。

そこには、肌寒い外気から切り離された、温かい空気が流れていた。

DSC_8786.jpg

じゅりちゃんとあさみちゃんのステージは続く。

歌うのは日本語のポップミュージックばかりだけど、メキシコの人たちの心にしっかりと届いている。

一度足を止めた人は、その場からなかなか離れようとしない。

DSC_8849.jpg

じゅりちゃんとあさみちゃんは、バスキングを手段や目的にして旅をしているわけではない。

本格的に音楽をやっているわけではない。

だから、正直に言うと、他人に比べてずば抜けて演奏や歌が上手いわけではない。

じゅりちゃんはギターのコードを間違う時もあるし、あさみちゃんは声がかすれて音が外れることもある。

でも、二人の演奏には人を聴き入らせる力がある。

とても、素直で柔らかい声。

そして、一生懸命な彼女たちはすごくかわいくて、自然に応援したくなる。

DSC_8802.jpg

外国人のバスキングが、決して珍しいわけではない。
この街は観光地で外国人旅行者も多いし、暮らしやすくここに移住している外国人のコミニュティーもある。

50メートルほど先では、バックパッカー風の白人二人組が道端に座って楽器を演奏していたけれど、そこに人垣はできていない。

明らかにじゅりちゃんとあさみちゃんの演奏と声に、メキシコの人たちが引き寄せられている。

DSC_8811.jpg

おじさんも、

DSC_8798.jpg

カップルも、

DSC_8838.jpg

子守り中の若い女性も、

DSC_8858.jpg

みんなが二人の作る世界に引き寄せられていた。

二人の周りにどんどん人が集まってくる。
道を占拠してるため、歩きにくくなっているけど、嫌な顔をする人なんて一人もいない。

両脇のお店からは「営業妨害になる」なんていう苦情が来るかもしれないと心配していたけれど、そんな心配は無用だった。
お店の人たちも、外に出てきて聴いている。

DSC_8803.jpg

今夜が初舞台のじゅりちゃんとあさみちゃん。
持ち歌は数曲しかなくて、もう何巡もしている。
それでも、お客さんが離れていくことはない。

演奏中、ギターケースの中にお金を入れてくれる人たちもいる。
彼女たちが評価されているようで、その度にわたしたちは嬉しくなった。

DSC_8817.jpg

でも、お金なんかじゃない。
じゅりちゃんとあさみちゃん、そして応援しているわたしたちがこんなにも嬉しく、温かい気持ちになり、感動しているのは、メキシコの人たちがじっくりと耳を傾けているということ。

DSC_8855.jpg

美しく古い街並みのサン・クリストバル・デ・ラス・カサス。
メキシコの南に位置し、グアテマラにも近いこの街には、先住民族が多く暮らしている。
旅行者に人気の場所で、お土産屋さんも多い。

歩行者天国のストリートには、民芸品や雑貨の売り子たちが客を求めて行きつ戻りつしている。

二人の奏でる音楽には、そんな売り子たちの足をも止める力があった。

DSC_8832.jpg

商品の織物をたくさん背負った女性陣も思わず足を止めている。

一度止めた足は、なかなか動かない。

DSC_8848.jpg

キャンディー売りも、さっきからずっと二人の演奏を聴いている。
仕事をしていたことさえ、忘れているみたいに。
日常を離れ、すっかり、違う世界に入り込んでいる。

DSC_8851.jpg

靴磨きの少年も、特等席で鑑賞中。

DSC_8860.jpg

わたしたちは満たされた気持ちになった。

とても幸せな現場に立ち会えた。

そしてそれがすごく嬉しかった。

と同時に、わたしは二人に嫉妬のようなものも感じた。

素直に「いいなあ」「うらやましいなあ」と思った。

メキシコ人をこんなにも引き込み、彼らと心を通わせている。

旅人である身で、こんな機会を手にし、かけがえのない体験をしている。

わたしとケンゾーができなかった体験。

DSC_8809.jpg

演奏前、緊張していた表情だった二人。
歌いながら、自信に満ちた柔らかい顔になっている。

二人の奏でる音楽が、メキシコの夜のストリートに響き渡る。

♪その誇らしげな顔には

 何にも負けないほど

 大きな優しさが溢れている♪

人の輪は大きなままだったけれど、弦を弾く指と歌う声が持たなくなり、二人のステージは閉演。

心がぽかぽかのまま、わたしたちは宿に帰った。

宿で投げ銭を数えると、日本円で千円以上は入っているようだった。

でもきっと、いくら稼いだかは問題ではなかった。

お金よりもたくさんのものを二人はもらっていたから。

DSC_8870.jpg

若い二人を見ていると、本当に微笑ましくて、かわいくて。
一生懸命で楽しそうで、そして羨ましかった。

彼女たちは宿のみんなに惜しまれながらも、三日後には解散。
別々の目的地へ向かってまた歩き始めた。
だって彼女たちはバスカー以前に旅人であるから。

ときどき、路上パフォーマンスをしながら旅をするっていうのも素敵だな。

もし旅をやり直すなら、また長期の旅行をすることがあれば、パフォーマンスをしながらっていうのもいいな。

二人はわたしにそんなことを考えさせてくれた。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

No title

こんにちは!
お二人はお金で買えない宝物を手に入れたんですね。
三日後にそれぞれの道を行くっていうのもカッコイイです。

イクエさんが二人に嫉妬したように
わたしはケンゾーさんイクエさんに嫉妬してブログ見てました!笑
今もアドベンチャーを夢みています。

No title

じゅりちゃんとあさみちゃんの素直で優しい演奏と声、言葉を越えて伝わるものなんですね。彼女たちの度は始まったばかりなのかしら? 物には蔵出し的な初々しさが見えます。それは何となく分かるものなのです。バスカー擦れとか旅擦れのような汚れがないよな感じです。あんなにも観衆を集められるなんて、何と感動したことでしょう。若いっていいな。他にもバスかーさんのブログを読んでますが、旅なのか放浪生活なのかわからないようなところが見られます。イクエさんに同感です。大衆食堂で勝手に歌って徴収はないですよね。日本人のバスカーさんたちは、節度をもって邪魔にならないようにしています。しかし世界一周のブログを貼っているなら、旅ありきの内容にしてほしいと思います。あまりに生活臭が出てくると、読む気もしてきません。
イクエさん、ケンゾーさんたちには、世界一周の後の生き方もブログで見せてほしいものです。世界一周予備軍の皆さんも不安を抱えて、思い切ってスタートする訳ですが、その先輩として、後押しできるんじゃないかな思ってます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

本当に元記者?

昔記者をやっていたってわりには、現地の人から耳にした情報は全くブログに載らないんですね。
日本人とものの考え方がどう違うのか、生活は苦しいのか意外に余裕があるのか、人生で何を最も大切に思うのか、政治家のことはどう思っているのかなどなど、少しは現地の人から聞いてほしかった。
そういうことに関心がないのなら「現地の人が使う交通機関を私たちも使う」なんて全く意義がないですね。
外国に行ってわざわざ日本人の多いホテルを探して泊まり、ブログに書くことは日本人の路上パフォーマーのことだなんて。国内旅行でもよかったのではないですか?

No title

記者に向いてないから結局辞める羽目になったわけでしょ
この人はその国の人と進んで会話しようとするような人じゃない
泊まるところは日本人宿や海外協力隊の家 外国人と触れ合うの大嫌い
現地の安い交通機関を使うのは単にお金に汚いから

No title

なんかコメント読んでいると、なら読まなきゃいいのにとい持ってしまいました。
別に記者として書いてるわけじゃないんだから、人の勝手でしょうが。
新聞でも雑誌でも記者が書いたものを読んでくださいな。
私はふたふら好きですよ。

yumiさま

バスキング旅、すてきですよね。
がんばってる二人もかわいかった。
それで少しでも日本の存在を現地の人に知ってもらえたら、すごくいいことですよね。

アドベンチャーは日本にも転がってるかもしれません。

秋霜烈日 さま

四字熟語お好きですね。

昔記者でしたが、今は違います。
記者と思って旅行をしたこともありませんし、それを期待されるのなら残念ながらこのブログはお読みにならないほうがいいかもしれません。

いまはたくさんの海外ルポルタージュやレポートがインターネットでも読める時代です。
政治家のことをどう思っているのか、など知りたければたくさん出てくると思います。

秋霜烈日さんがそんなコンテンツのあるブログや雑誌に出会えることをお祈りしています。

へろん さま

海外協力隊のことなども知っていらっしゃるなんて、熱心に過去の記事まで読んでくださっているみたいで恐縮です。

荒れた言葉を使うと説得力がなくなるので、せっかくならきちんとした文章で書かれたほうが共感を得られますよ。

こたつみかん さま

そうなんですよ。
記者としてのブログを求められてるなら、わたしたちもこんなふうなスタイルの旅をしないし、記事も違うようにします。
でも旅費を払ってくれるなら、有給であるなら、の話ですが(笑)。

この旅行はわたしたちにとって趣味や道楽と思っています。
その代わり日本ではがんばってお仕事します♪
非公開コメント