Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

どうか無事に帰国して! 旅のルール

2016.12.28 12:45|旅のルール☞EDIT
5年ぶりに年賀状を書いているイクエです。
旅に出る前は、仕事関係の人など夫婦二人で数百枚出していたけれど、旅の間に住所録が分からなくなってしまって今年はずいぶん少なくなりました。
連絡の取れる人には改めて住所を尋ねているんだけど、分からなくて出せない人もいます。
どうかご無礼をお許しください。

前回は2回に分けて、今年コロンビアのメデジンで日本人バックパッカーが殺害された事件について書きました。

時々、私たちのブログを読んでくださった方から「ブログを見て、私も旅行に行くことにしました」とか「ブログを参考に同じ場所を旅してきました」などとコメントをいただくことがあります。

私たちがブログを始めた一番の理由は、旅のことを文章と写真でまとめ、忘れないために日記のように記録することです。
二人だけの秘密に止める日記よりも、ブログという形で公開する方が、三日坊主にもならなさそうだし、家族や近しい人に私たちの旅の様子をわかってもらえるかなと思って始めました。
当初はこれほどたくさんの会ったこともない人たちに読んでいただくことになるなんて想像もしていなかったし、私たちのブログから旅の楽しさが伝わり、このブログが旅に行くきっかけになるのであれば、とても嬉しく、ありがたいことです。

ただ一方で、もし私たちが旅を後押ししたその人が、旅行中にトラブルに巻き込まれ、旅に行ったことを後悔することになるのであれば、それはとても残念なことであり、責任のようなものを感じてしまいます。

私たち夫婦は、旅行中にたまたま強盗にも遭わず、怖い思いもせずに楽しい旅ができましたが、今思えば旅でかなり無茶もしてきました。
旅の心得のようなものをみなさんにお教えする立場にありませんが、安全に旅を楽しんでほしいので私たちなりに言えることを今日は書こうと思います。

私とケンゾーは、出発する前に旅のルールを決めました。
そのルールは、ブログを始めたばかりのころにもこのブログに載せましたが、改めて紹介させてください。

1、現地の文化、しきたり、国民性を批判しない。
  郷に入っては郷にしたがう!


 2、世界情勢の収集を怠らず危険な国はさける。


 3、現地の子どもや女性が外を出歩かない時間帯は
   自分たちも外出を控える。


 4、次の街へ移動する時は、明るいうちに目的地にたどり着き
   宿を確保する。


 5、タイトなスケジュールにせず、できるだけ同じ街に
   2泊以上滞在する。

 6、体調の悪い方にペースを合わせる。無理をしない。
   状況に応じて計画やルートを変更する勇気をもつ。


 7、ふたりだからと安心しない。
   荷物や安全確保を相手任せにしない。

 8、家計簿を毎日つける。
 
 9、節約を心がけるがケチりすぎて安全をおろそかにしない。

10、自分たちの責任のもとトラブルがあってもくよくよせず、
   旅を楽しみ、元気に日本に帰る。


このうち、守れなかったものも結構あります。
とくに1と9。

その国の習慣に振り回され、イライラすることも文句が口をつくこともありました。
けれど、自分たちの価値観で相手に抗議しても、相手は何も理解してくれず、ただの終わらない口喧嘩になり、こちらのイライラも余計に募るということが結構あります。
そしてそれが、相手の反感を買ったり予期せぬトラブルになってしまうこともあります。
私とケンゾーは守れないこともありましたが、みなさんはストレスをためない程度に1を守っていただければと思います。

そして9ですが、これを守るのはバックパッカーにとっては難しいことです。
どこまで節約するか、どこまで安全を優先させるか、節約と安全のバランスをつけにくいからです。
歩くよりもタクシーで移動する方が安全だろうけど、毎回タクシーだったらお金もかさむし、何よりバックパッカースタイルの旅の醍醐味がなくなります。
地元の人と同じ交通機関を使い、同じ市場で買い物をし、同じ食堂でご飯を食べることで、見えてくるものもあります。
安全な観光地ではわからなかったことが、地元の人が集まる路地でわかることがあります。

よく事件に巻き込まれたバックパッカーに向かって「お金を安全で買わなかったから自業自得」なんて批判する人がいますが、バックパッカーの目線で言わせてもらうと、別にお金を優先させたのではなく、そういう旅がしたかったからそうしたのです。
私とケンゾーは、ほかの旅人よりもかなり歩いて移動していた方だと思います。
それは交通機関のお金をケチったというよりも、その土地を歩いてみたかったというのがあります。
だからバックパッカーの旅人にとっては、どこまでお金をかけて安全を優先させるかを見極めることは、本当に難しいことだと思います。
でも、ここぞというときは、お金を払っても安全を買ってください。
私たちも危ない時間帯はためらいなくタクシーに乗ることもありました。

まず、リスクがある方を選ぶときは「体験」としてそうしたいのか、それとも「安上がり」になるからそうしたいのかを判断し、もしお金のためだけにリスクがある方を選んでいるのであれば、再考した方がいいかもしれません。

さて、次は2についてです。
これは旅人にとって盲点です。
その国にいるとその国や周辺国のことを知った気になってしまうのですが、かえって日本にいる方が情報が入ってきやすいです。
なぜなら日本にいると意識しなくてもテレビのニュースで見たり、新聞や雑誌の見出しが目に付いたり、ほかの人から話を聞いたりします。
しかし海外にいるとわざわざ外国語のテレビを見ようとは思わないし、現地人とその時のニュースを話題にする機会もあまりありません。
外国では意識しないと、情報が入ってきません。

たとえばその国で国際ニュースになるようなテロが起きているのに、その国にいる旅人は何も知らないということもありました。
暇なときにネットニュースを見る旅人は多いと思いますが、日本のニュースや芸能、スポーツではなく、国際ニュースを中心に読んだ方がいいです。

3についてです。
これはとてもわかりやすく守りやすいルールなので、ぜひ使ってください。
危ない場所や安全な場所、危ない時間帯を見極めるのに役に立ちます。
日が暮れても、通りを見て、現地の女性が歩いていたり、子どもたちが外で遊んでいたら、外を歩いてもそんなに危なくないでしょう。
逆にまだ日が暮れてなくても、女性や子どもの姿がなければ、うろつかない方がいいです。
海外では、人通りが多く安全な道路から一つ路地に入っただけで人の寄り付かない危険なエリアに変わることもあります。
周りを観察しながら歩いてください。

そして、4、5についてです。
これをしていない旅人は結構たくさんいます。

私とケンゾーは「1泊しただけじゃその地域がわからない」と思っていたので、短い期間で多くの場所を回るぐらいなら、場所は絞ってゆっくり滞在したいと思っていました。
それと二人ともそんなに若くないので、急ぎ足の旅行は体力が持たない、というのがあります。
3年半で世界一周をしましたが、ヨーロッパでもドイツやスイス、オランダ、北欧には行ってないし、ロシアもオーストラリアも行ってません。
北アメリカにもほとんど滞在していません。
3年半もかけたのに、時間は全然足りませんでした。
でも、世界一周するバックパッカーで3年半は長い方です。
1年や2年でやる人が多いです。
立ち寄る場所も多く、私たちとは比べ物にならないほど速いペースで旅行しています。
そうなるとどうしても無理なスケジュールを組んでしまいます。
今から移動しても、目的地に日が暮れて着きそうなら、その日は移動をやめてもう一泊し、明日のあさいちで移動するようにするなど、臨機応変に予定を変更してください。
そのために無理のないスケジュールを組んでください。
日が暮れてから、右も左もわからない初めての街に到着するのはリスクがありますし、お目当ての宿が満室だと宿探しで暗い夜道をさまようことになってしまいます。

ここもあそこも行きたいという気持ちは同じ旅人としてわかりますが、日程が短い人は行く場所を絞って、余裕のある旅にした方がいいと思います。

6については、4、5と通じるところがあります。
余裕のない日程だと、体調が多少悪くても強行しようとします。
でも、辛いときは移動をやめて宿で数日ゆっくり休んでください。
体調が悪いと判断力も鈍り、危険を察知したり、防犯意識が緩んだりしてしまいがちです。

私たちは日本から体温計を持って行っていましたが、健康管理に役立ちました。
薬を持ち歩いてい人は多いけれど、体温計を持っている旅人は見ませんでした。
でも、体温計を持っていくことはおすすめです。
旅行中は、移動の疲れや時差ぼけ、高山病などの影響で「なんとなくだるいな」ということがたくさんあります。
「ただの疲れだから大丈夫だろう」と思ってしまいますが、実際に熱を測ると高熱であることもあります。
ただのだるさではなく、薬を飲んだりしばらく安静にしたり病院に行ったりした方がいい場合があります。
体温計はその時の自分の体調を客観的に教えてくれるので、ぜひ持っておいてください。

あと付け加えるとしたら、二つ。


・中南米は気をつけて!


私たちの知り合いの旅人や、知り合いの知り合いで、強盗の被害にあった場所は圧倒的に中南米が多いです。
アフリカの方が危なそうなイメージですが、アフリカでの被害はあまり聞きません。
私たちはアフリカにいるときから旅人たちに「中南米で被害に遭った」と聞いていて、アフリカの次の目的地が南米だったので、かなりビビっていました。
東南アジアやインドも悪い人は多いですが、彼らは頭を使った犯罪をします。
騙してお金をちょろまかす、詐欺などです。
でも中南米は、頭を使った犯罪ではなく、体当たりの犯罪、凶器を使った犯罪が多いです。

南米はウユニ塩湖もあるし、マチュピチュもあるし、旅人に人気の場所です。
女性の旅人も、アフリカは怖くて行けないけど南米は日本人宿も多いし、都市は発展しているからと、フットワーク軽く旅行しています。
世界一周をアメリカ大陸から始める人もかなり多くいます。
しかし、私とケンゾーの感覚では「中南米が一番危ない(アフリカよりも!)」ので、十分気をつけてください。


・やっぱり海外旅行保険に入ろう


海外旅行保険に入っていなかったり、旅行中に期限が切れて更新しないままの旅人がいます。
旅行保険は病気になったときはもちろんのこと、強盗や盗難被害に遭ったときも助けてくれます。
カメラや携帯、パソコンを撮られても、保険を申請すればお金はくれるので、それで新しいものを買えばいい。
物を盗られても諦めがつきやすいです。
最近はスマホの被害が多いですが、「盗られたから買いなおした」という旅人にたくさん会ってきました。

申請は結構簡単で、お金がすぐにほしい人は旅行中に申請してお金を振り込んでもらえばいいし、面倒くさい人は帰国してから申請すればいいです。
旅行期間が予定よりも延びて保険の期限が切れてしまう人も多いと思いますが、切れる前に延長の手続きをしてください。
海外からの延長申請手続きは面倒くさいかなと思ったけど、そうでもありませんでした。
わたしたちは2回の延長をスムーズにすることができました。

わたしとケンゾーも無茶をすることもあったし、無事に帰国できたからといって安全に旅をしていたかといえばそうではありません。
みなさんに大声で「気をつけて」と言える立場にありませんが、みなさんにもわたしたちと同じように、楽しい思い出とともに無事に帰国して日本で待ち構えている家族や友達と再会を果たしてほしい。

年末年始は、お金がほしい人が多いので、犯罪が増えます。
カウントダウンパーティーや新年のイベントなどが夜に行われます。
地元の人で賑わうから大丈夫だろうと思わないでください。
私たちの友人で、南米のカウントダウンパーティーの帰りにピストル強盗に遭った人がいます。

みなさん、気を引き締めて素晴らしい年越しを。
そして、実りある楽しいご旅行を!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

No title

アフリカもそれなりに危ないと思いますよ!
ただ旅なれていない人がアフリカは避けるけど、南米は"流行っている"し、日本人宿もあり行きやすいので被害にあってる人が多いんだと思います。

ありがとう

本当に心からの丁寧な旅の心得をありがたく読ませていただきました。
イクエさんの体調もまだ元のようにはなっていないのではないかと思われるのにこうして細やかな記事を書いてくださって感激です。43年も前にメキシコ、グアテマラを北米のあと一人で回りました。その時の無謀と無知を改めて思い返してよくもあんな無茶をしたものだとあきれます。運が良かったとしか言えない。 もちろん素晴らしい巡り合いと体験もありました。そして夜、止むを得ず知らない町につくことも宿を探すこともたびたびあって、旅はいつも危険と隣り合わせなのだと思います。アルゼンチンもインドも中国もイーストチモールでも交通手段の予期せぬ遅れや取り消しは日常茶飯事。予定はいつもクルクル変わる。どうかお体を大切に良い年をお迎えください。ケンゾーさんとご家族の皆様の健康をそして災害地の方々の心安らかな日がくることをお祈りします。



Re: No title

もちろん、アフリカも危ないです。

危ないの種類が南米と少し違うかもしれません。
急な紛争の勃発など、アフリカは政情に影響されることがあります。(民族同士の争いなど)
それと、危ない都市はだいたいわかっていて(ナイロビ、ヨハネスブルグ、ダルエスなど)そこを避ければかなりの安全が確保できます。

しかし南米は、危険な場所の見極めがアフリカよりも難しいと思います。

南米であろうとアフリカであろうと、旅人は十分注意しないといけませんね。

michiyo さま

すごい!43年も前にそんなディープな場所を旅されたなんて。

私がバックパッカーを始めたのは、16年ほど前ですが、旅をしていて思うのは「時代とともに旅が簡単になっていて、そして面白く無くなっている」ということです。
グローバリゼーションで世界は画一化してきています。

43年前は、きっと旅はもっと大変で、刺激的で、そして面白かったと思います。

旅をしていると五感(六感も)研ぎ澄まされるように感じませんか?
その場の空気や状況、肌感覚やそれまでの体験などから「ここは危なそうだな」とか「なんとなく嫌な感じがするな」とか「この人は信用できそうで、この人は信用しない方がいいな」など。
言葉でどうしたら安全な旅ができるかはなかなか人に説明できないのですが、私たちはそういう五感に頼って旅をし、危険を免れたことも多くあるように思います。
スーダンやイラン、バングラデシュなどすべてイスラム圏ですが、その日に出会った人の家に泊まりに行ったり、テロの多い今考えると危ないことをしていましたが、全員がとてもいい人で、かけがえのない友人になりました。

「五感が教えてくれる」というのを、うまく説明できないし、「五感を研ぎ澄ますにはどうしたらいいか」も説明できません。
それがもどかしいです。
非公開コメント