Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

事件のことと私たちの見たコロンビア

2016.12.25 12:59|コロンビア☞EDIT
ずいぶん前にいただいていたコメントに遅ればせながら返事を書いているイクエです。
お待たせしていて申し訳ありません。
また、4月の熊本地震直後にたくさんのご心配のコメントをいただきましたが、その中に「連絡ください」とアドレスなどを教えてくださっていた方々、当時は余裕がなく直接ご連絡をすることができませんでした。
差し支えなければ改めてご連絡先を教えていただければ、メッセージなどをお送りいたしますのでよろしくお願いいたします。

前回、コロンビア・メデジンで11月に日本人バックパッカーの男子大学生が銃で殺害される事件について記事を書きました。

事件の内容について、お二人の方からご指摘をいただきました。

一つは「yamada」さまからのコメントです。
「気になったのが、事件の概要で『タブレット端末』『取り返そうとした』という部分です。
現地の目撃者の証言を現地のマスコミが勝手に解釈し報道し、それを日本のマスコミが同じように報じたようです。
実際には被害者の彼はタブレット端末を持って旅はしておらず、事件当時も携帯電話など持っていなかったようです。
追いかけたかどうかも不明です」


また「旅するハサミ」さま(非公開設定での投稿でしたが、こちらからご連絡をして公開のご了承をいただきました)からも同じ趣旨のコメントをいただきました。
「『被害者の男性がタブレットや携帯を持って歩いていた』『犯人を追い掛けたから撃たれた』
全て事実と異なります。
事件当事、被害男性と同じ宿に泊まっていて、現地の警察から事情聴取を受けた知り合いの旅人がその事を今必死でSNSなどで拡散しています。
まだ現地の日本領事館から正式な発表も出ていない段階で流された第一報は(いくえさんが記事に書かれていたような事件の詳細)、現地のメディアがよく取材もせずに記事を書き、それを日本のメディアが裏も取らずにそのまま流したでたらめな情報です。
現に今、彼の携帯はご遺族の元に届いていますし、そもそも彼はタブレットなんて持っていなかったそうです」


日本での新聞やテレビでの報道で伝えられていた、「被害者がタブレット端末(携帯電話)を奪われたので犯人を追いかけた」というのが違うというご意見でした。

私も事実が違っていたら訂正しなければと思い、報道された記事を調べなおしましたが、あいにくコメントいただいたような内容のものを探すことができませんでした。

ただ、千葉日報の記事では、現地から帰国された被害者のご遺族のコメントとして以下のように紹介されていました。
「両親はコメントで『現地報道等では、息子は強盗にタブレットと携帯電話(アイフォーン)を奪われたとありましたが、実際にはタブレットは所持しておらず、携帯を奪われた事実もないことから、現地の警察の方には新たな捜査をお願いしてまいりました』と説明。『最後に、同じように海外で旅をする若い方々の旅の安全をお祈りいたします』と願った」


その一方で、同じ千葉日報のページでこんな記事もありました。
「防犯カメラの映像を見たという近所の弁護士、アンドレス・カニャスさん(35)や警察によると、井崎さんは雨の中、傘を差して宿とパン屋の間にある公園を歩いていたところ、小脇に抱えたタブレット端末を後ろから来た2人組に奪われた。
井崎さんは傘で犯人をたたくなどして抵抗。さらに後を追い、犯人のうち1人が転んだところを捕まえたが、もう1人に頭を撃たれた」


日本の外務省のホームページ、安全対策基礎データも見てみたところ、事件について「夕刻、メデジン市内で、強盗に遭い、貴重品を強奪されて犯人から取り返そうとしたところ、射殺された」と書かれていました。

コメントでご指摘いただいたお二人とも、ある旅人の方のフェイスブックの投稿でそのことをお知りになられたそうです。
私は詳しく知りたかったのでその方のフェイスブックの記事を拝見いたしました。
その方は、事件当時メデジンで被害にあった男性と同じ宿に泊まっていたそうで、被害者の男性がタブレット端末を使ってなく、強盗に遭った時も携帯電話を奪われていなかったと、いただいたコメントと同じようなことを書いておられました。

現在日本にいる私にはみなさんと同じように、それ以上のことはわからず、各新聞社やテレビの報道、外務省の報告を見ることしかできません。

コロンビア警察に一刻も早く真相を究明してもらうことを願うばかりです。


きょうは、私とケンゾーが旅したコロンビアについて改めてご紹介しようと思います。

事件によって、日本にいる人が持つコロンビアのイメージが悪くなったのなら、とても残念です。
さらに、もし今回の事件の被害男性が携帯電話などの貴重品を目につくところに持っておらず、犯人を追いかけたわけでもないのに殺されたのだとしたら・・・。
ただ歩いていただけで突然銃撃されるという、とても恐ろしい事件が日中に起きる怖くて危険で足を踏み入れてはならない国、とお感じになられる方もいらっしゃるかもしれません。

また、今回の事件を受けて「コロンビアなんて危険な場所に旅行に行くのが悪い」とう意見も聞かれます。
麻薬の取引やマフィア、内戦のイメージが影響しているのだと思いますが、最近は随分改善されているようです。

中南米でコロンビアだけが特別治安が悪いわけではありません。
むしろ、旅行中わたしたちはコロンビアよりも、アルゼンチンやブラジルでの強盗被害の話をたくさん聞きました。
ボリビアでは首絞め強盗(後ろから突然首を絞めて気を失っている間に物を奪う事件)が横行していました。

確かに、コロンビアで起きてはならない事件が起きてしまったことに変わりはありませんが、私とケンゾーが感じたコロンビアはそんなイメージではありませんでした。

コロンビアも他の中南米同様、治安が悪いことに変わりはありませんが、比較的都市機能は整備されていて旅行しやすく、欧米からの観光客も多く、大きな街は先進国の様相です。

私とケンゾーは、メデジンには行きませんでした。
理由は、私たちが大きな都市に滞在するよりも地方の町や山間の村を巡る方が好きなことと、大都市は一つだけでいいと思い、第2の都市メデジンではなく、首都のボゴダに立ち寄ることを選んだからです。

しかし、メデジンは日本人旅人にとってとても人気のある場所です。
理由はいくつかあります。
メデジンでは、コロンビア人に日本語を教えておられる日本人の方がいらっしゃって、その方がとても優しく素敵な方で旅人を受け入れて、旅人にコロンビアの学生たちのと交流の機会を与えてくださっていること。
日本人の集まる、とても居心地のいいゲストハウスがあること。
気候も良く発展した都市なので滞在するには快適で、無料で使える大きな運動公園やオシャレなカフェなどもあって、長旅の疲れを癒すのに最適な場所であること。
近くに観光地があること。

そういった理由で、「今まで行ったところでで一番メデジンが良かった」という旅人は少なくありません。
そしてそれを伝え聞いた別の旅人がメデジンを訪ねる、というふうになっています。

メデジンは旅人を虜にする魅力的な街なのだと思います。

私とケンゾーは、コロンビアの都市にはメデジンではなく、ボゴダに行きましたが、ボゴダも趣ある古い建物もありながら、とても洗練されておしゃれな街でした。

DSC_9160.jpg

私は「南米のロンドン」だと感じました。
街に遊び心があって、ポップな雰囲気がします。

DSC_2923.jpg

DSC_9107.jpg

ボゴダもメデジンと同じように決して治安がいいわけではありません。
それでも街に閉塞感はなく、夜の公園では若者たちがコンテンポラリーダンスを披露していて多くの人が集まっていました。

DSC_9059.jpg

コロンビアの人たちは親日的な人が多いです。
旅人たちも「コロンビア人は本当に優しい!」と絶賛します。
日本文化を愛する若者たちもいて、日本のアニメやメイド喫茶は大人気です。

DSC_9197.jpg

一方、コーヒーの生産で有名なコロンビアは自然豊かな国でもあります。

DSC_8836.jpg

DSC_8566.jpg

DSC_8796.jpg

美味しいコーヒーを飲ませてくれる素敵な場所もたくさんあります。

DSC_8926.jpg

私たちが魅了されたのは、山間の村サレント。
カラフルな家々が軒を並べる、メルヘンチックでかわいい町並み、絵本の世界に紛れ込んだかのようです。

DSC_8907.jpg

一方、こちらは一色だけの街ポパヤン。
別名「白い街」と言われる、眩しい街並みです。

DSC_8385.jpg

「七色の海」が見られる、カリブ海にポツンと浮かぶ島「サン・アンドレス島」。
透明度がとても高く、ここでのシュノーケリングは最高です。

DSC_0682.jpg

日本人にとっては、コロンビア旅行はあまり一般的ではありません。
しかし、欧米人の観光客は多く、世界遺産の港町カルタヘナは観光客ばかり。
クルーズ船の人気の寄港地でもあります。

DSC_0529.jpg

確かにコロンビアは日本のように治安のいい国ではありません。
しかし、それは南米のほかの国にも言えることです。
気を引き締めて旅をしなければならない国ではありますが、魅力あふれる国でもあります。
なので、悪いイメージだけをもってほしくないなあと願っています。

もちろん、みなさんには安全に旅をしてほしいです。
次回は、そのことについて書こうと思っています。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

ありがとうございます

ケンゾーさん、イクエさん、
お久しぶりです。
メデジンのかおりです。

今回の件は本当にショックで、悲しい事件であり、
メデジン在住の日本人はもちろん、
メデジンを知る旅行者の方や
私の周囲のコロンビア人も皆心を痛めています。

亡くなった大学生は
メデジンでスペイン語を学んだり、
コロンビア人の学生と交流するのを
楽しみにしていたとご両親から伺い、
何ともやるせない気持ちでいっぱいです。。。


同時にコロンビアという国やメデジンという町を
知らない日本の人々の間で
「コロンビアのような危険な国に
行くこと自体が間違いだった」
というような意見が飛び交い、
ネガティブなイメージが氾濫している中で
コロンビアの明るい面を紹介して下さった
お二人の記事に救われた思いです。
ありがとうございました。

事件の件ですが、
「間違い」であるのは
盗まれたのが「携帯」または「タブレット」という点であり、
後ろから何かをひったくられて
追いかけ、追いつき、争いになったという点は
防犯カメラから事実であることが確認されています。

今の時点でお伝えできるのは
これだけですが、
世界を旅する日本人の方に
よく心しておいていただきたいことなので
あえて書かせていただきます。

真実がどこにあるのか

タブレットやアイフォーン型の携帯持っていなかったとしたらお金ですかね。失われた命は決して戻りません。今後マスコミは正しい情報を知らせるべき役割ですね。推測は推測にしかなりませんし事実ではない。その後彼の事実を伝えてるマスコミは見てないです。ブルガリアソフィアに行ってましたが道路はガタガタでモスク裏の通りに行くと子供がお金くださいでした。ロマの子供だっだのですが平日昼間の1時から2時でしたので学校には行ってないのかなと。知識があれば道を開ける子供が普通にいました。世界遺産は有るのに交通が不便だったりと。政府がもっとお金を掛けて観光収入に繋がればいいのにと強く思いました。でも人は若い子は英語堪能ですし未知なる可能性は秘めてますね。

はじめまして

2017年の6月に世界一周を予定している世界一周雑貨の旅と申します。

この事件に関しても、少し前のカナダバンクーバーの女性殺害事件、いま報道されているフランスでの女性行方不明事件と最近日本人が被害に遭われているニュースを多く見かけます。
毎回本当に心が痛むばかりです。

私もこれから行く身なので正直怖いです。行く国の選定にも迷っています。
ケンゾーさん、イクエさんが安全に旅をする心得みたいなものはありますでしょうか?
また田舎の方を散策するのがお好きみたいですが、都心より田舎の方が安全に感じることが多いですか?

イクエさん

こんにちは。無事に退院されたということで、安心しました。

コロンビアの事件。
私もfacebookで拡散された情報を、拝見しました。
スマホもタブレットも持っていなかったとのことで、『では、なぜ?』と余計に恐怖心を感じ、メデジンに行くのを少しためらったのが本音です。
(なので、かおりさんの情報はとてもありがたいです。ありがとうございます。)

メデジンやコロンビアが特別に危ないわけじゃないし、私が今いる場所だって何があるかわかりません。
私もイクエさん、ケンゾーさんのように無事に帰国したいと願ってます。

かおり さま

お忙しい中、コメントをくださってありがとうございます。

メデジンでの事件、かおりさんや生徒さんたちはとても心を痛めていらっしゃることとお察しいたします。

コロンビアはとても魅力的な国で、旅人たちは口々に「コロンビア人はとても優しかった」と言います。
犠牲になってしまった大学生もきっとそんな話を旅人から聞いていたことだと思います。
今回の事件は、コロンビアが悪いわけでも、他のコロンビア人が悪いわけでも、もちろん犠牲になった大学生が悪いわけでもありません。
私たちはその当たり前のことを心に留めておかないといけないですね。

事件のことを教えてくださってありがとうございます。
私の記事に対して「追いかけた」というのは事実と異なるので、記事を削除したほうがいいというご指摘を他の方からいただいていました。
しかし、それがまた事実であるのかどうかも私には確認のしようがなかったので、今回は報道の内容やご指摘をそのまま紹介することにしました。
なので、現地のかおりさんに教えていただけてよかったです。

旅人が今回の事件で学ぶことはあると思います。

今旅をしているみんなに安全で楽しい旅をして、無事に家族と再会してほしいと願っています。

ろん さま

無事にブルガリアのご旅行を楽しまれたようで何よりです。
旅をすると、知ること、学ぶことが多くありますよね。
ブルガリアもイメージと実際見た様子とでは随分違ったのでしょうね。
若い人は英語ができるんですね!
じゃあ、教育もしっかりされているのかな。
ロマの子たちも、明るい子供らしい生活ができればなあと願わずにはいられません。

若い人に、ブルガリアの未来を期待したいですね。

世界一周 雑貨の旅 さま

これから世界一周なのですね。
楽しみですね!
ワクワクする分、ドキドキも多いと思います。

私たちの時と違って、テロも増えているので心配もたくさんあることと思います。
テロに関しては、毎回最新情報をこまめに集めることと、地元の人に聞くこと、人が多いところには近づかないなど最新の注意を払うしかないと思います。
イスラムの国々は、文化も興味深いし、人々もとても優しく私たちが大好きな国なので、ぜひ行って欲しいのですが。

都会と田舎では、安全と危険の種類が変わってきます。
強盗などは都会が多いと思いますが、田舎は田舎でよそのもに対する変な事件が起こるかもしれません。
でも、田舎で私たちが危険な目にあったことはありません。

ぜひ海外のお友達を作ってください。
ホームステイをするのもいいし、情報をもらうのもいい。
信用できる人物なら、守ってくれます。
とても貴重な経験もできますよ。

女忍者 さま

いつも楽しいご旅行をされているようですね!
エネルギッシュで、すごいなって思います。

本当にかおりさんの情報は、旅人にとって有益ですよね。

メデジンは私たちは行っていないけど、とても過ごしやすく長居する旅人が多い場所と聞いています。

無理はせず、お金をかけるべきところはケチりすぎず(私たちの反省点)、どうか残りの旅も楽しんでくださいね!
日本で待っています!

はじめまして、昨年世界一周をしておりました🐷と申します。
亡くなった井崎さんとは旅中に出会い、ほんの数日でしたが仲良くさせていただきました。
井崎さんは大学生ながらとても芯のある子で事件のことを知った日は本当に悲しく遣る瀬無い想いでした。
出会ったアフリカでは防犯にも気をつけており、基本は手ぶら、お金を持たないと思わせる装いで、同じ旅人の私でも新しい服を買ったほうがいいよとアドバイスしたくらいでした。
メデジンにも立ち寄りましたが世界一周中に特に安らぎを感じた場所でもありました。
今回の報道で間違った情報が何度も流されて悔しい気持ちもあり、お二人が新たに真実を発信していただけたことに感謝しております。
これから新たに世界一周をされる方、短期旅行をされる方々が無事に楽しく旅ができることをお祈りしております。
長文失礼致しました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

🐷さま

お会いされていたんですね。
それはとてもお辛かったことだろうと思います。

とても知的で、目標をもった将来が有望な青年だったのだろうとお察しします。
今回のことは本当に残念です。
あってはならないことが起きてしまいましたが、責めるべきは犠牲になった彼ではなく、犯人ですよね。

いま旅をしている人たちには、旅を最後まで楽しみ、無事に日本に戻ることを絶対に実現させてほしいと思います。
非公開コメント