Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

メキシコ料理のお勧めはコレ!材料は◯◯!?

2016.10.17 11:05|メキシコ☞EDIT
あしたから入院するイクエです。
卵巣の腫瘍を摘出するため、大学病院で開腹手術を受けます。
帰国して見つかったんだけど、そんなに大きくなかったから様子を見ていたら今は直径9センチくらいになってしまったので、取ることになりました。
今は日常生活を普通に送っていますし、痛い思いもしていませんので、どうかご心配しないでくださいね。
帰国してから、甲状腺や肝臓にも問題があることが判明し通院や薬を飲んだりしていて、36歳という年齢を実感しているところです。
どうかみなさん、35歳以上の人はこまめに健康診断に行ってくださいね!

a_DSC_9295_201610171046320ed.jpg

メキシコ・シティの話を書いていたけど、言いそびれていたことを思い出した。
それは、わたしがメキシコで出会って好きになった郷土料理。

日本にもメキシコ料理店はあるし、タコスなんて日本でも食べられる。

「メキシコ料理はおいしい」というイメージがある。
でも、日本にいて思い浮かぶメニューはそんなにない。

メキシコ料理にはお肉をたくさん使った料理が多いし、スパイスたっぷりで辛みがあり食欲を誘う。

でも、こんな料理があるなんて、わたしは知らなかった。
それは「モーレ」
メキシコに行ったときはぜひモーレ料理をお試しあれ。

わたしたちがメキシコで最初に滞在した街トゥルムで、わたしはモーレ料理を初めて食べた。
でも、料理って言ってもタコスで、タコスの具がモーレだったので、ちょっとかじっただけでよくわからなかった。

ちゃんとしたモーレ料理を食べたのは、サンクリストバル・デ・ラスカサス。

a_DSC_8767_201610171046126d8.jpg

サンクリストバルに到着したわたしたちはお腹ペコペコで、とりあえず宿カサカサのタケシさんに地元の食堂の場所を聞いたのだった。

タケシさんが教えてくれたのは、市場近くの食堂街。
食堂街というか、屋内市場のようなところに食堂が密集している場所。

通りに面した部分は、地元の女性たちお手製の大きな瓶詰めのジュースが並ぶ、ジューススタンドやカフェ。

a_DSC_8761_201610171045468e6.jpg

この建物の隙間から、中に入れるらしい。

ぐるっと見回すと、ビルとビルの間にあるような暗く小さな通路があった。
そこから中に入って行き、長い通路を進んでいくと、カウンターと長椅子のある食堂がずらーっと並んでいた。

「いらっしゃい。
 食べてかない?」


あちこちからお声がかかる。

どのお店も同じようなメニューを出しているようだけど、タケシさんお勧めのお店は奥の少し広いところで、女性の店員さんばかりで活気があるお店。

a_DSC_9288_20161017104614870.jpg

家族連れが多い。
メニューはいくつかあって、みんなそれぞれおいしそうなものを食べている。

わたしが食べたかったモーレを注文。

出てきたのは、ハヤシライスのようなビーフシチューのようなもの。
ライスの横に、コーヒー色のドロッとしたソースがかけられている。
ソースのなかの固まりは鶏肉。

a_DSC_8763_20161017104549766.jpg

モーレはとても手の込んだソース。
ソースの材料はおよそ20種類もの食材を混ぜ合わせて作られている。

メキシコ人が大好きなチリ、ほかにもシナモンやクローブなどのスパイス、さらには挽いたアーモンドやピーナッツ、ゴマ、アボカドの葉っぱや玉ねぎ、にんにく・・・。

一般的な作り方は、チリや刻んだ玉ねぎ、にんにくを油で炒め、スパイスなどを加えて煮た鶏肉の煮汁やすり潰したほかの材料を混ぜて煮込んでいく。

ソースにとろみをつけるために、パンや砕いたクラッカーやビスケットなどを加えることもあるんだそう。

わたしは、モーレに欠かせない材料をまだ言ってない。

なんだと思う?
とても意外なもの。
ソースの色がヒントかな。

答えは、チョコレート!
チョコレートを加えて煮込んでできあがり。

鶏肉とご飯をチョコレートソースで?なんて・・・って思うかもしれないけど、これがおいしい。

ケンゾーはちょと甘みがあるから、そこまで好きじゃないみたいだったけど、わたしはとても好き。

スパイスも入っているから単に甘いだけじゃなく、深みのある味わい。

たとえるなら、かなりまろやかでコクのあるビーフシチュー。

メキシコには4000種類もの料理があると言われている。
メキシコは食の宝庫。
3500年前からトウモロコシは栽培されていたし、ヨーロッパでは16世紀にスペイン人がトマトやジャガイモ、唐辛子などの食材をメキシコから持ち帰ったことで西洋料理が発展した。

野菜やフルーツ、さらにはシーフードまで、なんでも手に入る。

ケンゾーが注文したのは魚定食。

a_DSC_8765_201610171045529a9.jpg

予想以上の大きさ。
臭みもなく、身はふっくらしていた。

この魚定食には、サラダやライスもついてくる。
これでお値段60ペソ(約397円)ほど。

a_DSC_8766_20161017104611ce0.jpg

ここの食堂はボリュームもあって、おいしいので別の日にも行った。
時間帯によっては、すいていて席に余裕があることも。
お店をやっているのは、全員が女性たち。
従業員には中学生くらいの女の子も多い。

a_DSC_8762_20161017104548046.jpg

グアテマラの市場の食堂でも、わたしたちが何度も食べたソパ・デ・マリスコス(魚介のスープ)。
ケンゾーは、大のお気に入り。
このスープを注文。

カニがたくさん!
これに主食のトルティージャなどがついて、お値段は50ペソ(約331円)だったかな。

a_DSC_9289_2016101710461557c.jpg

私はと言うと、もちろん飽きずにこれ。
日本でもたまに食べたいなあ。

a_DSC_9291_201610171046171e8.jpg

モーレは、たしか40ペソ(約265円)くらいだったと思う。

ここの食堂、そんなに安いの?って思うかもしれないけど、安い。
机の上にはピクルスや薬味が置いてあって取り放題。

a_DSC_8764_20161017104551b43.jpg

a_DSC_9292.jpg

さらには、おかわり自由!
モーレの場合、さすがに鶏肉は無理だけど、ソースやライスは追加でくれる。
わたしのお皿のソースがなくなりそうになるタイミングを見計らって、お店のおねえさんが「おかわりは?」って聞いてきてくれる。

タッパーにいれて、日本に持って帰りたいくらいだよ。

厳密に言えば「モーレ」というのは、メキシコで「ソース」の意味。
だから、レタスやパセリ、青唐辛子などで作る「モーレ・ベルデ(緑のソース)」とかピーナッツで作る「モーレ・デ・カカワテ」など緑や赤、黄色など数種類がある。

でも、やっぱりチョコレート入りの焦げ茶色のモーレがいちばん人気があるので、「モーレ」が単にチョコレート入りのモーレを差すことも多い。
ちなみにチョコレート入りモーレの名前は「モーレ・ネグロ(黒いモーレ)」とか「モーレ・ポブラーノ」など。
メキシコでは、チョコレート入りのモーレを食べてみてね。

メキシコのスーパーでは、モーレの瓶詰めやパック詰めがあるので、お土産に買って行けばよかったなあ。

コクのあるビーフシチューのようで、かすかに甘みがありなおかつスパイスが利いている、味わい深いモーレ。
メキシコで死ぬほど食べとけばよかった・・・。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

こんにちは

イクエさん、開腹手術を受けられるのですね。
どうか無理なさらずゆっくり休養して下さい。
快復をお祈りしています。

No title

 ブログおくれぎみでしたので心配でした。

 旅の疲れも出たんでしょうね。 日本の外科は素晴らしいですから(私もある病気で受けた)
手術は大丈夫です。 しっかり治して元気になってください。
ケンゾウさんもしっかりフォローしてやってください。

No title

 いつも現地に行ったようなような感覚になれる文章と写真、楽しく拝読しています。
 今日の記事の魚定食も、ワイルドな見た目ですがとてもおいしそうですね!
 魚介のスープは、見るからにカニのいいダシが出ていそうで、食べてみたいです。

 卵巣腫瘍、私も15センチ程のものを腹腔鏡で先月手術でとりました。
 婦人科検診で偶然判明し、痛みもなかったため、検診を受けていなければ、今でも気づいていなかったと思います。
 今日の記事を読んで、私も改めて健康診断の大切さを考えました

 手術前は色々不安にかられましたが、今は日常生活に戻れていますし、手術後に感じたのは、日本の医療体制はすごいですし、手術法や痛みの緩和も含めて、医学は10年、そして5年前よりも日々進歩しているんだということでした。

 イクエさんのお気持ちが、すこしでも和らぎますように。
 入院、いってらっしゃいませ。

No title

こんにちは!
いつも愛がいっぱいのブログ楽しく拝読させて頂いてます(^^♪
わたしもこんな旅がしたいと思ってますが、
恥ずかしながら、食べ物の好き嫌いが多すぎて(肉類、魚類、キノコ類、etc)
旅に出るのを躊躇してしまいます。
生まれ変わったら何でも食べれる人間になってケンゾーさんイクエさんのような
旅がしたいです!

イクエさんゆっくり休んでくださいね。
手術痛くありませんように!!
早く良くなりますように\(^o^)/

お体お大事に

ブログ見てびっくりしました!手術早く受けて早く回復してまた楽しいブログ続けて下さいね。

回復を祈ります。

いつも興味深く楽しい旅ブログをありがとうございます。イクエさんの手術が無事に済んで、無事に回復するよう祈っております。お大事にしてください!!!

お身体、ご自愛くださいませ。

ブログが止まっていたので、船旅で目覚めてしまったのかと。
すいません。
お大事にしてください。

人の身体はストレスに弱いので、地震の気苦労で、すっかり疲れてしまったのですね。
この半年、体力的にも、精神的にも、辛かったでしょうし、しかも言えなかったでしょうし。

それと、やっぱり長旅で、体に疲れが溜まっていたのかもしれませんね。

ゆっくり、ゆっくり休んで、元気になってくださいね。

たっぷり充電して、復活する日を楽しみに待っています。

無事に手術が成功することを、祈っています。
お大事に。

クリスマスは

ブルガリアソフィアに行く予定です。今までヨーロッパはドイツに友達がいるので2回会いに行きましたが今回個人の初ヨーロッパです。一人海外はかなり行ってますが知らない国はロシア含め2度目。ドキドキです。でもケンゾーさんとイクエさんのブログ見てたら勇気貰えて。これからもブログ続けて下さい。イクエさんお体ご自愛くださいね。

無理せず、ゆっくり身体を休ませ、良くなって下さい。

何より

手術を無事終えられたとのこと、ほっと致しました。

ブログが更新されない時は何事があったのか心配し、
誕生日を家で過ごしたと知った時には
これは大変なことになったのではないかと
本当に心配しました。

ひと山越えて、何よりです。

お会いしたこともなく、コメントも以前一度しただけなのですが
お二人の事は既に親戚のような(勝手に!)気持ちになっており、
不思議、、です。

イクエさんの事ですので貴重な経験として捉えていらっしゃるのでは
思いますが
ちょっと心配なのはケンゾーさんの事です。
さぞ心配されたことと思いますので(当たり前ですが)。

ケンゾーさんあってのイクエさん、
イクエさんあってのケンゾーさんだと
想像しますので、
このような時にはお二人の大切さをひと際強く感じられたのでは
ないでしょうか。

ケンゾーさん、手術が無事に終わって
ほっとされたことでしょう。
心配で、今度はケンゾーさんが寝込んでしまうということが
ないようにお願いします(本当に勝手に!)。

イクエさん、これが休養だと思って、いろいろな事をゆっくり考える機会だと思って
休まれてください。

また、ブログが更新される日を気長に待っていますので、
どうぞ無理をしないで。

あきぴ さま

開腹の傷跡は二週間ほどで痛みはほとんどなくなりました。
ご心配おかけしました。

そして、ありがとうございます!

みーふぃ さま

無事に手術は終わりました。
ご心配おかけしました。

ほんとに日本の医療は素晴らしいですよね。
同じ手術を旅行中にもし受けるなら、と思うとぞっとします。

いつもありがとうございます。

ぴいすけ さま

15センチは大きいですね。
腹腔鏡で取れたなんて、お医者さんの腕がよかったですね!

わたしは13、5センチでした。
ほかの臓器に癒着してたことと悪性の疑いもあったので開腹でしたが、いまは傷跡の痛みもほとんどありません。
案ずるより産むがやすし、でした。

すっきりした気分です。

ほんとに定期健診は大切ですよね。
わたしもアラフォーなので、体を大切にしようと思います。

yumiさま

いつも読んでくださってありがとうございます!

食べ物の好みは旅行中、あんがいなんとかなりますよ!
ヨーロッパではお肉や魚を食べないベジタリアンはほんとうにたくさんいるし、インドやイスラム圏では宗教上、特定のお肉がいっさい食べられません。
わたしたちは雑食系なのでかえって物足りなかったです。

イクエは炭酸飲料いっさいダメでしたが、海外ではコーラとかペプシとかしかないので旅行で飲めるようになりました。

でも、食はやっばり日本にこしたことないですよねー。

梅 さま

励まし、ありがとうございます。

無事に手術が終わりました。
また元気になりますよ!

ゆらり さま

残念ながら、船旅には目覚めませんでした!
お膳立てされた旅行で、不安もなく快適な旅は性に合わなかったみたいです。
ふらり旅のほうが好きみたいです。

いまわたしは36歳。
体が無理してたのかなとも思います。
同級生もけっこういろいろ病院のお世話になってます。

ケンゾーもさっそく人間ドックを予約しました。

体をいたわってあげないと、いけませんね。

ご心配、おかけしました。

ろん さま

いいなあー!
わたしたち、ブルガリアには結局行かずじまいだったんです。

ヨーロッパのほかの国とは違った、ミステリアスで陰をもってる国ですよね。
行った旅人は教会がよかったって言ってました。
たしかその修道院に泊めてもらえるのだとか。

どうぞ楽しんで来てくださいね!!

かーたん さま

ありがとうございます!
おかげさまで快復しております。

ご心配おかけしました。

こおに さま

親戚のように思ってくださってありがとうございます!
親戚が増えて、嬉しいです。

ご心配、おかけいたしました。

たしかにわたしの手術の時、ケンゾーと母はかなり心配したようです。
というのも、予定時間の二倍かかってしまったからで、その間、手術室の様子がわからず、やきもきしたようです。
実際には麻酔をかけるのに一時間くらいかかったのと、お腹を開けたまま、腫瘍を簡易検査し、結果が出てからお腹を閉じましたが、簡易検査が出るのに40分くらいかかったからです。

入院中、毎日会いにきてくれ、洗濯物をもってきてくれるケンゾーに感謝したいと思います。

ブログの更新、もう少しお待ちしてくださいね。
いつもありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント