Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

なんじゃこのSFチックな図書館は!

2016.08.05 06:10|メキシコ☞EDIT
久しぶりにハッピーターンを食べたら、止まらなくなったケンゾーです。
魔法の粉のおいしさ健在。
柿の種も好きだからいっしょに買ったんだけど、よく見るとどちらも亀田製菓だった。
数あるお菓子の中でこのチョイス・・・。
そうです、妻がいないので、ちょっと羽を伸ばしてます。

アットホームな雰囲気でかなり居心地のいい日本人宿「カサ・カサ」。
もっとのんびりしたいところなんだけど、旅の終盤のケンゾーとイクエには時間がない。
2週間後にはアメリカから帰国の途につかないといけないからねえ。
ということで、タケシさんとカオリさんにお別れを告げて次の街へ。

a_DSC_9301_20160804111147156.jpg

ここで出会ったマサくん・ユカちゃんも目的地が同じなので夫婦2組で移動することに。
来るときにはバスターミナルから宿までフーフー言いながら歩いたけれど、今度は4人なのでタクシーをシェア。
カサ・カサからバスターミナルまで1台35ペソ(約230円)。

a_DSC_9303.jpg

4人の次なる目的地は、首都のメキシコ・シティ
人口880万人を超える大都市だ。
中米の首都のように危険だという話はあまり聞かないけれど、久しぶりの都市に乗り込むのでちょっと緊張する。

シティ

前日にいくつかあるバス会社を尋ねまわり、すでにチケットは購入済み。
サン・クリストバルからメキシコ・シティまで1人350ペソ(約2300円)。
値引き交渉はほとんどできなかったかな。

a_DSC_9304_20160804111150168.jpg

夜行バスに乗る時は、ステップを上がって車内を見渡す時がドキドキの瞬間なんだよねえ。
メキシコ・シティまでのバスは15時間の長丁場。
快適度を左右する座席のクオリティは・・・。
予想よりもちゃんとしてる!
よっしゃ、心の中でガッツポーズ。

a_DSC_9308_2016080411115339f.jpg

バスは夕方5時半に出発。
1時間ほどして広場のようなところで停車。
他の客がぞろぞろと降りはじめた。
ん?
もう休憩?
でも、トランクルームも開いてみんな荷物を取り出している。

広場には他に3台のバスが集結していた。
どうも、ここで改めて4台のバスに割り振られて再出発するみたい。
ケンゾーたちのチケットには02と欠かれていたので2号車に乗り換える。
さすが首都、メキシコ・シティに行く人多いんだね。

a_DSC_9307.jpg

再出発したところで腹ごしらえ。
出発する前からずーっといい匂いがしててたまらなかったんだよね。
4人の手元には、カオリさんからの差し入れが。

a_DSC_9309.jpg

おにぎり!
しかも海苔つき!
もう最高。
海苔の風味がたまらない。
カオリさん、ありがとう!

おにぎりを頬張っていると、横からシャカシャカシャカシャカけっこうな大きさの音が響いてくる。
何事かと思ったら、マサくんとユカちゃんが保温シートを広げていた。
軽くて持ち運びには便利そうだけど、ちょっと恥ずかしいね。
ていうか、前の席の人、容赦ないね。

a_DSC_9311.jpg

翌朝8時過ぎ、何事もなく無事にメキシコ・シティに到着。
通常サン・クリストバルなど東部からのバスは、空港近くにある東方面バスターミナル(TAPO)に着くんだけれど、4人が乗った格安3等バスはターミナルから1.5kmほど西側のただの路上で停車。
最寄りのメトロ1号線のCandelaria駅まで歩いていく。

a_DSC_9314.jpg

目指している宿は、メトロ2号線のRevolución駅のすぐ近く。
メトロがあると移動が楽で助かる。
メトロの運賃は1回5ペソ(約33円)。

a_DSC_9316.jpg

この日は月曜日。
メトロの車内はすし詰め状態。
大きな荷物を抱えて乗り込むのは気が引けるけれど、しょうがない。
気合いを入れて突入!
できずにケンゾーとイクエはホームに取り残されてしまった。
はやくも大都市の洗礼を受けることに。

次の便には無事に乗れてマサくんたちとRevolución駅で合流。
朝9時半、「ペンション・アミーゴ」に到着。
この旅でお世話になる最後の日本人宿。

a_DSC_9318.jpg

ペンション・アミーゴは老舗の日本人宿。
お世辞にもきれいとは言えないけれど、旅のツワモノが集まってくるので情報収集にはもってこいの宿。
個室は1部屋180ペソ(初日は200ペソ)。
2人で泊まるとドミトリーと同じ値段。
ホットシャワーも出るし、洗濯場もあるし、居心地は悪くない。
朝食もあるけれど早い者勝ちなので、食べたい人は早起きしてね。

a_DSC_9320.jpg

a_DSC_9319_2016080411125408e.jpg

見どころが多いメキシコ・シティ。
まずは宿から歩いていけるスポットに行ってみることに。
宿から北へまっすぐ歩くこと約1km。
見えてきたのは市立バスコンセロス図書館

a_DSC_9326_201608041112575c4.jpg

外から見る限りはなんの変哲もなさそうなこの図書館。
じつは「世界でいちばんクールな図書館」と呼ばれるほどSF感満載なんだそう。
中に足を踏み入れると・・・。

a_DSC_9327_20160804111258dd4.jpg

a_DSC_9328_20160804111300fbd.jpg

うわ!
なんじゃこりゃ。
マトリックスの世界やん。
こんなスタイリッシュな図書館見たことない。

a_GOPR5837.jpg

a_DSC_9329_20160804111311b73.jpg

この図書館はメキシコの建築家アルベルト・カラチが設計し、2006年に完成。
およそ58万冊蔵書されている。
入場は無料。
カメラによる撮影は禁止だけど、スマホはOK。
(スタッフに許可をもらえばカメラでの撮影可能という情報も)

a_GOPR5836.jpg

a_GOPR5840.jpg

a_GOPR5844.jpg

あちらこちらにソファーが配置され、ゆったりと読書に浸れそう。
フリーWi-Fiも飛んでるみたいだから、旅人も利用価値大。

a_GOPR5846.jpg

a_GOPR5841.jpg

a_GOPR5838.jpg

近未来のSF映画の中に迷い込んだような不思議な空間。
クールな世界に身を浸し、しばし現実逃避してみては?

a_GOPR5854.jpg
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

いつの間に…!

ケンゾーさんいつの間に色んな写真撮ってたんですか⁈前の人のシートの角度なかなかですね(;^_^A
9月に熊本行きます!飲みましょう‼︎!

ゆか ちゃん

また会おう!!
その前に合宿で弾丸で免許とってー(笑)。

今度会う時は、本物の日本食がたくさん食べられるね。
非公開コメント