Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

サン・クリストバル・デ・ラス・カサスという長い名前の素敵な街

2016.08.02 06:30|メキシコ☞EDIT
一日に2リットルくらいお茶を飲んでるイクエです。
毎日よく汗をかいています。
でも、ケンゾーに比べたら全然。
ケンゾーは、ご飯を食べるだけで汗をかくからね。

イクエとケンゾーが滞在しているメキシコの高原都市、サン・クリストバル・デ・ラス・カサス。
コロニアルな街並みを、伝統衣装に身を包んだ先住民たちが行き交うこの街は、とても雰囲気がいい。

ここで長居する旅人がいるのも納得できる。

a_DSC_9223_20160727213225529.jpg

メキシコの中央平原に位置する、標高2100メートルのこの街には、数千年も前から人が暮らしていた。
マヤ族たち。

けれど、1528年、スペインから恐ろしい侵略者たちがやってきた。
軍隊によって多くの人たちが殺されてしまった。
それからというもの、スペイン人たちは、この美しく涼しく過ごしやすい場所に、スペイン風の街をつくりあげていった。

a_DSC_9090.jpg

a_DSC_8890.jpg

中南米で世界遺産の古都を巡ってきたけれど、それらと比べても引けをとらない。
でも、この街は世界遺産ではない。

海も遺跡もある、広大な国土を持つメキシコ。
メキシコには、文化遺産も自然遺産もたくさんあるから、あまりここを推していないのかもしれない。

a_DSC_9296_20160727213241b63.jpg

中南米のコロニアル建築に特徴的な中庭をもつ家。
通りに面した暗い入口から中庭をのぞくと、太陽の光を燦々と浴びた中庭が、社会から切り離された楽園のように見える。
あるいは、秘密の花園?

a_DSC_9087.jpg

スペインからの宣教師たちがこの地にやって来て、数多くの壮大な教会を造り上げていった。
サン・クリストバルの街を歩いていると、どこからでも何かの教会が見える。

a_DSC_8886.jpg

洋菓子で作ったお城みたいな教会。
メルヘンチック。

a_DSC_8888_201607272131330ca.jpg

この街の最大の寺院はサント・ドミンゴ教会。
1560年に完成し、その後17世紀にいまのようなバロック様式の装飾が壁に施された。
この教会の前には民芸品市場が並び、旅行者たちを楽しませる。
教会の下に見える白いテントが民芸品の露店。

a_DSC_9299_20160727213242299.jpg

西陽を浴びて黄金色に輝くのは、街のシンボルのカテドラル。
こちらもバロック様式。
カテドラルの前は広場になっていて、いつも人が多く活気がある。

a_DSC_9221.jpg

こんなサン・クリストバルの街は、外国人に愛されている。
長期滞在する人、そしてここに移住してくる人も多い。

それを象徴するのが、街の一画にある市場。
外国人の人たちでごった返している。

a_DSC_9076.jpg

ここで売られているのはオーガニックの野菜や、天然酵母のパン。
体にいい、おいしいものたち。

a_DSC_9081_20160727213152526.jpg

a_DSC_9078_20160727213137fe3.jpg

いわゆる「ナチュラリスト」と呼ばれる人たちが好きそうなお店ばかり。

お店をやっている人もさまざま。
メキシコ人がこだわって生産していたり、移住してきた人が自分のやり方で作ったり、NGOが地元の人たちを巻き込んでやっていたり。

a_DSC_9080.jpg

a_DSC_9079_20160727213149e8c.jpg

ハーブがたっぷり練り込まれた、焼きチーズ。
パンに塗って食べるとおいしそう!
ワインのアテにもできるね。

a_DSC_9086_20160727213210d8f.jpg

イートインコーナーもあって、その場で買ったものを挽き立てコーヒーやフレッシュジュースといっしょに楽しめる。
できたてのアツアツをほおばる人たち。
スイーツに癒やされる人たち。

a_DSC_9084_20160727213207f14.jpg

ここに来ると、この街にこんなに外国人がいたのかと驚く。
涼しくて過ごしやすいし、街の規模もちょうどいいし、先住民たちもたくさん住んでいるこの街には、魅力がいっぱい。

a_DSC_9085.jpg

いちばん人気のコーナーが、ダンディーなおじさんのピザ屋さん。
オリーブやバジル、チーズがてんこもり。
このピザの匂いを嗅ぐだけで、おいしいのがわかる。

a_DSC_9082_20160727213154f47.jpg

a_DSC_9083_20160727213155e79.jpg

この市場に、わたしたちの宿「カサ・カサ」のメンバーが出店したらいいのに、って本気で思った。
タコ焼き、売れると思うけどなあ。
欧米人向けに、中にチーズを入れたら人気がでそう。
メキシコ人向けには、ハバネロかな。

居心地のいいサン・クリストバル。
時間があれば、何か月でもいたい街。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

非公開コメント