Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

きょうからまた海外に行きます! 被災地の子とともに

2016.07.29 05:56|世界からのメッセージ☞EDIT
あいかわらず被災した実家(被災して引っ越したから正しくは避難先だけど)から水が出ず、いいかげん水をだしてくれ~と思っているイクエです。
以前の記事で「トイレ流すのに水を3リットルも汲んでこないといけない」って書いたけど、3リットルは間違いで10リットルでした。
「あのペットボトル、2リットルじゃなくて5リットルだから」と母に指摘されました。
トイレの水ってすごい量を使うよね。

さて、きょうはちょっとメキシコの旅の話を中断し、お伝えしたいことがあります。

きょう、わたしは日本を発ちます!
外国に行ってきます!

ブログの記事はリアルタイムから半年ほど遅れています。
いまメキシコのことを書いている最中だけど、メキシコの後、アメリカ、そして中国、韓国を経由してイクエとケンゾーは日本にはことしの2月に帰国していました。

いつもブログを読んでくださっている方々にはご説明する必要もないでしょうが、すでに世界一周を終えて日本に根を下ろして普通に生活しているんです。

そして、4月に実家の熊本・南阿蘇にいたときに熊本地震に遭ってしまったんです。

そうそう、この前ようやく南阿蘇役場に転出届けを出しました。
福岡に引っ越したのに、地震からバタバタしていてなかなか手続きができないでいました。
これからは福岡市民になります。

できれば被災した南阿蘇に税金を落としたかったけれど・・・。
ふるさと納税でもしたほうがいいかな。

いま、どこかにふるさと納税をしたいと思っている方。
どうぞ南阿蘇村にお願いします。
ほかの自治体のように、特産品が送られてくるわけではありませんが、きっと復興に役立ちます。
ぜひ、よろしくお願いします!

話を戻します。
きょうから海外に行くことについて。

また、夫婦で世界二周目。
というバカなことをするわけではありません。
そんなことをしたら、家族から怒られるでしょう。

きょうから出発するのは、わたしだけ。
ケンゾーは仕事があるから日本で留守番です。

「ピースボート 地球一周の船旅」というのをご存知の方も多いと思います。
よくポスターが、個人商店や街の食堂の入口に張ってありますね。
あれに参加するんです。

でも、わたしが参加するのは地球一周ではありません。

ピースボートと、韓国を拠点に環境保護活動をしているNPOが共同で主催する「釜山・上海・沖縄をめぐる夏休みクルーズ9日間の旅」です。

a_IMG_5428.jpg

このクルーズに熊本地震で被災した南阿蘇の小中学生が招待されたのです。
そしてわたしが引率として、行くことになりました。
わたしは小学生の担当です。
いまのところ、小学生は4年生から6年生までの6人が参加する予定です。
中学生はもっと多いです。

ピースボートは国際交流を進めるNGO団体ですが、地震の被災者支援にも力を入れています。
東日本大震災のときに、わたしは宮城県石巻市のボランティアセンターに行ったのですが、そのときもピースボートの人たちがボランティアに必要な資材の管理などをがんばっている姿を目にしました。

ピースボートはこれまでのクルーズでも、地震が起きた2011年から毎年、福島の子どもたちをクルーズに招待しています。

今回も福島県南相馬の中学生が12人参加するそうです。
クルーズでは南相馬の子どもたちと南阿蘇の子どもたちの交流の時間も設けられているようで、子どもたちにとっていい出会いがあればなあと思っています。

また、今回のクルーズは韓国のNPO団体との共同主催ということで、日本から400人、韓国から400人が参加します。

海外に行ったことがない子どもたちがほとんどなので、子どもたちはいろんな刺激をもらい、海外のことにも目を向けられるようになってくれたらなあと思います。

海外に行くんですが、実のところ、わたし個人的にはあまりワクワクしていません。
引率という立場だからというのが理由のひとつです。
うまく子どもたちをサポートできるかな、という不安もあります。

あとは、行き先が上海・釜山で、この前行ったばかりというのもあります。
(わたしたちはメキシコーアメリカー上海ー釜山ー日本だったので。)
あとは、ケンゾーがいないから、かな(本当かなあ~)。

でも、子どもたちが楽しんでくれればわたしはとても嬉しいです。
きっと実りある船旅になることでしょう。

きょう南阿蘇までバスがお迎えにきてくれます。
そして夜に博多港を出港し、あしたの朝には韓国・釜山に入港。
その後は中国の上海に向かい、そして、那覇、長崎にも立ち寄ります。
子どもたちが、平和の尊さについて考えるいいきっかけになると思います。

a_IMG_5429.jpg

帰国するのは8月6日。
奇しくも広島に原爆が落とされた日でもあります。

その間わたしはインターネットをしないので、コメントの返信が遅れます。

わたしがいない間もブログが更新されるように、何日か分かは書き溜めました。
でも6日までの記事はありません。
あとはケンゾーが働きながらも、ブログを更新してくれることを祈るばかりです。
がんばれ、ケンゾー!!

それでは、行ってきます!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

しれーっと、いつもブログ楽しみに見てるよ~🎵イクエちゃん、お気をつけて~🍀ケンゾー、ブログ更新期待しとーよー(^-^)

夫婦で世界2周目は ばかなこと かなぁ。
のりで言っているのか本気でそう思われてるのかわかりませんが、自然体で発信されていると思っているので、やっぱり言葉の端々に そのひとの考え方・物事の捉え方は出てきちゃいますよね。
価値観は人それぞれですものね。
旅に出たふたりだからこそ、2周目に出ることも素敵なこととか 素晴らしいとかいうスタンスかと思っていました。

夫婦で世界2周目いかれるお二人を かってに期待してましたが(笑)

お互い いまをしっかり楽しみましょう!

旅に出ることだけが 旅じゃない。
人生を豊かにするかは
ひとつひとつのことを いかに捉えるか
それこそ 人生の旅人でしょうね。
ばかなことと捉えるか
すてきなことと捉えるか。
どんなことに対しても。

以前 ご紹介くださった お父さまの言葉に 通ずることと思います。

子どもたちと すてきな時間をお過ごしください。


ピースボート

また違った体験で、レポートを楽しみにしています。

私も一応世界一周旅行者ですが、心残りが多いほど、
2周目、3週目に行きたくなるのかもしれません。

ケンゾーさんとイクエさんの場合、行かれた場所の内容と量は半端ないですから、
十分満足されて帰国されたのだと想像しています。
そして、帰国された後の地震。悪いタイミングと言えますし、よかったとも言えるかもしれません。

一般論ではなく、こんな時にこの状況で長期の遊びになど行けないという個人的な意味で、
”ばかなこと”と言われたのだと思います。一応、思ったことを書いておきます。

今月末は、私も熊本に遊びに行きます。くまモン、熊本の大ファンでよく行ってます。
楽しみです。待っててね、馬刺し。

ただすけ へ

いつもありがとう!

がんばってなるべく更新するよー。
旅の終わりもあと少し。

ゆうこ さま

のりじゃなくて、本気でそう思っています。
3年半の旅は、わたしたちにとってバケーションでした。
ずっとバケーションをするわけにはいきません。
旅先で、まだ社会で働いたことのない日本人の旅人に会った時は「旅を1年するよりも、社会人1年目のほうが成長する」と言ってきました。
旅をしているだけで何か物事を達成しているような、大きなことをやっているような気になりがちですが、わたしたちはけっして旅至上主義者ではないのです。

一か所にしっかりと根をはって生きること、いろんな人と関わりながら暮らしていくこと、家族や友人の絆を大切にすること・・・、これは旅に出ないからこそできることでもあります。
旅に出てる時は、自分の好きなところで立ち止り、嫌いな場所はすぐに去り、好きな人とだけ関わって、好きなことだけをやればいいですが、それが人生において幸せなのかと言えば、そうではないと思うのです。

わたしたちのわがままで3年半もの間、家族を含めいろんな人に心配や迷惑もかけました。
今の状況で、ふたたび世界一周しようとは思いません。

Ikuko さま

ありがとうございます。

日本の常識で考えると、アラフォーの夫婦が3年半ものんきに海外旅行をするなんて、わがままだと思います。
もう、わがままはできません。

地震で被災したことはもちろんのこと、お互いの親は高齢です。
ケンゾーの父は80を超えています。
わたしたちぐらいの年齢になると、介護のことや、親がいつどうなるか、という不安もあります。
日本に帰ってから、「またいっしょに働こう」と誘ってくれた同僚や上司にも、2回目となると顔向けできません。
これがお互い20代の独身なら、話は別ですが。

熊本ファンでいてくださって、ありがとうございます!
陣太鼓もおいしいですよ!
夏は冷やすといっそうおいしいんです!
非公開コメント