Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

トゥルム遺跡が欧米人に人気の理由

2016.07.20 06:32|メキシコ☞EDIT
ようやく九州が梅雨明けして、ホッとしているイクエです。
地震で地盤が緩んだ熊本では、がけ崩れが発生していたから心配でした。
3連休、福岡は晴れていました。
みなさんいい休日が過ごせたんじゃないでしょうか。

セノーテ以外のメキシコ・トゥルムの観光地。
それは、トゥルム遺跡

トゥルム遺跡はトゥルムの街からちょっとだけ離れている。
イクエとケンゾーは歩いたけれど、ミニバスに乗って途中下車してもいいよ!
レンタサイクルでやってくる人も多い。

入場料は65ペソ(約430円)。
遺跡の入場料としては、良心的な値段。

エントランスから先は、ジャングルみたい。
まだ、遺跡は見えない。

このトゥルム遺跡、若い観光客が多い。
そして、みんなラフすぎる格好をしている。
上半身はだかとか。

a_DSC_8409.jpg

女の子たちも薄い生地の裾の短いワンピースやショートパンツ。
Tシャツの下からうっすら見えるのは、ブラジャーじゃないよ!

a_DSC_8411_201607181356202bd.jpg

このトゥルム遺跡、マヤ文明の末期に造られた城壁都市。
13世紀から15世紀に栄えた街だと言われている。
城壁都市なので、周囲はこんな石の塀に囲まれている。

a_DSC_8415.jpg

もともと「トゥルム」とは、現地の言葉で「フェンス」とか「壁」「溝」っていう意味があるんだって。

石の塀には木々が絡み付いて、時間の流れを感じさせる。
枝や根っこが四方八方に伸びて、異様な形。

a_DSC_8416_20160718135623d70.jpg

塀のところから見えたのは遺跡ではなく、こんな壮大な景色!
吸い込まれそう~。

a_DSC_8417.jpg

トゥルム遺跡は、海に面していない三辺を強固な壁で囲み、敵の侵入から守っていた。

壁はおよそ8メートルもの厚さがあり、建築にはたくさんの労力と時間が費やされた。
この城壁都市に、当時は1000人から1600人の人が暮らしていたんだって。

a_DSC_8451_2016071813574577d.jpg

a_DSC_8438_20160718135717e61.jpg

立派な外階段が2階へとつながっているのは、中央神殿。
高さはおよそ7.5メートル。
マヤの神殿は、古い建物の上にさらに新しい神殿を増築しているのが特徴で、この神殿にも段階的に造られた跡がうかがわれるのだそう。

a_DSC_8452.jpg

神殿の入口の上にはレリーフが残っている。
人間が逆立ちしているような彫刻。
顔が下にあって、足を上に広げている。

a_DSC_8434_20160718135702c94.jpg

諸説あるけど、雨の神チャックが天から降臨しているのがモチーフじゃないかと言われている。
トゥルム以外の別のいくつかのマヤ遺跡でも、同じようなレリーフがあるんだって。

15世紀に建てられた別の神殿の壁には、レリーフやフレスコ画の装飾が見られる。
壁画は死者が生活する地下世界、生きている者たちがいる中間の世界、神が住む天の世界と3層に分かれているのだそう。
残念ながら、建物の中には今は入れない。
でも、外にもマヤ文化らしい奇妙な形のレリーフがある。

a_DSC_8447.jpg

マヤの遺跡は山の中やジャングルに、ひっそりと存在していることが多い。
でも、このマヤ文明最後のトゥルム遺跡は例外。
カリブ海に面した崖の上に建てられている。
ほかのマヤ遺跡にはない、開放感。

緑の芝が広がって、日陰があればごろーんと寝っ転がりたい気分。
実際、イクエとケンゾーは昼寝をしたのだけど。

a_DSC_8446_201607192245544a8.jpg

この子もアゴを石にのっけて、グタ~。
そりゃあ、暑い日射しと海風を受けたら、昼寝したくなるよね。

a_DSC_8421_20160718135659b7d.jpg

芝生の上で昼寝をしたイクエとケンゾーだけど、「だらしない!遺跡をまじめに観光しなさい!」と咎められることはない。
だって、ここに来てる人のほとんどが、遺跡だけが目的じゃないから。

a_DSC_8418.jpg

海を見下ろす崖の上に造られた城跡都市。
ということは、つまり遺跡から下を見るとこんなふうになっている!
階段を下りるとそこは・・・。

a_DSC_8439.jpg

なんと遺跡とカリブ海が直結している!
ちなみにここで泳いでいる人たちは、みんな遺跡の入場料を払ってここに来た人たち。
どおりで海パンやビキニの上にシャツを羽織って遺跡を見ていた人が多かったわけだ。

マヤの遺跡を見て疲れては、ビーチに降りてカリブ海の波と戯れる。
元気が出てきたらまた遺跡で昔のマヤの人たちに思いを馳せる。

こんな贅沢な遺跡はなかなかない。

日本ではトゥルム遺跡はそんなに有名じゃない。
でもこういうロケーション、欧米人は大好き。
メキシコでは世界遺産のテオティワカン遺跡やチチェンイッツア遺跡に次いで、3番目に訪問客が多い場所なんだって。

a_DSC_8443_20160718135722cfe.jpg

この場所に都市ができたのは、海での交易が行なわれていたから。
貿易港だった。
当時、神殿には、かがり火を灯していた。
海からやってくるカヌーを導く、灯台の役目をしていたと推測されている。

a_DSC_8444_2016071813572495a.jpg

この港で、黒曜石を取り引きしていたのだそう。
また、内陸から陸路で運ばれた羽や銅製品を船で輸出していたんだって。
いっぽう、海路でトゥルムに持ち込まれていたのは、塩や織物。

そんな昔を想像するとロマンが沸く。

a_DSC_8419_201607181356580f4.jpg

ヤシの木が風に揺れていたり、サボテンが群生していたり。
カリブ海の風と、メキシコの太陽を感じられる遺跡。

a_DSC_8423_201607181357011da.jpg

トゥルム遺跡はマヤの終焉の地。
マヤの人たちは最後にここに都市を造った。
そんなトゥルムは、侵略してきたスペイン人たちが最初に発見したマヤの遺跡でもある。
スペイン人がマヤの遺跡を発見したのが16世紀前半。
スペイン人がメキシコを占領したあとも、70年間はこの都市は繁栄を続けたのだそう。

じゃあどうやって、この城壁都市は滅亡したのか。
それは、スペイン人たちが持ち込んだ感染症がここでも流行ったんじゃないかと言われている。

a_DSC_8442_201607181357202fe.jpg

実はきのうご紹介したセノーテ。
ここにもセノーテがある。
セノーテは、水の供給源の役割を担っていたほか、聖なる場所として神殿などの横に存在し、そこで生け贄が行なわれたりしていた。

ここのセノーテも、神聖な場所であり、また水を都市に供給する重要な場所だった。

でも、ここで泳ぐことはできない。
いまはほとんど水が涸れているし、観光客を収容できるほどの広さじゃないから。

ユカタン半島の遺跡には、セノーテが敷地内にあるところが多い。
いまでも、セノーテの下には、生け贄となった者たちの骨が沈んでいる、なんていううわさもある。

a_DSC_8455_20160718135748078.jpg

遺跡を見たあと、イクエとケンゾーはビーチへ。
遺跡の真下は人が多かったから、遺跡を出て少し歩いて隣りのビーチに行ったよ。
人もそんなに多くないし、ゆっくりできるビーチ。
遺跡を観光した後に汗を流すのにちょうどいい。

「あ!
 見て
 虹だ」


a_DSC_8457.jpg

トゥルムに着いて二日くらいは天気が悪かった。
「嫌な時期に来てしまったなあ」って思っていたけど、青空の下グラン・セノーテも遺跡もビーチも楽しむことができた。

あしたもどうか晴れますように。

あしたは、別のふたつのセノーテでダイビングすることにしているから。

a_DSC_8471.jpg

ダイビングに申し込むため街のダイビングショップをまわり、宿に帰るとテラスから美しい夕焼け空が見られた。

あしたはどんな世界が待っているのだろう。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

非公開コメント