Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ベリーズシティ 国いちばんの大都市はゆる〜い

2016.07.10 15:26|ベリーズ☞EDIT
夫とお店に行ったあとに「あー、うんこしてくるの忘れた!」とつぶやいたら「どうして?なんでせんかったと?俺はちゃんとしてきたのに!さっきのトイレ、ウォシュレットもついとったのに!」と責められ「うんこぐらい、家でさせてよぉ!おねがいしますよぉ!」と哀願したイクエです。
というのも実家が被災して別の場所に避難したはいいけれど、結局そこもまだ水が出なくて毎日水を運んでるから。
トイレを流すのって最低でも1回3リットルくらい水が必要で、それを運ぶのってけっこう大変。
大じゃなくて小のときは何回分か溜めてから流してるんだけど、さすがに大のときはそのつど流さないといけない。
早くスッキリきれいに家のトイレを使えるようにならないかなあ。

カリブ海に面した中米のベリーズ。
その最大の都市、ベリーズ・シティにやって来たはいいけれど、治安は悪そうでちょっと外に出るのがためらわれる。

それでもせっかくここに来たのだから、と朝からベリーズ・シティを観光することにした。
宿を一歩出るとこんな景色が目に飛び込んできた。
いろんなところに有刺鉄線が巻かれていて、物々しい。

a_DSC_8228.jpg

治安は悪いけど、日中は大丈夫かな。
きのうの夜に比べると、通りにはたくさんの人たちが歩いているし、危なそうな雰囲気はない。

でも、ケンゾーが撮った写真。

a_DSC_8263.jpg

わたしはこのとき「新聞売りのおじさんがいる」くらいしか思わなかったんだけど、新聞をよく見るとすごいことがさらりと書いてあった。

a_DSC_8263_2.jpg

「10日間で6人殺された」
「2人のタクシー運転手が銃撃されて倒れた」

人口33万人の国で、この犯罪件数は多すぎる。

ちなみにベリーズ・シティの人口は10万人弱。
ベリーズ全体の人口の3分の1から4分の1の人がここで生活していることになる。

ベリーズ国民の半数はメスティーソ(先住民とヨーロッパ人の混血)。
4分の1がアフロ・ヨーロピアンのクレオール。
1割がマヤ系の先住民と言われている。

しかし、ベリーズ・シティに住んでいるのは、アフロ・ヨーロピアンのクレオールの人たちがほとんどなんだって。

a_DSC_8253.jpg

アフロヘアーや髪を長く伸ばしたドレッド。
年取った人もレゲエが似合うようなファッションをしていて、かっこいい。

その昔、イギリス人にジャマイカから労働力として連れてこられた人たちも多く、魂はレゲエの国、ジャマイカにあるのかもしれない。

a_DSC_8256.jpg

この国に、なぜかヒンドゥー教の寺院が。
ベリーズ人の9割以上がキリスト教徒らしいけど、ヒンドゥー教の人たちも案外いるのかもしれない。

a_DSC_8290.jpg

たしかに長いドレッドヘアーの老人たちを見ていると、インドにいたサドゥー(修行僧)を思い出す。

a_DSC_8293.jpg

不思議な格好をした人を発見。
上半身と顔は真っ白。
下半身には枯れたトウモロコシの葉のようなものをいくつも巻き付けている。

観光客に音楽を奏でたり写真を撮らせたりしてお金を稼いでるのかもしれない。

ベリーズには、昔はこういう先住民族が暮らしていたのだろうか。

a_DSC_8243_20160707231236284.jpg

メインストリートらしきところに来たけれど、高い建物やビルはない。
この国では4階建ての建物が、高層ビルのような存在。

a_DSC_8236.jpg

この国にエレベーターは、いったい何機くらいあるんだろう。
きっと一ケタだと思う。
もしかしてゼロだったりして。

この建物は、市議会の建物。
2階建てだけど、大きな建物があんまりないからこれでも立派に見える。
バイクが並んでいてアットホームな雰囲気。

a_DSC_8251_201607072312558d9.jpg

この国いちばんの郵便局。
この国いちばんのわりにはかなり小さい。
でも、イギリスの古民家みたいでかわいい。

a_DSC_8234.jpg

これは、ショッピングセンター。
このひなびた感じ、社会主義国キューバを思い出す。

a_DSC_8257.jpg

キューバはいま、急速に発展していってるけど、ベリーズはしばらくこのままかもしれない。

時代に取り残されたような国だけど、実はベリーズには外国人に人気のリゾート地がある。
有名なのはキー・カー・カー島とサン・ペドロ。
カリブ海に浮かぶリゾートアイランドで、シュノーケルやダイビング、グラスボートに釣りやヨットを楽しむことができるのだそう。
高級ホテルもいくつもあるんだって。

海に大きく開いた空洞、ブルー・ホールもあってヘリコプターで上空から遊覧したり、ダイビングを楽しむこともできる。

そんなリゾートアイランドには、ベリーズ・シティから船で行くことができる。

a_DSC_8258.jpg

イクエとケンゾーも行きたかったんだけど、アクティビティの料金が高かったし、時間もないので行かないことにした。
海はこのあとのメキシコで楽しむ予定。

わたしたちがお金持ちだったら・・・。
ブルー・ホールの上を遊覧したりダイビングしたりしたかったな。

でも、これまでも美しい海でたくさん遊んで来たし、今回はもういいかな。

お時間とお金があるかたは、ぜひベリーズのリゾートアイランドに行ってみてくださいね。
ベリーズの魅力はそこにあると思います。

夢のリゾートアイランドに連れていってくれるボートはホーラバー川に停泊している。
すぐそこがカリブ海なんだけど、ここは決してきれいなわけではない。

a_DSC_8295.jpg

だからね、イクエとケンゾーのベリーズの印象は美しい珊瑚礁の海ではなく、パッとしない漁村。
なんか、ベリーズさんに申し訳ない。
美しいカリブ海をお持ちなのに・・・。

a_DSC_8296.jpg

アイランドリゾートに行く外国人観光客は、必ずこのベリーズ・シティに立ち寄る。
ベリーズ・シティ自体にとくに見どころはないけれど、それでも街を周遊するツアーバスが走っている。

外せない観光スポットが灯台。
街でもらったパンフレットの絵を見て、そこに歩いて行ってみることに。

「あ。
 もしかしてあれかも?」

「え?
 あれ?」


a_DSC_8246.jpg

一大観光地なのに、小さい。

灯台よりもインパクトが強かったのは、そのすぐ近くにあった観光客用のホテル。

「これ、すごいね。
 ベリーズでいちばんいい建物じゃない?
 客室3階建てだし。」

「でもこの鏡の部分は張りぼてかもしれんけど。」

a_DSC_8249.jpg

このホテルだけ都会的でベリーズっぽくない。

リゾートアイランドにはこんなホテルがたくさんあるのかも。

このホテルはカリブ海に面している。
もっと晴れていたら、澄んだ海が姿を現してくれるはず。
海風も気持ちいい。

a_DSC_8247.jpg

「怖い」というイメージを持ってここにやってきた。
でも実際にこうやって歩いてみると殺伐とした感じはしない。
人々も陽気で、マイペース。

a_DSC_8255_20160707231258022.jpg

何もないベリーズ・シティ。
でも、この街に身を任せてみると不思議と充足感を得られる。
この脱力感が、妙に心地いい。
気張り過ぎない。
ゆる~い感じ。

この街がこの国いちばんの大きな都市だとは信じがたいけれど、でも、世界は広いんだからこんな国があってもいいじゃないって思える。

海からの風とこの国を流れるゆるやかなリズム。
レゲエが似合う国。

a_DSC_8235.jpg

日本みたいには、みんなせかせかしていない。
大型ショッピングセンターがなくても、高層ビルが建っていなくても、べつにいいじゃない。
べつになくても、社会は動いているし、国として成り立っていっている。
あたり前のことを感じて、なぜかわからないけど自分のこころがパーッと明るくなる気がした。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

非公開コメント