Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

旅する夫婦でカレーライス

2016.06.29 13:22|グアテマラ☞EDIT
黒豆茶を飲みながら、これを書いているイクエです。
旅に出ても毎日、旅に出る前は一日5杯くらいコーヒーを飲むほど、コーヒー好きのわたしでした。
コーヒーを断とうと努力していて、無理かなと思ったけどけっこう成功しています。
飲まなくなれば、それほど飲みたいと思わないものですね。
タバコといっしょかな。(吸ったことないけど。)

グアテマラの火山トレッキングで満足感と適度な疲れを抱えて、アンティグアの日本人宿・ペンション田代に戻ってきたイクエとケンゾー。

この宿には、たくさんの日本人が滞在している。
わたしたちみたいな、夫婦2人で旅をしているカップル2組に遭遇。
きょうの夜はみんなでカレーを作って、夫婦3組で盛り上がろうということになった。

a_DSC_8055_201606290845223b0.jpg

旅人夫婦とは、当然会話も盛り上がる。

わたしたちは旅人夫婦とお酒を飲むのが好きだし、いっしょに小旅行するのもいいなあって思っている。
これまでも何回かは旅先で旅人夫婦と出会い、そのままいっしょに何泊か旅行したことがある。
夫婦と旅行するのは、一人旅している人といっしょに旅行するよりもスムーズにいく。
お互いパートナーがいるので気兼ねなく「きょうは私たち先に外でごはん食べてくるね」とか「きょうはちょっと疲れたから宿にいるね、ふたりで遊んで来て」とか言い合えるから。

それに妻は妻同士、夫は夫同士で「そうそう!そうだよね!」「それ、あるあるあるー!うちもそうー!」って盛り上がれる。

それと一人旅の人と夫婦旅の人とでは、旅への思いや人生の見方が少し違う。
旅人は「自由で、社会に媚びることもなく自分の道を歩いている」というイメージだけど、夫婦だとそうはいかない。
「ひとりではなく、共に生きる」というのを考えないといけないし、「社会の中のわたしたち夫婦」というのも否応無しに考える。
一人旅をしている人よりも「社会」への愛着があるような気がする。
そして、そんな愛着をもつ社会をいったん離れて、長期で旅に出るという決断をくだしている。
社会復帰への道が見えない状態で旅に出れば、その後、夫婦共倒れ、ということもありえる。
それなのに、そんなリスクを冒して、旅に出る決断をしている。
旅に出る夫婦って我ながら、ヘンだと思う。

この安里夫婦も。

a_DSC_8060.jpg

とても柔らかな雰囲気のおふたり。
おっとり、ほんわかしている。

けれど、お2人はなかなかのチャンレンジャー。
自分たちの故郷でもない日本の農村で新婚生活をしている。
住んでいるのは広い古民家。
家賃は月5000円という激安物件。
不動産屋ではこういうのを紹介してくれないから、まずはその場所に住み、自分たちで周辺の村をまわってリサーチしたり地元の人と仲良くなって情報をもらったりしながら良さそうな家を探し出し、家主と交渉したんだって。
でも、ボロボロだから自分たちでかなり手を加えている。

びっくりするのは、2人の生活。
なんとお風呂は毎日、薪で沸かしてるんだって。
ガスもないから、料理はカセットコンロでやっているのだそう。

2人は外に働きにいっているわけではない。
ボロボロの古民家を自分たちで少しずつ修繕しているので、日中はその作業で忙しい。
じゃあ、どうやって生計を立てているのか。
それは、民泊。
月5000円の古民家の一室を、希望者に有料で提供している。
観光地もない、スーパーもコンビニもない、ただの「ど田舎」。
それなのに年に半分くらいはお客さんが泊まっている。

いちばん多いのは外国人客。
日本の有名な観光地は行き尽くした人たちが、日本の本来の姿を求めてこの「ど田舎」に滞在しにくるのだそう。
あとは司法試験を控えた日本人。
隔離されていてやることもなく誘惑もない場所なので、ネットもせずに、司法試験の勉強に集中するのにもってこいなんだとか。

滞在中、1回は安里夫婦が食事を提供することにしているけど、あとは自炊。
安里家には自分たち用と客用にカセットコンロが2台あるんだって。
食材を買うお店は近くにないから、お客さんには家に来てもらう前に必要な食材をあらかじめ買ってきてもらうのだそう。

日本の「ど田舎」。
やることと言えば、散歩をするくらい。
散歩をしていると、畑が広がって、そこで農作業をしているお年寄りたちがいる。
そして挨拶を交わす。
外国人と「ど田舎」のおばあちゃんが。
すごくおもしろい光景。

地元の人たちはそんな安里夫妻を「にいちゃんたち、おもしろいことやってるねえ。にいちゃんたちが来てから、外からやってくる人たちが増えて、村もおもしろくなってきたなあ。」と感謝されたりもするのだそう。

この夫婦、おっとりしているけど、なかなかのやり手。

そして向かって右側のお2人は高木夫妻。
旅をする高木というブログを執筆中。

a_DSC_8068_20160629084524860.jpg

ペンション田代で売っていた日本のカレーのルウで作ったメニューをみんなで。

高木夫妻の奥さんはイクエと同郷で年齢も同じ。
アメリカに留学したり、ベトナムで日本語教師として働いていた経験をお持ち。

そんな二組の旅する夫婦に「絶対に夫婦旅なら、これがあったほうがいいよ!」とイクエとケンゾーがオススメしたのはパナマで買った電気コンロ。

覚えていますか?
これです。

a_DSC_4507_201606291051518f8.jpg

これは、意外と軽いし、南米なら1000円以下で買える。
電気があるところなら、どこでも自炊が可能という優れもの。

普通なら、こんなの「えー?そんなの持ち歩いてどうするの?かさばるし。」って言いたくなると思う。
でも、この話を二組の夫婦に話すと「それいい!買いたい!写真撮っておこう!」。

一人旅だとそんなに需要はないかもしれないけど、これがバックパッカーのふたり旅だったらかなり重宝する。
どうしてかというと、一人旅の人はドミトリールームがあるバックパッカー専用のゲストハウスに泊まることがほとんど。
そんな宿にはたいてい共同のキッチンもついている。
けれど夫婦旅だとほかの人といっしょのドミトリーには極力泊まりたくない。
ダブルかツインの個室に泊まりたい。
そうなるとバックパッカー専用のゲストハウスではなく、地元の人御用達の安宿に泊まる機会が多くなる。
そんなところにはキッチンなんていうものはない。
だから、これが活躍するのだ。

a_DSC_4681_20160629105153c1b.jpg

これがあれば、起きてすぐに部屋でそのままコーヒーを淹れたりもできる。
旅の後半にこれを買ったイクエとケンゾーだけど、もっと早く買っていれば・・・と後悔している。

そして、このあと本当に高木夫妻は電気コンロを購入。

ほんとうはね、むしろ安里夫妻に買って欲しかったんだけどね。
旅行用に、ではなく、自宅用に。
カセットコンロよりも使い勝手がいいと思うんだよねー。

楽しい夫婦同士の晩餐を過ごしたイクエとケンゾー。
次に向かう場所はビオトポ・デル・ケツァール
グアテマラを代表する鳥「ケツァール」に会える場所。
ビオトポ・デル・ケツァールは、コバンという街の手前にある。
ここからだとまずはグアテマラシティを目指し、そこからコバン行きのバスに乗ることになる。

ビオトポ

安里夫婦、高木夫婦、楽しいひとときをありがとう!
これからも、夫婦ともに元気で楽しく、無事に日本で再会をはたそうね!

a_DSC_8072_201606290845253d5.jpg

グアテマラシティは首都とあって、バスはすぐに見つかった。
グアテマラシティまでは1時間半くらい。
運賃はひとり10ケツ(約160円)。

中南米の首都はだいたいどこも治安が悪いと言われているけど、グアテマラシティも例外ではない。
用もないのにあまりうろつきたくはない。
でも、変なところでバスから降ろされ、乗り換えのバス停までは2キロくらいある。
タクシーを拾おうかとも思ったけど、流しのタクシーも怖いし、昼間なら警戒すれば大丈夫かな、とふたりで歩いていくことに。

早足でキョロキョロまわりに気をつけながら。

こういうときはいつも緊張する。
心臓がバクバク。

でも一度も、わたしとケンゾーは怖い目にあっていない。
ラッキーなだけだと思うけど、身なりが汚いから襲われないっていうのもあるかも・・・。
こういうときは、ザックカバーが汚れてて破れててよかったなあって思う。

できるだけ人通りの多い道を選ぶ。

a_DSC_8073_20160629084526d40.jpg

ようやくコバン行きのバスターミナルに到着。
バスターミナルと言っても、このバス会社専用なので大きくはない。
次のバスは満席のため、ここで数時間待ちぼうけ。

a_DSC_8074_20160629084551f41.jpg

いままでチキンバスに乗っていたから、こういうちゃんとしたバスに乗るのはグアテマラではじめて。
エアコンも効いている。
そしてその分、運賃も高い。
ひとり75ケツ(約1200円)。

(でもこのあと休憩で立ち寄ったドライブインで、アンティグアとコバンを結ぶチキンバスがとまっていた。グアテマラシティのどこから乗れたんだろう?そしたらもっと安く移動できたのになあ。)

a_DSC_8075.jpg

チキンバスみたいに途中でいろんな人が乗ってこないし、窓は閉め切られていておまけにスモークが張られている。
だから、道ばたの人からはどんな乗客が乗っているのか見ることができない。

それをいいことに、窓から安全にグアテマラシティの様子を見物する。

a_DSC_8078.jpg

グアテマラシティは世界でもワースト10に入るくらいの凶悪都市。
毎日50人ぐらいの人たちがこの街で殺害されているのだそう。

商店も鉄格子。
お客さんは品物を手に取ることができず、鉄格子越しに店員に「すみません、あそこのお菓子をください」と注文する。

a_DSC_8081.jpg

グアテマラシティは危ないから、グアテマラを旅している人たちも立ち寄らない。
でも、タカハウスに何年も滞在しているトクさんは「みんなが言うほど危なくない。気をつければ問題ない。」と言っていた。
旅のスキルがあれば、もしかしたら楽しい街なのかもしれない。

わたしたちには、まだまだそのスキルがそなわっていない。

グアテマラのファストフード店「ガテバーガー」も、物々しい。
ここで食べるくらいなら家でなんか作った方がいいなって思ってしまう。

a_DSC_8082_20160629084557d22.jpg

鉄橋の下にはトタン造りの小屋が並んでいた。
スラムかもしれない。

a_DSC_8083.jpg

眺めていたら、なんか違和感のあるものを発見。
この写真のどこかに隠れてるよ。
わかる?

a_DSC_8084.jpg

「見て!ケンゾー。
 あんなところに人間がおる!」

a_DSC_8085_20160629084616df8.jpg

この柵もない鉄橋は、人間が渡るための橋だったの?
怖い。
高所恐怖症の人は絶対ダメだよね。

きれいな建物やショッピングセンターが並ぶ通りに入ってきた。
こうやってみると、アメリカなんかと変わらない風景。

駐車場にはきれいな車がたくさん止まっている。

a_DSC_8089_20160629084617f19.jpg

でも、これこそが治安の悪さの原因かもしれない。
貧富の差を見せつけられる。

今までグアテマラの山間の村を訪ね、そこで伝統衣装に身を包み、慎ましく暮らしている人たちの姿を見てきた。
21世紀の日本とは別世界だった。
「この人たちは、テレビのドラマやハリウッド映画を観たらどう思うのかなあ」と思っていた。
現代的な生活に憧れるのだろうか。

きっと、お金を稼ごうと村から首都のグアテマラシティに出てきた人もたくさんいると思う。
でも実際はお金を稼ぐのは大変で、村での生活の方が豊かだったと思う人もいるんじゃないかな。
でも、もう後戻りはできない。
その中の何人かは犯罪に手を染めてしまうかもしれない。

現代の世界って残酷だなあ。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

No title

今までのグアテマラは、リラックスして、のどかな自然と素直な地元の人々だったのに、いきなり、世界で夜臼な凶悪な都市グテマラシティーとなったので、予想外でびっくり。同じ国なのに。リオデジャネイロは、本当に危険らしいですが、グアテマラシティもそうですか?

Tarnia さま

グアテマラシティは危険な都市として有名です。
だいたい、中南米の首都はどこもそんな感じですが、でも実際にそこに滞在してみると「最低限のルールを守れば意外に大丈夫、楽しい」というのもあります。
わたしたちがグアテマラシティに泊まっていないので、なんとも言えません。
たぶんリオの方がグアテマラよりも断然安全だと思います。
非公開コメント