Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ソロラ 男性も子どもも美しい街

2016.06.07 09:33|グアテマラ☞EDIT
じめじめした気候で体がだるいイクエです。
きょうは曇り。
湿度が高くて体が少し汗ばんで気分が晴れやかになれない。
こういうときこそ、散歩でもして体を動かしたほうがいいのかなあ。

「世界一美しい」と言われるアティトラン湖をボートで渡り、対岸のパナハッチェルへとやってきたイクエとケンゾー。
お土産屋さんや観光客用のレストランが軒を連ねてるだけで、これといって楽しめることはない。

もうちょっとここでゆっくり散策しようと思っていたけど、ほかの集落へ移動することにした。
目指すのは、パナハッチェルからおよそ10キロ離れたソロラという街。

ソロラ

ソロラはここから峠を登ったところにあって、湖を見下ろせる街。
パナハッチェルからソロラ行きのバスに飛び乗った。

運賃はひとり3ケツ(約48円)。

距離にしてはそう遠くないけれど、上り坂なのでバスは時間をかけて走っていく。
鬱蒼と茂る木々の間から、アティトラン湖が見渡せた。
きれいな形の火山が、まるで海に浮かんでいるようで美しい。

a_DSC_7385.jpg

バスは上へ上へと進んでいき、湖を見下ろす位置にまでやってきた。
すると、森が開け、街が見えてきた。
ここがソロラの街。

ソロラの標高はおよそ2100メートル。
湖畔の村よりもだいぶ涼しい。

街の中心地に建つのは市庁舎。
ピンクと黄色の塔は、まるで教会かお城みたい。

a_DSC_7386.jpg

a_DSC_7389.jpg

人口はおよそ1万人。
この街では民族衣装を普段着として着ている男性も多いのだそう。
わたしたちは、男性陣の衣装をめあてにここにやってきた。

まわりを見渡してみると、さっそく男性を見つけた。

布はたくさんの色を使って織られている。
鮮やか!

愛用のバッグにはGUATEMALA SOLOLAの文字。
郷土愛がうかがえる。

a_DSC_7387_20160606145100c4b.jpg

地元の人たちで賑わう場所は、やっぱり市場。
市場に行きたいんだけど、それらしきところは見つからない。

「市場はどこですか?」
「この道をまっすぐだよ。」

歩いても市場にはたどり着かない。

「市場はどこですか?」
「まだまだ先だよ。」

このやりとりを何回やっただろうか。

不安になりながら歩いているときも、かっこいい男性たちとすれ違う。

a_DSC_7396.jpg

腰巻きも特徴的。
羊の毛で作られたもので、茶色と白のチェック。

a_DSC_7392.jpg

振り返ると、市庁舎の塔が向こうに小さく見える。
ゆるやかな坂道を上ってきた。
標高が高いから、このくらいの坂でもけっこう息があがる。
もうそろそろだと思うんだけど・・・。

a_DSC_7461_201606061452507ff.jpg

トラックがたくさん止まっていて、人でごったがえすところに出てきた。

「あれじゃない?」
「あの建物の中かな。」

入口には所狭しと屋台が並んでいる。
人をかきわけながら、中へ。

八百屋さんやお肉屋さんがびっしり!

a_DSC_7398_20160606145127976.jpg

a_DSC_7399.jpg

人だかりができているお店があった。

「何屋さんだろう。」

a_DSC_7413.jpg

店の中をのぞきこむと、トルティーヤを焼いていた。
トウモロコシの粉で作った甘くなくて固くて薄いパンケーキで、グアテマラ人の主食。

わたしとケンゾーにとってはどのトルティーヤも大差ないけれど、グアテマラ人は「おいしいトルティーヤの店」を見極めることができる。

わたしとケンゾーはグアテマラ滞在中、毎日トルティーヤを食べたけど、結局好きにはなれなかった。

a_DSC_7422.jpg

グアテマラの野菜は色が鮮やか。
真っ赤なパプリカが売れている。
秤で計ってお会計。

a_DSC_7434.jpg

女性の民族衣装も特徴的。
ソロラでは、花や鳥などの大柄な模様ではなく、細かい配色の幾何学模様。

巻きスカートは落ちついた色をベースにしたシンプルなもの。

a_DSC_7435_20160606145215c5e.jpg

やっぱり布コーナーも充実している。
男の人だって品定め。
ダンディーでおしゃれなソロラの人たち。

a_DSC_7403.jpg

男性の衣装は、背中の刺繍の模様がそれぞれ異なる。
きっと何か意味があるのだろう。

a_DSC_7452_20160607093115285.jpg

レース編みみたいな刺繍。

これは鳥かな。

a_DSC_7431.jpg

a_DSC_7428.jpg

女性は落ちついた色の巻きスカートだけど、男性のパンツはとっても派手。
おじいちゃんだって、この派手なパンツ。

こういう人たちが、単色のスーツに身を包んだ日本のサラリーマンを見たら「なんて地味なんだろう」って思うかも。

a_DSC_7441_20160606145229e73.jpg

かっこいい男性陣たちをたくさん見つけながら、広い市場を散策。
ソロラの市場はかなり広い。
そして活気がある。

とりあえずこのへんで、ランチタイムといたしましょう。

a_DSC_7400.jpg

市場の奥が食堂エリアだった。
いちばんお客さんで混雑している食堂を選ぶ。

運ばれてきたのは、たくさんの蒸し野菜とお肉、スープ。
ちゃんとアボカドもついてきたので、迷いなくスープにぶち込む。

コーラつきで20ケツ(約320円)。
ボリュームもあったし、満足のいく食事だった。

a_DSC_7445_20160606145230a18.jpg

ソロラでは、カウボーイハットに革靴、派手な民族衣装に身を包む男性たちもかっこいいけど、子どもたちがとにかくかわいかった。

どの子もすごくいい顔をしている。

a_DSC_7411.jpg

くっきりとした二重の大きな瞳。
あどけなさの奥に、ちょっと色気もあるんだよね。

こんな子たちがかわいい民族衣装を着こなしているから、余計に魅力的。

a_DSC_7447_201606061452321d0.jpg

a_DSC_7449_2016060614523369d.jpg

こんな子たちが将来大きくなって、美人な女性になって、結婚をして、子どもを生んで、そしてかわいいおばあちゃんになるのかな。

a_DSC_7439.jpg

布屋さんの看板娘。
すごく小さいのに、もう民族衣装を着こなしている。
大きくなっても、おばあちゃんになっても、この伝統的な衣装を着続けてほしいなあ。

a_DSC_7406.jpg

a_DSC_7408.jpg

民族衣装に身を包んだ男の人たちはいたけれど、若い男の子たちは残念ながら着ていなかった。
みんなジーンズとTシャツになっちゃったのかもしれない。

a_DSC_7454.jpg

ソロラの市場を楽しんだイクエとケンゾー。

「世界一美しい」と称えられるアティトラン湖周辺で、ゆっくり滞在しようと思ったけれど、結局2泊だけして出ていくことに。

湖畔は観光地化が進んでいて、期待はずれだったというのもある。
それと、イクエとケンゾーはやっぱりあそこに行きたくなったから。

a_DSC_7453_20160606145247ba4.jpg

懲りずに、またあそこに行くんですよ。

行っとくけど、ベネズエラじゃないよ。

あそこですよ、あそこ。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

非公開コメント