Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

グアテマラ「タカハウス」こんなオーナーって・・・

2016.05.30 13:20|グアテマラ☞EDIT
夫がうるさいから髪を切りにいったイクエです。
美容師に白髪染めを勧められるんじゃないかとヒヤヒヤしていたけれど、大丈夫だった。
でも、そろそろデビューしないとなあ。

いろんな魔力と魅力が潜んでいるタカハウス。

みんなに怒られ、愛されているタカハウスのオーナーのタカさん。

さあ、お待ちかね。
タカさんとはこんな人!

a_DSC_7193.jpg

ちがう。
これは、看板犬のボビー。

タカさんは、このかたです!

a_DSC_7586_20160530130211eff.jpg

ゲストハウスのベルを押して、ドアから出てきた人がこの人だった。

意味深なTシャツを着てるけど、タカさんいわく「どうやって手に入れたか忘れた。たぶん拾った。」

みんなは「タカさん、そんなTシャツ普通、誰も捨てないでしょう。誰かからプレゼントされたんじゃないですか?」って言うんだけど、本人はプレゼントされた覚えはないそう。

こんなTシャツを着こなしているタカさんは日本人。
熊本県出身。
アイドルじゃないのに、年齢は非公開。
若いころは沖縄のタバコ栽培とか北海道のじゃがいも収穫とか、いろんなところで季節労働をしてきたそう。
ふらふらと旅行をしていて、グアテマラでふらふらしていて、気づいたら宿のオーナーになっていたという奇跡。
頼りなくて、よく現地人にぼったくられたり、現地の子どもにお金をせびられたり、夜中にこっそり大好きなインスタントラーメンを隠れて食べたり、都合が悪いとかわいい嘘をついたりして、管理人はじめ宿泊客たちに毎日怒られている。

普通の宿ならオーナーがいちばん偉いんだけど、タカハウスは例外。
もっとも「オーナーっぽさ」から遠い男、それがタカさん。

タカさんがここまで生きてこられたのは、自分より年下のテキパキ仕事をこなす日本人の管理人(という名の旅人)に財布の紐を握られ、栄養管理をされ、自分より何十歳も若い宿泊者たちに愛のある小言を言われ続けているからだと思う。

タカハウスにはレギュラーメンバーがいる。
下の写真の左側、赤いトレーナーがタカさん。
タカさんの右隣の白い服の女性がこの宿の管理人のタカコさん。
そして一番右側のおじさんがトクさん。

a_DSC_6765_20160526180219a2b.jpg

ほんわかしていて、マイペースなタカさん。
お金の管理や宿を切り盛りするのは1人ではできないので、管理人がいないといけない。
管理人はどうやって決めるかというと、旅人を勧誘する。
長期旅行者で仕事を任せられそうな人を説得し、数か月とか半年とか1年とかタカハウスに滞在してもらって管理人をやってもらう。

上の写真の、壁のいちばん高いところの張り紙。
この張り紙にはこう書いてある。

たかさんが守るべき約束事

1、禁酒・禁煙
2、ラーメンは週に3回まで
3、男女差別をしないこと
4、管理人の言うことを聞くこと
5、自分に非があったらちゃんと謝ること

タカさんと管理人、どちらが権力があるかというのは、この張り紙を見れば一目瞭然。
ちなみにこの約束事、その後改定されて、いまはラーメンは管理人の許可がでない限り決して食べてはいけないことになっている。

ラーメンって言っても、日本のラーメンじゃなくてこっちでも手に入る外国製のインスタントラーメン。
はっきり言って、そこまでおいしくない。
でも、ジャンクフード好きのタカさんはこれが大好物。

タカさんは好き嫌いもたくさんある。
嫌いな野菜がスープにでも入ってたら、小さく切ってあったとしてもタカさんはそれを見逃さず、丁寧に箸ですくって、横に座っている管理人のお皿に放り込んだりする。

酒の飲み過ぎとジャンクフードの食べ過ぎで、タカさんの健康はかなり損なわれている。
そこで管理人と宿泊者たちがタカさんの健康管理をしている。
タカさんは「この野菜だと煮たらなんとか食べられる」などわがままな嗜好をもっているので、それに合うように毎日料理する。

それなのに・・・・。
それなのにタカさんは、隠れてラーメンを食べたり酒を飲んだりしている。
わたしたちの滞在中に、タカさんは2回も無断でラーメンを食べていた。
深夜2時くらいに。
でも、誰でも寝てそうな時間なのに、管理人に見つかってしまうところがタカさんらしい。
キッチンの横にタカさんの寝室があるんだけど、深夜2時にタカさんがキッチンに出てこっそりラーメンを作っていたら、管理人がキッチンのほうにやってきた。
ラーメンは器に盛ったばかり。
ラーメンをもってそのまま自分の部屋に逃げればいいのに、慌ててしまったタカさんは急いで自分の部屋に隠れてしまった。
ラーメンをそこに置いたまま。

灯りのついたままのキッチン。
湯気を上げるおいしそうなラーメンがポツン。

タカさんは管理人にラーメンを取り上げられ、こっぴどく𠮟られていた。

自分が宿のオーナーなのに、財布の紐を握られているからお小遣いも管理人からもらわないといけないし、大好きなラーメンも食べられない。

でも、管理人がいなければ、タカさんはとっくに酔っぱらって路上でのたれ死んでいたのではないかと思う。

「タカハウスの管理人じゃなくて、タカさんの介護士」。
本気半分冗談半分で、いつも言い合っている。

そんなタカハウスの夜の日課がこれ。

a_DSC_7483.jpg

みんなで踏み台昇降。

タカさんの健康のために。
1人だと絶対にやらないので、宿泊者たちも道連れになってタカさんといっしょにやる。

タカさんを鼓舞するために、昭和のヒットソングをかけながら。
20代前半の旅人は、きっと知らないような懐メロ。

タカさんにみんなつきあってあげているのに、タカさんはすぐにさぼろうとする。
やっていても、しょっちゅう足踏みを止めて、小休止している。
そして「またズルしてますね!」と注意される。

左側がタカさん。
丸まった背中に哀愁が漂っている。
やる気がないときはポケットに手を突っ込んだまま渋々やっている。

a_DSC_7485_201605261806266a7.jpg

この宿でいちばん古株の宿泊者がトクさん。
タカさんは年齢非公開だけど、トクさんと同じ年らしい。
トクさんも謎多い人で、何をするでもなくタカハウスにかれこれ数年は泊まっている。
わたしたちがいるときは、トクさんはハリーポッターの英語の原書をテーブルに置いて、一日中パソコンと向かい合っていた。

「いつも、トクさん、何してるの?」とほかの宿泊者に聞いたら「ハリーポッターを翻訳してるみたいですよ」と返ってきた。
「トクさん、ただ者ではないと思ってたけど、翻訳者だったんだ!
ここに滞在して、翻訳の仕事をしてたんだね。
でも、ハリーポッターってすでに世界中で翻訳されて出版されてるよね。
なんで?」

「趣味でやってるみたいですよ。」

不思議なトクさんだけど、噂によると昔はかなりのやり手でアメリカでなんか開発して特許を取得したらしい。
そして、トクさんは料理の腕前がすばらしい。
たまに気が向いたときに、夕食を作ってくれる。

a_DSC_6768.jpg

この日の「トクさんスペシャル」は、カレー!
すごく本格的なヤツ。
なんと5種類も!

a_DSC_6898.jpg

トクさんもすばらしいシェフだけど、管理人のタカコさんの手料理も絶品。
ものすごくおいしいし、量も多いけど、ひとりあたり11ケツ(約176円)とか13ケツ(約208円)とかで本当に安い!

和食が出てくることも多い。
天ぷらとか煮付けなど。
日によってキムチとか佃煮なども充実している。

どうしてこんな安い値段で、本格的な和食が食べられるのか。
もちろん、タカコさんの技術によるところが大きいけれど、実は支援物資が日本から届けられるから、というのがある。
かつての旅人などタカさんのファンたちが日本から、だしパックとかタレとかソースとか瓶詰めのおいしいものとかたくさん差し入れで輸送してくれる。

こんなにみんなから愛情を受けている宿のオーナーはいるだろうか。

タカハウスは週に数日、道に面した入口が開放されてこんなふうになる。

a_DSC_7294_20160526180604a96.jpg

たこ焼き屋さんが登場。
管理人のタカコさんが、切り盛りしている。

大きくて、おいしそう!

a_DSC_7295_2016052618060510f.jpg

a_DSC_7297_201605261806079a1.jpg

ちなみに巻寿司も売っている。
巻寿司を揚げたものを試食させてもらったけど、おいしかった!
大きなもの一巻きで20ケツ(約320円)。

a_DSC_7298.jpg

この日はクリスマス。
タカハウスでクリスマスパーティーをすることになった。
みんな午前中に集合!
まずは大量の肉と格闘する。

a_DSC_7161.jpg

時間も労力も使う作業。
日本では切ったお肉がパックに入って売られていて、消費者は作りたいメニューに合う大きさのお肉を買えばいい。
でも、グアテマラではそうはいかない。
まるごと、どん!と売っている。
焼いたり炒めたりするよりも、骨から削ぐ作業に時間がかかる。

a_DSC_7163.jpg

こんなに大人数でやっている。
しかも力がいるので、男衆の仕事。

a_DSC_7164.jpg

さて、大きな骨のついた大量の肉、どうなったかというと・・・。
ジャン!

a_DSC_7166_201605301255387c7.jpg

海外では食べる機会のない焼き鳥!!
もちろん焼くのは、ガスコンロじゃないよ。

a_DSC_7175_201605301255407d2.jpg

a_DSC_7176.jpg

タカハウスの中庭で昼間からおいしいものをたらふく食べる。
ニンニクもどっさり。
タカハウスに泊まる人は、口臭とかあまり気にしない人たちだから。

a_DSC_7180_201605301257139ae.jpg

いつもは人間に敵対心を見せているボビーも、こんなときだけみんなのまわりをグルグル。
この犬は、ほんとうにいつも食べ過ぎ。
タカさんよりも食べてるんじゃないかな。

a_DSC_7190.jpg

a_DSC_7192_20160530125714ac2.jpg

タカコさん手作りのイチゴのクリスマスケーキ♡
タカハウスに似合わない。

a_DSC_7232.jpg

タカハウスのメンバーはみんなバラバラ。
年齢も幅広い。

でも、タカさんがいるから、「タカファミリー」みたいになるんだけどね。
タカさんは人望が厚いのか、それとも頼りにされていないのか。
求心力があるのか、それともないのか。

でも、タカさんは愛されている。

最後に、楽しそうな写真を載せておきます。
輪の中心にいるタカさんは、いつものように真顔なんだけど・・・。

a_DSC_7237_20160530125717d96.jpg
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

なう

こんにちは。
まさに今タカハウスに泊まってスペイン語を勉強しています^^
リアルタイムなので記事の雰囲気と言いたいことがとても共感できます(笑
今はタカコさんはいなくて別の方が引き継いでいるようですが、タカさんもトクさんもボビーも記事通りに相変わらずのようです。

タカハウスの唄を作った

イクエさん、ケンゾーさん、
初めまして、ずっとお二人の旅の隠れた愛読者とファンでした。これからもそのつもりでした。
でも今回は余りにも面白くてとうとうお二人のお話を元に勝手にタカさんの歌と作曲までつくちゃいました。

題して「恋する沈没宿、タ、タ、タ、タカハウスか?」

もし君が「勝ち組」なら、こんな唄を聞くこともない(歌うこともない)。
君の人生が順調なら、Good For Youって言ってやろう(Good Luck,Nice Tryかな?)。
だけど世の中には負けたからこその”自由”もある(誰かさんのように)。
そこではボクはボクらしく振る舞える。

食事は皆で用意して、皆で食べるのさ。
マスコットのボビーおばさんだっていてる。
去りたい人はいつでも去りゆけ。
その代わり、帰りたければ、いつでもWelcomeさ。

帰っておいでいつだって。
そして心の傷が癒えるまで、ここで沈没してりゃいいい。
誰もディスらない、ディスられない、ここでは。
心優しい沈没宿、タ、タ、タ、タカハウスか?
時の止まった、タ、タ、タ、タカハウスか?

君はベンキョー、ウンドー良くできたんだね。
ユーシューと言う言葉は君のためにあるんだね。
だけど貼って付けてあげたい心のタカ・サロンパス。
一度はおいで君には地獄の沈没宿、タ、タ、タ、タカハウスか?
心優しい沈没宿、タ、タ、タ、タカハウスか?

以下略

え~、そのうちにYoutubeに曲も載せます。
その時はLinkさせて下さい。笑

イクエさん、ケンゾーさん、
長旅の終わりに地震にあわれて大変でしたね。
これからもずっと応援し続けます。

「恋する沈没宿、タ、タ、タ、タカハウスか?」3番、4番

え~、即刻削除されると思ったタカハウスの唄が即刻、そのまま載せられたので、このまま3番と4番も載せちゃいます。 イクエさん、ケンゾーさんありがとう。中傷誹謗にも太っ腹のお二人!

3番:

「繰り返すヒビに何の意味があるの?」
卒業、就職、結婚、定年、、、
日本語ペラペラ、私がタカです。
皆に怒られ、愛されるタカです。
ラーメンは週に3回までだっけ?
非があったら出来るだけ謝ります、、はい。

そうここは心優しき沈没宿、タ、タ、タ、タカハウスか?
時の止まった沈没宿、タ、タ、タ、タカハウスか?

4番:

ジャンクフードは私も大好き。
本気半分、冗談半分の人生。
皆で足踏み、健康第一。
丸い背中に哀愁漂わせ、
人生サボり上手のタカさん。

ふたりでふらり、ゆるりとぐるり。
でもどうなんだろうね、ここ?っていいながら、
ソゾロ、ゾロゾロ皆が集まる。
あれ?ちゃんとここにWi-Fiがあるって!
誰だスルメみたいな顔なんて言うのは、
だけと噛めば噛むほど、タカさん頼りない、、、

キミもハマった不思議な沈没宿、タ、タ、タ、タカハウスか?
一度はおいで、ここはグアテマラ、タ、タ、タ、タカハウスか?



*現在、ギター特訓中

ちょめたさま

こんにちは!

返事が遅くなってごめんなさい。もうタカハウスは出てしまったでしょうね。
タカさん・トクさんコンビとボビーが元気なようで嬉しいです。

あのピースフルなタカハウスの空間が懐かしいです。
体調等に気をつけられて中米を楽しんでください!

robert で ね~のさま

まさかのタカハウスソング、しかも4番まである力作に爆笑してしまいました。
もうメロディはでき上がりましたか?
完成お待ちしてます!

タカハウスに行きたいのですが

ホームページにアクセスと貼ってあるアドレスにメールしているのに送信できない。
このアドレス死んでる?
takayukinagoshi@hotmail.com
非公開コメント