Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

こんなじいちゃんになりたい

2016.05.24 13:06|グアテマラ☞EDIT
梅雨に備えてゴアテックスのかっぱを買ったケンゾーです。
すこし前、満開の桜を見て日本に帰ってきた実感が湧いたんだけど、ジメジメジトジトの梅雨も日本ならでは。
連日の雨は気が滅入るけど、ここでしっかり雨が降らないと福岡はすぐに水不足になってしまうので「から梅雨」も困る。
雨に負けず気持ちだけはアゲアゲで乗り切ろう!

男性陣が民族衣装を着てフットサル観戦に興じているサン・フアン・アティタン。
外国人で普通の格好をしているケンゾーとイクエは完全アウェーではあるけれど、意を決して市場の人ごみの中へ。

それにしてもすごい人!
こんな山の中の小さな町にこんなにたくさんの人たちが集まっているなんて。
押されながら、かき分けながら、なんとか前へ進んでいく。

a_DSC_7086_20160523174636c98.jpg

野菜や日用品を買い求める人たち。
売るほうも買うほうも、同じ衣装に身を包んでいる。

靴屋さんのおじさん2人組がダンディー。

a_DSC_7131_20160523174716907.jpg

店番をしながらウトウトしているおじいちゃん。
早起きして山奥からやって来たのかな。
商売っ気がぜんぜんないところがかわいい。

a_DSC_7130.jpg

レンズを向けるとまっすぐと迷いのない視線をくれたおじいちゃん。
深く刻まれた顔の皺。
よく見ると優しそうな瞳。
いい歳の取り方をしてきたんだなあとしみじみ思う。

a_DSC_7148_20160523174834acf.jpg

トドス・サントス・クチュマタンは股に付けた乗馬用の当て布とテンガロンハットが特徴的だった。
ここサン・フアン・アティタンの特徴はフェルト生地のポンチョと平べったい麦わら帽子。
ほんの8kmほどしか離れていないのに、山を隔てただけで全然違う民族衣装。
いままでがそうであったように、これからも伝統を受け継ぎ、文化を繋いでいってほしい。

a_DSC_7150.jpg

a_DSC_7151.jpg

トドス・サントス・クチュマタンからジャガイモを売りに来ているおじさんがいた。
おなじみのストライプの赤いパンツは、この村では異色の存在。

a_DSC_7096_20160523174642784.jpg

a_DSC_7097.jpg

女性は帽子を被らないんだけど、年配の女性は赤い鉢巻きのようなものを巻いている。
幾重にもなってるんだけど、たぶん伸ばしたらけっこうな長さになるんじゃないかな。
どういう経緯を経て鉢巻きスタイルになったんだろうね。

a_DSC_7152_20160523174839c3b.jpg

色鮮やかな幾何学模様が織り込まれた女性の服。
若い女性や子どもたちは照れながらも気さくに撮影に応じてくれる。

メイクした顔で、微笑みかけてくれたこの女の子はまだ10代半ば。

a_DSC_7111_20160523174656176.jpg

a_DSC_7112.jpg

小さな女の子も。
緊張しながらも、ハイポーズ。

a_DSC_7099.jpg

市場を彩る色とりどりの刺繍糸。
トドス・サントス・クチュマタンもそうだったけれど、ここの人々も自分たちの服は自分たちで作っている。
見かけることはできなかったけれど、男性も編み物をするんだそう。

a_DSC_7088.jpg

そんな伝統をこれから先も守り続けてほしいとは思うけど、とっくの昔に伝統的な暮らしぶりを捨ててしまった日本人にはそんなことを口出す権利はないよねえ。
市場でカップヌードルをおいしそうに食べるおばちゃんを見かけてちょっと胸がざわついたんだけど、10年先、20年先はどうなっているだろう。

a_DSC_7092_20160523174639173.jpg

いつの時代も子どもの笑顔は普遍の宝もの。
願わくばずっとこのままで・・・とは思うけど、この小さな山奥の村にいつまでも子どもの笑顔が弾けていればそれでいい。

a_DSC_7120.jpg

a_DSC_7122.jpg

一家総出で買物に来ていた家族。
笑顔で撮影に応じてくれた。

なにかと世知辛い世の中。
やっぱり大事なのは家族の結びつきだと思う。

a_DSC_7137_201605231747181e2.jpg

a_DSC_7138.jpg

a_DSC_7140_20160523174833bd4.jpg

アイスクリーム売りのじいちゃんと、客のじいちゃん。
アイスクリームをもったまま、ポーズをきめてくれた。

a_DSC_7154.jpg

a_DSC_7156.jpg

平均寿命からするとこの旅のあいだに人生を折り返したケンゾー。
まだまだ先は長いけれど、こんなお茶目なじいちゃんになりたいなあ。

a_DSC_7158.jpg
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

非公開コメント