Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

旅をして被災して 震災で失ったものはわずか

2016.04.28 11:53|世界からのメッセージ☞EDIT
2日間だけ福岡に戻ってきたイクエです。

このブログを毎日のように読んでいただいている方々、励ましのコメントを送ってくれた方々、更新していないのにランキングのクリックをやってくださっている方々、ほんとうにありがとうございます!!
返信はできていませんが、みなさまの温かい思いをしっかりと受け取っています。

なかなか生活が落ちつかず、ブログが更新できていません。
きょうはさきほどフェイスブックに投稿したものをそのままここに貼り付けようと思います。
友人・知人向けに書いたものなので、表現が荒かったり失礼だったりするかもしれませんがご理解いただければと思います。

+++++++++++++++

みなさんお久しぶりです。
先日の熊本地震で夫とともに被災しました。
心配して連絡くださった方々、なかなか返信できずに申し訳ありませんでした。
そして、ありがとうございました。

a_20160424_150559.jpg

私と夫は今月から福岡での新生活をスタートさせたばかりでしたが、その日はちょうど帰省していました。
それから数時間後にあの地震です。
わたしたちが寝ていた2階は崩れ、脱出するために隣に通じるドアを見たら、そこから見えたのは隣の部屋ではなく外でした。
布団を落とし、その上に飛び降りて脱出しました。
わたしたちの部屋が崩れたことで車三台が下敷きになりました。
そのうちの一台は十日前に買ったばかりの新車でした。

IMG_5300.jpg

震災から数日後に真ん中の車だけ救出し、それはまだ使えました。

さらにご近所の方が車を使わせてくれました。
(もちろんその方も被災しています。)

その後、母の知人が軽トラを使わせてくれました。

それから、父の知人が中古の車を格安で譲ってくれました。
(その方も被災者です。自分よりも困っている人に提供したいと破格値で提供してくれました。)

車を手にしたおかげで、家の中の物でまだ使えるものを救出し、知人の家に運び出すことができました。

判定士に赤紙(大きな被害を受けた建物に張られる「立ち入るのが危険」と知らせる張り紙)を張られました。
もう家には住めません。
建築士の方に家を調べてもらいましたが、住めるようにリフォームするには2000万円くらいかかると言われました。
行政からいただける見舞金は家の解体費用にもならないと思われます。

a_20160424_150540.jpg

お金の損失を考えると気が遠くなりそうですが、なぜだかそこまで悲観していません。

いままで夫といろんな国を旅行してきて、働いても働いても生活が苦しい人たちをたくさん見てきました。
かたや、日本に生まれ、外食や趣味、ショッピングにお金を使えるわたしたち。
日本に生まれたことは、経済的に見れば運に恵まれていることになります。

今回の被災も運。
被災しても、これから食べ物に困るわけでもない。
病気になっても医師に診てもらえないわけじゃない。
被災した小学生の姪っ子甥っ子も、そのうち学校に通って教育を受けられる。
地震で大きな損失を受けたからといって、友人との外食や趣味を楽しめなくなることにはならない。
だったら、被災と言うこの運を受入れることくらい、なんてことはない。
そんな気持ちです。

なんといっても、家族全員無事でした。
家具が倒れ、物が散乱する家を見ると、家族みんながケガもせず脱出できたことが、ほんとうに信じられません。

倒れた家具の下敷きにならなかったという運。

命がある。
それがいちばんです。

「足りないものは送ってあげるから!」「必要なことはなんでも言って!」
そんな優しい言葉をくださった方々、ほんとうにありがとうございます。
おかげさまで、南阿蘇で言えば我が家だけではなくほかも物資は足りているようです。
水道復旧の見通しはゼロですが、こんこんと湧き水が流れているので、そこに水を汲みに行っています。
スーパーやガソリンスタンドもちょっとずつ利用できるようになっています。
励ましやご心配のお言葉、ほんとうにありがとうございました。

きのう福岡に戻りましたが、またあした阿蘇に帰ります。
家の片付けや手続き、ネット環境の不安定さなどでなかなかこれからも返信できないかもしれません。
この場を借りて、お詫びと感謝を申し上げます。
落ちついたら、またお会いしましょう!
呑みましょう!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

No title

イクエさん お元気のようでよかったです。
家が住めなくなっても 前向き なイクエさん。素晴らしいです。

ご家族の方も気落ちせずがんばってください。

(常総市でも被災してから心労で入院されたかたが急増したそうです)


No title

こんなに被害が大きい状況で、けがもなく本当に無事でなによりです。
そうですね。日本は世界に比べて支援も迅速にされていて、素晴らしいと思います。

漫画家のアベナオミさんによる3.11の記録ツイッターもすごく分かり易くて、自分も日ごろから心にしておきたいなと思いました。
今まで地震がなかった地域でもこうして起こるのですものね。

疲れも出て大変と思いますが、どうぞ体調に気を付けて頑張ってください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

大変ご無沙汰しています。
ケンゾーくん、いくえさん、ご無事で何よりでした。またご家族の方も皆無事で本当に良かったです。
どなたかがおっしゃってましたが、いくえさんたちが帰国していて、皆さんもさぞかし心強いことと思います。
横浜の遠い地からではありますが、陰ながら応援しています。

皆さんご無事で何よりです。

緊迫してる状況の中現地がどんな状況か伺えました。大変なところありがとうございます。ご自宅大変なことになってますね。恐らくご近所も同じ様な感じなのかと。いち早くライフラインが正常になる事と祈ります。まだ余震というか大分でも今日かなり大きい震度5が発生しましたね。2次3次災害が予想されますので危険なところにはくれぐれも気をつけて近づかない様にして下さいね。地道にやっていきましょう!

No title

ケンゾーさん、イクエさん、こんばんわ。

本当に本当にこんな状況でも前向きで強いイクエさんに頭の下がる思いです。

福岡と熊本の往復しながらの片付けや毎日の仕事や家事、ご苦労とは思いますがお体に気を付けて

頑張ってください。

みーふぃ さま

ご心配してくださってほんとうにありがとうございます。

家財はなくなったけど、でも元気で生きているのでなんとかなります!
みなさんの励ましで歩いていけます。
これからも熊本へのエールをよろしくお願いします。

ファンさま

ありがとうございます。
地震から二ヶ月近く経ち、少しずつ町の様子も明るさを取り戻しつつあります。
復興が進み、前以上の熊本になってくれたらと思っています!

YUKO.Nさま

ご心配おかけしました。
おかげさまで家族元気です。

少しずつ生活も落ち着いてきました。
またそちらに遊びに行ってみなさんとお会いしたいです。

ろん さま

お気遣いありがとうございます。

大分の観光地も大打撃を受けていますね。
大分と阿蘇をセットでご旅行されるかたも多いので、大分と熊本が共に元気になってくれることを願うばかりです。

べるお さま

コメントありがとうございます。

みなさんの応援が熊本に伝わってきています。
明るさで前を向いて進んでいこうと思います。
非公開コメント