Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ここもヘンだよグアテマラ人!

2016.04.12 13:38|グアテマラ☞EDIT
先週から働きはじめたケンゾーです。
帰国して2ヶ月、なんとか無事に社会復帰しました。
「はやいね。もうちょっとのんびりすればいいのに。」なんてことも言われたりするけれど、日本で40過ぎて無職というのはけっこう肩身が狭い。
今度旅行に行けるのはいつになるんだろう。

ゴツゴツと尖った溶岩で埋め尽くされた聖なる山で摩訶不思議な祈りの光景を目撃したケンゾーとイクエ。
大声で説教をする人もいれば泣き叫ぶ人や黙って寝そべったままの人もいてなかなかのカオスぶりだった。
この前のキチェ族のダンスも衝撃的だったけど、グアテマラ人、というかマヤの人々はツッコミみどころ満載。
まだ始ったばかりのグアテマラの旅だけど、おもしろくなる予感がありあり。

登ってきたときとは別のルートで霊山を下りることに。
思った以上に大変だった登りの行程。
こっちのルートもけっこう厳しい。
こんな直立の岩壁をロープを使って上り下りしないといけない。
神に近づくにはそれなりの努力が必要。

a_DSC_6709_20160412133021f25.jpg

山道を下っていると、これまた不思議な光景に遭遇。
断崖絶壁を下から仰ぎ見る人たち。
その視線の先には、壁に張り付く男。
祈りを捧げる霊山でまさかのロッククライミング。

a_DSC_6733_201604121330255d6.jpg

a_DSC_6732_20160412133023926.jpg

このそそり立つ絶壁はクライミングにおあつらえのようで、クライマーの間では人気スポットなんだそう。
霊山でロッククライミングなんかして大丈夫なのかなあ、とついつい心配してしまうけれど、とくにトラブルもなさそう。
グアテマラ人は些細なことは気にしない気質なのかも。

帰りはすこし寄り道をすることに。
日本とおなじように火山国のグアテマラ。
30以上の活・休火山があり、火山活動が活発なことで有名。
火山があるということは・・・温泉があるということ!
近くに温泉村があるそうなので行ってみよう。

村の名前は “ラス・バーニョス”。
バーニョ(Baño)が風呂の意味だから、“ザ・風呂”っていうそのまんまの名前。
まずはふもとにあるアルモロンガという町まで一気に山を下っていく。
色とりどりのモザイクのような田んぼが美しい。

a_DSC_6736_20160412133026a1f.jpg

a_DSC_6745_201604121330486a6.jpg

アルモロンガがあるのはムエラ山からおよそ1000m下ったところ。
「富永マップ」によると細いけれどほぼ一直線で繋がっている道があるみたい。
色鮮やかな花が咲き誇る斜面をのどかに歩いていく。

a_DSC_6743_20160412133046ab2.jpg

けれどのんびり気分ははやくも終了。
道はどんどん狭くなり、やがて道とは呼べないコンディションに。
どんどん勾配が急になり、気をつけないと転がり落ちそう。
さらに胸丈まで草が生い茂り、とうとう先に進めなくなってしまった。
これ、ぜったい富永マップの道じゃないよ。

a_DSC_6748_201604121330536fd.jpg

草のトゲで手足が傷だらけだし、全身くっつき虫だらけ。
5m歩くたびに立ち止まって靴の中に入ってきたくっつき虫を取り除かないといけない。
町はずっと見えているのになかなかたどり着けない。

a_DSC_6746_20160412133049302.jpg

a_DSC_6747_201604121330513ec.jpg

すこし戻るとさっきは見落とした分かれ道を発見。
無事に富永ルートに戻ることができてひと安心。
およそ1時間かかってアルモロンガに到着。
お腹がペコペコになったので、セビッチェを冷たいビールで流し込む。
プリプリのエビと貝がたっぷり入ったセビッチェは35ケツ(約560円)。
なかなかいい値段だったけど、ボリューム満点で大満足。

a_DSC_6751_20160412133104ce3.jpg

アルモロンガからラス・バーニョスまでは2km弱、ぼちぼち歩いていく。
村によって服のデザインが異なっているマヤの人々。
グアテマラは町歩きの楽しさでは中南米でトップクラス。

a_DSC_6749_201604121331030a6.jpg

そして、ちょっとヘンなことでもトップクラス。
町を歩いていると、「あらららら、どうした?」と首をひねるものがちょいちょい見つかる。
グアテマラ人のファッションセンスは素晴らしいんだけど、絵心はかなり酷い。

a_DSC_6329_20160412133020414.jpg

a_DSC_6799.jpg

歯医者のイラスト。
かなりの確率で歯が妖怪チック。
入れ歯のイラストを全面に押し出すという斬新なデザイン。

もはやパクらないほうがよかったんじゃないかと思う、残念すぎるミッキー。

a_DSC_6798_20160412133108888.jpg

なぜこんな中途半端な大きさ?!
これを描いた意図がまったく理解できない散髪屋のイラスト。

a_DSC_7258_20160412133131fa2.jpg

a_DSC_7259_20160412133133dfb.jpg

何の店だか想像することさえ困難。

a_DSC_8151.jpg

いやあ、おもろいなあマヤの人々は。
楽しく歩いていると目的地に到着。
ラス・バーニョスにあるお風呂屋さん「SAN SILVESTRE」。

a_DSC_6752_2016041213310512b.jpg

ここはすべて個室風呂。
ひとり10ケツ(約160円)で1時間ゆっくりと温泉を楽しむことができる。
洗面器は持参しないといけないんだけど、貸してもらえてラッキー。
やっぱり温泉は素っ裸に限るよね ♫

a_DSC_6756_20160412133107433.jpg

久しぶりの温泉にテンションが上がったんだけど、シェラ近郊にはほかにも温泉が点在。
もっとクオリティの高い個室温泉もあるのでまたお伝えしま〜す。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

壁に描かれた不思議なイラストの感じ、ソマリランドにそっくり!全然違う国なのに!
そして最後のケンゾーさんのお色気写真…なんか見るに耐えない。笑
きれいな田園風景のイメージが一気に消え去っちゃった。苦笑

きっこちゃんへ

新生活いかが?

サービスショットなのに!見るに耐えれんって、どういうこと!笑
非公開コメント