Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ここの国境の風景、なんかおもしろくて好き!

2016.03.10 06:02|ホンジュラス☞EDIT
ようやくきのうケンゾーが東北から帰ってきました。
ふたりで今後の人生についてやっと話し合えるようになったイクエです。
ご報告できるほどのことはまだ何も決まっていません。
いまは、コンビニにも車がないといけないような「村」で引きこもり中です。

a_DSC_6005_20160308094852d33.jpg

あきらめながらも、進むしかなく、薮に足を踏み入れ木々をかき分けながらなんとか山から生還したイクエとケンゾー。

当初の予定なら、午前中山登りをし、そのままビーチに行ってビーチ沿いのレストランで海鮮に舌鼓、そして海水浴を楽しむつもりだった。

でも、そんなことをする余裕はとっくになくなっている。

わたしたちは、登山口でもない、よくわからないところから下界に出てきた。
でもそこはわりと宿に近い場所。
とりあえず、宿に戻ろう。

わたしたちの泊まっている宿は、レストランも兼ねていた。
宿のオーナー夫妻にも勧められていたし、せっかくだから一度くらいはこのレストランで食べようかなって思っていたし。

すっかり飲み干したコーラの次に、ケンゾー念願のビールを注文。
ほんと、疲れたぁ〜!!
おつかれさま〜!!

a_DSC_6014.jpg

海を見ながら、こんなところで食べるのは絶対シーフード!

疲れていたし、とにかくおいしいのを食べて癒やされたい。
だから値段をあまり気にせずに注文。

セビッチェ(魚介のマリネ)、150レンピラス(約825円)。

a_DSC_6006.jpg

カニや白身魚など海の幸がたっぷり。
クラッカーに載せてほおばる。

トマトと香草、ライムで、甘酸っぱく味付けされたセビッチェは、疲れた体に嬉しい。
けっこうボリュームがあって、大満足の一品。

そして、ティグレ島で絶対食べたかったのが、これ。
魚介のスープ、250レンピラス(約1375円)。

a_DSC_6013.jpg

貝やカニ、そしてロブスターまで。
注文してから、スープで250レンピラスは高いかなと思ったけど、運ばれてきたのを見て納得。
これだけ贅沢に海の幸が入っているんだから、それなりの値段はする。
スープは甘めで、しっかりと海の香りがしたよ。

a_DSC_6016.jpg

おいしい食事もあるし、山登りもできるし、3か国を眺められるし、治安も抜群にいいし、島時間が流れているし、人々は親切だし・・・。

ティグレ島、いい島だったなあ。
せめてあと1泊したかった。

ティグレ島なんて外国の旅行者はほとんど来ないけれど、バックパッカーにおすすめしたい場所。
アクセスも思ったより悪くないし、ニカラグアからエル・サルバドルに抜ける人は、「ちょっと寄り道」くらいの場所に位置している。
心配していたけど、宿もそれほど高くない。
トゥクトゥク(バイクタクシー)が島にはたくさん走っているので、島内の移動も簡単。

本土に近いので、海が特別きれいなわけではない。
でも、ホンジュラスの人たちのライフスタイル、漁村の雰囲気に浸りたい人にはうってつけの穴場。

のんびりしたい人は、ぜひ♡

ティグレ島最終日、わたしたちは5時半に起きた。
きょうは昼前に国境を越えたい。
エル・サルバドルで待ち合わせしている人がいるから。

宿から船着場は目と鼻の先。
15メートルくらい。
夜明け前の海を見ながら、ボートが出航するのを待つ。

a_DSC_6018_20160308094929418.jpg

宿のお母さんは、「ボートは24時間運行している」と言っていた。
乗りたい人がいれば、ボートは出るらしい。
でも、深夜や未明はお客さんも少ないし、チャーターという形になって運賃が高くなるんだと思う。
といってもすぐ着く距離にあるので馬鹿高くはないはず。

a_DSC_6019.jpg

島の外に出勤する人や通学する人がチラホラ集まり出して、船は6時に出港。
運賃は15レンピラス(約83円)。

およそ5分の船旅。
その間に、太陽が海から昇りはじめた。

歪んだ太陽。
UFOみたい。

a_DSC_6022.jpg

太陽が昇りきらないうちに、あっという間に本土に到着。
アメリカのスクールバスそのままのローカルバスがわたしたちをお待ちかね。
ここ、コヨリトからとりあえず幹線道路にある街サンロレンソに向かう。
運賃は24レンピラス(約132円)。

a_DSC_6023_20160308094945f2f.jpg

バスは山道を登っていく。
車窓からは、さっきまでわたしたちがいたティグレ島が見えた。

ここからなら山の大きさを客観的に感じ、把握できる。

きのうは、あんな山のてっぺんから、鬱蒼とした森の急斜面に突っ込みながら、よく麓までたどり着けたなあ。
自分たちのやったことがあまりにも無謀で浅はかすぎて、呆れて笑ってしまう。

a_DSC_6030.jpg

バスでサンロレンソの終点まで行ったけれど、これは失敗だった。
サンロレンソまで行くと、逆走して南東に行ってしまう。
その手前の分岐点で降りてそこから北西に行く国境方面のバスに乗ればよかった。
(これでちょっとケンゾーの機嫌が悪くなり、夫婦の仲が険悪ムードに。)

a_DSC_6032_201603080949487d9.jpg

国境の街は「El Amatillo(アマティージョ)」。
サンロレンソからアマティージョまではひとり30レンピラス(約165円)。
(無事に乗れたので、ケンゾーの機嫌なおる。)

バスに乗ってると、売り子が車内にやってくる。

箱に入った食べ物を売る男性。
飛ぶように売れている。
乗客の8割以上が買っている。
お土産に大量買いする人も。
わたしたちも買ってみたら、醤油味のシンプルなチャーハンだった。
値段は10か20レンピラス(約55円〜110円)だった。

中南米ではいろんなところに中華料理店があって、比較的安いし人気がある。
だいたいは中国人がやってるんだけど、それをマネして現地人がやってることもある。

中南米の人たちは、中華のあの醤油と油っぽさが好きなのかもしれない。

国境のアマティージョには1時間半もかからないうちに到着。
時刻は9時前。
ここまでスムーズ。
この調子だと、時間通りに約束している人と会えるかな。

a_DSC_6033.jpg

この国境では、出国税も入国税もいらなかった。
ホンジュラスとエル・サルバドルの国境には川が流れ、橋が架かっている。

「ああ〜。
 なんか、おもしろい!」

「おお、いいねえ。」

ぽっこりとした小高い山がいくつもある。
ぽこぽこ、かわいい。

a_DSC_6034.jpg

おとぎ話に出てくるような、日本昔話の挿絵のような、銭湯のレトロな壁画のような。
のどかで素朴。
田舎で大自然なんだけど、どこか違和感があって、どこか奇妙で。
同じような形の山が川を挟んで、ホンジュラス側にもエル・サルバドル側にもある。

a_DSC_6035_20160309144234036.jpg

a_DSC_6036_20160309144236516.jpg

どうして、ポコポコの山がこの辺にだけあるのかわからない。
何か地形的な特徴があるのかもしれない。

a_DSC_6037.jpg

いま見えてる景色が絵みたいで、自分たちが現実世界にいる実感が湧かない。
どこかに迷い込んだような、橋を渡りきれば別世界に行ってしまうような。

ここに国境がなければ、わたしたちはここに来ることもなかっただろう。
この特徴ある景色は、ここで暮らす人が見るだけで、外部の人に知られることもなかっただろう。

世界には、こんなふうにちょっとおもしろい景色が、まだ多くの人に知られることなく眠っているのかもしれない。
と思うと、ワクワクするし、まだまだ旅の広がりを感じる。

a_DSC_6039_20160309144239efc.jpg

橋を渡りきるとエル・サルバドルで、そこはお祭りのように活気があった。
狭い道の両脇には露店がたくさん並んでいる。
店の人が大きな声で呼び込みをしている。
売っているのは主に衣料品。
古着も混ざっている。
バーゲンセールのように山積みになっている。
そして、破格の値段。

たぶんエル・サルバドルの安い品物がここで売られていて、ホンジュラスの人が買い付けにくるんだと思う。

わたしたちもじっくり見たかったけど、バッグパックを抱えたまま山積みの服から好みのものを探し出せる自信がなく、エル・サルバドルのイミグレーションの建物へ直行。

橋からイミグレーションまでがけっこう遠く、しかも上り坂で、両脇に露店がひしめき、人でごった返しているもんだから、歩くのに苦労した。

ここから目指すのはエル・サルバドルの首都、サン・サルバドル。
国名と首都名が「エル」と「サン」しか違わないから、ややこしい。

サン・サルバドル

急いでいるから直行のバスに乗りたかったけど、道に止まっていたバスの車掌にも乗客の人たちにも「まずはサンタ・ロサに行って、そこから乗り換えだよ」って言われた。
サンタ・ロサまでは1ドル。
ちなみに、エルサルバドルの通貨はUSドル。

a_DSC_6040.jpg

30分後、サンタ・ロサの路上でバスを降ろされた。
するとすぐ後ろにバスが止まっている。

「サン・サルバドル行きはあれだよ!」

周りの人に教えられ、よくわからないおじさんにわたしのバックパックを取られ、そのままバスに案内された。
ほかの乗客の人たちも同じように乗り換えるみたいだから、言われるがままについていく。

a_DSC_6041_2016030914425386d.jpg

写真では伝わりにくいんだけど、これ、かなりいい大型バスだった。
もちろんエアコンもテレビもあるし、リクライニングも倒せて座席も広くて快適。
久しぶりの高速バス。
といっても、ノロノロ運転だったけど。

だからか、運賃はお高めでひとり6ドル。

もっと早く着く予定がノロノロ運転のため、4時間あまりかかってサン・サルバドルに到着。

ここからは路線バスに乗り換えて、会いたい人が待つ目的地を目指す。
間に合うかなあ。

a_DSC_6042.jpg

ちなみにサン・サルバドルの路線バスはよく強盗が出るので気をつけて。
ギャングが乗りこんできて、乗客全員から金を巻き上げるらしい。
日中でもよくあることみたい。
よっぽど変な展開にならないかぎり危害を加えられることはないので、強盗団が乗り込んできたらおとなしくお金を出して切り抜けるのが無難。
少額でいい。
だから、もたもたせずにすぐに少額を渡せるようにシミュレーションして用意しておくといいらしい。

a_DSC_6045.jpg

車窓から見るサン・サルバドルの街。
治安が悪いらしく、むやみに歩かないほうがいいらしい。
歩くときは、防犯を心がけて立ち入らないほうがいいエリアを調べた上で、明るい時間に歩きましょう。

a_DSC_6048_20160309144258948.jpg

ちなみに、サン・サルバドル市内を走るこの路線バスは20セントだったよ。

なんとか約束の時間に間に合った!
わたしたちの会いたかった人とご対面。
お会いするのは初めて。

その方とは・・・?

次回は、久しぶりの「海外協力隊」編です。
お楽しみに♪
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

ケンゾーさん、東北お疲れさまでしたp(^^)q
イクエさん、良かったですね♡

猫モフ… は単純に猫好きで「あ~モフモフしたいっっっ」という気持ちの表れです(笑)
オッドアイ猫、町猫など、今までこのブログで出てきた猫の中での一番は、まろみたいな眉毛がある猫が最高でした♪
お二人のおかげでラッコの習性も知り、ラッコも大好きになりましたけど ´`*
ホタテちゃんはモフモフしたりしませんか?

私も自身は生まれ育った田舎暮らしですが、兄弟は外国や東京で、お互いそれぞれの場所を愛し生活しています^^♪

ケンゾーさんイクエさんは、ほんっっっとうに、私の理想のご夫婦です♪ これからも何処にあっても益々幸せいっぱいな毎日を過ごされますように♡

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

猫モフ町 さま

おとぎばなしに出てきそうな町の名前ですね。
いろいろ想像が膨らみます。

眉毛付きの猫、癒しキャラでしたよね。
本人は気付いてないんでしょうけど。

ラッコもほんとにかわいいですよね。
とくに子育て中のラッコなんて。
ラッコの赤ちゃんはテレビでしか見たことないけど、いつか絶対生で見たいたなあ。

これからも理想の夫婦でいられるようにしようと思います。
ありがとうございます!
非公開コメント