Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

母は偉大なり

2016.02.26 06:02|コスタ・リカ☞EDIT
妻の姉から「思ったよりも髪薄くなってないやん!」と言われたケンゾーです。
出国のちょっと前から生え際が後退しはじめた髪の毛。
長旅でどうなることかと心配してたんだけど、たしかにそこまで酷くはなっていない、はず。
だんだん薄くはなってきてるけど、もう41歳だからね、まあ年相応じゃないかな。

な〜んにもする事がない小さな村で待つこと4日。
とうとう大量のヒメウミガメが一斉に産卵をおこなうアリバダがはじまった。
神秘的な命の連鎖。
きのうまでチラホラと見かけたカメの産卵シーンは、涙が込み上げてくるほど感動的なものだった。
手を握りしめ、無意識に「がんばれ、がんばれ」と声に出すほど心を揺さぶられるものだった。

けれど、待ち望んでいたアリバダは、予想以上のカメの数で予想をはるかに越えるインパクト。
目の前で繰り広げられる生命の橋渡しは、想像以上に凄まじいものだった。
あまりにも大量であまりにも生々しく、正直、その光景は感動を飛び越えて唖然とするものだった。

a_DSC_5614.jpg

a_DSC_5603_20160225225644170.jpg

まさに足の踏み場もないほどカメで埋め尽くされた砂浜。
いちど卵を産みはじめたカメは、ほかのカメに踏みつけられようが砂を掛けられようがお構いなく、一心不乱に卵を産みつづける。
たとえほとんど体全体が埋まってしまっても。

a_DSC_5620.jpg

幅1kmにも満たない狭い範囲に集中してやってくるウミガメたち。
何kmにも渡って砂浜はつづいているのに、なぜかこのエリアにだけカメはやって来る。
必然的に砂浜は大混雑。
やって来たカメが産卵のために砂を掘ると、そこはすでに先客が卵を産み落としたあと、なんてことに。
今から産もうとするカメは本能のおもむくまま無心で穴を掘るので、周囲に先に産み落とされた卵が砂と一緒にまき散らされてしまう。
その新鮮な卵を頂こうと、産卵中のカメの周りにはクロコンドルがたかっている。

a_DSC_5608.jpg

a_DSC_5610.jpg

新しい生命を産み落としているそのすぐ横に捕食する生き物。
誕生と絶命。
太古から脈々とつづく生命のサイクル。
人間が踏み込んではいけない自然の摂理。

a_DSC_5628_20160225225706ec4.jpg

a_DSC_5630.jpg

大仕事を終えた母ガメたちは、やがて海へと戻っていく。
砂浜に刻まれた幾筋もの轍。
重い体を引きずり、何度も立ち止まり、必死に手足を動かして慣れ親しんだ海をめざす。

a_DSC_5635.jpg

a_DSC_5652.jpg

a_DSC_5641.jpg

朝6時、空もすっかり白んできた。
そろそろアリバダも終わりかと思いきや、続々と陸を目指して泳いでくるカメたちの姿が。
アリバダはまだ始ったばかり。

a_DSC_5661.jpg

a_DSC_5659.jpg

暗いうちはケンゾーとイクエ以外にほとんど人がいなかった砂浜。
気づけばかなりの人たちが集まってきていた。
パシャパシャと写真を撮り、一目で観光客と分かる人もいるけれど、大多数はちょっと雰囲気が違う。
足元のカメには見向きもせず、世間話をしながらいちばんの密集地へと歩いていく。

a_DSC_5663_2016022522572669e.jpg

a_DSC_5665.jpg

人々が手にしているのはゴム手袋やビニール袋。
潮干狩りにでもやってきたような雰囲気。

そして、いつの間にか数字が書かれた立て札が等間隔に立てられている。
もしかして・・・。
まさか、と思っていたら、おもむろに砂浜に腰をおろし産卵中のカメを横目に地面を掘り返しはじめた。

a_DSC_5667.jpg

a_DSC_5670.jpg

この人々はオスティオナルの村人たち。
掘り返しているのは、もちろんカメの卵。
かなり衝撃的な光景だけど、これは法律で認められた正当な行為。

じつはオスティオナルでは、アリバダの発生が宣言されてから36時間以内の卵の採掘が認められている。
野性生物保護区に指定されているオスティオナル。
「オスティオナル総合開発協会」というNGOがヒメウミガメの保護や研究、産卵された卵の管理を行なっているそうなんだけど、協会員になっている村人に限り卵を掘ることができるんだそう。
オスティオナルの村人は15歳になると協会員になることができるので、およそ300人の村人ほぼ全員が協会員。
アリバダがはじまると村人総出で卵を採掘することがオスティオナルの風物詩。

a_DSC_5678.jpg

a_DSC_5673.jpg

ウミガメの卵は村人たちの貴重な現金収入。
卵は食用として売買される。
採掘された卵はコスタ・リカ全国の市場やレストランへと出荷。
売上金は村人で均等に分配され、約3割は協会の運営資金となりヒメウミガメの保護活動や地域住民の環境教育に使われているんだそう。

カメの保護と卵を採掘して売ることは相反しているんじゃないか?
そんなふうにも思うけれど、大量に産卵が行なわれるアリバダ初期に卵を採ることは間引きの意味があるんだそう。
はじめのほうに産み落とされた卵はあとから次々にやって来るカメたちに掘り返されて、けっきょくはかなりの数がダメになってしまう。
そうなるくらいなら、卵を採掘し販売してお金に換えてカメの保護や環境教育をおこない、最終的には利益をカメや自然に還元していこうという考え方。

a_DSC_5675.jpg

a_DSC_5677.jpg

a_DSC_5674_20160225225821194.jpg

採掘した卵は一か所に集め数日間保管。
その後、海水で洗って出荷するんだそう。
この「間引き」の効果かどうかは定かではないけれど、産卵にやってくるヒメウミガメの数は増加傾向にあるんだそう。
ちなみに、このアリバダ=一斉産卵をするのはウミガメの中でもヒメウミガメだけなんだって。

a_DSC_5691.jpg

a_DSC_5692_201602252257475f7.jpg

カメは夜間にだけ産卵しにくると聞いていた。
でも、その後、陽が燦々と降り注ぐ午後になっても産卵に訪れるヒメウミガメの姿がなくなることはなかった。
海に目を凝らすと、ところどころ呼吸のために海面に頭を出したカメの姿が。
いったい彼女たちはどれだけ泳いできたんだろう。

a_DSC_5734_201602252258367a3.jpg

荒波を乗り越え、力を振り絞って砂浜を這い上り、ただひたすらに命を繋ぐ。
人間も動物も違いはない、母は偉大だ。

a_DSC_5705_20160225225836d13.jpg

a_DSC_5702.jpg

a_DSC_5699.jpg



ちなみに、それまで自由に出入りできていた海岸は午後になると閉じられた。
代わりに、村のインフォメーションセンターやウミガメガイドオフィスがオープン。
海岸に入るには、インフォメーションセンターで料金(15ドルくらいだったかな)を払い、決められた時間に集合し、ガイドに案内されて海岸に行く仕組みになった。
ツーリストなんて2、3人しかいなかったオスティオナルに、続々と人が集まってきた。
きっとオスティオナルの村には何もないので、別の町で待機し「アリバダ開始」の情報にあわせて、やってきたのだろう。

オスティオナルの村にアリバダよりも早く着きすぎて、時間を持て余していたケンゾーとイクエ。
でも、自由に海岸を歩き回れたこと、真夜中のまさにアリバダが始った瞬間に立ち会えたこと、ふたりだけでそれを目撃したことを考えると、待った甲斐があったかな。

a_DSC_5716_201602262307284a0.jpg

動物王国コスタ・リカ。
木登りするナマケモノも見られたし、アリバダにも立ち会えた。
さて、つぎはニカラグアだ。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

非公開コメント